アリバイ崩し承りますの6話のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。

スポンサーリンク

【アリバイ崩し承ります】6話のあらすじ

アリバイ崩し承りますの6話のあらすじは次のとおりです。


 とある郵便ポストから拳銃が見つかった。その拳銃には発射された形跡があり、血痕が付着していた。
 後日被害者が発見され、管理官・察時美幸(安田顕)、刑事・渡海雄馬(成田凌)らが捜査を担当することに。

 その後の捜査会議に、コワモテ刑事・真壁剛士(間宮祥太朗)が現れた。真壁は、組織犯罪対策課(通称:組対)の女帝と恐れられる警部・村木キャサリン(木村カエラ)の部下で、雄馬の幼なじみでもあった。
激化する暴力団同士の抗争が絡んでいるのではと思われたが、被疑者には鉄壁のアリバイがあった…!

 時計店の店主でアリバイ崩しの名人・美谷時乃(浜辺美波)は、今回も察時からアリバイ崩しを依頼されるが…!?
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

【アリバイ崩し承ります】6話のネタバレ

テレビのニュースで、白嵐会の事務所近くの郵便ポストから拳銃が見つかり、その拳銃には発射された形跡があることが報じられていました。

白嵐会と小八木組の暴力団同士の抗争と関連があるとみて、警察が捜査しているというのです。


時乃がこのニュースを見ていると、察時が2階から降りてきました。

察時がこの事件の概要を話し出しました。

昨日の15:00の集荷の時に、郵便局員が拳銃を発見しました。

銃口には硝煙の匂いが残っていた上に、血液が付着していたと言います。

拳銃はFNブローニングM1910でした。

拳銃には指紋は残っていませんでした。

被害者はまだ見つかっていません。

凶器の方が先に見つかる珍しい事件です。


15:00の前の集荷は10:00です。

つまり、10:00~15:00の間に拳銃がポストに入れられたことになります。

察時は、ついつい時乃には事件のことを話してしまうと反省しています。

実は、雄馬がこの様子を一部始終見ていました。

時乃が事件のことにあまりにも食い付いてくるので、途中から雄馬は驚いていました。


雄馬は察時に、いつも時乃に捜査情報を話しているのかと尋ねます。

察時は、時乃がニュースを見て不安がっているので、今回は特別に話したと答えます。

その場は何とか誤魔化しました。


時乃がアリバイ崩しをしていることに雄馬が気づいたのではないかと、察時は不安で仕方がありませんでした。

察時は、雄馬の不自然な視線を怖く感じていました。


被害者が見つかったという連絡が入りました。

被害者は、製薬会社に勤める布田真でした。

発見者は布田の友人です。

その友人は、10:00にここへ訪ねて来て遺体を発見しました。


察時は、検視官の樋口に話を聞きます。

銃は2発撃たれていました。

1発は右の太もも、もう1発は口の中に発射されていました。

察時は遺体が横を向いていることに不自然さを感じましたが、樋口は犯人に蹴られたのではないかと言いました。


時乃は、腕時計のメンテナンスで警察本部に来ていました。

察時は、雄馬が疑っているので今回はアリバイ崩しは頼まないと言います。

その時です。

コワモテ刑事の真壁剛士が捜査会議に入ってきました。

真壁は渡海の幼なじみです。

それもあって、渡海に偉そうに言いたい放題言っています。


司法解剖の結果が報告されました。

死亡推定時刻は14:00~16:00の間でした。

被害者は拳銃で2発撃たれていました。

最初に右の太ももを、その後口の中を撃たれていたことがわかりました。

犯行に使われた拳銃とポストから見つかった拳銃が一致しました。


死亡推定時刻は14:00~16:00で、凶器の拳銃は15:00までにポストに入れられていました。

現場からポストまでは近いので、犯行時刻は14:00~15:00と考えられました。


牧村は布田が務める製薬会社で、上司の平根勝男という人物から話を聞いてきました。

布田は真面目で人から恨みを買うようなことはないと言っていたそうです。

真壁は平根を徹底的に調べるように言い出しました。

実は、真壁は白嵐会の幹部が平根という人物からモルヒネを横流ししてもらっている情報を得ていたのです。


捜査会議では、平根の捜査に全力で当たることになりました。

