ドラマ「10の秘密」の9話のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。

【10の秘密】9話のネタバレ

由貴子(仲間由紀恵)を乗せ海へ走り去った小型船が、圭太(向井理)と菜七子(仲里依紗)の目の前で爆発した。状況から見て由貴子が生存している可能性は低く、事態は思わぬ形で幕切れを迎えたかに見えた。しかし、警察の調べにより、爆発が事故ではなく故意である可能性が浮上し、疑いの目は元夫の圭太にも向けられる。

一方で、翼(松村北斗)の母親が亡くなった10年前の火事についても、新たな事実が判明する。翼は、現場となった別荘で幼い自分が目撃した男は竜二(渡部篤郎)だとにらんでいたが、竜二は火事への関与を否定し、代わりに圭太と翼に驚くべき秘密を打ち明ける。

圭太は、突然母親を失った瞳(山田杏奈)の複雑な心中を知り、由貴子の死の真相を突き止めようとしていた。そんな父親を心配して瞳が帰宅すると、家には怪しい人物の影が―!

はたして、10年前に翼の母親を殺した犯人とは!? 由貴子の死の真相は? 物語は、すべての謎が解き明かされるクライマックスへ!
(公式HPより引用)


由貴子を乗せた小型船は爆発しました。

由貴子の行方はわかりませんでした。

警察は捜索活動を行いましたが、由貴子は見つかりませんでした。

ついに捜索活動は打ち切られることになりました。

警察は由貴子の生存の可能性は低いとみています。


操縦していた男は、1度目の爆発で海に飛び込んで無事でした。

ある男からお金を渡されて、横須賀まで運んでくれと頼まれただけだというのです。

身元も知らなかったと言います。


警察は、圭太がどうしてあの場所にいたかを尋ねます。

それは、船の爆発が事故ではなく、故意である可能性が浮上したためです。


翼から圭太に話があるというメールが入りました。

圭太は翼の自宅に行きました。

竜二には10年前の火事の日のアリバイがありました。

仕事で沖縄に行っていたのです。

竜二は、翼に身の潔白を証明するための写真を送ってきました。

圭太は用意周到すぎないかと言いました。

翼も、10年前のことを聞かれてすらすら答えられたのが怪しいと思いました。


圭太と翼は竜二に話を聞きに行きました。

翼は、あの時庭で靴を拭くような仕草をしていたのは竜二ではないのかと尋ねました。

竜二は、その日沖縄にいたと答えました。

竜二には、その日のことを覚えている理由がありました。

それは、火事の翌日にある人のために嘘をついたためでした。


竜二が靴を拭くのは、新入社員の頃に長沼に靴をきれいにしておくように言われたためです。

実は、長沼も頻繁に靴をきれいに拭いています。

竜二は、圭太と翼を長沼のところへ連れて行きました。

そして、2人が10年前火事のあった別荘に現われた靴を拭く男を探していることを伝えます。

竜二は長沼に、10年前どうして自分が嘘のアリバイ作りに協力しなければならなかったのかを2人に説明して欲しいと言います。


翼は、長沼にどうして母親を殺したのかを聞きました。

長沼は、竜二に嘘をつくように頼んだことは認めました。

妻にバレるとマズい関係だったというのです。

長沼は翼の母親と不倫関係にありました。


長沼は翼の母親のことは好きだったが、妻にバレそうになったので別れ話をしたのでした。

翼の母親は、別れるのならみんなに2人の関係をバラすと言ったというのです。

さらに、長沼がつい話してしまった会社の秘密を公表すると脅してきたと言います。


長沼は、10年前に翼が見たのは自分だと認めました。

ただ、長沼は母親にお金を渡して別荘を出たというのです。

後日、母親が火事で亡くなったと聞いて驚いたと言います。

翼は納得ができませんでした。

すると、長沼は翼に自分の母親の悲劇が受け入れられずに、いるかどうかもわからない殺人犯を探し続けていると言います。


社長室を出る前に、長沼は今の会話は録音できていないことを伝えました。

実は、圭太は長沼との会話を録音しようとしていたのです。

しかし、用心深い長沼は、常日頃から会話を録音できないように、ノイズを発生させる装置を使っていました。


社長室を出ると、竜二が待っていました

長沼は翼の母親と付き合っていたことを認めましたが、それ以上の収穫がなかったことを竜二に伝えました。

