「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。(シロクロパンダ)」の9話の感想・ネタバレ・視聴率についてご紹介します。

スポンサーリンク

【シロクロパンダ】9話のあらすじ

シロクロパンダの9話のあらすじは次のとおりです。


佐島(佐藤二朗)は、8年前のコアラ男誘拐事件は自作自演で、哲也(田中圭)を殺したのも自分だと告白する映像を残していた。その映像が報道され、哲也の無実が明らかになったはずだった。直輝(横浜流星)は神代(要潤)から「復讐が終わったらミスパンダの正体を教えてくれる約束だろ?」と言われる。神代に対して「まだ終わってないんです」と答える直輝。彼は、佐島が何かを隠そうとしていたことを見抜いていた。
佐島が自分の命と引き換えにしてまで隠したかったこととは、一体何なのか? 直輝には、まだ解かなければならない大きな謎があった。
その頃、レン(清野菜名)は、コアラ男に連れ去られ、とある場所に運ばれていた――。

そんな中、直輝は、ビデオチャットの着信を受ける。連絡してきたのは、コアラ男だった。直輝は、コアラ男がレンに銃を突き付けている映像を見せられる。コアラ男がレンを監禁している場所は、8年前にあずさ(白石聖)が監禁された場所で、8年前の事件と同じ状況になっていた。
直輝はレンを救うため、あずさに手掛かりを聞きに行く。
命の危険にさらされ、恐怖に震えるレン。彼女は、コアラ男に「どうしてこんなことをするんですか!?」と訴える。すると、コアラ男は「森島直輝を恨むんだな」と告げる。
直輝は、あずさとともに、8年前にあずさが監禁された廃屋へ向かった。2人が廃屋の中へ入ったその時――!
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

