ドラマ「恋はつづくよどこまでも(恋つづ)」の9話のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。


スポンサーリンク

【恋はつづくよどこまでも】9話のあらすじ

恋はつづくよどこまでもの9話のあらすじは次のとおりです。


鹿児島の小さな診療所で、看護師として新たな生活を始めていた佐倉七瀬(上白石萌音)を迎えに来た天堂浬(佐藤健)。
ひょんなことから、家族に天堂を紹介することになるが、結婚の挨拶だと舞い上がる佐倉家をよそに、「先生に好きって言ってもらったことがない」と気づいた七瀬は不安な気持ちに。

そんな中、七瀬は、診療所の院長を務める中沢(モロ師岡)の医師としての志に心動かされ、天堂と共に東京へ戻り、患者の命と真摯に向き合う決意を新たにする。

日浦総合病院の副院長・小石川六郎(山本耕史)の計らいもあり、循環器内科に復職することができた七瀬。
再び看護師として奮闘しながらも、なかなか気持ちを伝えてくれない天堂に不安を覚え、どうにかして誘惑しようと躍起になって…。
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

【恋はつづくよどこまでも】9話のネタバレ

七瀬は、天堂を家族に紹介することにしました。

天堂は、七瀬の家族と一緒に食事をしました。

七瀬の家族は、天堂が結婚の申し込みをするために実家に来たと思い込みます。

七瀬が慌てて否定すると、それなら天堂が七瀬をだましていると言い出します。

怒った七瀬は、天堂は運命の人であることを説明します。


天堂は、家族から七瀬のどこがよいのかを尋ねられます。

そして、七瀬にはどのように告白されたのかを聞きます。

しばらくすると、近所の人までやって来て、さらに大騒ぎになりました。

七瀬は、天堂に好きと言ってもらったことがないことに気づきました。


七瀬の父親と天堂は2人でお酒を飲みました。

父親は、七瀬の仕事ぶりを聞いてきました。

天堂は最初は危なっかしいところはあったが、今は看護師として立派にやっていることを話しました。

父親はうれしそうでした。

その後、七瀬と母親がやって来て、七瀬と天堂は2人で帰ることになりました。


その時の2人の会話は次のとおりです。

七瀬
結局どこが好きか言ってくれませんでしたね

天堂
言えるか、あの状況で

七瀬
「じゃあ、今言ってください。すみません調子に乗りました。夜はまだまだ冷えますね」


天堂は七瀬の手を取って、自分のコートのポケットに入れました。


天堂
「東京帰るぞ」

七瀬
「でも、日浦総合病院はもう辞めたので」

天堂
「小石川先生が今院長にかけあってくれている。ナースステーションのみんなも戻って来いって言ってる」

七瀬
「そうなんですか?」

天堂
人手不足だからな。お前でもいないよりはいい

七瀬
素直じゃないですよね


七瀬が今働いている中沢医院の前を通りがかると、まだ明かりがついていました。

七瀬と天堂は様子を見に行きました。

すると、医院長が倒れていました。

医院長は、モルヒネの注射を打とうとして倒れたようです。

天堂が注射を打つとすぐに落ち着きました。

医院長は末期の多発性骨髄腫であることを打ち明けました。


医院長は、天堂が働くような大きな病院なら患者の病気を治すことができるが、自分の役目のほとんどは死に行く人を見守ることだと言います。

そのため、その人らしく死ねるサポートするというのです。

七瀬に働ける場所があるのなら帰るように言いました。

そして、天堂には生きたがっている人の命を救うように言いました。


2人が自宅に戻ると、母親が布団を用意してくれていました。

何と布団は1組しか敷かれていませんでした。

七瀬がこれはどういうことかを尋ねます。

母親は、恋人同士なので照れなくてもよいというのです。


七瀬は、家族の方が張り切ってしまってと謝りました。

天堂は、七瀬の素晴らしい家族に会えてよかったと言ってくれました。


この後、七瀬は「会えない間本当のことを言うと、すっごく寂しかったです。隣にいられないと寂しいです」と言いました。

天堂は、七瀬にキスをしようとします。