真壁は人手が足りないというので、雄馬が手伝うことになりました。


真壁と雄馬は2人で話をしていました。

真壁は、雄馬に昨日偉そうに噛みついたことを謝りました。

実は、真壁は本当は優しい好青年なのです。

組対でやっていくためには、なめられるわけにはいきません。

そのため、雄馬にも偉そうに言っていたのです。

雄馬はそのことを知っていたので、真壁に優しく接しています。


真壁はビビってしまって、今まで結果を残すことができていませんでした。

今回ダメなら、村木キャサリンに交番勤務に戻されてしまうというのです。

キャサリンは真壁の上司で、組対の女帝と恐れられていました。


察時は、雄馬が別行動している間に、時乃にアリバイ崩しを依頼しました。

実は、察時は牧村と話を聞くために平根のところを訪れていました。

平根との会話の内容を時乃に伝えました。


平根に犯行時刻のアリバイを確認しました。

12:00頃~15:00頃まで従兄弟と食事をしていました。

その後、15:00頃~17:000頃まで映画館で映画を観ていました。

映画の後は自宅に帰りました。

犯行時刻には完璧なアリバイがありました。


午前中は何をしていたのかを聞くと少し動揺したように感じられました。

自宅の掃除をするなどしていたそうです。

1人暮らしなので午前中のアリバイはないようです。


察時は、平根の従兄弟に会って、平根が言っていたことが嘘ではないことを確認しました。

午前中のアリバイを聞かれて平根が動揺したことが気になっていました。

しかし、時乃は死亡推定時刻をズラすのは無理だというのです。

その時、警視庁が拳銃の密売人を逮捕したという連絡が入りました。


その時、警察本部にキャサリンがやって来ました。

銃の密売人から押収した購入者リストを提供してくれました。

リストの中にFNブローニングM1910を購入した者が1人いました。

ただ、偽名を使っている上に、郵便局留めで荷物を受け取っているので購入者は誰かわかりませんでした。


真壁はキャサリンに声をかけますが、振り向いてももらえませんでした。

真壁はもう終わりだと諦めかけていました。

雄馬は、平根を逮捕して白嵐会とのつながりを自白させれば幹部を逮捕できると言います。

それができれば、真壁は組対に残れるというのです。


今回も時乃のお風呂での食事シーンがありました。

時乃は干し柿を食べていました。

その時、雄馬から電話がありました。

雄馬は、時乃がお風呂に入っていることを知ると興奮して鼻血を出していました。


時乃は、察時に行きたいところがあると伝えました。

パジャマだった察時は服を着替えに行きました。

すると、時乃は引き出しの中から拳銃を取り出してポケットの中に仕舞いました。


2人は事件現場に来ていました。

時乃は、物を動かした痕などを念入りに調べます。

その時です。

時乃がいきなり察時に拳銃を向けました。

正体を知られたからには生かしてはおけません

そう言って、時乃は察時に迫り、右の太ももに向けて銃を撃ちます。

すると、察時が大声を上げて驚きます。

時乃は右の太ももを撃ったので、察時に倒れるように指示します。

時乃は犯行を再現していたのです。


察時は言われたとおりに倒れます。

あなたには消えてもらいます

そう言って、今度は察時の口に拳銃を押し込んで撃ちます。


その後、時乃は本当はこのように犯行が行われたわけではないと言います。

被害者が横向きの状態で発見されたことと関係しているようです。

見せかけにだまされたいうのです。


時乃はついに事件のすべてがわかりました。

「時を戻すことができました。平根さんのアリバイは崩れました」


察時は雄馬と真壁を連れて、平根が務めている製薬会社にやって来ました。

2人に平根のアリバイが崩れたことを伝えました。

雄馬から時乃とどのような話をしてきたのかと問われ、察時は動揺します。


時乃は察時に次のような説明をしていました。

平根には、12:00頃~15:00頃まで従兄弟と食事をしていたという鉄壁のアリバイがあります。

察時は午前中に犯行を行ったのではと考えていましたが、実はもう1つ平根のアリバイがはっきりしない時間帯がありました。

それは15:00以降です。

平根は15:00頃~17:000頃まで映画館で映画を観ていたと言っていますが、1人だったのでアリバイははっきりしません。

しかも、この時間帯は死亡推定時刻の14:00~16:00の範囲内です。

