知らなくていいコトの最終回のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。
スポンサーリンク

【知らなくていいコト】最終回のネタバレ

30年前、乃十阿(小林薫)が幼い息子をかばって罪をかぶった可能性を聞いたケイト(吉高由里子)は、乃十阿の息子が住むドイツへと旅立っていた。ケイトの暴走を知った尾高(柄本佑)は、当時3歳だった息子に事件の真相を聞いても無駄だと止めようとするが……。ケイトは、乃十阿が息子をかばった気持ちを理解しているような尾高に複雑な思いを抱く……。

そんな中、帰国したケイトを待っていた岩谷(佐々木蔵之介)は、再び事件の真相についての手記を書くようケイトに迫る。乃十阿が人生をかけて守ろうとした秘密を暴き、その息子の人生を狂わせる記事を発表することに抵抗するケイトだが、岩谷は「ケイトがイヤなら俺が書く」と編集部の選抜メンバーで30年前の事件の裏取りに動き出す! 自分抜きで進む事件の真相解明を複雑な思いで見るケイトだが……。数日後、会議室に呼ばれたケイトは、新しい証拠と共に、母・杏南あんな(秋吉久美子)と自分の存在も事件に無関係ではなかったと思わせる証言について聞く……!その頃、会社を休み続けている野中のなか(重岡大毅)は、孤独の中で、ある決断をしようとしていた。記者として人として記事を書くことに揺れるケイトはその夜、尾高から「話したいことがある」とスタジオに呼ばれる……。先の見えない二人の関係に意外な結末が待っていた。そして、乃十阿の事件の先にケイトが見つけたある答えとは……。
(公式HPより引用)