ただ、翼の母親が長沼に会社の秘密をバラすと言って脅していたことがわかりました。

会社の秘密が何なのかがわかれば、長沼の弱点になると言います。

10年前の長沼の秘密を探すことにしました。


竜二から圭太に、社長の秘密がわかったかもしれないという連絡がありました。

竜二が圭太の自宅にやって来ました。

圭太に2009年に着工したマンションの図面を見せます。

正式な図面と工事が発注された図面はまったく異なっていました。

このプロジェクトのトップは長沼でした。

コストダウンを狙った偽装建築でした。

圭太は、この頃の下請け業者に会いたいと頼みました。


圭太は、当時下請けを行っていた湯本という人物に会いました。

そして、昔帝東建設が建てたマンションのことを聞きました。

鉄筋は2階までしか入っていません。

圭太は明らかな偽装建築であることを指摘します。

湯本はおかしいと思っても、下請けの下請けではなかなか口に出すことはできないというのです。


圭太は、当時の責任者に会ったことはあるかを尋ねます。

湯本は会ったことがあると答えます。

今社長をやっている長沼であることを認めます。

湯本は1度だけ鉄筋の話をしたことがありました。

その時、長沼は笑って、納期だけを守ってくれればそれでよいと言ったというのです。

その後、余計なことを言ったために、契約を打ち切られたと言います。


竜二は警察の事情聴取を受けました。

由貴子と付き合っていたことを認めました。

警察から小型船の爆破事故があった日も由貴子と会っていたことを尋ねられます。

竜二は、社長の指示で渡して欲しいと頼まれたものを預かって由貴子と会ったと言いました。

ただ、中身は知らないと伝えました。


竜二は、長沼に由貴子が殺された可能性があることを伝えました。

そして、警察に自分が疑われたので、長沼と由貴子が事故の直前まで連絡を取り合っていたことを警察に話したと言いました。


警察が長沼に話を聞きに来ました。

帝東建設のロビーには、圭太・翼・竜二の3人がいました。

長沼は、警察に顧問弁護士である由貴子が急に姿を消したので、心配になって何度かやり取りをしたと話しました。

小型船の爆破事故についても心当たりはないというのです。

由貴子に何かを渡すように部下に指示した件について尋ねられると、竜二は自分を恨んでいることを伝えました。


長沼が警察をエレベータまで見送ると翼がいました。

長沼はせっかくだと言って、警察と翼が乗っているエレベータに乗り込んできました。

長沼が警察を見送った後、圭太が現われてもう1度話を聞かせて欲しいと頼みました。


翼は、10年前母親に処方されていた薬のことを話し出しました。

母親は指がうまく動かなくなる病気にかかっていたと言います。

最悪ピアノが弾けなくなる可能性がありました。

母子家庭だったので、自分が失業すると生活できなくなります。

そんな時に、長沼から別れ話をされたのです。

そのため、母親は偽装建築の件を持ち出して、長沼のことをつなぎ止めようとしました。


翼は、母親がどのようにして亡くなったのかが知りたいと言います。

圭太は10年も前に焼死とされた事件を今更警察も動かないと言って、事実を話すように頼みました。


長沼は10年前の事実を話しました。

長沼が別れ話をすると、翼の母親はけんか腰に話してきて、何も聞いてくれなかったというのです。

お金を渡すと、たったこれだけで終わりと長沼に言ってきました。

長沼は、妻は会長の孫なので離婚はできないことを伝えました。

すると、母親は妻にも上司にも今まで聞いたことをすべて話してやると言いました。

長沼は好きにするとよいと突っぱねます。

抱きついてきた母親を振り払ったところ、母親は階段で頭を強打しました。

救急車を呼ぼうとしたら、窓の外に炎が見えました。

怖くなった長沼は、母親を置いてそのまま逃げていきました。


この話を聞いた翼は激怒します。

長沼を殴りそうな勢いでした。

圭太は翼をなだめて、2人で社長室を出ました。


2人が退室した後、長沼はノイズを発生させる装置を確認しました。

すると、電源が切られていました。

圭太と翼は長沼の一連の会話を録音することに成功しました。

実は、長沼が警察を見送るために社長室を出た隙に、竜二が社長室に入って電源を切っておいたのです。


圭太はこれからのことを相談しました。

