トップナイフの9話のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。

【トップナイフ】9話のネタバレ

深山(天海祐希)たちは転院してきた深刻な脳腫瘍の患者が今出川(三浦友和)の妻・里美(有森也実)であることを知る。

実は今出川は、最初から妻に最高の治療を受けさせることが目的で、黒岩(椎名桔平)と西郡(永山絢斗)を東都総合病院に呼び入れていたのだ。今出川はすでにキャリアを捨てる腹をくくっていて……。
一方、保の学校に忘れ物を届けに行った黒岩は、同級生からのいじめを無反応にやりすごしている保の姿に、かつての自分に似た“息子”の一面を見る……。

その日の午後、深山と黒岩、西郡は、三人の技術を結集して里美のオペを遂行すべく計画を詰めていた。そんな三人に頭を下げた今出川は、深山に自分の後任を任せようと思っていることを打ち明ける。

一方、病室で里美の様子を見ていた幸子(広瀬アリス)は、脳腫瘍が引き起こす“譫妄状態”のせいでさっきまで今出川を夫だと認識できずに罵倒していた里美が、ころっと普通の状態に戻っている様子にショックを受ける。これまで今出川の元に怒鳴り声の電話がかかってきていたのは、錯乱状態の里美の電話だったのだと気づいた幸子は、優しく里美に接する今出川の心中を察する。

翌日、解体工事中の現場で鉄筋が頭を貫通した少年・添野徹が緊急搬送されてくる!絶体絶命の事態に深山と西郡が緊迫のオペに挑む!そんな中、徹の母親・良美は焦燥しきった様子だが……。
(公式HPより引用)


黒岩と西郡を呼んだ理由とは?深山が今出川の後任に!?

