ドラマ「警視庁捜査一課長2020」のキャスト・あらすじ・主題歌などをご紹介します。

内藤剛志が主演を務め、三吉彩花さん、鈴木裕樹さん、塙宣之さん、金田明夫さんらが共演します。

警視庁捜査一課長4(2020)のキャスト・あらすじ・主題歌(内藤剛士)
(公式HPより引用)
スポンサーリンク

警視庁捜査一課長2020の放送日

放送時間:木曜日午後8時~

放送局:テレビ朝日系

放送開始日:2020年4月9日(木)

スポンサーリンク

警視庁捜査一課長2020の作品紹介

「警視庁捜査一課長」は、2012年7月の「土曜ワイド劇場」から始まりました。

2016年4月期には、ついに連続ドラマ化されました。

その後、シーズン2、シーズン3、2時間SPが放送され、高い支持を得てきました。

そして、今回シーズン4が放送されることとなりました。

新キャストして、三吉彩花さんが加わります。

よい意味で、今までとはひと味違ったドラマを観ることができます。


警視庁捜査一課長が、400名以上の精鋭刑事を統率して事件を解決していく刑事ドラマです。

今回は、どのような難事件を解決へと導いていけるか、捜査一課長の手腕に注目です。

警視庁捜査一課長2020のキャスト

内藤剛志(大岩純一役)

警視庁捜査一課長です。

捜査一課を束ねる優秀なリーダーで部からの信頼が厚いです。

家族は妻と猫のビビです。

娘を病気で亡くしています。

 この作品はミステリーではありますが、みなさんに“希望”をお届けしたいと考えて制作にあたってきました。全員で力を合わせること、地道に努力することがいつか栄光につながる、という思いを込めて…。だからこそ今、みなさんに呼びかけたいのは、“一緒にオリンピックイヤーを楽しみましょう!”ということ。東京でオリンピック・パラリンピックを見られるのは、もしかしたら一生に一度のことかもしれませんよ。夏に向けて、このドラマとともにそんな一度きりの時間をみなさんに楽しんでいただけたらうれしいですね。
(公式HPより引用)

斉藤由貴(平井真琴役)

警視庁捜査一課現場資料班主任です。

大岩から大福と呼ばれています。

洞察力と直感力に優れており、大岩に大福の勘は特別と言わせるほどです。

三吉彩花(妹尾萩役)

新宿中央署刑事課の新人刑事です。

帰国子女のため、空気を読まずに思ったことをはっきりと言ってしまいます。

鈴木裕樹(天笠一馬役)

警視庁捜査一課刑事です。

現場で事件の捜査に当たります。

元は大岩の乗る公用車の運転手でした。

塙宣之(奥野親道役)

大岩の公用車の運転担当刑事です。

妻が亡くなり、子育てのためしばらく現場を離れていました。

そのため、大岩からは“ブランク”と呼ばれています。

大岩の本音を聞ける数少ない部下です。

金田明夫(小山田大介役)

警視庁捜査一課の庶務担当管理官です。

右腕として、大岩から絶大な信頼を得ています。

目標物を探し当てるのがうまいので、“見つけのヤマさん”と呼ばれています。

警視庁捜査一課長の娘の死因(死のわけ)は?

大岩には、春菜という娘がいました。

20年前に亡くなっています。

ドラマで刑事の娘が亡くなっているという設定であれば、次のものがよくあるパターンです。

  • 昔担当していた事件に巻き込まれて殺された
  • 以前逮捕した犯人が復讐のために殺した

しかし、春菜はそのどちらでもありません。

病気で亡くなっています。

大岩は、月命日には必ず春菜が好きだったカレーライスプリンを食べています。


数は少ないですが、春菜はドラマに登場しています。

過去に 本田望結さんと安藤千織さんが演じています。

警視庁捜査一課長の猫について

大岩家の猫の名前はビビです。

大岩夫婦が大切に育てているメス猫です。

近所のネネのことが好きなようです。

ビビの仕草を見て、大岩が事件解決の糸口を掴むことがよくあります。


第1作と第2作はミミでした。

どうして名前が変わったのでしょうか?

ドラマに登場する猫自体が変わってしまったのかもしれませんね。

詳しいことはわかりません。

内藤剛志がまさかの大失態!?「科捜研の女」の衣装で臨場!

現場に駆けつけた大岩が、運転担当刑事の奥野からネクタイが違うと指摘を受けます。

その赤いネクタイは、ドラマ「科捜研の女」の土門がつけているものだというのです。

大岩は間違いを認めることなく行ってしまいました。

まさか内藤さんが恥ずかしい失態を犯してしまったのでしょうか?

実は、これはファンに喜んでもらおうとアップされたエイプリルフール用の特別動画です。

面白い試みですね。

塙宣之さんの誕生日を内藤剛志さん&本田博太郎さんが祝福!

