ドラマ「アライブ」の10話のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。
スポンサーリンク

【アライブ】10話のネタバレ

 恩田心(松下奈緒)と梶山薫(木村佳乃)が担当する、すい臓がんの患者、佐伯芳雄(相島一之)の弟、隼人(丸山智己)が、兄を転院させると申し出てきた。芳雄はこのまま横浜みなと総合病院で手術で良いと思っているのだが、隼人はより腕の良い外科医がいる有馬総合病院への転院を譲らない。心と薫は引き止める事はせず、患者家族の意向に従うことにした。

 一方、結城涼(清原翔)と夏樹奈海(岡崎紗絵)の研修期間がそろそろ終わろうとしている。阿久津晃(木下ほうか)はこのまま腫瘍内科に来て欲しいのだが、結城は外科、奈海は小児科と当初からの希望は変わっていない様子。阿久津にはどうしても腫瘍内科を強化せねばらならない理由があるようだ。

 そんな中、薫が腫瘍内科に女性を連れて来る。女性は有馬総合病院の理事、結城美紀子(とよた真帆)と名乗り、佐伯兄弟に対し、現場の医師が勝手に承諾したことで、病院としては先に待っている患者を差し置いて手術を請け負うことはできない旨の謝罪に来たのだと言う。丁寧な美紀子の対応に感心する心。すると、美紀子は出向いて来たのは、息子の職場も見ておきたいからだと言い、彼女が向かった先は…。
(公式HPより引用)