凶器の拳銃は、15:00の集荷の時に発見されています。

そのため、一見14:00~16:00の間に犯行を行うのは不可能なように思えます。

平根は、その拳銃を使わずに別の拳銃で布田を殺したと考えるとよいというのです。


察時は、平根に犯行は15:00~16:00の間に行われたと考えていることを伝えました。

その上で、平根にその時間映画を観ていたというのは本当かどうかを尋ねました。

平根は、間違いなく映画を観ていたと答えました。


察時は、問題となっている拳銃を使わずに、犯人は布田を殺害したと言います。

布田を殺害した拳銃の銃弾は貫通しているので、どの拳銃で撃たれたものかはわからないというのです。

実は、問題となった拳銃で殺害されたと考えられたのは、布田を貫通したと思われた銃弾が床にめり込んでいたためです。

あらかじめ銃弾を床にめり込ませておけば、別の拳銃で布田を殺害してもわからないと言います。


右の太ももに残された銃弾は、問題となった拳銃の銃弾で間違いありません。

犯人は布田にモルヒネの注射を打ったのだと言います。

モルヒネには鎮痛効果があります。

察時は、血液にモルヒネの成分が含まれていないか再鑑定を依頼しているというのです。


犯行はこのようにして行われました。

モルヒネの横流しを布田にバレて自首を勧められた平根は、午前中に布田に会いました。

その時、平根は布田の後頭部を鈍器で殴り、モルヒネを打って眠らせました。

そして、問題の拳銃で右の太ももを撃って、銃弾を右の太ももに残します。

注射痕に合わせて撃てば、注射痕を隠すことができます。

その後、床のマットを外して拳銃を発射し、銃弾を床にめり込ませておきます。

ここまでできれば、拳銃を近所のポストの中に入れます。

ポストに入れたのは10:00の集荷の後です。


平根は12:00~15:00まで従兄弟と食事をします。

15:00にポストから拳銃が見つかります。

平根は15:00から映画を観ていたと言っていますが、それは嘘です。


従兄弟と別れた後、平根は再び布田のところへ行きます

先ほど撃ち込んでおいた銃弾のところに砂を詰め込んだ袋を乗せます。

さらにその部分のマットを戻します。

その後、そこへ布田を運んできます。

15:00~16:00までの間に、平根は別に用意していた拳銃で、布田の口の中を撃って殺害します。

銃弾はマットは貫通しますが、砂を詰めた袋の中で止まります。

そして、マットの穴とめり込んでいる銃弾の位置が合うように調整します。

ただ、銃弾が布田を貫通した位置とめり込んだ銃弾の位置までを合わせることは難しいので、布田の遺体を横に向けたのです。

こうしておけば、犯人が布田を蹴ったように見えます。


平根は、すべて憶測だというのです。

それなら、察時は平根の自宅を捜索させて欲しいと言います。

平根はこのトリックに自信があったので、布田を殺害した拳銃をまだ持っていたのです。

平根はついに犯行を認めました。


察時は、時乃のお礼を言って報酬の5000円を渡しました。

またしても、雄馬にこの場面を見られてしまいました。

察時はすべてが終わったと思いました。

そして、雄馬は本当のことを教えて欲しいというのです。

雄馬は、察時と時乃が付き合っているのではないかと尋ねました。

時乃は死んでもあり得ないと否定しました。

雄馬は満面の笑みを浮かべて喜んでしました。

【アリバイ崩し承ります】6話の感想

今回の事件も難事件でしたね。

すべて同じ拳銃で撃ったように見せかけておいて、実は別の拳銃も使っていたのです。

これは、なかなか気づかないですね。

この発想力の素晴らしさが時乃の持ち味です。


今回はさすがに渡海にバレたと思いました。

時乃と察時が事件のことで話していて、しかも時乃は拳銃に詳しくて素人とは思えないような口ぶりでした。

普通なら、時乃のことを怪しむと思います。

渡海の推理力がイマイチで助かりました。

さすがに2人が付き合っているわけはないですよね


SNS上では、次のような声が上がっています。

【アリバイ崩し承ります】6話の視聴率

今回の平均視聴率は、4.2%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)であることが判明しました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!