そして、天堂が先ほどから何か気配がすると言い出しました。

七瀬は、襖が少し開いているのに気づいて近づくと、家族全員が2人の様子を覗いていました。

七瀬は家族を追い払います。

そして、天堂に謝りました。


天堂は、七瀬に布団で寝るように言います。

自分は畳の上で寝るというのです。

すると、七瀬は掛け布団を持って、天堂の背中に抱きついて寝ます。

七瀬が「戻りません。ここがいいです」と言うと、天堂は「バ~カ」と返します。

そのまま2人は眠りました。


七瀬が日浦総合病院に戻ってきました。

みんなに謝罪します。

すると、みんなから温かい祝福を受けます。

あまりのうれしさに泣いてしまいました。


みんなは天堂が七瀬を迎えに行ったことを知っています。

そのため、2人に何もない方がおかしいというのです。

みんなは何があったのかを聞きたいのですが、必死に我慢していました。


七瀬は、1人になった時にふと考えてみました。

七瀬は「まだ何もないんですけど」と言って不満そうでした。


琉星は流子に好きだと告白しました。

しかし、流子は言葉だけではどうにもならないというのです。

現実は乗り越えられないと言います。


末期のすい臓ガンの患者・菅原がやって来ました。

もう長く生きられないと言われています。

菅原はアブレーションを希望しています。

最後に妻と旅行がしたいというのです。

天堂は、アブレーションすることを約束してくれました。


みおりが天堂のところにやって来ました。

天堂のことがまだ好きだというのです。

天堂は「あなたが見ているのは僕ではなく、僕といたお姉さんの方じゃないでしょうか?」と言います。

そう言われて驚くみおりに、天堂は「早く自由になった方がいい」と続けます。


七瀬は沼津に相談しました。

友達の話だと前置きした上で、付き合ってしばらく経つのに何もないというのはおかしいのかを聞きました。

すると、沼津は男が付き合っている女に手を出さない理由は2つに1つだというのです。

1つは色気をまったく感じない、もう1つはすごく大事に思っているのどちらかだと言います。


七瀬は天堂に会うと、不自然なお色気ポーズを取ろうとします。

天堂からは、何か悪いものでも食べたのではないかと言われてしまいます。

七瀬は、今夜クリーム祭りをすることを伝えます。

お待ちかねのクリームコロッケ、クリームシチュー、コーンクリームスープを作って待っているというのです。

天堂からは別に待ってはいないと突っ込まれます。

その後、七瀬は「もしかしたらデザートもあるかも、なんて」と恥ずかしそうに言って逃げるように去って行きました。


沼津は、七瀬が先ほど相談した内容は七瀬自身のことを言っているとすぐに気づきました。

沼津はもう他の看護師にそのことを話していました。

看護師たちは、魔王が草食なんてウケると言って大笑いしていました。

実は、この会話の内容を天堂は聞いていました。


仕事が終わって、天堂が七瀬の部屋を訪れました。

七瀬はセクシーな服を着て待っていました。

すぐに食事にしました。


七瀬はテンバッていました。

「キャンドル熱くないですか?熱いな。汗かいてきちゃった」

「お風呂。そうだお風呂入ってこようかな」

七瀬は天堂を誘惑しようと必死です。

天堂にはそのことがバレバレで「下手くそ。魂胆が見え見えなんだよ」と言われてしまいます。


七瀬は悲しそうな顔して「やっぱり私って色気がないんでしょうか?」と尋ねます。

天堂は「お前、俺がどんだけ我慢してると思ってんだ」と言った後、七瀬をベッドに押し倒して何度もキスをします。

今夜は眠れると思うなよ」と言って、七瀬の服を脱がそうとします。


すると、流子と沙世子が大声出して入ってきます。

2人はさっと離れて何事もなかったように装います。

せっかくのいいムードが流子と沙世子に邪魔されてしまいました。


翌朝、七瀬と天堂は病院に向かっていました。

すると、猛スピードでやって来る車がありました。

横断歩道をたくさんの人が歩いていました。

そこへ車が突っ込んできます。

とっさに、天堂と七瀬は突き飛ばして小学生を助けます。

七瀬はケガをしますが大丈夫さそうです。

しかし、何人もの人が車にはねられてしまいました。