すい臓ガンの患者の佐伯芳雄は抗ガン剤がよく効いていました。

心は、芳雄に術前の化学療法を終了して、いよいよ手術を行えると言います。

すると、弟の隼人は芳雄を有馬総合病院に転院させると申し出てきました。

隼人は人間ドッグでガンを見つけてくれたことには感謝していましたが、手術は実績のある病院でやってもらいたいというのです。

すい臓ガンは難しい手術なので、実績のある病院の方が安心だと言います。

芳雄は、心によくしてもらったので、横浜みなと総合病院で手術を受けることを考えていました。

結局、弟の希望どおり、芳雄は有馬総合病院で手術を受けることになりました。


横浜みなと総合病院には、あまりすい臓ガンの手術の実績はありませんでした。

それに比べ、有馬総合病院はかなりの実績がありました。

すい臓ガンの手術は難しいので、心は薫がやっても厳しい手術となったと言います。


結城と奈海の研修期間がそろそろ終わろうとしていました。

阿久津は、2人に進路は腫瘍内科でよいかと尋ねました。

すると、奈海は小児科、結城は外科を希望しているというのです。

阿久津はショックを受けます。

心は、そのやり取りを見て微笑んでいました。


阿久津は、心と2人で話をします。

国立ガン医療センターからお呼びがかったというのです。

これは阿久津の推薦によるものです。

心が患者からとても信頼されているのが評価されたと言います。

阿久津は心の将来のためにも行った方がよいというのです。

心が抜けた後のことを考えると、結城と奈海は腫瘍内科を選んで欲しいと本音を明かします。


薫は、心の元に有馬総合病院の理事である結城美紀子を連れてきました。

美紀子は、先日転院した芳雄の手術の件でやって来ました。

現場の医師が芳雄の手術を勝手に引き受けてしまったのですが、先に手術を待っている患者がたくさんいるので手術を断ったというのです。

そのため、美紀子は謝罪に来たのでした。

実は、美紀子がやって来たのには他にも目的がありました。

息子・結城涼の職場を見ておきたいというのです。

美紀子は、結城と少し話をして帰っていきました。


心と薫は、芳雄と隼人に話をしに行きました。

薫は、手術はここでやらせて欲しいと言います。

隼人は、芳雄を救えるという約束はできるのかというのです。

薫は手術のリスクについて説明します。

隼人はお金はあるので、有馬総合病院での手術の順番を何とかすると言い出します。

芳雄は心と薫を信じていると言います。

そして、ここで手術を受けることを決めたと言いますが、隼人は納得していません。


薫と心は、芳雄に手術の内容を説明しました。

その際、芳雄は隼人のことを謝罪しました。

隼人は決して悪い人間ではないというのです。

芳雄は隼人が自慢の弟だと言います。


心の提案で、結城は芳雄の手術で第2助手を務めることになりました。

そのため、結城は薫と話す機会がありました。


薫は、結城に美紀子のことを話しました。

美紀子は、薫にすい臓ガンの手術の経験はあるのかなどいろいろと聞いてきました。

そのため、薫はつい有馬総合病院に負けるつもりはないと言ってしまいました。

それを聞いた美紀子は、芳雄の手術は横浜みなと総合病院でやって欲しいと言ったというのです。

美紀子は横浜みなと総合病院に任せても大丈夫と判断して芳雄の転院を断ったのではないかと、薫は考えています。


結城は、研修が終わってから、実家の有馬総合病院に行くべきかどうかを悩んでいました。

家族とうまく言っていないのも理由の1つでした。

薫は、結城が有馬総合病院に行きたいかどうかで決めるとよいとアドバイスしました。


ついに芳雄の手術の日が来ました。

隼人は芳雄の手術が心配でなりませんでした。

心に芳雄のことを話しました。


芳雄は、親の介護のために働いていた会社を辞めていました。

介護から解放された矢先に病気になってしまったのです。

隼人は、芳雄の人生は何だったのかと言います。

そして、心に芳雄を助けて欲しいと頭を下げます。


手術は成功しました。

しかし、ガンが思った以上に広がっていたため、すべてを取り除くことはできませんでした。

そのため、取り残したガンは化学療法と放射線治療で対応していくことになりました。


心は、隼人に芳雄の今後の治療方針などを説明しました。

隼人は、有馬総合病院ならすべてのガンを取り除くことができたのではないかというのです。

心は、それはわからないが、芳雄ならガンを乗り越えられると信じていると言います。

ここからが長い闘いとなるので、隼人に芳雄の支えになってあげて欲しいと頼みます。

最終的には隼人は納得し、前向きに考えるようになってくれました。


隼人は妻と子供を連れて、芳雄の見舞いに来ました。

芳雄は、隼人の会社がうまく言っていないことを知っていました。

そのため、芳雄はガンになったことを隼人に隠していました。

隼人に心配をかけたくなかったのです。


隼人は、芳雄のためにも自分が成功しなければならなかったと言います。

芳雄は、隼人がやりたいことをやってそれで失敗したのならよいというのです。

隼人が幸せなら、芳雄はそれで満足でした。


心と結城は話をします。

結城にどのような医者になりたいのかを聞きました。


結城は自分の父親の話をしました。

父親は、母親と結婚して有馬総合病院の跡取りとして期待されていました。

しかし、父親は患者のことばかり考えているような医者で、祖父と合わなくて、今は地方の病院で働いています。


結城は、どのような医者になりたいかと聞かれていつも思い浮かぶのは父親だというのです。

心は、結城にきちんとした目標があることを知って安心したようです。


結城は、美紀子に横浜みなと総合病院で外科医を目指すことを伝えました。

そして、父親のような医者になりたいと言いました。

美紀子は、父親は無愛想で患者のことばかり考えているがよい医者だというのです。

結城に頑張るように言いました。


心は、京太郎に国立ガン医療センターから誘いがあったことを話しました。

今以上に忙しくなるので断ろうとしている心に、京太郎は漣のことは心配ないというのです。

漣も心がなりたいものになればよいと言ってくれます。


心は、薫と食事に行きました。

薫は、以前から話していた記念日が何であるのかを教えてくれました。

今日は乳ガンの手術を受けて5年経つ日だというのです。

心はそうだと思っていました。


しかし、薫から信じられない言葉が聞かれました。

実は、薫はガンが再発したというのです。

そして、薫は心に一緒に闘って欲しいと頼んできました。

心は快く了承しました。

スポンサーリンク

【アライブ】10話の感想

今回、結城の母親や父親のことが明らかになりました

結城は、家族とはうまく言っていないようなことを言っていました。

母親を見る限り、非常に素晴らしい人間に思われました。

祖父と父親は合わないと言っていたので、問題は祖父にあるのかもしれません。


薫の記念日は、乳ガンの手術を受けて5年経つ日でした。

そこまではよかったのですが、薫はまさかガンが再発していたとは心配です。

心は国立ガン医療センターへ行くのを止めて、薫のために一緒に闘うでしょうね。

何とか無事に治って欲しいですね。


SNS上では、さまざまなコメントが上がっています。

【アライブ】10話の視聴率

今回の平均視聴率は、6.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でした。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!