塙宣之が誕生日を迎え、内藤剛志さんと本田博太郎さんが祝福しました。

番組からは、“塙”の名字にかけて大きな花輪がプレゼントされました。

何か裏があるのではと疑ってしまったという塙ですが、大変喜んでいたと言います。

警視庁捜査一課長2020のスタッフ

脚本:深沢正樹、田辺満ほか

監督:池澤辰也、木川学、濱龍也ほか

音楽:山本清香

ゼネラルプロデューサー:関拓也(テレビ朝日)

プロデューサー:残間理央(テレビ朝日)、島田薫(東映)

制作:テレビ朝日、東映

警視庁捜査一課長2020の原作・主題歌

原作:なし


主題歌:GLIM SPANKY「Singin’ Now」

GLIM SPANKY 松尾レミ(Vo/Gt)コメント

こんな時こそ、ロックがあると思っています。悩み苦しみに耐えてやっと立ち上がる時、一番パワーが必要だけれど、そこを抜けたら素晴らしい進化があると私は信じています。世の中に対しても、一人一人に対しても、どんな小さなことにでも、です。


GLIM SPANKY 亀本寛貴(Gt)コメント

今回はホーンセクションを加えた我々のルーツでもあるストレートなロックンロール、グラムロック的なサウンドの楽曲を作りました!ドラマの中で流れてどんな雰囲気になるのか、今からとても楽しみです!
(公式HPより引用)


警視庁捜査一課長2020のあらすじと感想

1話のあらすじと感想

 東京・山手線内で最も高い山“箱根山”で、新聞社の社会部記者・小柴石輝(吉満寛人)の遺体が見つかり、警視庁捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)は現場に急行する。小柴は何者かに突き飛ばされ、縁石で頭部を強打し死亡したようだったが、なぜか遺体の右手には黒い日傘が握られていた…。
 第一発見者は被害者の上司にあたる編集デスク・岡泰子(宮本真希)で、彼女によると小柴はエイプリルフールに掲載する“フェイクニュース”を執筆する予定だったが、〆切の深夜0時をすぎても連絡がなかったという。朝になって、深夜1時に小柴から「記事のことで話がしたい。箱根山に来てほしい」というメールが入っていたことに気づき、念のため現場に来てみたら遺体を見つけたと話す。また、泰子は通報する際、現場から走り去る女性を見たとも訴える。
 新宿中央署に捜査本部を設置した大岩は、同署の新人刑事・妹尾萩(三吉彩花)らと捜査を開始。小柴が死の直前、「新宿でマンモスの化石が発見された」というフェイクニュースの原稿を書き上げていたことを突き止める。
 さらに、現場周辺の防犯カメラを調べたところ、泰子の供述どおり、現場から逃走する女性がいたことが判明。しかも同じ女性が死亡推定時刻の深夜1時に現場近くにいた事実も浮上した。
 女性が身に着けていたコートの刺繍に注目した萩は、有名ファッションデザイナー・今田美蓮(松下由樹)にたどり着く。しかし事件当夜、美蓮と同じパーティーに参加していた会社経営者・澤矢要(窪塚俊介)が、彼女のアリバイを証明する。美蓮の疑惑は晴れたかと思いきや、萩は澤矢の証言に疑問を抱き…!?
 はたして殺された新聞記者と人気ファッションデザイナーの間にはどんな関係が…!? そして、被害者が執筆したフェイクニュースに秘められた真実とは…!?
(公式HPより引用)

