ドラマ「テセウスの船」の最終回のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。
スポンサーリンク

【テセウスの船】最終回のネタバレ

駐在所のワープロから犯行日記が、庭から青酸カリが発見されて逮捕されてしまった文吾(鈴木亮平)。大きく揺れる心と家族。バラバラになってしまった家族は最大のピンチをどう乗り越えるのか……?
そして、事件の真相を追う心の元に黒幕から最後のメッセージが届く。それは、心に究極の選択を迫るものだった。過去を変えて家族の未来を救うため、心はある決意をする。やがて迎える黒幕との対峙。そこで事件のすべての真相が明らかにされる。心と家族の未来はどう変わるのか……?
(公式HPより引用)


駐在所のワープロからは犯行日記、庭からは青酸カリが見つかりました。

そのため、文吾は警察に逮捕されて連行されました。


文吾は取り調べを受けます。

馬淵は、みきおの殺人未遂だけでなく、犯行日記から三島千夏殺害、田中義男殺害、三島明音監禁、さらに音臼小の行事に乗じて青酸カリによる大量殺人を計画したことがわかるというのです。

文吾は、これらはすべてみきおの犯行であると言います。

しかし、馬淵は信じてくれません。

信じて欲しければ、みきおが計画していた証拠を出すように言います。


文吾は自分が監禁されていた小屋を調べるように頼みます。

馬淵はその小屋を調べましたが、テレビはなく、しかも監禁された痕跡もなかったというのです。


心は、和子にこれは和子や文吾を拉致した犯人が仕掛けた罠であることを伝えます。

どうして犯人がこのようなことをするのかはわからないが、心は文吾は何もやってないことを説明します。


心は警察署へ行き、森に文吾の無実を訴えます。

しかし、心の話を信じてくれません。

それどころか、みきおの意識が戻ったので、そこから言い逃れのできない証言が出てくるというのです。


心は、みきおは自分で青酸カリを飲むはずがないので、真犯人を恨んでいるのではないかと考えました。

そこで、みきおに会うために病院へ行きました。

心が病室に入ろうとすると、さつきに止められました。

さつきが言うには、みきおは青酸カリのせいで記憶を失ったというのです。


さつきは心を引き倒して、病室の中に入っていきました。

中には、校長がいました。

そして、校長からは「あんな思いは2度としたくないですからな」という発言が。


留置場に入れられた文吾に本の差し入れがありました。

本を開くと、文吾はあることに気がつきました。


心は、真犯人の手がかりは12年前の村祭りのチラシだと考えていました。

徳本の母親が毒キノコで亡くなったことから、徳本が怪しいのではと思いましたが、文吾を恨む動機が見当たりません。


文吾と面会できることになりました。

心と和子が面会に行きました。

心は、これは絶対みきおの共犯者が仕組んだ罠なので、必ず共犯者を捕まえると言います。

すると、文吾は犯人(みきおの共犯者)は自分であると言い出しました。

そして、自分のことは忘れて欲しい、家族の縁を切るというのです。

心は文吾が何を言っているのかまったく理解できませんでした。


森は、文吾が急に自白してその後何も話さないことを疑問に感じていました。

馬淵は、文吾が犯人かどうかはどうでもよいと言いました。

本人が自白して証拠があるので、これで警察の威信は守られたというのです。


自宅に戻ると、またマスコミが詰めかけていました。

そこへ徳本と井沢が助けに来てくれました。

マスコミを追い払ってくれました。


井沢は、和子に子供がかわいそうなので、この村にはいない方がよいとアドバイスしました。

井沢は文吾を信じていただけに残念な気持ちでいっぱいでした。

つらい表情で帰って行きました


鈴と慎吾は学校に行きました。

しかし、他の生徒からいじめられて帰ってきました。


和子は、子供に仙台の祖母のところへ行くことを伝えました。

すると、鈴は和子は文吾のことを信じていないのかと尋ねました。

鈴は、この間文吾のことを疑ってしまってとても後悔したというのです。

そして、文吾が悪いことをするはずがないと言います。


和子は、文吾は自分が犯人だと言っていることを話します。

このままここにいるとまたいじめられるというのです。

しかし、鈴は逃げたくないと言います。


心は、以前埋めたタイムカプセルのことを思い出しました。

文吾は封筒を入れていました。

心は、文吾はそこに何かヒントを書いたかもしれないというのです。

そこで、タイムカプセルを掘ってみることにしました。


