ドラマ「ギルティ~この恋は罪ですか?~」のキャスト・あらすじ・主題歌についてご紹介します。

新川優愛が主演を務め、町田啓太さん、中村ゆりかさん、神尾楓珠さん、小池徹平さんらが共演します。

ギルティ(ドラマ)のキャスト・あらすじ・主題歌(新川優愛)
(公式HPより引用)
スポンサーリンク

ギルティの放送日

放送時間:木曜日午後23時59分~

放送局:日本テレビ系

放送開始日:2020年4月2日(木)

スポンサーリンク

ギルティのドラマの作品紹介

ギルティは、累計発行部数150万部を超えた人気コミックを実写化したものです。

主人公は、信頼していた人間から次々と裏切られてしまいます。

そんな時、初恋の男性と出会い、かつての恋人への思いが再燃します。

ドロドロの人間関係とキュンキュンする恋愛模様が入り交じった“ドロキュン”ラブストーリーです。

登場人物全員が裏切り者という斬新すぎるストーリーにも注目です。

ギルティのキャスト

<相関図>

新川優愛(荻野爽役)

女性ファッション誌の編集者です。

仕事がよくできて、優しい夫のいる理想的な生活を送っています。

子供を作ることに関しては夫と考えが違っています。

爽は子供が欲しかったのですが、夫にはその気持ちを伝えられていません。

筋の通らないことが嫌いな性格です。

秋山慶一は高校時代の初恋の相手です。

町田啓太(秋山慶一役)

イタリアンレストランの店主です。

爽の高校時代の元恋人です。

妻がいるが、爽への思いを秘めながら生きてきました。

爽に対してある秘密を持っています。

中村ゆりか(及川瑠衣役)

爽の年下の友人です。

爽とは本音の女子トークを行える間柄です。

ただ、爽には話していない秘密があります。

神尾楓珠(寺嶋睦月役)

爽が働いている女性誌の編集部のアルバイトです。

さわやかな大学生です。

寺嶋も爽に秘密を持っています。

小池徹平(荻野一真役)

広告代理店勤務に務める爽の夫です。

家事を手伝ってくれる優しい夫です。

子供を欲しくないのにはある理由があります。

ギルティのスタッフ

脚本:泉澤陽子、大林利江子、三浦希紗

監督:河原瑶、林雅貴、野田健太

音楽:中村巴奈重、田渕夏海

チーフプロデューサー:岡本浩一

プロデューサー:中間利彦、黒沢淳(テレパック)、水野督世(テレパック)

制作協力:テレパック

制作著作:読売テレビ

ギルティの原作・主題歌

原作:丘上あい「ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」

丘上さんのコメント!

このたび、ドラマ化のお話をいただき、ただただ驚いております。まさか自分の漫画家人生で本当にこんな日が来るとは…と手の震えが止まらずにおります。不安な気持ちで始めた『ギルティ』でしたが、素晴らしい役者さん達がお引き受けくださり、紙の中にしか存在しなかった自分のキャラクターに命を吹き込んでくださる。漫画を描き続けて来て本当に良かったと思いました。ドラマ、今からとても楽しみです。是非ご覧ください!
(公式HPより引用)



主題歌:Toshl「BE ALL RIGHT」

Toshlさんのコメント!

今回はドラマのオリジナルテーマソングの歌唱に初めてトライさせていただきました。ドラマをより盛り上げる演出としての歌声になるよう、ストーリーの人間模様の奥に流れるピュアな想いを「BE ALL RIGHT」という楽曲に込め歌唱いたしました。ドラマと合わせて、この楽曲も皆様に深く感じていただけましたら幸いです。
(公式HPより引用)

ギルティのDVD/ブルーレイ・サントラ

ギルティのDVD/ブルーレイ・サントラについてご紹介します。

DVD/ブルーレイ

発売日:未定


サントラ

発売日:2020年6月24日

収録曲数:?


ギルティのあらすじと感想【各話】

1話のあらすじと感想

女性誌編集者の爽(新川優愛)は、結婚して6年になる広告代理店勤務の夫・一真(小池徹平)とラブラブな関係で、仕事も順調。その一方で、爽には“ある悩み”があった。爽は子供が欲しいのだが、子供を作る意志がない様子の一真に言い出せないでいたのだ。
爽は行きつけのバーで、飲み友達の瑠衣(中村ゆりか)といろんなことを話していた。爽は瑠衣に、子供が欲しいのに夫に言えないでいることを打ち明ける。瑠衣は、言いたいことはハッキリ言った方がいいとアドバイスする。瑠衣に背中を押され、一真に自分の思いを話そうと決意する爽。爽は一真に、子供が欲しいと伝える。しかし一真は、子供は欲しくないと拒否。爽はショックを受けるものの、一真の気持ちを受け入れようとするのだった。

翌日、爽は編集長に任された“忘れられない恋愛特集”のページ作りを進めていた。そんな中、トラブルが発生する。撮影で借りる予定だったレストランがダブルブッキングで当日に使えなくなってしまったのだ。代わりに、編集部でアルバイトとして働く大学生・寺嶋(神尾楓珠)が知っているというレストランで場所を貸してもらうことに。その店のオーナー・秋山(町田啓太)と顔を合わせた爽は、動揺。秋山は、爽が高校時代に付き合っていた初恋の人だった。

偶然の再会に、爽の心に、秋山と過ごした日々がよみがえる――。
高校時代の爽は、喧嘩を繰り返す両親の間で苦しんでいた。そんな爽を励ましてくれたのが、同級生の秋山だった。爽と秋山は惹かれ合い、付き合うように。爽にとって、秋山は忘れられない初恋の人だったのだ…。
月日が流れ、爽と秋山はお互いに別の相手と結婚している。「秋山とは、もう関わらない方がいい」爽は秋山への思いにふたをしようとするが…。
(公式HPより引用)


【見どころ】

  • 荻野爽が初恋の相手・秋山慶一との再会。
  • 高校時代の秋山とのキュンキュン思い出。
  • 夫・荻野一真の爽への裏切りとは?
  • 友人・及川瑠衣の爽への裏切りとは?