誰が犯人かわからない上、手がかりすら掴めません。

小柴と美蓮の関係が明らかになると、事件の捜査は大きな進展を迎えます。

今回は、妹尾萩が大活躍します。

萩が警察を目指した理由など過去が明かされます。

思わぬサプライズもあります。


2話のあらすじと感想

 すべての捜査にめどがつき、珍しく早めの時刻に運転担当刑事・奥野親道(塙宣之)とともに自宅に戻った、捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)。ところが、そこへ新たな事件の知らせが届く。しかも第一発見者は、大岩が”大福”とよぶ現状資料班刑事・平井真琴(斉藤由貴)だと聞き、大岩も奥野も驚く。
 現場はレインボーブリッジ近くのお台場で、被害者の身元は食品開発会社の社員・鴨川咲良(大関れいか)と判明。遺体発見直後、真琴は現場から何者かが逃げ出す気配を感じたものの見失ってしまい、ちょうど道の向こう側から歩いてきた女性に聞き込みをしたという。だが、その女性・芦田雪子(武田玲奈)は現場から走り去った人物について、“黒い服を着ていた”、“20代から50代”、“男性か女性かもわからない”などと漠然としか覚えていなかった。
 実は、看護師である雪子は1カ月前、自身の勤務先に入院中だった共通の友人のもとに咲良が見舞いに来たことから、彼女と知り合ったと告白。この日は久しぶりに咲良と会う約束をしており、現場近くの公園で待ち合わせていたと打ち明ける。だが、真琴は雪子が咲良の遺体を見てもまるで事件を予測していたかのように平然としていたこと、事情聴取にもスラスラと答えることに不審を抱く。
 その後、遺留品の中に大量の血液を拭きとった痕跡のある古いハンカチが見つかった。しかも、そのハンカチには、“YA”という刺繍が…。YAとは、芦田雪子のイニシャルなのか…!? 捜査員たちは雪子への疑惑を深めるが、真琴は被害者の咲良と目撃者の雪子がまったく違うタイプであることに着目。対照的な女2人が事件当日、何のために会うつもりだったのかが気にかかる。はたして2人の女の間には、何があったのか…!? 真琴、そして大岩らがたどり着く、事件の意外な真相とは…!?
(公式HPより引用)

大福がついに復活しました。

しかも、今回は大福が第一発見者になってしまいます。

最後まで犯人が特定できない難事件でした。

犯人は意外な人物でした。


3話のあらすじと感想

 「割引シールを貼られた遺体が見つかった」という知らせが届き、警視庁捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)は団地の一室に臨場する。後頭部を鈍器で殴られて死んでいたのは、その部屋に住む警備員の桃山辰徳(尾崎右宗)。遺体の右手には、たしかに3割引きのシールが貼られていた。
 第一発見者の隣人・琴田七海(青山めぐ)によると桃山は近所でも有名なクレーマーらしく、午前中から「値引き」や「謝罪しろ」などどこかに電話をかけて大声で文句を言っている様子が断片的に聞こえたという。そして2時間後、大きな物音がして誰かが部屋を飛び出していく気配がしたため、恐る恐る部屋を覗き込むと桃山が倒れていたと打ち明ける。
 桃山は割引シールが貼られていた商品を購入、その件でどこかの店にクレームを入れ、謝罪に来た相手とトラブルになったのではないか…!? 捜査を開始した現場資料班刑事・平井真琴(斉藤由貴)はクレーム電話の相手が近所のスーパーマーケットだと突き止める。また、桃山は1年前警備員としてその店で働いていたこともわかった。
 店長の岩並加奈(小沢真珠)やクレーム担当の九条菊子(杉田かおる)によると、桃山は前日の夕方、定価で総菜を購入したにもかかわらず、翌日になって「値引きされていなかった」とクレーム電話をかけてきたという。しかし、菊子の電話応対で納得してくれたため、直接、謝罪に出向くことはなかったと話す。
 その矢先、真琴はエリアマネージャーの釜原巧(徳井優)から、菊子が1年前まで本部のマネージャーとしてバリバリ働いていたことを聞く。さらに、菊子が昼休みの日課にしている“素振り”用のバットがなくなっていることもわかり…!?
(公式HPより引用)

遺体に3割引きのシールが貼られているという不思議な事件が発生しました。

小沢真珠さんと杉田かおるさんが出演しました。

犯人は2人のどちらかなのかでしょうか?

それとも、他にいるのでしょうか?

今回も最後まで犯人がわからない展開でした。


4話のあらすじと感想

 中華料理店の裏の空き地で、店の主人・堤太蔵(野添義弘)が刺殺されているのが見つかり、警視庁捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)は現場に駆けつけた。遺体の右手にはギョーザの皮が握りしめられていたが、その皮は普段、太蔵が店で使用していた業務用のものではなく、手作りされた皮だった。また、店の片隅に、太蔵の筆跡で“くるめ ふじ”と記された意味不明なメモも発見された。
 実は、太蔵の店は月末に暖簾を下ろすことが決まっており、その土地は息子・泰春(小早川俊輔)が勤める不動産会社に売却されることになっていた。地域一帯には商業ビルの建設が予定されているという。
 現場資料班刑事・平井真琴(斉藤由貴)は、遺体が握りしめていた手作りの皮を探るため、付近の中華料理店めぐりを開始。すると、ギョーザだけを注文して食べ歩いている女・韮崎久仁子(三倉佳奈)に遭遇する。
 やがて、久仁子はかつて太蔵の店とライバル関係にあった中華料理店のひとり娘であることが判明。太蔵に居抜きで店を譲ってほしいと持ちかけていたこともわかり、太蔵に恨みを抱く久仁子が店舗の売却を断られ、殺意を抱いたのではないかという見方が浮上する。常連客だった近所の住人・猪俣喜久斗(上島竜兵)らによると、久仁子の父の店には、腕のいいギョーザ職人・水田秀次(内田朝陽)がいたというが…!? そんな中、久仁子のアパートのゴミ集積所から、太蔵の血痕が付着した包丁が発見されて…!?
(公式HPより引用)