竜二はマスコミを利用して、社長を社会的に抹殺することを提案します。

前の記者は、長沼に買収されたわけではありませんでした。


圭太と翼はその記者に会いました。

その記者は、長沼に買収されたことを否定し、記事を掲載しなかったのは長沼を脅迫した圭太が信用できなかったためだと言いました。

そこで、圭太は翼を連れてきたことを伝えました。

圭太は席を外しました。

翼は、自分の母親が長沼と愛人関係にあったことを話しました。

そして、録音した長沼との会話を記者に聞かせました。


記者は、やるなら一気に書かないと潰されるというのです。

記者も腹をくくる必要があると言います。

そして、一度検証させて欲しいと頼みました。


外で待っていた圭太に長沼から連絡が入りました。

長沼は圭太に取り引きを持ちかけてきました。


そこで、圭太はその日の夜に長沼を訪れました。

圭太は刑事責任を問われることはないが、社会的責任は問われると言います。

長沼は何の得があるのかと言った後、圭太に録音を消してくれたらお金を用意するというのです。

さらに、帝東建設の社員にもしてくれると言います。

長沼は、瞳のためにこの取り引きに乗るように勧めます。


圭太はここで長沼に自分を売ったら、瞳に父親として見せられる顔がなくなってしまうというのです。

そのため、取り引きに応じられないと断りました。


圭太は、長沼に由貴子を殺したのかどうかを尋ねました。

由貴子が、どうして誰に殺されたのかが知りたいと言います。


長沼は、圭太は由貴子のことをわかっていないというのです。

以前偽装建築したマンションの壁に亀裂が入って、長沼はもう公表するしかないと思ったことがありました。

その時、公表しないように進言したのが由貴子だったのです。

公表したら、長沼が失脚する上、帝東建設に傷がつくと言ったのでした。

そして、長沼は1度でも隠した罪は死ぬまで隠し通すように言われました。

長沼は由貴子を切り捨てたいと思っていましたが、結局大金を払うことになってしまったと言います。


瞳は、由貴子が殺されたかもしれないことを知りました。

菜七子が瞳を見つけて話をしました。

瞳は圭太が心配だというのです。

菜七子は、それなら自宅に帰ってはどうかと言います。


ついに瞳は自宅に帰る決心をしました。

菜七子と一緒に自宅に戻ってきました。

すると、自宅の鍵が開いていました。

不審に思った菜七子は家の中の様子を確認します。

中に、二本松がいました。

ナイフで菜七子を襲ってきます。


長沼は由貴子が殺されたと聞いた時、圭太がやったと思ったというのです。

由貴子は10年前の火事の時と長沼が話していると、瞳から助けを求める電話がかかってきました。

圭太は急いで自宅に戻りました。

警察が来ていました。

瞳はケガはありませんでした。

菜七子は腕にケガをしましたが、たいしたことはありませんでした。

二本松には逃げられてしまいました。

菜七子は、家の中で何かを探していたようだと言います。


圭太は、二本松が探すとしたら由貴子の偽造パスポートしかないと思いました。

ただ、由貴子が死んだ今、どうしてパスポートが必要なのかが疑問でした。


由貴子は死んではいませんでした。

二本松に、あの名前がないと送金した海外口座のお金が引き出せないというのです。

由貴子は、必ずパスポートを取り返すと言いました。

スポンサーリンク

【10の秘密】9話の感想

翼の母親を殺したのは長沼の可能性がありそうです。

気を失った翼の母親をそのまま放置した後、火が別荘に燃え移ったのかもしれませんね。

ただ、長沼が由貴子は10年前の火事の時と話しかけたのが気になります。

その後何を話そうとしていたのでしょうか?

まさか翼の母親の死にも由貴子が関係しているのでしょうか?


由貴子はパスポートを取り返すのに手段を選ばないでしょう。

圭太は、どのような行動を取るのか楽しみです。


ネット上には、いろいろな声が上がっています。

スポンサーリンク

【10の秘密】9話の視聴率

今回の平均視聴率は、6.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)であることがわかりました。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!