ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」の最終回のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。
スポンサーリンク

【病室で念仏を唱えないでください最終回】のネタバレ

通り魔事件が発生し、松本(伊藤英明)・吉田(谷恭輔)・田中(片寄涼太)・児嶋(松本穂香)・長見(うらじぬの)ら救命救急センターの面々がドクターカーで現場に急行した。
心臓部を刺されてショック状態の被害者・木村敦子(菅井玲)の傍では、娘の尚(谷花音)が必死に母に呼び掛けていた。 
すると、近くで刃物を持った犯人の男を見た松本は、思わず犯人に駆け寄り揉み合うことに。
あおば台病院では、搬送された犯人と敦子の緊急手術が行われたが、敦子の娘・尚に松本は「なぜ、犯人を助けるのか」と強く責められてしまう…。

一方、松本が父のように慕う憲次(泉谷しげる)が、自宅で倒れ搬送されて来た。
ガン治療に前向きに取り組んできた矢先のことだった。
すでに、ガンが転移して治験薬が効かなくなっていると担当医から聞いた松本は、意を決して自ら憲次に話をする覚悟を決める。
医師とは何か、救うとは何かについて思い悩む松本に、三宅(中谷美紀)や濱田(ムロツヨシ)は…。
(公式HPより引用)


医者の仕事は命を助けること

通り魔事件が発生したという通報が入り、松本らはドクターカーで現場に急行しました。

松本は、背中を刺された重傷の患者を診ていました。

近くには、泣きながら母親に声をかける娘の尚がいました。

その時です。

近くのエレベータから、血だらけのナイフを持った犯人が降りてきました。

犯人は、自分のクビにナイフを持っていき、死ぬと言います。

松本はナイフを置くように言います。

犯人がクビを切ろうとしたのを見て、松本は犯人に飛びかかり、揉み合いとなります。


病院に背中を刺されて重傷の木村敦子と犯人が運ばれてきました。

松本は腕にケガをしましたが、大丈夫でした。

犯人は、胸から出血しています。

2人とも手当を受けます。


尚が母親の治療を待っていると、父親がやって来ました。

しばらくすると、手術を終えた母親が運ばれてきました。

手術は成功しましたが、出血が多かったので予断を許さない状況だと説明されました。


母親の後に、手当を受けた犯人が運ばれてきました。

それを見た尚は、松本にどうして母親を殺そうとした犯人を助けたのかと責められてしまいます。

松本は、医者は命を助けるのが仕事だと答えます。

尚は犯人の命を救って何の意味があるのかと言って激しく興奮します。


後日、警察が犯人を被害者とは異なる病院へ転医させると言ってきました。

たまたまその場にいた尚は犯人をにらみつけます。

松本が犯人の搬送に付き添いました。


敦子はまだ意識が戻りませんでした。

それから何日か経ったある日のことです。

尚が必死に母親に呼びかけます。

松本が駆け付けると、敦子が目を開きました。

尚は、うれしさのあまり泣き出してしまいました。

その後、尚は松本にお礼を言いました。

松本が憲次のためにしてあげられることとは?