ケイトはドイツのローテンブルクにやって来ていました。

ケイトは、弁護士から乃十阿の妻・息子の名前と昔住んでいた住所を聞いて、そこから現在の住所などを調べました。

その結果、息子はピアニストとしてドイツを拠点に活躍していることがわかりました。

ケイトは、息子に会うためにドイツまで来たのです。


ケイトは、国際電話で尾高とドイツに来た経緯を話しました。

尾高は、息子に会って、何を聞くのか尋ねました。

ケイトはわからないと答えました。

尾高は、当時3歳だった息子が何かを覚えているはずがないというのです。

そして、乃十阿が自分の部屋を出て行ったことを伝えました。

尾高はケイトに落ち着いて行動するように言いました。


ケイトの前に息子が現われました。

息子のピアノの演奏を聴きました。

演奏後、ケイトは息子に声を掛けました。

すると、話をする前に息子の子供と妻がやって来ました。

結局、肝心なことは何も話せませんでした。


ケイトが日本に帰ってくると、尾高が待っていました。

尾高は、ドイツに行っても無駄だと普通はわかると言います。

ケイトは息子の3歳の子供を見て、ハリヒメソウをタンクに入れたのが3歳の子供なら罪には問えないと思いました。

それなら、どうして乃十阿が身代わりになったのかが疑問でした。

夫や父親が無差別殺人事件の犯人の方が妻子はずっと不幸だと思うためです。

尾高は、そのように考える前にとっさにかばってしまったのではないかと言いました。


ケイトは、乃十阿にとって人生をかけて守るべき子供は自分ではなく、息子の方だったというのです。

乃十阿は大切な子供がいながら、どうして自分をこの世に送り込んだのかが疑問でした。

尾高は、理屈で考えればそうかもしれないが、そのように割り切れないのが人生だと言いました。


出社すると、ケイトは岩谷に呼ばれました。

ドイツでの出来事を話すと、岩谷はそのまま記事を書くように言いました。

しかし、ケイトは。乃十阿が今まで隠してきた秘密を暴いて、息子の人生を狂わせるような記事は書きたくないというのです。

息子を犯罪者にしたくはありませんでした。


岩谷はケイトが書かないのなら、自分が書くと言い出しました。

30年前の事件を洗い直して、乃十阿の別れた家族を調査し、乃十阿に弁護士の見解を聞いてみると言います。

編集部の選抜メンバーが動くことになりました。


数日後、ケイトは岩谷に呼ばれます。

選抜メンバーが調べてわかったことをケイトに伝えていきます。


乃十阿の別れた妻は再婚しています。

高級老人ホームに夫婦で入っています。

夫は元外交官です。

元妻は乃十阿を知らないと言っています。


乃十阿が昔住んでいた隣の住人から、事件当日のキャンプ場の写真を借りてきました。

隣の住人の家族と乃十阿の家族はキャンプに来ていました。

子供が飲料タンクの中に何かを入れているように見える写真がありました。

弁護士の話がこの写真を裏付けていました。


乃十阿の息子が通っていた幼稚園に行ってみると、息子の同級生が幼稚園の先生をしていました。

その先生に話を聞くと、乃十阿の妻は夫の浮気で悩んでいたというのです。

夫の愛人には子供までいると言っていたと言います。

あのキャンプを計画したのは妻でした。

夫婦関係を修復するために計画したのでないかと考えられました。


これらが今回の調査でわかったことです。

あとは、これらを元にケイトが記事を書くのか、岩谷が記事を書くのかです。


母親とケイトの存在が乃十阿の妻を苦しめていました。

そして、これが事件の引き金となりました。

あの事件にケイトは無関係ではなかったのです。


ケイトは尾高から話があると言われました。

仕事が終わったら尾高のスタジオに行くことを約束しました。


ケイトが尾高のスタジオにやって来ました。

尾高は、岩谷から出所後の乃十阿の写真を出すように言われましたが断ったと言います。

ケイトにあの事件の真相を書くのかを尋ねました。

ケイトはまだ迷っていました。


尾高は、取材対象に思いがあると書きにくいというのです。

実は、尾高がニュースカメラマンを辞めたのはこれとよく似た理由だったのです。

ケイトは自分とは違うというのです。

母親が亡くなってから今日までのことを書けば、素晴らしいノンフィクションになるとことはわかっていると言います。

ケイトは書くかどうかわからないと言いつつ、実は書きたいと思っているのだというのです。

それは、被害者遺族のために本当のことを伝えた方がよいと考えているためです。


ただ、ケイトはドイツにいる息子やその家族のことが心配でした。

突然30年前に人を殺していたと知ればどうなるのかを考えていました。

乃十阿については、人殺しではないという記事を書いても人殺しのように指さされることが予想されます。


尾高は、ケイトはそれでも事実を書くというのです。

それがケイトなのです。

乃十阿は、いつか娘の手で無実の証明がされたことをうれしく思ってくれるに違いないと言います。


尾高は、命を削って真実に突き進んでいくケイトが好きだというのです。

そして、尾高はケイトを強く抱きしめて「結婚しよう」と言いました。

離れようとするケイトをさらに強く抱きしめます。


この後、次のような会話を行います。

尾高
「ケイトがいないとつらい。ケイトもそうだと思いたい」

ケイト
「でも」

尾高
離婚は承知してもらった。離婚届は2人ともサインして後は出すだけなんだけれど、子供のことを話し合ってる」

「離婚が成立してから言うつもりだったけど、今ぼろっと出ちゃった」

ケイト
私も尾高さんが好き。死ぬほど好き。尾高さんが欲しい。全部欲しい。一緒に生きていきたい

だけど離婚しないで。この前高村弁護士が自分の説を話してくれた時、尾高さん、乃十阿が子供をかばったことを深く共感してたのを、私横にいてそれがよくわかったの」

「親として、1つの命をこの世に送り出したことをその責任を全うして。尾高さんには子供を見捨てないで欲しいの」

尾高
「子供の責任は取るよ。仕事だって増やすし、できることは何だってする。もう後戻りできない

ケイト
後戻りして。子供を手放さないで」

尾高
「できないよ」

ケイト
「乃十阿徹が人生を犠牲にして30年間守り続けた親の思いを尾高さんは心の中に持っていると思うの」

「でも、私たちが一緒になったら、あなたはその心を捨てなきゃいけないでしょ。それは嫌なの。親としての心を失った尾高さんは嫌なの。好きだけど。すごい好きだけど。そんな尾高さんは嫌いなの。受け入れられない」

「尾高さんから言われたことを胸に刻んで記事書くね」

尾高
俺と一緒になってくれよ。2回も俺のことをフるなよ、ケイト

その後、尾高はケイトにキスをしました。


ケイトは、会社に戻って記事を書いていました。

尾高のことを考えて泣きながらです。

夜が明ける頃に、記事は完成しました。


岩谷に記事を見せると、ケイトは褒められました。

ケイトは、乃十阿に記事が出ることを伝えに行くことにしました。


その時です。

春樹がやって来ました。

岩谷に何日も休んだことを謝罪します。

そして、春樹は退職願を出しました。

春樹は急に大声を出します。

みなさん、真相スクープに真壁さんを売ったのは僕です

「あれ、どうぞ、どうぞ、軽蔑してください。もう僕会社去りますので。本当にすみませんでした。ご迷惑をおかけしました。真壁さん、すみませんでした」


岩谷は、乃十阿は無実だったので大スクープだと言います。

春樹は岩谷が言ったことを理解できていないようです。

そして、ケイトに「僕たち、何で別れたんですか?」と聞きます。

岩谷は、「ケイトにはもう尾高がいる。お前と別れて大正解だ。これ受け取った。3月まで退職だ。人事には言っておく。それまで有給消化しておけ」

そのように言われた春樹は、「僕、小説家になりますので。真壁さんのアドバイスで。東源出版にひざまずかれるような小説家になろうと思っていますので、その時はどうぞよろしくお願いいたします。さよなら」と言って大声で笑い出します。