【シロクロパンダ】9話のネタバレ

直輝は、USBの中のに入っていた哲也からのメッセージ動画を見ていました。

哲也は次のようなメッセージを残しています。

この動画以外の2つの動画は、哲也が追っている事件に関するものです。

もし自分に何かあれば、このUSBを警察に渡して欲しいというのです。

そして、直輝は絶対に復讐はしないように釘を刺しています。

直輝には直輝の人生を楽しんで欲しいと言います。


神代が直輝を訪れてきました。

直輝に哲也のことで謝罪しました。

神代は佐島に利用されたのです。


直輝の復讐はまだ終わっていませんでした。

哲也を殺したのは佐島ではないというのです。

佐島は自分が哲也を殺したと言っていましたが、あれは嘘だと言います。

直輝は、佐島は何かを隠したまま死ぬつもりだったと思っています。


直輝はビデオチャットの着信を受けました。

そこには、コアラ男に銃を突きつけられているレンが映っていました。

「この娘の命が惜しければ1億円を用意しろ」

8年前のあずさのものとそっくりな映像でした。

コアラ男は、直輝には1億を払うことは無理なので、代わりにゲームをしようと言います。

そのゲームとは、1時間以内にこの場所に来ることができるかどうかというのものです。

1秒でも遅れれば、レンは死ぬことになるというのです。


直輝はレンは関係ないと言いますが、コアラ男は関係があると返します。

ゲームがスタートしました。

1時間以内にレンを助けないといけません。


直輝は、あずさに会いました。

あずさは佐島のことで謝ります。

直輝は、8年前にあずさが監禁されていた場所を聞きます。


神代は上司にチャンスを欲しいとお願いします。

しかし、上司はこの間の誤報のことで社長が謝罪することになったと怒っています。

神代は大ピンチでした。


直輝はあずさと8年前の監禁現場に行きました。

その場所には、レンもコアラ男もいませんでした。


携帯に、コアラ男から電話がかかってきました。

コアラ男とレンは直輝の部屋にいました。

コアラ男は、父との思い出が詰まったパンダのぬいぐるみを手に取ります。

そして、パンダが嫌いだと言って、ぬいぐるみを踏みつけます。

今度は、30分以内に来るように言います。


直輝は自宅に向かっていました。

その後を追っていたあずさがコアラ男にさらわれました。

コアラ男は1人ではなく、複数人いるようです。


直輝が自宅に戻ると、またしてもレンもコアラ男もいませんでした。

壁には“お前の大切な人間皆殺し”と書かれていました。


コアラ男からまた電話がかかってきました。

もう他の場所に移動したようです。

次は最後でもう鬼ごっこは終わりだと言います。

居場所が記された地図が送られてきました。

直輝は、指定された場所に向かいます。


その頃、レンはコアラ男に直輝をこれ以上苦しめないで欲しいと頼みました。

すると、コアラ男は怒って直輝らのせいでこちらが苦しんでいるというのです。

しばらくすると、あずさもその場所に連れてこられました。


直輝がレンとあずさが捕まっている場所に来ました。

コアラ男は、レンかあずさのどちらか1人を殺すというのです。

直輝にどちらかを選ぶように言います。


直輝は選べませんでした。

あずさがコアラ男に卑怯者と言うと、あずさが撃たれてしまいました。

次は直輝かレンのどちらかを殺すというのです。

直輝にどちらかを選ぶように言います。


その時です。

直輝はレンにまたパンケーキを食べ行こうと言って、近くにあったろうそくの火を消して、溶けたロウを床に流していきます。

レンに催眠をかけます。

レンがミスパンダに変身しました

直輝とパンダはコアラ男と戦います。

2人はコアラ男を倒し、コアラの被り物を剥ぎ取ります。

すると、佐島の息子の一郎でした。

一郎は自分がすべてをやったというのです。

哲也を殺したのも自分だと言って、自ら頭を銃で撃ちました。

一郎は死んでしまいました。


直輝は、あずさが生きていることを知っていました。

あずさは直輝にどうしてわったのかを尋ねました。

直輝は、コアラ男が銃を撃つ前に、あずさを実弾の方で撃たないように一瞬確認したのを見逃さなかったのです。

あずさは、死んでしまった一郎にお礼を言います。

直輝は、どうしてレンを襲ったのかを尋ねました。

あずさはレンが直輝を弄んだためと答えました。


一郎は何でも言うことを聞いてくれるというのです。

レンを監視していたのも、哲也を殺したのも一郎でした。

実は、コアラ男誘拐事件はあずさの自作自演だったのです。


神代は、佐島が入院する病院にやって来ていました。

病室に行くと、佐島がいませんでした。

神代は、屋上で自殺しようとしていた佐島を見つけ、自殺するのを止めました。

そして、佐島にその責任の取り方は間違っていると言いました。

神代も、あずさが犯罪に手を染めていることをうすうす感づいていました。

佐島に、真実を明かして一緒に罪を償うことが本当の親の務めなのではないかと言いました。


あずさは事実を語り始めました。

8年前中学生だったあずさはずっと孤独でした。

母親はおらず、佐島は帰ってくるのが遅くてさびしい思いをしていました。

そこで、佐島を困らせるために、あずさは一郎に自分を誘拐するように頼みました。

一郎は断り切れずに協力することにしました。

身代金を要求するコアラ男の動画も一郎と2人で撮影しました。


佐島は、会見を開いて娘を返して欲しいと土下座をしました。

あずさも一郎も、ここまで大事になるとは思っていませんでした。

そこで、コアラ男から逃げ出してきたふりをして出てきたのです。

あずさは、父親が自分のことをどれほど愛してくれているかがよくわかったと言います。


その後、哲也扮するミスターパンダが現われて、コアラ男誘拐事件に関する1枚の写真を佐島に見せました。

そこには、廃屋で仲良く食事をしているあずさと一郎が写っていました。

一郎のすぐ横には、コアラの被り物がありました。

佐島は、この時初めて自分の子供たちが事件を自作自演したことを知ったのです。


自宅に帰って、佐島は子供たちを叱りつけました。

そして、世間に事実を公表して謝罪するように言いました。


後日、佐島はミスターパンダに会って、会見を開いて謝罪することを伝えました。

最終的に、佐島は自分ですべての責任を負うことにしました。

佐島は親である自分の責任だと言って、ミスターパンダに事実を公表しないように頼みました。


すると、ミスターパンダはパンダの被り物を取りました。

哲也は素顔で佐島と話しました。

佐島は、改めて謝罪会見を開くことを約束しました。


その時です。

銃を持った一郎が急に現われて哲也を撃ちました。

哲也に命中して、哲也はそのまま息を引き取りました。

一郎はあずさに頼まれてやったと言いました。


佐島は、直輝が自分の前に現われた時、とうとう自分が裁きを受ける時が来たと思ったというのです。

どうしても子供たちだけは守りたかったと言います。

佐島は自分が自作自演したかのように見せるために、いろいろな偽装工作を行っていたのです。

直輝が穴を掘って見つけたカバンの中に入っていたコアラ男誘拐事件の封筒もその1つでした。

佐島は、自分がきちんとした父親なら、子供たちはこのようにならなかったのではと悔やみます。


あずさは直輝に謝罪します。

ミスターパンダが直輝の父親だと知っていたら、一郎に殺して欲しいとは頼まなかったというのです。

あずさは、もう時間は戻らないので過去を振り返っても仕方がないと言います。

そして、直輝とずっと一緒にいることを望みます。


直輝はそばに落ちていたナイフを手に取ります。

その時、直輝は哲也の絶対に復讐はするなという言葉を思い浮かべました。

しかし、直輝の怒りはそれでも収まりませんでした。

それに、前に進むためには復讐を終わらせるしかないのです。


直輝は、あずさをナイフで刺します。

しかし、あずさを刺す直前にパンダがその間に入り込みました。

結果、パンダが直輝に刺されてしまいました。

パンダは「ほらね。復讐なんてさ、やめなって言ったじゃん」と言って倒れました。

【シロクロパンダ】9話の感想

今回は、最終回ではというぐらいすべての謎が明らかになったのではと思います。

コアラ男の正体は一郎でしたね。

何となくそのような感じはしていました。

ただ、あずさが黒幕とは思いませんでした。

父親を困らせようと思って行ったことが、結果としてここまで大きな事件に発展してしまいました。

哲也を一郎に殺させなければ、このようなことにはなりませんでした。


最後の直輝があずさを刺すまでのシーンは圧巻でしたね。

素晴らしい演技でした。


SNS上では、次のような声がアップされています。

【シロクロパンダ】9話の視聴率

今回の平均視聴率は8.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)であることがわかりました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!