ドラマ「テセウスの船」の9話のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。

【テセウスの船】9話のネタバレ

田村心(竹内涼真)が犯人に呼び出されて向かった文吾(鈴木亮平)の後を追うと、そこには意識不明で重体の加藤みきお(柴崎楓雅)がパトカーに残されていた。連絡が取れずに行方不明の文吾に、県警の監察官・馬淵(小籔千豊)は殺人未遂容疑で家宅捜索するために佐野家を訪れる。
 文吾の消息が掴めないまま佐野家には記者たちが集まり、警察官が殺人事件に関与したと騒ぎ立てる。音臼小事件を阻止しても父は殺人犯の罪が着せられた状況に陥ってしまう。心は、文吾に殺人犯の罪を着せて死刑に追い込むという真犯人の執念深さを感じるのだった。そして、文吾への恨みの原点と思われる謎のメッセージが届く。
 追い詰められた和子(榮倉奈々)が集まった記者たちに語った言葉とは!?
 そして、ラストには衝撃的な犯人の策略が待ち受けていた・・・!!
(公式HPより引用)


心が文吾を追って、キャンプ場に来ました。

止まっていたパトカーの後部座席には意識不明のみきおが横たわっていました。

そこへケンカの通報を受けた警察がやって来ました。


心は、みきおが意識不明であることを伝えます。

警察は文吾に無線を入れますが応答がありません。

文吾が警察署にみきおを捕まえるように言ってきていたことから、文吾が容疑者として浮上しました。

文吾の捜索が行われることになりました。


これは罠だったのです。

犯人は、みきおを狙ったと見せるために文吾だけを呼び出したのです。

このままでは、文吾は殺人犯にされてしまいます。


心はあちこち文吾を探しましたが、結局文吾は見つかりませんでした。

文吾の自宅に戻ると、すぐに宮城県警監察官室の馬淵がやって来ました。

文吾にみきおへの殺人未遂容疑がかかっているというのです。

みきおは青酸カリ中毒で意識不明だと言います。


馬淵は和子が制止するのを振り払って、自宅の中へ入って捜索を始めました。

結局、みきおの事件に関するような証拠は出ませんでした。

文吾が何か言ってきたら、すぐに連絡するようにと言って警察は帰っていきました。


翌朝は、事件のことを嗅ぎつけた記者が押し寄せてきました。

和子は必死に説明しますが、まったく聞いてもらえませんでした。

心は、揉みくちゃになっていた和子を自宅の中に避難させました。


その頃、文吾は目隠しをされて監禁されていました。

文吾は、犯人がつけたテレビのニュースで、みきおが青酸カリ中毒で意識不明の重体になっていることを知りました。


文吾の家族はバラバラになろうとしていました。

慎吾は、文吾がなぜ逃げているのかを聞いてきます。

心は文吾は逃げているわけではないと言います。

どうして帰ってこないのかと言われると返す言葉が見つかりません。

鈴は、みんなが文吾がみきおを殺そうとしたと言っているというのです。

そして、人殺しの父親は帰ってこない方がよいと言います。


これ以上家族のことが見ていられなくなった心は、自宅の外にいる記者に話しかけます。

心は、文吾が犯人だという証拠はないと言います。

事件に巻き込まれた可能性もあるというのです。

文吾は人を殺すような人間ではないと説明します。


この後、和子が出てきて、「主人がお騒がせして申し訳ありません」と頭を下げたまましばらく動きませんでした。

和子は、「佐野文吾は自分が正しくないと思うことは絶対にしません。妻としてそれだけは断言できます。なぜなら、佐野文吾は優しく誇り高い人間だからです。私たち家族は主人のことを信じています」と言いました。

