ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」の8話のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。

スポンサーリンク

【病室で念仏を唱えないでください8話】のあらすじ

病室で念仏を唱えないでくださいの8話のあらすじは次のとおりです。


あおば台救命救急センターでは、松本(伊藤英明)や三宅(中谷美紀)が、ペースメーカーを入れた生活保護の患者が短期間に数人見つかったことに疑問を抱き、児嶋(松本穂香)にその出元の調査を依頼していた。すると、全ての患者があおば台病院の同じ医師によって手術されていることが発覚する。真意を確かめるため、松本は濱田(ムロツヨシ)の元へ向かう。
一方、濱田は、医療コンサルタント・長谷(淵上泰史)から電話が入り、心臓外科学会の理事長・大貫(きたろう)の孫・川崎美咲が、重い心臓病で入院していると伝えられる。あおば台病院に転院させて手術がうまくいけば、医師会を後ろ盾にして小児ハートセンター設立までがスムーズになると言われていた。

憲次(泉谷しげる)は、がんの治療に向き合い、診察を受けていた。付き添う松本は、改めて最悪の状況を確認し「治験薬でもいいので可能性に賭けたい」と訴える。
その頃、ひき逃げ事故にあった女性患者(白石糸)が搬送されてきた。搬送されて2日経っても家族からの問い合わせが入らないことや、彼女の荷物からシングルマザーなのではないかと考えられた。家に乳幼児が1人で残っているかもしれない危機的状況にもかかわらず、身元がわからないでいたが、児嶋があることに気づき…。

母親の川崎百合子(大西礼芳)、祖父の大貫に付き添われ美咲が転院してきた。濱田の次に優秀とされる心臓外科医・田沼(前田公輝)を前立ちにして手術が始まる。
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

【病室で念仏を唱えないでください8話】のネタバレ

ペースメーカーに関して不正を働いたのは?そのおかげで子供が助かる!?

ペースメーカーを入れた生活保護の患者が短期間に搬送されてきます。

松本や涼子は疑惑を抱きます。

松本は、児嶋にどこで入れられたペースメーカーなのかを調べるように頼みました。


児島は、ペースメーカーの件で松本と涼子に報告します。

ペースメーカーを埋め込まれていた3人は、あおば台病院でペースメーカーを入れていたことがわかりました。

3人とも心機能障害一級なので、自己負担なしでペースメーカーを入れることができます。

児島には気になることがあるというのです。

それは、ペースメーカーはすべてMD電子のもので、今まで当病院では使っていないものということでした。

涼子は、MD電子からお金をもらって、そこのペースメーカーを入れた可能性があるのではと言います。

担当医はすべて心外の田沼でした。

それが本当なら許せないと松本が濱田に話を聞きに行きます。


松本は、濱田にペースメーカーを入れた生活保護の患者が3人死亡したことを伝えました。

もし3人が不整脈がないにもかかわらず、ペースメーカーを埋め込まれていたとしたら大問題だというのです。

松本は、濱田はそのようなことをしないと思っていました。


松本は3人の患者のカルテを見せました。

すると、濱田が頭を下げて謝罪したではありませんか?

一体どういうことなのでしょうか?


濱田は、今ようやく小児ハートセンターの設立が決まりかけている大事な時期なので、心外の中で起きた不祥事は自分がきちんと解決するので任せて欲しいと頼みます。

松本は、濱田を信用することにしました。

濱田に3人のカルテを渡しておきました。


濱田は、田沼がMD電子からお金をもらってやったということはすぐにわかりました。

田沼は、8人もの患者にMD電子のペースメーカーを入れていました。

濱田はそれらの患者のカルテを確認しました。

すると、異常心電図の記録の波形がトレースしたように全員同じでした。

つまり、これは田沼が不正を行ったという証拠です。


濱田は、田沼にこの証拠を突きつけました。

動揺して謝る田沼に、濱田はやるのならとことんしっかり隠すように言います。

田沼はお金を返すので、黙っていて欲しいと言います。

濱田は当たり前だと言って部屋から出ていきました。


松本は、児島に亡くなった吉瀬のカルテを出して欲しいと頼みました。

児島が端末からカルテを開くと、ペースメーカーを埋め込んだ部分の記録が消されていました。

実は、濱田が削除したのです。


松本は濱田のところへ向かいます。

濱田にデータを消したのかどうかを尋ねます。

濱田は消したことをあっさり認めます。

そして、濱田は次の理由で消したというのです。

  • 3歳の女の子の前立ちを田沼にさせること
  • ペースメーカーを入れたことで患者が死ぬわけではないこと
  • このことを公表すれば小児ハートセンターの設立が遠のき、亡くなる子供が増えること