遺体がギョーザの皮を握りしめているという変わった事件が発生しました。

上島竜兵さんと三倉佳奈さんが出演しました。

今回は、ギョーザ絡みの事件ではないかということで捜査が始められました。

捜査は意外な展開を迎えます。

そして、犯人はあの人でした。


5話のあらすじと感想

 キャミソールを手にした女性が、ビル屋上から転落死する事件が発生した。目撃者によると、彼女はキャミソールにしがみつくように屋上からぶら下がっていたが、しばらくして力尽きた様子で落下。屋上には犯人らしき人物の影も見えたという。臨場した警視庁捜査一課長・大岩純一(内藤剛志) は 、死んでなおキャミソールを固く握りしめている彼女の姿に“執着心”のようなものを感じる。
 まもなく、遺体の身元は古着店を営む青崎美枝(内田慈)と判明。彼女が元交際相手の人気デザイナー・灰田民夫(小田井涼平)へのストーカー行為で警察から注意を受けていた事実も浮上する。美枝と灰田は1年前に破局したが、美枝は灰田にデザインを盗まれたと言いがかりをつけては度々、金を要求してきたという。
 さらには、美枝が握りしめていたキャミソールが、自身のデザインによるヒット商品だとわかる。彼女はかつて大手アパレル会社で働いていたが、10年前に同僚・赤堀ルリ子(酒井若菜)とランジェリー専門のアパレル会社を設立。その後、美枝のデザインしたキャミソールが大ヒットして会社も軌道に乗り、社長を務めるルリ子との仲も良好だったはずが、なぜか3年前に自主退職したようだった。
 事件現場でルリ子を見かけた現場資料班刑事・平井真琴(斉藤由貴)は彼女を怪しむが、新ブランドを立ち上げたばかりのルリ子は事件発生時刻、提携先の社長・黒坂圭一郎(天宮良)と打ち合わせをしていたと主張。黒坂、そして黒坂の秘書・緑沢いづみ(小橋めぐみ)もルリ子のアリバイを証言する。
 ルリ子はまた、キャミソールをヒットさせたという過去の栄光にしがみつく美枝のことが嫌いだったが、殺してはいないと、真琴に心情を吐露。「私は何にも執着しない、しがみつかない。自分ひとりで自由に生きていく」とキッパリ断言するのだが…!?
(公式HPより引用)

今回は、遺体がキャミソールを握りしめるという不思議な事件でした。

酒井若菜さんと純烈・小田井涼平さんが出演しました。

キャミソールについて調べていくと事件は意外な展開を迎えます。

果たして、犯人は誰なのでしょうか?


6話のあらすじと感想

 都内にあるキャンプ場で、スーツ姿の男性の遺体が発見された。警視庁捜査一課長の大岩純一(内藤剛志)が臨場したところ、遺体は身元がわかるものを所持しておらず、胸ポケットから水滴のついた水鉄砲が見つかった。死亡推定時刻は前日の夕方6時ごろで、状況からどこか別の場所で殺害され、犯人が現場まで遺体を運んだ可能性も高かった。
 キャンプ場のスタッフ・大田里香(内田真礼)によると、被害者は前日の夕方4時ごろ、スーツ姿で宿泊申し込みにやって来たが、予約がいっぱいだったため断ったという。また、前日の夕方5時ごろ、被害者が別の男性客と話していたのを見かけたとも証言する。その男性客はすでにキャンプ場から姿を消していたが、とてもアウトドアやキャンプに慣れている様子だったという。
 “キャンプ慣れ”した男性客の予約を取ったのは、彼の隣の区画で小学生の息子とともにキャンプ中の熊木貴代(釈由美子)と判明。貴代と対面した大岩は、彼女が昨年、逃走中の容疑者を命がけで食い止め、殉職した巡査の妻であることを知って驚く。貴代は消えた男の分も一緒に申し込みをしたにもかかわらず、なぜか男の名前も連絡先も覚えていないと言い張る。彼女が何かを隠していると直感した現場資料班刑事・平井真琴(斉藤由貴)はなんと貴代母子の隣にテントを張りはじめ…!?
 そんな中、被害者の身元が大手証券会社の営業部長・日比野近郎(津村知与支)とわかる。部下の草村愛花(篠原真衣)は事件当日、日比野が突然、「南の島に行く」と言って手ぶらで外出したまま戻らなかったと話すのだが…!?
(公式HPより引用)

今回は、遺体の胸ポケットから水鉄砲が見つかりました。

この水鉄砲は事件に直接関係があるのでしょうか?

内田真礼さんが出演することで大きな話題となっていました。

内田さん演じる里香は事件と何か関係があるのでしょうか?

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!