今出川の妻の里美が東都総合病院に転医してきました。

里美の脳腫瘍かなり厳しいものでした。

オペができる医者がいないので、経過観察してきました。

しかし、高次機能障害が出てきたため転医することになりました。

家族はオペを希望しています。


今出川は、理事長に辞表を提出しました。

里美の治療をさせるために、黒岩と西郡を東都総合病院に呼んだというのです。

理事長からは、東都総合病院を私物化したと指摘されます。

今出川はそれを認めました。


今出川は、里美の病室にやって来ました。

すると、里美は今出川を見ると「出ていけ」と言って暴れ出しました。

実は、里美は譫妄状態のせいで今出川のことを夫だと認識できないのです。

時々普通の状態に戻ることがあります。


里美のオペは、黒岩にエベレスト級と言わせるほど難易度の高いものでした。

深山と黒岩、西郡は、念入りに里美のオペの準備を行っていました。


今出川は患者の家族として、3人に頭を下げてオペをお願いしました。

黒岩と西郡が退室した後、深山は今出川と話しました。

今出川は、黒岩と西郡を呼ぶ前から準備してきたというのです。

深山は、準備とはどういうことなのかと尋ねました。

すると、今出川は深山を自分の後任に考えているというのです。


里美が普通の状態に戻っていました。

今出川のことを夫と認識しているので口調は穏やかです。

先ほど怒鳴り声を上げた人物と同じとは思えません。


里美はまた暴れ出しました。

黒岩が薬で里美は眠らせます。

今出川が様子を見に来ました。

黒岩に、里美が暴れるのは自分への積年の恨みだというのです。

今出川は、これまで仕事一筋で家庭のことをまったく顧みませんでした。

里美は愚痴の一つも言わなかったと言います。

我慢してしまい込んでいた心の声が、譫妄という形で一気に吹き出してきたというのです。

黒岩は、それはあり得ないと言います。

譫妄は脳が起こすただの妄想だからです。

今出川も、もちろんそのようなことはわかっていました。

医者としてはわかっていますが、患者の家族としては言われたことで傷つくこともあるというのです。


深山らは、里美にオペの説明を行いました。

オペは上からと下からの同時に行われます。

上は開頭手術、下は鼻からの内視鏡手術となります。

言語機能を守るため、話しかけながらオペを行うことになります。


里美はオペが成功する確率を尋ねました。

深山は、後遺症が残ることもある厳しいオペであることを伝えました。

すると、里美は今出川もオペに参加して欲しいと言いました。

それなら、どのような結果になっても悔いは残らないというのです。


今出川は深山と話をしました。

里美の発言にかなり動揺していることも伝えました。


深山は後任の件を断ろうとしました。

すると、今出川はこの話を受けるように言いました。

そして、次のように続けます。

「部長になれば第一線を退きます。

その後の時間は家族のために使いなさい。

あなたはまだ間に合う」


今出川は、里美に自分がオペをすることになったことを伝えます。

里美に一緒に頑張ろうと声をかけました。


全員で、オペのリハーサルが行われました。

1つのミスも許されませんので入念に確認が行われます。


いよいよ里美のオペに日になりました。

オペが始まりました。

少年のケガは事故によるものではなく・・・

解体工事中の現場で鉄筋が頭を貫通した14歳の少年・添野徹が、ドクターヘリで緊急搬送されてきました。

急いで徹の開頭手術が行われました。

深山と西郡がオペを行います。

その時、徹の母親の良美が病院へやって来ました。

オペは無事に終わりました。

脳の損傷は最低限で済みました。

良美は徹に付き添っています。


深山はここから1週間が勝負だと言います。

目覚めた時どれだけの反応があるかが問題です。


徹の目が覚めました。

深山と西郡が病室に行きました。

そして、深山は徹に後遺症がないかのチェックを行いました。

今のところ問題はありませんでした。


徹は、深山に信じられない事実を話しました。

実は、今回の徹のケガは事故によるものではなく、母親に殺されかけたことによるものだったのです。

黒岩と保は本当の親子!?

保が忘れ物をしたので、黒岩が学校へ届けます。

すると、保が他の生徒からいじめられていました。

保は無反応で、嫌という意思表示ができないようです。


黒岩は学校が終わるまで、保のことを待っていました。

2人で食事に行きました。

黒岩は、保に先ほどいじめられていたことについて尋ねました。

保はたまにいじめられるというのです。

黒岩は、自分の身は自分で守るように言います。

昔は自身もなめられっぱなしであったことを話しました。


黒岩は深山と飲みに行きました。

そこで、黒岩は保は自分に似ているという話をしました。

人を探るような目つきや何をされても抵抗できない弱さは、昔の自分だと言います。

強くなるために、黒岩は死に物狂いでオペの技術を磨きました。

そして、トップナイフになったのです。


ある日、黒岩の前に保の母親が現われました。

黒岩に保を返して欲しいと言ってきました。

黒岩は激怒しました。

母親は、保は黒岩の子供ではないと言い出しました。


黒岩は探偵から調査結果を聞きました。

先日行ったDNA鑑定はねつ造されたものでした。

黒岩が鑑定を依頼した者と保の母親はつながっていたというのです。

そのため、黒岩と保は親子ではありませんでした。

黒岩が、念のためにアメリカで頼んでいたDNA鑑定の結果は保の父親の確率は0%でした。


母親は、好きな男のところへ転がり込むために、保を黒岩に押しつけました。

しかし、付き合っている男が連れ子も呼んでもよいと言ったので、黒岩のところへ保を引き取りに来たのです。


黒岩は、保に母親が迎えに来ることを伝えました。

翌日、黒岩は保に先日食事に行った店は常連なので、黒岩の知り合いだと言えば無料で飲み食いできることを伝えました。

黒岩は、中学校・高校・大学に入っても、好きなだけ食べに行けばよいというのです。

最後に「男はなめられたらおしまいだ。やり返せ」と言いました。

スポンサーリンク

【トップナイフ】9話の感想

今出川が自分の妻の脳腫瘍を治療させるために、黒岩と西郡を呼んでいたとは驚きです。

そこまでしてでも、妻の病気を治したかったのですね。

まさに執念を感じます。

それなら、もっと早く転医させて治療を受けさせればよかったのにと思います。

ドラマの都合でしょうね。


深山が、今出川の後任になるかもしれません。

娘の真実と一緒に暮らせるのなら、深山は考えるかもしれませんね。


黒岩は可哀想過ぎます。

はじめは保のことを嫌がっていましたが、DNA鑑定で親子だとわかって、黒岩に親としての自覚のようなものが少し芽生えてきたように感じます。

今度はそれが嘘だったと言われるとつらいですね。

保の母親がやっていることは本当に最低です。


SNSでは、次のようなコメントが上がっています。

スポンサーリンク

【トップナイフ】9話の視聴率

今回の平均視聴率は、11.4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)であることが判明しました。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!