不正を公表することが、3歳の女の子の命よりも大切なことなのか、心臓病の子供の命よりも大事なことなのかと言われて、松本は何も言い返せませんでした。


ひき逃げ事故に遭った女性患者が搬送されてきました。

腕の骨折や頭の外傷が見られました。

この女性にもペースメーカーが埋め込まれていました。

身元がわかるようなものは何も持っていませんでした。


その女性は適切に処置されましたが、意識不明の状態でした。

事故の時に所持していたものから、その女性には子供がいることがわかりました。

搬送されて2日経っても、未だに身元は判明しませんでした。

これらのことから、その女性はシングルマザーである可能性が浮上しました。

もしそうなら子供が危険です。


その女性はペースメーカーを埋め込まれていたので、児島はペースメーカーのロットナンバーからその女性の住所や名前がわかると言います。

松本と児島は、濱田に消したペースメーカーのデータが残っていないかを尋ねました。

児島は、田沼ならデータを残しているはずだと言います。

濱田は、今回のペースメーカーの件を他言しないのなら、データを渡すというのです。

松本は正義よりも子供の命の方が大事だと言って、その条件を飲みました。


データをもらって、ペースメーカーのロットナンバーを調べます。

すると、その女性の名前が小塚里香であることがわかりました。

急いで警察に伝えます。


警察からなかなか連絡が来ないことに、松本はいらだち始めます。

我慢できなくなった松本は、直接自分で行くことにしました。

田中を連れて行きます。


松本と田中が乗った救急車が、里香の住む建物の前に到着しました。

2人は急いで里香の部屋へ向かいます。

そして、2人は部屋の中に入りました。

押し入れの中でぐったりしている女の子を見つけました。

松本は必死に女の子に呼びかけます。

女の子は目を開きました。

急いで病院へ搬送します。


女の子は手当を受けて、里香の元へ連れて行きました。

里香は、娘の元気そうな顔を見て涙を浮かべ、娘の手を取ります。

そして、松本らにお礼を言いました。

濱田は心臓外科学会の理事長に恩を売るつもりが・・・

濱田に、医療コンサルタントの長谷から電話がありました。

濱田にとってよい話だと言います。

心臓外科学会の理事長である大貫の孫・川崎美咲が、重い心臓病で入院していることが伝えられました。

長谷は、濱田が美咲を手術して恩を売っておけば、医師会の後ろ盾を得られて、小児ハートセンターの設立がスムーズにいくというのです。

濱田も乗り気でした。


後日、美咲が転院してきました。

大貫は、濱田にお金を渡そうとしましたが、濱田は受け取りませんでした。

それよりも、濱田は小児ハートセンターの設立の相談に乗って欲しいとお願いしました。

大貫は、自分にできることなら何でもしてくれると言います。


ついに、美咲の手術が行われる日になりました。

前立ちは田沼が務めます。

手術は予想以上に大変でした。

しかし、手術は無事に成功しました。


更衣室で、濱田は田沼にクビを宣告しました。

美咲の手術が終わったので、もう田沼は用済みだというのです。

田沼はペースメーカーに関して不正を働いていました

濱田は自分が行うのは必要悪で、すべて患者のためのものだと言います。

田沼のようなお金のためだけにやっているものとは一緒にしないで欲しいと声を荒げました。

最後に、辞める時に自分の犯した罪を公表するようなことはしないように忠告しました。

もし公表したら、全力で医学界から追放すると言います。


資金は揃い、行政と医師会は押さえられました。

後は発表するだけとなりました。

あおばこどもハートセンターは2025年に開業予定です。


美咲の容態が急変しました。

松本が急いで駆け付けます。

果たして美咲はどうなるのでしょうか?

憲次が余命宣告を受ける

憲次は、がんの治療を行うことにしたので、担当医師から話を聞きに来ました。

松本も一緒に話を聞きます。

憲次に合う有効な薬はありませんでした。

そのため、担当医師は抗ガン剤治療を勧めました


憲次は、あとどれくらい生きられるかを聞きました。

治療しなかったり、薬がまったく効かない場合は、3~6ヵ月ほどだと言われました。

すると、松本は治験薬を試してみたいと担当医に頼みました。


憲次は、治験薬を試してみることにしました。

もしそれで死んでも、自分の治療データは薬の開発に活かされるというのです。

そう考えれば、死んでも生きても悪くはないと言います。


憲次は、松本の病院に入院してきました。

これから治療を行っていきます。

【病室で念仏を唱えないでください8話】の感想

濱田は、ペースメーカーに関しての不正を許しませんでしたね。

美咲の手術のために、田沼をすぐにクビにはしませんでしたが、手術が終わった瞬間にクビです。

濱田らしいですね。

患者のためにならない悪は許せないようです。


美咲の手術は無事に終わりましたが、最後に急変しました。

美咲は大丈夫なのでしょうか?

濱田は美咲を救うことができるのか気になりますね。


SNS上には、次のような声が上がっています。

【病室で念仏を唱えないでください8話】の視聴率

今回の平均視聴率は7.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でした。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!