ケイジとケンジの最終回(9話)のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。

スポンサーリンク

【ケイジとケンジ】最終回のあらすじ

ケイジとケンジの最終回のあらすじは次のとおりです。


 横浜桜木署管内で、激しい暴行を受けた身元不明の遺体が見つかった! 遺体の胸元にある火傷の痕を見た桜木署の刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)は、犯人が身元を隠ぺいするためタトゥーを消そうとしたのだと推測。これを重要視した横浜地方検察庁みなと支部の検事・真島修平(東出昌大)は、「3人組の犯人を見た」という第一発見者の証言と照らし合わせ、ある仮説を立てる。その目の付けどころを部長検事・樫村武男(柳葉敏郎)は評価。修平にこの事件を担当させることにする。

 まもなく豪太は、先だって決闘罪で送検した男たちの一人・澤登大介(木村龍)から重要な証言を引き出す。なんと殺された男は半グレ集団「ベイシャークス」の幹部で、その集団のリーダーこそは…桜木署が児童虐待容疑で追っている男・久我山勝也(桐山漣)だったのだ!

 この捜査を突破口にして、半グレ集団を壊滅しようと燃える豪太。そんな豪太の思いに共鳴した修平は、捜査の主導権を握る神奈川県警捜査一課長・見城長一郎(池田成志)をいなし、桜木署が中心となって捜査を進めるよう指示。ところが、勢い余った豪太が“とんだ失態”を演じてしまったことで、修平が怒りを爆発させ…!?
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

【ケイジとケンジ】最終回のネタバレ

通報を受けた桜木署のメンバーが現場に駆け付けます。

少しすると、神奈川県警捜査一課もやって来ました。

見城捜査一課長が現場を仕切ります。


遺体を調べると、体中に内出血が見られ、頭頂部には鈍器で殴られたような痕があります。

凶器はバールのようです。

血痕が付いています。

左胸には大きな火傷が見られます。

タトゥーを消すために犯人がやったとみられます。


修平とみなみがやって来ました。

修平は所持品を調べるように言います。

財布やスマホなど身元がわかるようなものはありませんでした。

第一発見者から話を聞くことにします。

犯人の顔はわからないが、3人組の犯人を見たと証言しました。


修平は、事件について樫村に報告します。

頭の傷とバールの形状が合致したので、凶器はバールで間違いありません。

現場にいた3人組と被害者は同じグループに所属していたと考えられます。

被害者のタトゥーを焼き消そうとしていたことから、グループ内の内輪揉めが原因で事件が起こったとみられます。


捜査会議が開かれました。

豪太がわかったことを報告します。

被害者は八尾弘樹です。

決め手になったのは左胸にあったタトゥーでした。

先日決闘罪で送検した澤登大介がよく似たタトゥーを彫っていたのです。

澤登は、ベイシャークスという半グレ集団の仲間であることがわかっています。


そこで、被害者の顔写真を見せたところ、澤登は被害者を知っていました。

八尾は同グループの幹部で、久我山勝也がリーダーだと教えてくれました。

久我山は桜木署が児童虐待容疑で追っています。(前話参照)