2人は急いで応急処置を施します。


その時、天堂はふと七瀬の父親が七瀬について話していたことを思い出しました。

その話とは、中学の頃七瀬は疲労骨折をしていても駅伝を走りきってタスキをつないだというものです。

七瀬は、必死だと自分のことよりも周りを優先するところがあります。

そのため、天堂は七瀬に休んでいるように言います。

七瀬はケガをしている人よりも自分の方が元気で、自分は天堂が育ててくれた看護師だというのです。

そして、「大丈夫、私はいなくなったりしません」と言いました。

天堂は、みのりのことを思い出して、また好きな人がいなくなるかもしれないことへの恐怖を感じていたのです。

七瀬は、天堂にみんなを助けようと言いました。

天堂は「お前を信じる」と言って救護を再開しました。


けが人全員が救急車で搬送されると、七瀬は倒れてしまいました。

頭からは出血が見られます。

天堂が声を掛けても反応がありませんでした。


七瀬は、頭を強打したことによる急性硬膜外血腫で手術を受けました。

手術は無事に成功しました。

しかし、麻酔を切ってからも意識が戻らないというのです。

担当医は、他にも脳に損傷があった場合は、このまま意識が戻らない可能性があると言います。


天堂は七瀬に付きっきりでした。

七瀬の手をずっと握り続けています。


菅原は無事にアブレーションが終わって退院していきます。

天堂は、妻に付き添われてうれしそうな菅原を見送りました。


七瀬はまだ意識が戻りませんでした。

天堂は仕事以外の時間は七瀬の手を握っていました。


翌朝、天堂は「いつまで寝てんだ。バ~カ。早く起きろ。この厄介岩石」と言います。

すると、七瀬の指がかすかに動きました。

七瀬が目覚めました。

ついに意識が戻ったのです。

七瀬は、事故に巻き込まれた人や菅原のことを心配していました。

天堂が大丈夫と言うと安堵の表情を浮かべます。

そして、天堂に笑顔で「お久しぶりです」と言います。


天堂は七瀬に背を向けて、七瀬の好きなところを順に挙げていきます。

途中から涙を流しながら言っています。

「何事にも一生懸命なところ」

「どんなに怒られてもめげないところ」

「患者さんのことをよく見てるところ」

「人を信じすぎるところ」

「ご両親に愛されて育ったところ」

「自分で色気がないと思ってるところ」

「酔っ払うと変な歌を歌って・・・」

「ソフトクリームをうまく食べられなくて・・・」

「すぐに寝落ちして・・・」

「笑った顔が誰よりも可愛い」


こんなことで喜ぶならいくらでも言ってやるよ

天堂は七瀬の方を振り返ります。

好きだ。お前が。好きだ

天堂は七瀬の手を握ります。

だから、もう2度と俺のそばを離れるな

七瀬は「はい」と返事をします。


七瀬は「先生、いくらでも言ってくれるんですよね?もっとたくさん言ってください」と調子に乗ります。

天堂は「もうない。あれでもひねり出した」と言います。

その後、七瀬の「先生、お腹が空きました」に天堂は「バ~カ」と返しました。

【恋はつづくよどこまでも】9話の感想

今回は、最終回を目前に控えて、七瀬と天堂の愛を確かめ合うようなシーンがたくさんありました。

何と言っても、意識が戻った七瀬に、天堂が七瀬の好きなところを言った後、好きだと告白したシーンが感動的でした。

好きと言ってもらえていなかった七瀬が、ついに天堂から好きと言ってもらえました。

うれしいのはもちろん、不安も解消されたでしょうね。


来週はついに最終回です。

七瀬に留学の話が舞い込みます。

留学には行きたいですが、天堂とは離れたくありません。

天堂は行きたいのなら行くように後押ししてくれますが、果たして七瀬はどのような決断をするのか気になります。

早くみたいですね。


ネット上にはいろいろなコメントが上がっています。

【恋はつづくよどこまでも】9話の視聴率

平均視聴率は、14.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)であることがわかりました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!