ドラマ「特捜9シーズン3」の1話のネタバレ・感想についてご紹介します。

スポンサーリンク

特捜9の1話のあらすじ

特捜9の1話のあらすじは次のとおりです。


 前班長が去ってから9カ月…。浅輪直樹(井ノ原快彦)ら特捜班のもとには、捜査一課からの応援要請が来なくなり、メンバーは警備など地道な仕事にばかり駆り出されていた。組織内には、特捜班への遺恨を持ったまま警視庁を追われた元刑事部長・三原達朗(飯田基祐)の影響力が、いまだに残っていたのだ…。
 そんなある日、特捜班が多摩川の河川敷で防犯イベントの警備に当たっていたところ、市長の挨拶を橋上で見学していた市民が突如、銃撃される事件が発生! 直樹はすぐさま倒れた男性のもとに駆けつけるが、すでに絶命していた。しかも、現場は東京都と神奈川県の境にあたり、どちらの管轄になるか両警察が互いにけん制しあう微妙な空気に…。
 だが、そこに颯爽と現れたのは、あの三原だった。降格人事で警察庁に戻され、刑事局広域捜査担当審議官に就任した三原は、この事件を現在捜査中の連続殺人の3件目として捜査すると宣言する。
 その連続殺人事件とは――1件目は池袋で中華料理チェーンの経営者が、2件目は横浜でイベント企画会社の社長が同じライフル銃で射殺されたというもの。被害者2人につながりはなく、捜査本部は無差別連続殺人と考えていた。そして特捜班が居合わせた3件目の事件の被害者は、退職したばかりの元刑事・北村龍一(モロ師岡)と判明。確かに殺された3人には接点はなさそうだが、本当に無差別殺人と断定してよいのだろうか…!? 疑問を抱いた直樹は無要請にもかかわらず、特捜班のメンバーと手分けして捜査を開始する…!
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