文吾が封筒に入れたのは、30年後の家族に宛てた手紙でした。

鈴、慎吾、そして家族のことを大切に思って書かれた心温まる手紙でした。

手紙の内容を知って、鈴はますます文吾が悪いことをするはずがないと思うようになりました。

和子もようやく文吾を信じることができました。

そして、家族3人がこの家で文吾を待つことに決めました。


心はみきおが入院する病院に行くと、みきおが行方不明になっていました。

さつきは、みきおがいなくなったと騒いでいます。


みきおが寝ていたベッドの下に紙が落ちていました。

心はその紙を見て、音臼小にやって来ました。


心が明かりのついた教室に行くと、中でみきおが待っていました。

紙には、“The END”の文字と血の付いたナイフが描かれていました。

みきおは心だけにわかるスペシャルメッセージだというのです。

心は、みきおに共犯者が誰なのかを教えるように迫ります。

みきおは自分で見つけるように言います。


みきおは、みんなから鈴がいじめられていることを気にかけていました。

実は、みきおは鈴のヒーローになりたいだけだったのです。

以前転校してきたみきおは、当初いじめに遭っていました。

鈴だけがみきおを助けてくれて優しかったのです。

いつしか、みきおは鈴のヒーローになりたいと思うようになりました。


しかし、鈴は文吾のような人が好きで、文吾が正義の味方だと言っていました。

だから、みきおは文吾が邪魔になったというのです。

正義のヒーローは1人でよいのです。

心は、みきおがそのような理由で音臼小事件を起こそうとしていたことに驚きを隠せませんでした。


みきおは、千夏に薬を飲ませて実験しました。

明音は鈴をいじめたので翼にやらせました。

翼がドジだったので明音は死にませんでした。

義男は割と苦しまずに死にました。


みきおは、自分だけが鈴のヒーローになる完璧な計画だったと言います。

ここで計画を変更するというのです。

みきおは、今鈴が1番喜ぶのは文吾を無罪にしてあげることだと言い出しました。


みきおはボイスレコーダーを出します。

これまでの会話がすべて録音されています。

そして、みきおは毒の入ったビンを取り出し、「The END」と叫んでその毒を飲もうとしました。

心は慌ててそれを阻止しようとしました。

しかし、みきおは毒を飲んでしまったようで苦しみ出しました。

みきおは病院へ運ばれました。


心はそのボイスレコーダーを馬淵と森に聞かせます。

馬淵は、ともあれこれで警察の威信は保たれたと言います。


文吾はすぐに釈放されました。

文吾は心に抱きついてお礼を言います。


佐野家に帰ると、文吾は和子に土下座をして謝りました。

和子はどうして自分がやったと言ったのかを尋ねました。

文吾は、差し入れの本に犯人からのメッセージが仕込まれていたことを明かしました。

実は、本の特定のページに、文字に赤丸が付いたところがありました。

その部分だけを続けると、“つみをみとめろ家族みな殺し”と読めました。

誰が差し入れしたのかはわからないと言います。

これが原因で文吾は自白したのでした。


その日の夜、心と文吾は犯人について話しました。

12年前の村祭りで徳本の母親が亡くなりましたが、徳本が文吾を恨む動機がわからないと心は言いました。

文吾は、そのキノコ汁に毒キノコを謝って入れたのは、田中義男の妻、つまり正志の母親だと言いました。

文吾は当初事故で片付けようとしていました。

しかし、義男が犯人を絶対に見つけるように言ってきたので、文吾は捜査を行いました。

すると、犯人が義男の妻であることが判明しました。

その後、義男は県警にかけあって妻の罪をもみ消そうとしました。

結局は、それはできませんでした。

そのようなことがあったので、義男は村祭りを中止にしました。


心は、話を聞く限り、文吾を恨むまではいかないのではと言いました。

正志が村に顔を出すようになったのは最近なので、正志が犯人とは考えられないというのです。


そうなってくると、やはり怪しいのは徳本ということになります。

ただ、文吾には何も思い当たることがありませんでした。

文吾は、古い駐在日誌を調べることにしました。


12年前の駐在日誌を調べていると、文吾は気になることを見つけました。

校長の息子・徹が祭りに来ていました。

当時徹は東京の大学に行っていて里帰り中でした。


徹は、祭りでケンカをして軽いケガをしました。

文吾は毒キノコ騒動でバタバタしていて、ケンカの仲裁に行くのが遅れたというのです。

心は、それが犯行の動機とは思えませんでした。


校長は、さつきのことをさっちゃんと呼びました。