【感想】

「結構ドロドロだが面白い」
「中村ゆりかちゃんの悪女っぷりがすごすぎる」
「ギルティ面白い。展開的がやばすぎ。来週が待ち遠しい」
「新川優愛さんが可愛い」
「町田啓太さんがイケメンすぎるんだけど」

2話のあらすじと感想

爽(新川優愛)は、置き忘れたストールを取りに行くため、再び秋山(町田啓太)の店を訪れた。秋山の作ったピザを食べながら、当時のように楽しく語り合う爽と秋山。そこに、秋山の妻・美和子(徳永えり)が現れる。
その頃、一真(小池徹平)は、瑠衣(中村ゆりか)の部屋にいた。瑠衣は「奥さんどんな人?」と何食わぬ顔で一真に尋ねる。

爽が帰宅すると、一真が待っていた。お互いに言えないことを抱えながら、ワインとチーズで乾杯する爽と一真。一真が眠った後、爽は、ふとした拍子で自分のバッグの中身をこぼしてしまう。すると、小さな機械がバッグに入っていたことに気付く。それは、GPSだった。爽は、一真がGPSを仕掛けたのではないかと疑惑を抱く――。
爽は仕事の合間に、一真をランチに誘うメッセージを送る。一真は、仕事の都合で行けないと返信してくる。爽が一真の会社に電話を入れると、一真は不在で午後からの出社と聞かされる。一真は、確実に嘘をついていた。爽の疑惑はさらに深まる。

その晩、一真が有名店のケーキを買って帰ってくる。この日は爽と一真が出会った日で、2人は“出会った記念日”として毎年祝っていた。しかし爽は、そんな気分になれず「私に何か隠してることない?」とGPSのことを一真に問いただす。一真は、何も知らないと否定。爽と一真は、激しい言い争いになってしまう。
一真は別の部屋に閉じこもり、取り残される爽。そんな中、爽のもとに瑠衣から誘いの電話が来る。爽は、一真が買ってきたケーキを持って瑠衣の部屋を訪ねる。爽は、GPSをめぐって一真とケンカしてしまったことを瑠衣に話す。瑠衣は「元気出してください」と爽を抱きしめる。その時、爽は、どこかで嗅いだことのある匂いを感じるが…。
(公式HPより引用)


【見どころ】

  • 爽の一真への不信。
  • 自宅での不倫デート。
  • 爽が秋山と別れた理由は?
  • 爽が衝撃の現場を目撃。

【感想】

「どんどんドロドロしていく」
「中村ゆりかが怖すぎる」
「これはホラー」
「ドロキュン展開エグすぎる」
「面白すぎる」

3話のあらすじと感想

爽(新川優愛)は、一真(小池徹平)と瑠衣(中村ゆりか)がキスしているところを目撃してしまった。ショックのあまり仕事も手につかなくなった爽は、会社を早退して若菜(筧美和子)の家を訪ねる。爽が一真の浮気を打ち明けると、若菜は「仕返しに浮気しちゃえば?」と言い出す。爽は、秋山(町田啓太)のことを思い出して動揺する。

爽がチートンの前を通りかかると、龍(阿部亮平)に詰め寄られている寺嶋(神尾楓珠)を見かける。龍は、寺嶋を爽のストーカーと勘違いしていた。龍の誤解を解き、爽は寺嶋の話を聞くことに。寺嶋は、爽の様子を心配して見舞いの品をチートンに預けて受け取ってもらうつもりだった。爽は、寺嶋が編集部でアルバイトを始めたきっかけを尋ねる。寺嶋は高校生の頃、失恋して落ち込んでいた時に爽の作った記事を読んで救われ、それをきっかけに編集の仕事に興味を持ったと語る。自分の仕事がしっかりと届いていたと知り、爽の心は晴れるのだった。
一真と向き合おうと爽が一真にメールを送ろうとしたその時、瑠衣から声をかけられる。瑠衣は、何食わぬ顔でいつも通りに接してくる。爽はそんな瑠衣に対して感情を抑えられなくなり――。
(公式HPより引用)


【見どころ】

  • 爽と瑠衣の直接対決
  • 親友・若菜の秘密が明らかに!
  • 爽と秋山の回想シーン
  • 一真の衝撃の秘密が明らかに!

【感想】

「怖すぎる」
「修羅場」
「キュンキュンする」
「まさしくドロキュン」


※4月23日から3週連続で特別編が放送されます。

特別編は、1~3話の本編にキャストからのメッセージを添えた再編集版となります。

放送中には、副音声でキャストが裏話を明かしてくれます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!