退院していた憲次が倒れました。

松本に憲次が病院に搬送されてくるという連絡が入りました。

憲次が搬送されてきました。

松本は、憲次の家族に治験薬の副作用で倒れたことを伝えます。


松本は憲次の担当医と話をします。

担当医は、治験薬が効いていないことを伝えました。

ガンが脳へも転移していました。

松本は、担当医に自分で憲次に事実を伝えさせて欲しいと頼みました。


松本が憲次の病室に行くと、憲次は濱田と楽しそうに話をしていました。

結局、松本は病室には入りませんでした。

その後、濱田が松本を訪れてきました。

憲次の病状を教えて欲しいというのです。

松本は、肺腺癌のステージ4で脳への転移が見つかったことを伝えました。

医師としてはできることがないと言います。

濱田は「医師としては・・・。へぇ~」と返します。


松本は、憲次に治療しても治らないことを話しました。

これからは緩和ケアが中心となることを伝えました。

憲次は、美人もいるのでこの病院で最後までお世話になるというのです。

その美人はコケを持ってきてくれたと言います。

その美人とは涼子のことでした。


松本が憲次の病室へ行くと、いつも誰かがいました。

玉井&瀬川、田中&吉田&藍田。

憲次は毎日楽しそうにしていました。


今度は憲次の病室から濱田が出て来ました。

お坊さんの格好した松本を見て、「説法でもしに行くおつもりですか?宮寺(憲次)さんと松本先生はお友達と聞いていたんですが」と言って去って行きました。

憲次がギターを弾いて、救命救急のメンバーが歌っていました。

濱田から指摘を受けた松本は、医師の格好で病室に行きました。


別の日に、松本は憲次の足をマッサージしました。

仕事に戻るために病室を出ると、病室から憲次を呼ぶ声が聞こえてきました。

急いで病室に戻ると、憲次は意識不明になっていました。

松本は憲次の家族に、これからは意識がはっきりしない時間が増えていくことを説明しました。


松本は、憲次のことで悩んでいました。

どうしたらよいのかがわからなくなっていました。


松本に憲次のことで連絡がありました。

急いで病室に向かいました。

憲次は血圧が下がってきていました。

担当医は本人の希望で延命治療を行っていません。


松本は、憲次にせっかく医者になったのに救えなかったと言います。

すると、憲次の娘・あやが憲次は救われているというのです。

憲次は、松本がいるので、人生会議でいろいろ決めるのが楽しいと言っていたのです。


その時です。

多重事故が発生したので、患者が搬送されてくるというアナウンスが入りました。

松本は涙を流しながら、「おじさん、行ってくるから」と言って仕事に戻っていきました。

憲次は微笑んでいました。


患者が運ばれてきました。

松本が処置を行っていると、濱田が応援に来てくれました。

2人で手術を行います。

松本は「昔のお前じゃないだろ?研修医の時、道で・・・」と言います。

松本は、13年前濱田を突き飛ばして「モタモタしてたら死ぬぞ」と言い放ったことを覚えていたのです。

濱田は手術が概ね終わったところで、松本に憲次のところへ行くように言いました。

涼子もサポートすると言ってくれます。


松本が行ってから、濱田は松本の先ほどの発言に対して「むかつくな、本当。覚えているなら言えよ。ずっと気にしていた俺が小物みたいじゃないか」と言いました。

涼子から「集中してください」と言われ、濱田は「はい」と返事をしました。


松本が憲次の病室に行くと、憲次はもう息を引き取っていました。

あやから、人生会議の冊子を受け取ります。

そこには、憲次があらかじめ決めておいたことが書かれていました。

追記として、見送り方についても記されていました。

松本が念仏を唱えてくれるのが楽しみだというのです。

松本は涙を流しながら、心込めて念仏を唱えます。


濱田は、まだ小児用ハートセンターの設立を諦めていませんでした。

そのため、濱田は田中をを心外に引き抜こうとしていました。

それは、田中は大病院の理事長の息子であるためです。

濱田は5年後の設立を目指すというのです。

スポンサーリンク

【病室で念仏を唱えないでください最終回】の感想

被害者家族が、どうして犯人を助けるのかと思う気持ちはわかりますね。

子供でなくてもそう思います。

命の重さは同じだと頭ではわかっていても、気持ちが追いつきません。

でも、被害者の命が助かってよかったです。


松本は憲次のことで随分悩んでいましたね。

医師と僧侶の両方をやっていても、自分がよく知る人の死をどう受け入れればよいのかわからないのです。

ましてや、亡くなる人のために何をしてあげれるのかを考えることはもっと難しいですね。

こうすれば正解というものがないためです。


今回は松本が憲次のために涙するシーンが多かったです。

観ているこちらの方も泣きそうになりました。


濱田が非常に優しかったですね。

憲次と知り合いということもありますが、濱田は少し変わったかもしれません。

人間味が出てきました。

こういう濱田の方がいいですね。


SNS上には、次のようなコメントが上がっています。

【病室で念仏を唱えないでください最終回】の視聴率

今回の平均視聴率は9.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でした。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!