実は、校長はさつきの中学校の担任だったのです。

さつきは、高校1年の時妊娠してしまいました。

それで、中学校の担任だった校長に相談にいきました。

当時は、高校生の妊娠がわかると、本人だけでなく、家族も後ろ指を指される時代でした。

校長はさつきを説得して、赤ちゃんをおろさせたのです。

亡くなった赤ちゃんのためにも、さつきは教え子をしっかり育てていきたいと思うようになりました。

それで、さつきはあれほどまでみきおを守ろうとしたのです。

さつきは、みきおを守れなかったことを悔やんでいました。


文吾と心は、井沢に話を聞きに行きました。

文吾は徹について尋ねました。

井沢は、徹に10年以上会ったという人はいないと言います。

昔徹が前の会社でいじめられているという話を校長から聞いた覚えがあるというのです。

井沢には、その後徹がどうなったのかはわかりませんでした。

心は、文吾に村祭りと何か関係があるかもしれないと言いました。


心と文吾は校長に会うために、校長室に行きました。

校長はいませんでしたが、机の上には真っ黒に塗りつぶした画用紙がたくさんありました。

塗りつぶす前は、さまさまなことをする親子の姿が描かれていました。

文吾は、机の中を調べます。

すると、校長がいつも使っていたナイフがなくなっていることに気がつきました。


心と文吾は校長の自宅に行きました。

しかし、校長の姿はありませんでした。

2人は手分けして校長を探します。


心が佐野家に戻ってくると、駐在所のドアに文吾宛の手紙が挟まれていました。

心は中身を読みます。

しかし、心は文吾には手紙のことを話しませんでした。


文吾は心に校長が見つからないことを告げました。

そして、チラシの村祭りの日(3月19日)が明日ということで、文吾は嫌な予感がしていました。

心は、文吾に自分たち家族は何があっても乗り越えられると言いました。


心が持っていた文吾宛の手紙には、次のような見出しの自作したと思われる記事が入っていました。

警官家族3人(和子・鈴・慎吾)が惨殺される

死亡日は3月19日

記事の下に、“皆殺しが嫌なら1人で来い 音臼神社 明朝8時”と書かれていました。

心は文吾の代わりに行って、自分の命をかけて家族を守ろうとしていました。


翌日、心は佐野家を出ていきました。

文吾が心を探しに行こうとすると、男性が倒れているという無線が入ってきました。

その男性は心の特徴と似ています。

文吾は急いで現場に向かいます。


文吾と入れ違いで、校長が駐在所にやって来ました。

そこには和子がいました。

校長は、東京にいる徹のところに行ってきたというのです。

徹とは、昔モメて以来それっきりになっていたのですが、最近孫が生まれたという連絡がありました。

校長は心と文吾を見ていると、徹ともう1度家族になりたいと思うようになったと言います。

孫にやろうと下手くそな絵を描いたのでした。

校長と徹は仲直りすることができました。


心は音臼神社にいました。

心は犯人をずっと待っていましたが、誰も来ませんでした。

それどころか、村人がやって来て掃除を始めました。


一方、文吾は明音が監禁されていた風速計のある小屋に来ていました。

小屋の中には誰もいませんでした。

小屋から出た文吾は何者かに刺されてしまいます。


おかしいと思った心は駐在所に連絡しました。

和子は、文吾が無線の連絡で風速計のある小屋に行ったことを伝えました。

心は、その小屋に急いで向かいます。


刺された文吾が振り返ると、そこにはナイフを持った正志が立っていました。

正志は、あの時の村祭りのことで文吾を恨んでしました。

母親はただキノコを鍋に入れただけだと言います。

正志は、文吾が点数稼ぎのために母親を捕まえたと思っています。

母親は、その後義男に捨てられて苦労して死んだというのです。


正志は、母親と小学生の妹のために何でもしました。

しかし、どこまで行っても何をやっても殺人犯の子供と言われ、妹はいじめが原因で自殺しました。


これだけが犯行の理由ではないというのです。

正志は、父親の病気が原因で音臼村に帰ってきました。

その時、文吾は正志に「家族は大事にしねぇとな」と言いました。

正志は、自分の家族をむちゃくちゃにした文吾のこの言葉が許せなかったのです。

そして、この時文吾と文吾の家族をぶっ壊すことを決意をしました。


正志は、みきおは文吾が邪魔という点で利害が一致したので利用したと言います。

文吾は、正志にみきおの未来を奪う権利はないというのです。


正志は、ナイフで文吾に襲いかかります。