特捜9の1話のネタバレ

事件の概要は上の引用文のとおりです。


特捜班のメンバーは、いつものように3つに分かれて捜査を行います。

捜査してわかったことは次のおとりです。

【1件目の殺人】中華料理チェーンの経営者

 
被害者:飲食チェーン店「マザー餃子」経営者の毛利建市

担当:直樹と新藤


毛利は、3月9日店から出てきたところを撃たれました。

犯人は近くの電柱の陰から撃ったとみられています。


建市は、役員である息子の建二に社長を継がせる意思はなく、そのことで建二とモメていました。

そこで、2人は健二に話を聞きに行きました。

建二に3つの事件の日のアリバイを尋ねます。

社長が殺された日は自宅にいましたが、それ以外は人と会っていました。


アリバイの裏を取ると、事前に建二がアリバイ作りの依頼をしてきていたことがわかりました。

依頼された者は、その日建二に車を貸していました。

ガソリンスタンドの明細から、24日現場の近くで給油していたことが判明しました。

ここまでの捜査の結果、健二が健市を殺害した可能性が高そうです。


次は、湯川との接点を調べることにしました。

健二は、以前湯川の元を訪れていたことがわかりました。

残りの1件の事件については、何の接点も見つかりませんでした。


2人は再度健二の自宅に行きました。

健二が湯川の会社に行ったことがわかったことを伝えました。

健二は、建市がずっと海外の黒社会とつながっていたことを話しました。

建市は、海外から輸入食材に混ぜて覚醒剤を密輸入していました。

従業員のために、健二は社長になってまともな会社に変えたかったのです。

密輸入した覚醒剤がイベントに流れていると聞いたため、湯川のところ行ったのでした。

ライフルは、建市が闇で手に入れたものではないかとみています。

【2件目の殺人】イベント企画会社の社長

被害者:イベント会社「VIVID企画」経営者の湯川豪

担当:青柳と矢沢


湯川は、3月24日出勤してきたところを撃たれました。

2人は湯川の会社を訪れました。

犯人役と被害者役で犯行を再現してみます。

ライフルで撃つには近いのではという疑問が生じました。


湯川には、何年も因縁をつけられて困っている男がいました。

男の首には入れ墨が入っています。


その男はモデル派遣会社の経営者でした。

名前は上田雅也で、前科があることがわかりました。

過去に傷害罪で捕まっています。

検挙したのは、調布中央署です。

ここまでの捜査の結果、上田が湯川を殺害した可能性が高そうです。


次は、北村との接点を調べることにしました。

傷害事件の時、上田を調べたのは北村であったことがわかりました。

残りの1件については、何の接点も見つかりませんでした。


2人は、再度上田に会いに行きました。

モデルの女性の1人が、以前に湯川のところでいました。

湯川は、クラブで覚醒剤を売っていました。

上田は、湯川がその女性につきまとってきたので助けたのだと言います。

ただ、上田も女性も湯川が殺されたこととは無関係でした。

【3件目の殺人】退職したばかりの元刑事

被害者:元刑事の北村龍一

担当:志保と村瀬


北村は4月5日に撃たれました。

どうして狙われたのかを調べることにします。


そこで、北村の詳しい経歴などを調べます。

北村は、調布中央警察署刑事課長を務めるほど優秀な警察官でした。

調べていくと、片山英雄(巡査)という気になる人物が浮上しました。

片山は、北村に不正(横領)を指摘されて懲戒免職になっています。

ただ、片山はその後えん罪が証明されています。

片山が北村を恨んでいてもおかしくはありません。


2人は片山に話を聞きに行きます。

片山は2人が警察だとわかると逃げました。

ここまでの捜査の結果、片山が北村を殺害した可能性が高そうです。


次は、1件目の被害者・建市との接点を調べます。

すると、片山は以前建市の店にアルバイトに来ていたのですが、建市に怒られて次の日から来なくなってしまいました。

残りの1件については、何の接点も見つかりませんでした。


片山が戻ってきたので話を聞きに行きます。

片山は、横領の件で逃げたと言います。

実は、横領の件については北村がかばってくれていたのです。

そのため、片山は北村を恨んではいませんでした。

片山は、後に北村も横領をしていたということを聞いたと言います。

犯人は誰なのか?

ここまで捜査を進めると、健二も上田も片山も犯人ではなさそうです。

それでは、誰が犯人なのでしょうか?


国木田は、3件目の事件現場で北村の腕時計を見つけていました。

それを直樹に持ってきました。


職質をかけられた男が、警察官にライフルを向けて逃走する事件が発生しました。

犯人に対して発砲許可が出ました。

直樹は、犯人は最後の事件を起こした場所に行くのではと考えました。

直樹は、誰が犯人かわかったのです。

特捜班は最後の現場に向かいます。


村瀬は、三原に事件について何かわかれば教えるように言われていました。

そこで、村瀬は三原を犯人がいる場所に連れて行きます。

しかし、そこには犯人はいませんでした。

村瀬は嘘の場所を教えたのです。


その頃、直樹は犯人のもとにいました。

犯人は、ハヤシトヨハルでした。

マザー餃子の従業員です。

ハヤシは、密輸入された覚醒剤の管理を任されていました。

湯川が覚醒剤を売りさばいていた時に逮捕者が出ました。

その中の1人がハヤシだったのです。

湯川は、その際に捕まることなく逃げのびていました。


北村には横領の疑いがありましたが、このお金はハヤシの手に渡っていました。

ハヤシは反社会勢力に潜入して警察に情報を流す、非公式のSだったのです。

しかし、北村が突然警察を辞めてしまったので、ハヤシは1人で犯罪組織を潰そうとしたのです。

そこで、今回の犯行に及びました。


北村は、以前ハヤシを窃盗の罪で逮捕していました。

少年院を出てからは、ハヤシがいろいろと相談に乗ってくれました。

北村は、ハヤシにSになることを勧めてくれました。


ハヤシは北村を信じていました。

しかし、北村に裏切られてしまいます。

湯川のところで覚醒剤の件で逮捕された時、北村はハヤシに刑務所に入るように頼みました。

ハヤシは、北村がまた待っていてくれると思っていました。

出所の日、北村の姿はありませんでした。

この時、ハヤシは自分は北村に利用されていたことに気がつきました。


ハヤシは北村をライフルで撃つことにしました。

他の2件と違って遠くから北村を狙ったのは、ハズレれば許そうと考えていたためです。


直樹は、北村はハヤシを裏切ってはいないと言います。

北村はハヤシを守ろうとしたのだというのです。

北村は横領の取り調べの時、お金はSのために使ったと言えば警察を辞めずに済みました。

しかし、北村がそのことを話せば、ハヤシが潜入捜査をしているという情報が漏れて、ハヤシの命が危険にさらされると考えたのではないかというのです。


直樹は、国木田から受け取った腕時計はハヤシに渡そうとしていたのではないかと言います。

時計の裏には「賞 警視総監」の文字が入っていました。

これは、北村がハヤシの10年の功績を讃えるために用意したと考えられました。

ハヤシは、「北村さん、ごめんなさい」と泣きながら謝罪しました。


国木田は、警視総監に特捜班の班長のイスが空いていると言われます。

国木田は、自分にはその資格がないと断ります。

すると、警視総監は強い口調で班長になるように命じました。

これで国木田の特捜班の班長への就任が決まりました。

特捜9の1話の感想

久しぶりに観ると、特捜班のメンバーはやはり最高ですね。

個性的なメンバーばかりなので観ていて飽きません。

それでいて、最後にはきちんと犯人を逮捕できるのですからすごいですね。


中村梅雀さんは広報課なので出番が少なかったです。

これからもこれぐらいの絡みしかないのかと思っていたら、最後に班長になることが決まりました。

来週からは、直樹らと一緒に事件の捜査にあたるようです。

楽しみですね。



宮近さんファンのコメントが多いです。

大人気ですね。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!