絶対零度4の最終回の感想・ネタバレ・視聴率についてご紹介します。

【絶対零度4】最終回のネタバレ

井沢(沢村一樹)たちは、テロ計画の黒幕と思われた水島歩の正体が篠田(高杉真宙)だったことに気づく。そのとき、ミハンが加賀美(柄本明)を危険人物として検知した。26年前、映画館で起きた神経ガステロの際に、犯人の息子である歩を救った加賀美は、彼にミハンのことを話していた。加害者家族ゆえに激しいバッシングに遭いながら生きてきた歩は、ミハンに強くひかれ、この世から犯罪をなくしたいという思いに囚われて暴走したのだ。加賀美がミハンに志願したのも、そんな歩を自らの手で葬るためだった――。

加賀美は、拳銃を手に、篠田が入院している病院へと向かっていた。
井沢と吉岡が、加賀美を止めるために駆けつけるが――。

山内(横山裕)は、クラッカーの諏訪(松尾諭)が刺殺されていた篠田のアジトで捜査一課の早川(マギー)らに合流する。そこで早川は、諏訪が篠田を拳銃で撃ったものの反撃にあって刺殺されたこと、そして小田切(本田翼)の骨伝導ベルトに精巧な盗聴器が仕掛けられていたことを山内に告げる。無線で香坂(水野美紀)を呼び出し、射殺したのも篠田だった。

小田切は監察官から聴取を受ける。香坂の死で自分を責めていた小田切は、警察を辞める決意をする。

そんな折、ミハンが篠田を危険人物として探知する。篠田は、元傭兵の里谷(高岩成二)と行動を共にしていた。篠田がまだ爆弾を所持していることを知った井沢たちは、すべてを終わらせるために動き出す――。
井沢と篠田が対峙したとき、一体何が起こるのか――!?
(公式HPより引用)