見城は、豪太に殺人に関する捜査は捜査一課の仕事だと言います。

しかし、修平は豪太が澤登から重要な供述を得たことは間違いないので、そのまま話を続けるように指示します。


豪太は、澤登のスマホにベイシャークスの集合写真があったと言います。

その写真には、被害者の八尾、幹部の甲斐慎之介、椿健人、久我山が写っていました。

ベイシャークスはぼったくりバーを経営して収入を得ていました。


豪太は、澤登からさらに重要な供述を得ていました。

八尾が店の売り上げを着服していたという噂があるというのです。

そのことが原因で久我山がぶち切れていたと言います。


現場から逃げたのは3人です。

しかも、事件以降甲斐と椿は行方をくらましています。

久我山ら3人が犯人である可能性が高いです。

殺人の動機もあります。


今回の事件はただの殺人事件ではありません。

捜査の最終目的は、ベイシャークスという半グレ集団の壊滅です。

修平も珍しく豪太の考えに賛同します。


修平は、桜木署にベイシャークスの違法行為を洗い出し、自分たち検察は法律を駆使して個別に起訴すると言います。

捜査一課は、殺人の決定的な証拠を揃えるように指示しました。


捜査会議が終わりました。

みなみは、修平が検事らしくなったと褒めます。

修平は、うれしさのあまりガッツポーズを決めます。


ひかるは、捜査会議での豪太が格好良かったと言います。

豪太は、自分よりも目黒を立てないといけないというのです。

実は、目黒は豪太にひかると付き合っていると嘘を言っていました。

そのため、豪太は交際している目黒を立ててあげないといけないと言いたかったのです。


交番勤務の田口から豪太に連絡が入りました。

田口は椿を見つけたというのです。


豪太と目黒は椿を尾行します。

椿はスーツケースを運んでいました。

豪太は、椿が久我山らと一緒にいることを確認しました。


豪太と目黒が張り込んでいると、ひかると桂が交代のためにやって来ました。

その少し前に、豪太は目黒にプロポーズしたのかを尋ねました。

目黒がまだしていないというので、豪太は気を利かせて目黒とひかるに張り込みを頼みました。

豪太は桂と帰ることにしました。


桂は、豪太に何か隠しているのではと言います。

豪太は仕方がないので、目黒とひかるは交際していて、今からプロポーズすることを話しました。

桂は2人が付き合っていることがバレると、どちらかが飛ばされると言って慌てます。


目黒は、この機会を利用してひかると付き合えるように頑張ります。

しかし、ひかるは目黒にはまったく関心がないようです。

目黒は撃沈しました。


修平は、樫村に椿と甲斐は風営法違反の容疑で、久我山は児童虐待の容疑で逮捕することを報告しました。

樫村は、犯人に自分たちは殺人の嫌疑がかかっていないと思わせなければならないと言いました。

修平は、警察には取り調べ中に殺された八尾の名前は絶対に出さないように言ってあることを伝えました。


翌朝、椿らが建物から出てきたところで、豪太らは3人を逮捕しました。

椿と甲斐は風営法違反の容疑で、久我山は児童虐待の容疑です。


目黒と桂は、風営法違反容疑で椿と甲斐を取り調べます。

豪太は児童虐待容疑で久我山を取り調べます。

豪太は久我山の言動に腹が立って、“八尾”という名前を何度も言いかけます。

そのたびに誤魔化します。

修平とみなみは、その様子をヒヤヒヤしながら見ています。


修平はついに我慢ができなくなって、豪太を取調室から出すように指示しました。

追い出された豪太は怒ります。

豪太は、修平と取っ組み合いのケンカをし出します。

みなみが大声で2人を叱りつけます。


次の日、捜査会議が開かれました。

多胡は、甲斐・椿・久我山の3人を送検したことを報告しました。

これから検察が風営法違反と児童虐待の容疑で取り調べます。


豪太は、澤登と段田は同じ高校の出身だと言います。

2人は先輩後輩の間柄です。

もう1度澤登と話をさせて欲しいと頼みました。


豪太は、後輩の段田をベイシャークスに誘ったのが澤登だとわかると説教を始めました。

澤登が誘わなければ、段田は今頃真面目に働いていたかもしれないと言います。

実は、澤登はグループを抜けて真面目に働きたかったのですが、久我山が怖くて抜けられなかったことを話します。

ただ、椿は優しくしてくれて、頻繁に電話で相談に乗ってくれたというのです。

豪太は、椿のスマホの履歴には澤登との通話の記録がなかったことを伝えます。

すると、澤登は椿はスマホを2台持っていたことを明かしました。


調べると、椿はもう1台のスマホを女に預けていたことがわかりました。

その中に殺人容疑で起訴まで持って行けるような物証がありました。


修平は、久我山に児童虐待による傷害罪で起訴することを伝えました。

久我山の顔には余裕がありました。

みなみが次があると言うと、久我山の顔色が変わりました。


日下と持丸も甲斐と椿の取り調べを行っていました。

最初に風営法違反に関する取り調べが行われ、その後八尾が殺害された事件の取り調べが行われました。


椿のスマホを調べると、3人が八尾を暴行しているところを撮った動画が削除されていたことがわかりました。

久我山がバールで八尾を殴ったことがはっきりとわかります。

久我山は観念しました。


その後、ベイシャークスが運営するぼったくりバーは警察に摘発されました。

ベイシャークスのメンバー9人が風営法違反・恐喝罪・傷害罪などで逮捕されました。

これにより、ベイシャークスは壊滅しました。


この功績が称えられ、桜木署は警察庁長官賞を授与されることになりました。

授与後、捜査一課と検察を呼んで、ささやかな祝賀会が開かれました。


祝賀会で、豪太は目黒を捜査一課に入れてあげて欲しいと頼みます。

そうしないと、目黒はひかると結婚できないというのです。

この話を聞いたひかるが何のことかと聞いてきます。

多胡は、ひかると目黒の結婚を祝して万歳を始めます。


豪太は祝賀会を抜け出し、1人で感傷に浸っていました。

そこに修平とみなみがやって来ます。

修平は検事に、豪太は警察に、みなみは(修平の?)事務官になってよかったというのです。

3人は、それぞれが今回のことで達成感を感じていました。

最後の最後まで言い合いになりますが、豪太と修平はよいコンビです。

【ケイジとケンジ】最終回の感想

今回は、桜木署が中心となって殺人事件を調査しました。

スムーズに捜査が出てきていました。

ただ、豪太の久我山の取り調べは危なっかしいですね。

八尾の名前を出さないように言われていたにもかかわらず、何度も“八尾”と言っていました。

何とか誤魔化そうとする豪太は最高でした。

おもしろかったですね。

あそこまで言えば、久我山は普通気づくはずですが。


今回も、豪太と修平の名コンビを楽しむことができました。

豪快でやりたい放題の豪太と真面目で融通の利かない修平は真逆の性格です。

それだけに、うまく調和が取れているように思います。

機会があれば、続編の放送を考えて欲しいですね。


SNSでは、さまざまなコメントが上がっています。

【ケイジとケンジ】最終回の視聴率

今回の平均視聴率は、9.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)であることがわかりました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!