ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」の9話のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。

【病室で念仏を唱えないでください9話】のネタバレ

濱田(ムロツヨシ)が担当した、心臓外科学会の理事長・大貫(きたろう)の3歳の孫・川崎美咲(中野翠咲)の容態が急変した。直ぐに松本(伊藤英明)が対応し、濱田も駆けつけ緊急オペが行われたが、オペの失敗が発覚し、投資家リチャード・ポー(近藤公園)から融資を断られてしまう。小児用ハートセンター設立をあきらめられない濱田は、「もう一度だけチャンスを与えて欲しい」と、難しい手術の公開オペを提案する。ところが、公開オペが始まってすぐに異変が起きる。美咲のオペ後から様子がおかしい濱田に松本は…。

一方、松本が父のように慕う、憲次(泉谷しげる)のがん治療が始まった。ステージ4の肺線がんである憲次の治療は厳しいが、憲次は松本の懇願により治験薬での治療を決意していた。投薬を開始し、経過は順調に思われたが…。
(公式HPより引用)


自信喪失の濱田に松本が・・・

先日濱田がオペを行った美咲の容態が急変しました。

濱田が緊急オペを行うことになりました。

濱田は必死に美咲を助けようとしましたが、結局美咲は亡くなってしまいました。

美咲の両親は、濱田に手を尽くしてくれたと感謝の気持ちを述べました。

大貫も濱田を責めませんでした。


濱田はかなりのショックを受けていました。

松本は濱田に声を掛けます。

濱田は、美咲の死は予期し得ない事態に陥ったのが原因で、自分のオペのせいではないと言いました。

不運・運が悪かった・アンラッキーだったというのです。

松本は、濱田がアンラッキーと言うのかと言います。

濱田の様子がおかしくなります。

松本は大丈夫かと尋ねます。

濱田は、「だから何が」と大声で怒鳴ります。


濱田は、投資家リチャード・ポーから融資を断られてしまいます。

オペに失敗したことだけでなく、医師会の反発が予想されることや開業後に見込まれるオペ件数と収益の見積もりデータを操作したことも理由に挙がりました。

小児用ハートセンター設立に関する話はなかったことにすると言われて、濱田はもう1度チャンスが欲しいと頼みます。

技術には絶対の自信があるので、近いうちに行われる冠動脈バイパスのオペを見て欲しいと言います。

濱田は、このオペを公開で行うというのです。


瀬川は、松本のところへやって来ました。

濱田のことが心配で松本に相談しました。


公開オペの当日を迎えました。

公開オペということで、リチャード・ポーだけでなく、松本や涼子らもオペの様子をモニターで見ました。

濱田がオペの途中で固まってしまいました。

そのうち、腕が震え出します。

濱田は、先日亡くなった美咲のオペのことを思い出していました。

あのオペのことがトラウマとなっているようです。


松本がオペ室に入ってきました。

急患だと言って、濱田をオペ室から連れ出しました。

実は、瀬川が松本に相談したのはこのことだったのです。

リチャード・ポーは怒って帰って行きました。


オペ室から出た後、濱田と松本が話をします。

濱田は、小児用ハートセンターの設立が不可能な状態になって大きなショックを受けていました。

さらに、手が振るえてオペできないことで、もう自分はおしまいだというのです。

松本は諦めないように言います。


濱田は、礼拝堂にいる松本を訪れてきました。

濱田は「どうしたらいいのか俺にだってわからないんだ。頑張っても手が動かないんじゃどうしようもない」と弱音を吐きます。

すると、松本は「行くぞ」と言います。

そして、濱田を公園に連れてきました。


美咲は砂遊びが好きだったと言って、松本は砂場に入ります。

濱田も同じように砂場に入り、2人は砂で何かを作り出します。

松本は、濱田に美咲を救えなかったことが悔しいのではと言います。

患者を救うことで救われているという医者が自分を責めないはずはないというのです。

美咲のことが悲しいという松本の言葉を聞いて、濱田は思わず泣いてしまいます。

2人で話しているうちに、大きなパンダが出来上がりました。


公園の近くで、苦しんで倒れている人がいました。

急いで病院へ搬送しました。


松本は、濱田に着替えるように言います。

濱田でないとオペできないというのです。

濱田は腕を見て返事をしません。

松本は、全力でサポートするので、濱田にオペするように言います。


濱田と松本がオペ室に入ってきました。

濱田がメスを持つと、腕がまた震え出しました。

松本はお経を唱えます。

すると、濱田の腕の震えが止まりました。

普段の濱田に戻り、見事な手さばきでオペを終わらせました。


オペ後、患者の母親が濱田にお礼を言います。

すると、濱田は助けられたのは自分の方だと返しました。


濱田が話しかけてきたので、松本はてっきり自分もお礼を言われると思い込みます。

しかし、濱田は自分のオペの時には2度とお経を読まないで欲しいというのです。

松本の怒りが爆発しそうになります。


その時です。

青葉市で通り魔事件が発生し、女性1人が重体でけが人が複数出ているという通報が入りました。

ドクターカーが出動します。

犯人は逃走中です。

松本と憲次が2人で悲しみを乗り越える

入院している憲次のガン治療が始まります。

治験薬を投与していきます。

ただ、憲次は肺線がんのステージ4ということでかなり厳しい状況でした。


松本は憲次とその家族に、もし憲次の意識がなくなった時に備えていろいろ話し合うように勧めました。

(人生会議です)

家族には、縁起でもない、治れば関係ないと言われてしまって相手にされませんでした。

こういったことはデリーケートな問題なので理解してもらうのが難しいです。


憲次の外出許可が出ました。

松本と憲次は釣りに行きました。

実は、2人は憲次の息子の事故以来釣りには行っていませんでした。

松本は釣りに誘わなければよかったと、憲次は釣りを教えなければよかったとそれぞれ後悔していました。

2人は泣いてしまいます。

憲次はもっと早く一緒に泣けばよかった、もっと早く一緒に悲しめばよかったというのです。

そして、もっと早く釣りに来ればよかったと言います。


憲次は家族と人生会議を開きました。

まだ決めたことは1つしかないと言います。

自分の代わりに判断して欲しい人として松本を選びました。

憲次は、家族はどのような選択をしてもきっと悩むことになるというのです。

そうならないように松本に頼みたいと言います。


憲次の検査結果は悪くないので、今週末で退院することになりました。

今後は通院での治療となります。


自宅に帰った憲次の容態が急変します。

突然倒れてしまいました。

スポンサーリンク

【病室で念仏を唱えないでください9話】の感想

濱田は、美咲のオペの失敗ですべてを失ってしまいました。

あれほど自信満々でオペを行っていた濱田からあのような弱音が聞かれるとは驚きです。

さらに驚いたのは、松本に救いの手を求めてきたところです。

ただ、濱田が復活して、松本にお礼も言わずに文句を言うところは濱田らしいですね。

濱田はもう大丈夫なようです。


松本と憲次が釣りに行って話をするシーンは感動的でした。

あのようなシーンを見ると、1人よりも2人の方が悲しみを乗り越えやすいのだと思いました。

同じ境遇の人に自分の本音を話したり、聞いてもらうだけでも全然違うでしょうからね。


治験薬を試している憲次が倒れました。

来週どうなるのでしょうか?

気になりますね。


SNS上には、次のような声が上がっています。

スポンサーリンク

【病室で念仏を唱えないでください9話】の視聴率

今回の平均視聴率は8.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でした。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!