ドラマ「ギルティ」の1話のネタバレと感想です。

スポンサーリンク

【ギルティ】1話のあらすじ

ギルティの1話のあらすじは次のとおりです。

女性誌編集者の爽(新川優愛)は、結婚して6年になる広告代理店勤務の夫・一真(小池徹平)とラブラブな関係で、仕事も順調。その一方で、爽には“ある悩み”があった。爽は子供が欲しいのだが、子供を作る意志がない様子の一真に言い出せないでいたのだ。
爽は行きつけのバーで、飲み友達の瑠衣(中村ゆりか)といろんなことを話していた。爽は瑠衣に、子供が欲しいのに夫に言えないでいることを打ち明ける。瑠衣は、言いたいことはハッキリ言った方がいいとアドバイスする。瑠衣に背中を押され、一真に自分の思いを話そうと決意する爽。爽は一真に、子供が欲しいと伝える。しかし一真は、子供は欲しくないと拒否。爽はショックを受けるものの、一真の気持ちを受け入れようとするのだった。

翌日、爽は編集長に任された“忘れられない恋愛特集”のページ作りを進めていた。そんな中、トラブルが発生する。撮影で借りる予定だったレストランがダブルブッキングで当日に使えなくなってしまったのだ。代わりに、編集部でアルバイトとして働く大学生・寺嶋(神尾楓珠)が知っているというレストランで場所を貸してもらうことに。その店のオーナー・秋山(町田啓太)と顔を合わせた爽は、動揺。秋山は、爽が高校時代に付き合っていた初恋の人だった。

偶然の再会に、爽の心に、秋山と過ごした日々がよみがえる――。
高校時代の爽は、喧嘩を繰り返す両親の間で苦しんでいた。そんな爽を励ましてくれたのが、同級生の秋山だった。爽と秋山は惹かれ合い、付き合うように。爽にとって、秋山は忘れられない初恋の人だったのだ…。
月日が流れ、爽と秋山はお互いに別の相手と結婚している。「秋山とは、もう関わらない方がいい」爽は秋山への思いにふたをしようとするが…。

スポンサーリンク

【ネタバレ】初恋の相手・秋山慶一との再会

ドラマは、荻野爽と秋山慶一が高校の時から始まります。

2人はペンチに座っています。

爽は、秋山に「私のこと、好き?」と尋ねます。

すると、秋山は爽にキスをします。

そして、2人は笑みを浮かべます。

実はこれは夢です。


ある日、仕事で使うはずの店がダブルブッキングで使えなくなってしまいました。

急遽、別の店に変更となりました。


その店というのが秋山の店だったのです。

ここで、爽と秋山は再会を果たしました。

感動の再会だったはずですが、秋山からはまさかの発言がありました。

お前、フケたな

久しぶりに会ったのですが、2人はまるで恋人同士かのように言いたいことを言い合いました。


爽は、高校時代のことを思い出しました。

保健室で寝ていると、秋山は心配して様子を見に来てくれました。

ウサギのキーホルダーをくれました。

爽は、秋山に「私のこと好き?」と尋ねます。

秋山は「聞こえねぇ」と言って去ってしまいました。



爽は、取材に来ていたモデルが残して帰ったピザを食べました。

秋山は、ここに来る前に爽が牛丼を食べてきたことを知ると、気を遣うところは昔と変わっていないと笑いました。


その帰りに、爽は高校生の時のことを思い出します。

両親のケンカに限界を感じた爽は、家を飛び出ました。

すると、家の前で秋山が待っていました。

秋山は、寒そうにしていた爽に自分のマフラーをつけてくれました。

爽は、「何で?」と問いかけます。

すると、秋山は「呼ばなかった?」と返します。

爽は「呼んだ」答えます。


公園で、爽は改めて秋山にどうして来てくれたのかを聞きました。

秋山は、帰り道で爽が帰りたくなさそうだったというのです。

爽は、困っていると秋山はいつも助けに来てくれると言います。

秋山は、爽のいつも強く生きようとしているところが好きなようです。

ただ、恥ずかしいのかどうかはわかりませんが、“好き”という言葉を口にしません。

爽は、「私のこと好き?」と尋ねます。

秋山は何も言わずにキスをしました。

そして、秋山は「聞こえた?」と言います。

爽は「聞こえた」と返します。

爽に秋山の“好き”という気持ちが伝わりました。

これは、ドラマの冒頭の夢のシーンだったです。

【ネタバレ】新川優愛“爽”への裏切りとは?

爽は、女性ファッション誌の編集者で非常に優秀です。

企画が何度も採用されるなど、編集長から絶大な信頼を得ています。

プライベートでは、夫の荻野一真と幸せな家庭を築いています。

一真は優しくて、家事までやってくれます。

まさに完璧な夫です。


2人は結婚して6年になりますが、恋人同士のようにラブラブな関係を続けていました。

ただ、爽にとって不満だったのは一真が子供を作りたがらないことでした。

一真は、子供がいないからこそ、恋人のような関係を続けることができると考えていました。

爽は、そのことを知っていたので、子供のことに関しては本音を明かせないでいました。



及川瑠衣は、爽の年下の友人です。

本音で何でも話せる間柄です。

バー「チートン」で一緒によく飲みます。


爽は瑠衣に、子供は欲しいが一真にそのことを話せていないことを明かしました。

瑠衣は、ここに一真を連れてくれば説教してくれるというのです。

しかし、爽は一真にはこの店を教えたくないと断ります。

瑠衣は、思ったことは何でも言った方が爽らしいと言ます。


爽は、思い切って一真に子供が欲しいことを伝えました。

一真は、その理由を尋ねました。

爽は、子供の時親がよくケンカしていたので、子供と笑い合う幸せな家庭に憧れていることを話しました。

しかし、その話を聞いても一真は子供は欲しくないと言いました。

爽は、一真が言う幸せな家族には自分たちの子供がいないことを知って落ち込みます。


横山優希は局長と不倫していました。

爽は、そのことを知って優希を責めます。

次の日、優希が不倫をしている写真が社内に広まりました。

優希は爽がやったと思い込んでかなり恨んでいます。

結局、優希は退社してしまいました。


ある日、爽は瑠衣に「チートン」へ行くかを尋ねました。

彼氏とデートなので行けないという連絡が返ってきました。


瑠衣の自宅に彼氏がやって来ました。

彼氏とは一真だったのです。

一真は部屋に入ると、すぐに瑠衣と激しいキスをしました。

【ギルティ】1話の感想

一真はひどすぎますね。

爽には、子供ができると恋人のような関係が続けられないと言っておきながら、自分は不倫しているのです。

子供を作らないのは、別れ話になった時に面倒なことになってしまうためなのではないかと考えてしまいます。

もっと言えば、子供を作りたいと思うほど爽のことを愛していないのかもしれません。


一真は、爽と瑠衣が友達であることを知らないかもしれません。

瑠衣は、一真が爽の夫であることを知っているのでしょうか?

知っていそうな感じがしないでもありません。

知っていて、爽の相談に乗っているのなら最悪な女性ですね。

裏では、爽のことを笑っているのでしょう。


この後、ドラマはどのような展開を迎えるのでしょうか?

楽しみですね。


SNSでは、次のようなコメントが上がっています。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!