ドラマ「テセウスの船」の8話のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。
スポンサーリンク

【テセウスの船】8話のネタバレ

大量毒殺事件当日、田村心(竹内涼真)は父・文吾(鈴木亮平)と共にお楽しみ会に現れた犯人・加藤みきお(柴崎楓雅)の行動を監視する。食事に毒が入れられることを阻止しなければ、多くの死者が出て文吾は殺人犯になってしまう。
 心と文吾はみきおに翻弄され続け、ついに事件が起きた昼食の時間を迎えてしまう。食事の中に毒が混入しているかもしれない最悪の状況の中、心は事件を阻止するため驚くべき行動に出る!
 また、村では同時に新たな事件が進行していた! 和子(榮倉奈々)と子供達の身に危険が迫る! そして、みきおの他に“もう一人の真犯人”がいることが分かる!
 ついに犯人の本当の狙いが明らかになっていく…!
(公式HPより引用)


校内放送でみきおの声が聞こえてきました。

心と文吾は放送室に行きます。

そこにみきおがいました。

持ち物の検査をしますが、みきおは青酸カリを持っていませんでした。

心は青酸カリのありかを聞きますが、みきおはとぼけて答えません。


文吾は、ひとまずみきおを学校の外に連れ出すことにしました。

しかし、みきおの方が一枚上手でした。

みんながいる前で泣くふりをします。

校長とさつきがみきおの元にやって来て、何があったのかを尋ねます。

みきおは、心に毒を持っていると疑われていることを伝えました。

さつきと校長は、心と文吾にどういうことなのかを説明するように迫ります。

心と文吾は、ひとまずみきおを連れ出すのを諦めました。


和子と子供たちは、文吾の指示で村から出ることにしました。

和子が山道を運転していると、道の真ん中に野菜が置かれていました。

車が通れるように野菜を端に寄せます。


心と文吾は、みきおの件で校長から説教されていました。

校長室から出ると、すぐにみきおを探しますが見つかりません。

校庭を探すことにしました。

手伝いをしている村人にみきおを見なかったかと聞きます。

すると、先ほどまではっと汁をかき回していたというのです。


心と文吾は、もう1度校舎内を探すことにします。

みきおが、同級生に粉末のジュースを飲ませようとしていました。

心はそれを飲まないように言います。

みきおがそのジュースを取り上げて自分で飲んでしまいました。

その直後、みきおが倒れて苦しみます。

そして、動かなくなりました。

みきおが死んでしまったと思った瞬間、目を見開いて「な~んてね」と言いました。

そして、みきおは鈴も来ればよかったのにと意味深な発言をします。


ついに食事の時間になりました。

文吾ははっと汁を撤去しました。

そして、誰も口にできないように全部捨てました。


心はみきおの様子を伺います。

みきおはタイムスリップに興味があると言います。

心は、みきおにどうしてみんなを殺そうとするのかを尋ねます。

みきおは心は全然わかっていないというのです。

自分は人殺しになりたいわけではないと言います。

音臼小事件は起こさせないという心に、みきおは自分の計画は完璧なので防げないと言って去って行きました。


文吾は鍋ごとはっと汁を処分しましたが、子供たちの分は別に作ってありました。

子供たちのはっと汁は、すでにお楽しみ会が行われる部屋に運ばれていました。

文吾はみんが食べるのを止めさせるために、非常ベルを鳴らそうとしますが、鳴らないように細工されていました。

そこで、心はみんなにさつきの実家の工場からなくなった青酸カリをお楽しみ会のはっと汁に入れるという脅迫状が届いたことを伝えました。

文吾が犯人を捜しているが、まだ見つからないので、はっと汁を食べないで欲しいと頼みました。

すると、みきおは文吾が嘘をついていると言い出しました。

先ほど毒のことでみきおを疑ったので、みんなは心のことを信じてくれません。

それどころか、心と文吾を非難する声が飛び交います。


心は、自分も毒は入っていないと思うと言い出しました。

そして、はっと汁の入った器を持ち、自ら食べることにしました。

もし毒が入っていても、これで文吾が疑われることはないというのです。

結局、はっと汁には毒は入っていませんでした。

そして、お楽しみ会は無事に終わり、みんな帰って行きました。


心は、これで終わりとは思えませんでした。

みきおが計画は完璧だと言っていたことが気になります。


その時です。

警察無線で、文吾にドアが開いたたまま停車している車があるので確認するように指示がありました。

文吾と心は現場に向かいます。

すると、その車は和子と子供たちが乗っていたものであることがわかりました。

車の中に荷物は残されていましたが、人は誰も乗っていませんでした。