テロの黒幕である水島歩の正体が篠田だとわかりました。

ミハンシステムが危険人物として加賀美を検知しました。


実は、加賀美は26年前に起こった神経ガステロの際、犯人の息子である歩を救出していました。

そのことが縁で、加賀美は歩のことを気にして、たびたび歩が入っている児童養護施設を訪れていました。

ある時、加賀美は歩に自分が関わっていたミハンのことを話しました。

ミハンは犯罪を未然に防げるということで、歩は強い関心を示すようになりました。

そして、歩はこの世から犯罪をなくしたいという気持ちが強くなりすぎて暴走し出します。

加賀美は、そのような歩を葬るためにミハンに志願しました。


まさにその時が訪れたのです。

加賀美は拳銃を持って、篠田が入院している病院へ向かいます。

井沢と吉岡が加賀美を止めようと追いかけます。

井沢が篠田の病室に入ると、加賀美はベッドの上に座っていました。

加賀美は一足遅かったと言います。

篠田はすでに病院を出て行った後でした。

加賀美は井沢に歩のことを頼みました。


捜査一課の早川は、諏訪が殺されていた篠田のアジトにやって来ました。

早川は、山内に歩は顔を変えて篠田として生きてきたことを話します。

篠田の体から摘出された銃弾は、諏訪が持っていた拳銃のものと一致しました。

つまり、篠田は諏訪に撃たれたのです。

篠田は撃たれた後、反撃してナイフで諏訪を刺殺しました。

テロの首謀者は篠田だと判明したので、指名手配して警察が総力を挙げて捜査すると言います。


ミハンの情報が漏れていたのは、篠田が盗聴していたためです。

篠田は、小田切の骨伝導ベルトに盗聴器を仕掛けていたのです。

香坂が単独で動いていたのがわかったので、篠田は無線で香坂を呼び出して殺しました。


小田切は自分のせいで香坂が死んだと考え、自分を責めていました。

監察官から聴取を受けることになりました。

監察官は、小田切が篠田の接近にまったく疑いを持たなかったことについて触れ、警察官として自覚が欠けていたと指摘します。

そして、多くの市民を危険にさらしたというのです。

監察官が懲戒免職と言いかけると、小田切は依願退職を申し出ます。


山内と吉岡は小田切を引き留めようとします。

小田切は警察官失格だというのです。

山内は、そのように思うのなら篠田を捕まえてから辞めるように言います。


井沢は、宇佐美洋介に会いに行きました。

宇佐美は、篠田がかつていた施設に入っていたのです。

香坂が宇佐美を訪ねてきていたのは、自分の弟のことを聞くためだったのです。

井沢は、宇佐美に香坂が篠田に殺されたことを話します。

そして、自分の家族が殺された時に使われたナイフを宇佐美に見せます。

宇佐美は、井沢が一線を越えると言います。


井沢は、加賀美に篠田と宇佐美が同じ施設にいたことを知っていたのではと尋ねます。

その時です。

ミハンシステムが新たな危険人物を検知しました。

それは篠田でした。


街の防犯カメラで篠田を捉えることができました。

篠田を追跡すると、元傭兵の里谷と一緒にいました。


篠田はビル一棟を破壊できるぐらいの爆弾を所持していました。

それを使って、また何かしてきそうです。


篠田に命を救われた小宮山栄一が動いていることがわかりました

小宮山は警備部に入っていきました。


小宮山が警備部を訪れたのは、今後の重大事案の警備についての報告だったことがわかりました。

急ぐようなことではなかったので、警備部に出向いて何かを掴もうとしたのではないかと考えられました。


井沢は秘書課に来ていました。

直接小宮山に、篠田が何をしようとしているのかを尋ねます。

小宮山は篠田からのメッセージを預かっているというのです。

メッセージは次のとおりです。

未完成なんですよ、僕の夢は。完成させる。そしてあなたの夢も叶えてあげる


加賀美から井沢に情報が入りました。

小宮山は警備部を訪れた後、里谷に電話をかけていました。

警備部で掴んだ何らかの情報を伝えたのです。


井沢は、篠田はミハンのために何か事を起こそうとしているのではないかと予想しました。

篠田は、誰よりもミハンに魅了されているためです。

町田がミハンでえん罪があったことをマスコミにリークしようとしたので、篠田が町田を殺害したのです。


井沢は、ミハンを法制化に導くためのテロを起こそうとしているのではないかと考えました。

法制化に反対している元総理の南雲信敏の暗殺です。

小宮山は、南雲の警護情報を知るために動いたのです。


その時、南雲は大学病院のオペ室の中にいました。

30分前に益子医師によるオペが始まっていました。


警察から大学病院側に爆弾が仕掛けられているという連絡が入りました。

爆弾が仕掛けられていないか、病院中をくまなく探します。


オペ室にオペの中止が伝えられます。

しかし、益子は中止すると患者の命に関わるので、オペを続行しました。

加賀美によると、今朝方電源盤の修理で業者が入っていることがわかりました。

この業者は実在しないと言います。

機械室で爆弾を発見しました。


爆弾処理班を呼びますが、解除するのに3時間はかかると言います。

南雲はオペ中のため動かすことはできません。

爆発を止めるには、起爆装置を奪うしかありませんでした。

その起爆装置は篠田が持っています。


井沢は篠田が今どこにいるのかを考えます。

篠田からのメッセージなどから、篠田は父親が神経ガステロを起こした映画館にいると確信しました。


ミハンのトラックで事件のあった映画館に向かいます。

その途中、山内は香坂が1人で篠田と会ったのは井沢を篠田に会わせないためだと言います。

香坂が井沢のことを思ってそのようにしたのではというのです。


トラックが封鎖されて身動きできなくなりました。

里谷が井沢らの行く手を阻みます。

井沢と里谷が対決します。

2人による一進一退の攻防が繰り広げられました。

山内は、里谷は自分が相手をするので井沢に先に行くように伝えました。

吉岡は、井沢1人で行かせて大丈夫なのかと尋ねます。

山内は井沢を信じていると言います。


井沢は、事件のあった映画館に到着しました。

中に篠田がいました。

篠田は、事件後加賀美に会ってミハンの存在を知り、自分が生きる意味を見つけたのだというのです。