ケイトは岩谷に尾高と別れたことを伝えました。

岩谷は、2人はお似合いだと思っていただけに驚きます。


岩谷は、尾高のスタジオを訪れていました。

尾高は赤ちゃんと一緒にいました。

実は、離婚の話を聞いた妻が怒って赤ちゃんを置いて出て行ったのです。

尾高は、ケイトとも妻とも別れることにしました。


岩谷は、ケイトはどうして尾高をフる必要があるのかと尋ねます。

尾高は笑ってわからないと言います。

自分はタイミングが悪いので、ケイトとはうまくいかないというのです。

岩谷は運命の2人だと思うと言ってくれます。


副社長が岩谷の元へやって来ました。

社長が、これから載せようとしている乃十阿の記事のことを知って怒っているというのです。

岩谷は社会的意義のあるスクープだと言います。

副社長は、社長は次のように考えていると言います。

社長は3年前の乃十阿出所のグラビアで叩かれた時のことがトラウマになっています。

状況証拠だけで、このような記事を書いて遺族が反発したらとビビっています。

その上、これを書いたのが乃十阿の娘なので、乃十阿の無実を証明して身内をかばったと思われかねません。


副社長は、乃十阿の記事を別の記事に差し替えるように命じます。

岩谷はあり得ないと言い返します。

そして、岩谷は副社長がケイトに手記を書かせるように言ったのだと言います。

副社長は業務命令には逆らえないというのです。

岩谷は編集長を更迭され、ケイトは編集部にはいられなくなると言われてしまいます。


岩谷はケイトにこのことを伝えました。

ケイトは不満でした。

岩谷は無理矢理記事を載せることはできるが、その後自分もケイトも飛ばされるというのです。

ケイトにそれは嫌ではないかと尋ねます。

人生をかけて挑んでいたのでショックだと言うケイトに、岩谷は過ぎたことは忘れようと言いました。

そして、岩谷は編集部のメンバーに記事の差し替えを指示します。


ケイトと尾高は話をしました。

ケイトは、記事が載らなかったため元気がありませんでした。

そして、ケイトは「私たち戻る?」と言います。

尾高は、あまりにも突然のことに驚きます。

ケイトは子供を一緒に育てようというのです。

尾高はあきれ顔で「そういうケイト、好きじゃないね。本当にタイミング悪いね、俺たち。そんな気分じゃないよ」と言います。


ケイトは、自転車屋に戻っていた乃十阿に会いに行きました。

出るはずだった記事を乃十阿に見せます。

自分がその記事を書いたことを伝えます。

乃十阿は、真剣にその記事に目を通します。

結局、乃十阿は最後までケイトを娘だとは認めませんでした。

それは、ケイトを殺人犯の娘にはしたくなかったからだと考えられました。

認めないことで、乃十阿はケイトを守ったのです。


2023年4月になりました。

あの春樹が作家として大成功を収めていました。

春樹が書いた小説は30万部売れるベストセラーになっていました。

映画化も決まっています。


編集部は大きく変わりました。

岩谷は局長、黒川は編集長、ケイトは特集班のデスクになっていました。

ケイトはデスクなのに、今までと変わらず取材に行っていました。

黒川は、ケイトは言うことを聞かないとさじを投げています。


尾高は、子供の手を引いて歩いていました。

それを見るケイトの姿がありました。

2人はそれぞれの道を突き進んでいるようです。

スポンサーリンク

【知らなくていいコト】最終回の感想

最終回は予想していたものとは違いましたね。

まさかケイトと尾高が別れるとは。

ドラマの途中から、ケイトが乃十阿の息子のことを心配するシーンが増えていました。

そのため、ケイトは子供のために尾高と別れるのではと思い始めました。

最終的には、そのようになってしまいました。


どの選択が正しいとは言えませんが、個人的にはケイトと尾高は一緒になって欲しかったですね。

尾高はすでに妻との離婚を決めてきているためです。

尾高の後戻りはできないという気持ちはわかりますね。

今更、離婚を止めて、もとの家族には戻れないためです。

ある意味ケイトは残酷ですね。

それなら、尾高が行動を移す前に、一緒にはなれないことを伝えてあげて欲しかったです。


2023年に飛ぶシーンがありました。

ここで2人が結ばれていればよかったのですが、それもなさそうです。

ただ、春樹が作家として成功していたのは驚きました。


SNS上には、さまざまなコメントが上がっています。

【知らなくていいコト】最終回の視聴率

今回の平均視聴率は、10.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)であることがわかりました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!