信じているのは家族だけという記者に、和子は家族が信じなくて誰が信じるのかと言い放ちました。

それでもグチグチ言ってくる記者に、「証拠の1つでも見つけてから、顔を洗って出直してこい」と大声で叫びました。

和子の発言を聞いた鈴と慎吾は、文吾にひどいことを言ってしまったと後悔していました。


心は、文吾を助けるにはみきおに話を聞くしかありませんでした。

みきおが入院する病院へやって来ました。

病室に入るとみきおが眠っていました。

話を聞こうとすると、さつきが入ってきました。

さつきは、文吾がみきおをひどい目に遭わせたと思っていました。

結局、心はみきおから話を聞くことはできませんでした。


心が駐在所に戻ると、文吾の机に封筒が置いてありました。

中を見ると、由紀が作ってくれた音臼小事件に関することが書かれたノートが入っていました。

ノートには、1977年の音臼村祭のチラシが挟まっていました。

12年前の村祭りのものでした。

心は、この村祭りで何かあったのかもしれないと考えます。

チラシをよく見ると、校長の名前がありました。

心は、自分が校長に会うように仕向けているのではと疑います。


心は、このまま何もしないわけにはいかないので、校長のところへ行くことにしました。

そして、校長から話を聞きます。

心は校長から誰なのかと問われてしまいます。

校長は心のことをかなり怪しんでいます。

ただ、校長は心は人をだましたり、利用する人間ではないと思っていました。

そんなところは佐野文吾そっくりだ」と意味深な発言をする場面もありました。

最終的には、校長は必ず文吾を救ってあげるように言いました。


実は、チラシの村祭はこの年を最後に行われなくなりました。

それは、食中毒が発生したためでした。

炊き出しのきのこ汁にたまたま毒キノコが入っていたというのです。

女性が1人亡くなりました。

それは徳本卓也の母親でした。


心が学校を飛び出した後、さつきが校長の元を訪れました。

校長は「やはりここにも来ましたな」と言いました。

そして、さつきにみきおの意識が戻らないのかと尋ねました。

さつきはまだ戻っていないと答えました。


心は、徳本の自宅を訪ねましたが、留守でした。

そこには、業務用の殺虫剤などの毒物がたくさん置いてありました。

その頃、徳本は井沢健次と山に穴を掘ろうとしていました。

徳本は「図体がでけえからな、あいつ」と言っていました。


心は、文吾がいなくなったキャンプ場に来ていました。

すると、文吾が山から下りてきました。

文吾は自宅に戻ると、家族に温かく迎えられました。


徳本と井沢がやって来て、猪鍋をごちそうしてくれました。

お楽しみ会の時は井沢と衝突しましたが、もう誤解は解けていました。

井沢は、文吾が村を守ってくれていると感謝しているようでした。

先ほど掘っていた穴は、このために掘られたものでした。


心は、文吾に音臼村祭のチラシや徳本のことを話しました。

早く犯人を止めないと、また文吾が狙われると言いました。

文吾は心に家族を頼むと言って、仙南警察署に出頭しました。


文吾は取り調べで、みきおの殺人未遂については関与していないと言いました。

自分が監禁されていた場所に手がかりがあるかもしれないと伝えました。

文吾は留置場に入れられてしまいました。


翌朝、和子は文吾を迎えに行きました。

文吾は釈放されました。


刑事の森に、村の外れで不審な物が見つかったという無線が入りました。

見つかったのは、オイル切れたライターと以前誘拐された三島明音の隠し撮り写真、ワープロのフロッピーディスクです。

フロッピーディスクには駐在日誌と書かれていました。

その現場には正志がいました。

正志は警察官からいろいろ話を聞かれました。

その様子をなぜか校長が見ていました。


この無線を受けた森と馬淵は、文吾の駐在所に行きました。

馬淵は、心にワープロはどこにあるのかを聞きました。

そして、馬淵はワープロを見つけて中を確認します。

すると、みきおが行った犯行のことが書かれた文章が出てきました。

心は、どうして文吾のワープロにこのような文章が入っているのかが不思議で仕方ありませんでした。


青酸カリを家の庭に埋めたという文章まで出てきました。

馬淵と森は急いで庭へ行きました。

そして、庭を掘って青酸カリを見つけました。

そこへ文吾と和子が帰ってきました。

馬淵は、ワープロには殺人をほのめかす文章が書かれていて、庭から青酸カリが見つかったことから、文吾を連続殺人の容疑で連行することにしました。

心は、馬淵らにこれは犯人の罠だと言います。

しかし、まったく取り合ってもらえませんでした。


真犯人の目的は、これまでに起きた事件のすべての罪を文吾に被せることだったのです。

そうすることで、文吾を確実に死刑にしようとしているのです。

スポンサーリンク

【テセウスの船】9話の感想

今回もすごい展開でしたね。

文吾は拘束されたり、留置場に入れられたり、逮捕されたりで大忙しでした。

真犯人はまだわかりませんが、真犯人は事件のことが書かれたノートを見ているだけに、もう無差別殺人は計画しなかったようです。

文吾や心が起こるとわかっている事件よりも、まったく知らない事件を計画した方がうまくいく可能性が高いからかもしれません。

まさかこれまでに起こったすべての事件の罪を文吾に被せるとは思いもしませんでした。

ただ、警察は単純ですね。

普通に考えると、今までに行ってきた犯行や青酸カリを捨てた場所をわざわざワープロに書いて残すわけがないですね。

自分は犯人でその証拠はここにありますと言っているようなものです。


このドラマは本当にうまく作られています。

ここまで観てもまったく誰が真犯人かわかりません。

それどころか、怪しい人ばかりです。

それこそ、SNS上でよく言われている村人全員説が正解なのではと思ってしまいます。

来週、ついに最終回です。

誰が真犯人か早く知りたいですね。


SNS上には、次のような声が上がっています。

スポンサーリンク

【テセウスの船】9話の視聴率

今回の平均視聴率は、14.9%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)であることがわかりました。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!