心は、運転席に紙が置いてあることに気がつきました。

その紙を見ると、警察官が十字架に掛けられていて、泣いている身ごもった女性と2人の子供が描かれた絵でした。

まさに佐野家を表したような絵でした。

これはみきおの絵です。

心は、文吾にみきおには共犯者がいることを伝えました。

この時、和子と子供たちは縛られてどこかに監禁されていました。


心と文吾は駐在所に戻っていました。

心は文吾に、みきおは何らかの理由で21人を毒殺して、その罪を文吾に被せたと思っていましたが、それは誤りだったのではないかと言いました。

本当の狙いは文吾だったのではないかというのです。

とにかくみきおを問い詰めて、和子らを救わなければなりません。


さつきの自宅に向かいました。

みきおがいなくなったとさつきが探していました。

結局、みきおの手がかりは見つかりませんでした。


文吾は自分を責めていました。

自分が恨まれたせいで、和子や子供たちが危険な目に遭ったと思っています。


心と文吾は、和子らが監禁されている場所を探していました。

すると、和子らが発見されたという無線が入ってきました。

自宅で待っていると、和子と子供たちが帰ってきました。

誰も犯人の顔を見ていませんでした。

実は、和子らが監禁されていたのは音臼小学校の体育館だったのです。

みきおが和子らを見つけて助けてくれたというのです。


心は、これらのことから共犯者はお楽しみ会に参加していたのではないかと考えました。

お楽しみ会に参加していたので、他の場所に監禁できなかったのではというのです。


心は、和子に音臼小事件のことを話しました。

みきおが犯人で、お楽しみ会で多くの人が死ぬことになっていたことを伝えました。

今回は何も起きませんでしたが、何か起こる可能性があるので、もう1度村を出て欲しいとお願いしました。

和子は、この村を出ずに文吾のそばにいると言います。

そして、警察官の妻として文吾のそばで子供たちを守るというのです。


文吾は、和子の話を聞いていました。

そして、和子に家族も村も絶対に守ると言いました。


文吾は仙南警察署に行きました。

最近村で起きた事件はすべてみきおの仕業だと言いますが、誰にも信用してもらえません。


文吾が駐在所に帰ってくると、電話がかかってきました。

相手はみきおでした。

みきおはもう疲れたので、自分を捕まえに来て欲しいというのです。

文吾に自分のいる住所を伝えます。

みきおは自分は1人なので、文吾も1人で来て欲しいと言います。


心が駐在所に戻ってくると、文吾からの手紙がありました。

そこには自分が決着をつけるということが書かれていました。

その手紙をよく見ると、文字の跡が残っていました。

仙南キャンプ場”と読むことができました。

心も仙南キャンプ場に向かいました。


その頃、文吾は拳銃を手に持って、キャンプ場のコテージの中に入っていきました。

テーブルの上には、犯人がワープロで打ったであろう文面を印字したものの束が置いてありました。

そこには、今までの事件に関する犯人の生々しい声が書かれていました。


その時、みきおがコテージに入ってきました。

文吾は、どうしてこのようなことをしたのかを尋ねました。

みきおは鈴のためだというのです。

そして、みきおは次のように言います。

正義の味方は僕1人だけでいい

まだ計画は終わっていない。邪魔者は消えてもらう

その後、文吾は共犯者にスタンガンで気絶させられてしまいます。


心がキャンプ場に来ると、文吾が乗ってきたパトカーが止まっていました。

後部座席にはみきおが横たわっていました。

スポンサーリンク

【テセウスの船】8話の感想

今回、みきおに共犯者がいることがわかりました。

やはり、共犯者がいましたね。

どう考えても、みきお1人ですべての事件を行うことは難しいです。


みきおは本当にずる賢いです。

心と文吾を翻弄して喜んでいるようにしか見えませんでした。

音臼小事件に関することが詳細に書かれたノートが犯人の手に渡ったので、犯人はすべての計画を変更してきました。

これでは、次に何が起こるのかがわかりません。


みきおは鈴のために事件を起こしたようなことを言っていますが、どういう意味なのでしょうか?

みきおは共犯者に裏切られてしまったのでしょうか?

わからないことだらけですね。

早く次が観たいですね。


SNS上には、次のようなコメントが上がっています。

【テセウスの船】8話の視聴率

今回の平均視聴率は、15.3%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)であることがわかりました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!