文吾に心は息子ではないかと尋ねます。

そして、正志は心を殺したというのです。


それに腹を立てた文吾は反撃し、形勢が逆転します。

文吾がナイフを奪い取り、正志にナイフを向けます。

正志は殺せるものなら殺してみろと挑発してきます。

文吾は家族のことを思い浮かべます。

そして、振り上げていたナイフを下ろしました。


正志はどうして殺さないのかと聞いてきます。

文吾は心を裏切れないというのです。

正志を殺すと、自分を信じて必死に戦ってくれた心を裏切ることになるのです。


文吾は、大事な家族を守れなかったことで苦しんできた正志に同情しました。

そして、そのことに気づいてあげられなかったことを謝罪しました。


心が文吾のところにやって来ました。

文吾がナイフを持ったまま立ち上がると、正志がそのナイフで刺されようとします。

正志は、何としてでも文吾を殺人犯にしたいのです。

心も何とかそれを阻止しようとします。

3人が揉み合い状態になります。

そして、心にナイフが刺さってしまいます。


心は、自分は家族の未来を守るためにここに来たと言います。

家族4人に会えたから強くなれたというのです。

文吾は、心に必死に死なないように言います。

泣きながら、何度も「心」と呼びかけました。

心の体はぐったりとしてしまいました。


映像は、現在に切り替わります。

心と由紀が手をつないで歩いています。

通りがかったカフェでは、みきおとさつきが働いていました。

店では芋ようかんが出されていました。


心と由紀が入った店には、文吾と和子、鈴、慎吾が待っていました。

心は、由紀が妊娠したことを報告しました。

生まれてくるのが女の子であるとわかると、文吾は心にその子供の名前を提案しました。

文吾は、明るい未来へ進んでいけるように“未来”と書いて“みく”がよいと言いました。

心は驚きました。

文吾が提案した名前とまったく同じだったためです。


文吾は、心の結婚指輪を持っていました。

過去に戻っていた心の形見と思われます。

文吾は、幸せそうな家族の姿を目の当たりにして、自分たちはいつまでも家族だと心の中で言っていました。

スポンサーリンク

【テセウスの船】最終回の感想

ついに黒幕の正体が明らかになりました。

まさかの正志でした。

最後まで校長の怪しい言動にだまされました。

正志は、義男のせいで母親がこのようなことになったことを知らないのでしょうか?

文吾からすればとばっちりもいいところです。

正志は、文吾が点数稼ぎのために母親を捕まえたと思っていますが、文吾は当初事故で片付けようとしていました。

それを義男が犯人を絶対に見つけるように言ってきたのです。

どうして、文吾はすぐにそのことを正志に言わなかったのでしょうか?

そうすれば、3人が揉み合いになることはなかったかもしれません。


ただ、厳密に言えば、義男も悪くはないですね。

犯人を見つけるように言っただけです。

その後、母親を捨てたのはどうかと思いますが。


正志が、母親を捨てた義男の看病をしていたのには違和感を感じますね。

普通は看病なんて絶対にしないと思います。

義男が捨てていなければ、母親、正志、妹がこのようなことにはならなかったかもしれないためです。


とは言っても、意図的ではないにしても毒キノコを入れてしまった母親がもっとも悪いです。

それなのに、文吾に復讐しようと思うこと自体がおかしいですね。

文吾は毒キノコ事件にはまったくの無関係なのにです。

佐野家は本当にかわいそうですね。


みきおが犯行を行った動機にも驚きましたね。

鈴のヒーローになりたいと思っただけでここまでの事件を起こすとはね。

しかも、鈴が憧れているのは父親です。

そこまで父親を意識する必要があるのでしょうか?

みきおが怖すぎますね。


みきおは、正志と手を組んだことで犯行を行えたのでしょう。

それなら、正志は文吾を殺人犯に仕立てるために、関係のない人を殺害するのに手を貸したということです。

義男の死にも関係しているのでしょうか?

もしかしたら、母親の復讐をしたのかもしれません。

どちらにしても、正志も異常です。


ドラマが終わってしまって何か寂しいですね。

もっと観たかったです。


SNS上には、次のような声が上がっています。

【テセウスの船】最終回の視聴率

今回の平均視聴率は、19.6%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)であることがわかりました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!