井沢が篠田に近づこうとすると、篠田はそれ以上近づけば起爆装置を押すと言いました。


井沢は香坂をどうして殺したのかを尋ねました。

すると、篠田は香坂が殺された時のことを話し出しました。

香坂は、26年前自分が篠田を救うべきだったと言って謝罪しました。

しかし、篠田がやっていることは間違っていると言いました。

篠田は、香坂が行おうとしていた誰も傷つかないテロを猛烈に批判しました。

悲劇が起こってはじめてこの国は対策に乗り出すので、悲劇が起きない限り何も変わらないというのです。

篠田は、悲劇が起こった後、ミハンを法制化に導いて欲しいと言います。

衛生モジュールで遠隔爆破できることを話すと、香坂は篠田から衛生モジュールを取り上げて破壊しました。

それと同時に、篠田は香坂を拳銃で撃ちました。

篠田は、犯罪をなくすために動いているので、香坂を殺したことを後悔していないというのです。


山内と吉岡は大ピンチに陥っていました。

里谷に2人の応援が来たことで、山内と吉岡はボコボコにやられていました。

その時です。

小田切が山内と吉岡を助けるためにやって来ました。

3人がかりで里谷と闘います。

最後は、3人で絞めに入ります。

何とか里谷を倒すことができました。


井沢は、篠田に家族が殺された時に使われたナイフが送られてきたことを話しました。

篠田がそのナイフを送ったというのです。

そして、井沢は自分の家族を殺したのは篠田だと言いました。

篠田はそれを認めました。

元監察官だった井沢の妻は、ミハンが行った初めてのテストケースのえん罪事件についてその事実を知りました。

篠田は妻に会ってわかってもらえるように説得しました。

しかし、妻は元監察官として隠蔽に加担することはできないと断り、井沢に事実を話すと言いました。

篠田は殺すしか方法がありませんでした。

妻を殺した後、娘もやって来たので娘も殺したのです。


事実を知った井沢は、篠田に拳銃を向けます。

篠田は、娘が「助けて、お父さん」と言っていたことを伝え、井沢をさらに挑発します。

そして、篠田は大声で笑います。

井沢は理性を失わないように必死に我慢します。

篠田は自分を撃つように言います。


山内・小田切・吉岡の3人がやって来ました。

山内は、井沢を止めようとする吉岡を制止しました。

井沢は拳銃を撃って復讐したいという欲望と葛藤していました。


井沢は篠田に近づいていきます。

そして、井沢はついに拳銃を撃ちました。

篠田にではなく、天井に向けて拳銃を発射しました。


井沢は、ミハンがどうして今頃になって危険人物として篠田を検知したのか、どうして篠田は心にもないことを言って自分に殺させようとしているのかについて考えました。

そこから、井沢は篠田ははじめから爆破する気がなかったのではという結論に至りました。

テロを企てた男をミハンが探知して未然に防ぐという事実を作ることが目的だったのです。

もし井沢が篠田を撃ったとしても、起爆装置を奪うための行為とみられ、井沢が罪に問われることはないということも計算していました。

井沢は、犯罪を憎みこの世からなくしたいという思いは自分と同じだと言います。

そして、井沢は篠田を許すというのです。

しかし、篠田は自分は罰を受けないといけないと言います。


傷口が開いて苦しそうな篠田に、加賀美はもうよいと言います。

そして、加賀美は篠田を抱きしめます。


山内は、小田切に篠田の上着に入っていた手紙を渡しました。

その手紙には、次のようなことが書かれていました。

あなたに近づいたのは、ミハンの情報を盗むため、そしてミハンの捜査を間近で見るのが目的でした。

何度か会ううちに、あなたとの時間がかけがえのないものとなっていきました。

あなたへの想いに嘘はありません。

あなたのことが好きでした。


この手紙を読んだ小田切は涙を流します。

山内は、外で小田切にことを見守っています。


加賀美は、北見に篠田が死んだことを伝えました。

北見は、篠田の思いが報われて欲しいと言いました。


早川は曽根崎の部屋に来ていました。

里谷が曽根崎がテロに関わっていたことを自供したのです。

早川は曽根崎に逮捕すると言いました。

そして、門田に手錠をかけさせました。

その後、門田は警察を辞めていきました。


ミハンの再始動が決まりました。

井沢の自宅にミハンのメンバーがやって来ました。

再始動のお祝いをするというのです。


山内は、南雲はミハンに前向きな発言をしていると言います。

今までのミハンの実績を改めて評価したのだというのです。

みんなで楽しそうに鍋を食べます。


食事の後、山内は井沢に亡くなった家族をそろそろ解放してあげるように言います。

井沢は家族の死を受け入れられなかったので、家族の写真を飾ることすらできていませんでした。

山内に言われたことで、井沢は家族の写真を飾ることができるようになりました。

スポンサーリンク

【絶対零度4】最終回の感想

最終回ということで、今まで謎だったことがどんどんわかっていきました。

香坂を殺したのも、井沢の家族を殺したのも篠田でした。

この世から犯罪をなくしたいと言っていた篠田が、罪のない人間を殺したのでは本末転倒ですね。

いくら目的が素晴らしくても、目的のためなら手段を選ばないのは典型的なテロリストの考え方です。

篠田にはやり方を間違えないで欲しかったです。

そうすれば、素晴らしい人間になっていただろうし、小田切との恋もうまくいっていたのではないでしょうか?


最後のシーンでは、井沢と篠田の熱のこもった演技がみられました。

2人とも本当に演技が素晴らしくて引き込まれてしまいました。

感動しました。


ドラマが終わってしまったのは残念ですね。

続編が作られることを希望します。


SNS上では、次のような声が上がっています。

スポンサーリンク

【絶対零度4】最終回の視聴率

今回の平均視聴率は9.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)であることがわかりました。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!