ドラマ「年下彼氏」の1話のネタバレ・感想についてご紹介します。

スポンサーリンク

【年下彼氏】1話のあらすじ

#1「年上のカノジョ」

大西流星(なにわ男子)、桜井日奈子

大学生の拓海(大西流星)が4歳年上で社会人の彼女・梨紗(桜井日奈子)と一緒にカレーを作ることに。ところが、拓海の子どもじみた言動からケンカがぼっ発。梨紗のある一言に腹を立てた拓海は、「年下扱いするなよ!」と言い放ち部屋を飛び出てしまう!小さなすれ違いから初めて彼女に声を荒げた拓海は…。
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

【年下彼氏】1話のネタバレ・感想

大学生の拓海は、滅多に怒らないのに、彼女の前で初めて怒りました。

実は、1時間前に次のようなことがあったのです。


4歳年上の社会人の彼女・梨紗がカレーを作っていました。

梨紗は、早く食べたくて仕方がない拓海に「おいしいカレーはそんなすぐにはできないから」と言います。

拓海はあと何分でできるのかと尋ねます。

1時間くらいかかると言われて不満顔の拓海に、梨紗は「我慢しなさい」と優しく言います。

拓海は「は~い」と返事します。

梨紗は「可愛い」と言って笑います。


拓海は早く食べたくて、タマネギを炒め終わる前にフライパンにニンジンを投入します。

梨紗から「何やってんの。信じられない」と怒られてしまいます。

拓海はごめんと謝罪しますが、梨紗は不機嫌になってしまいました。


拓海が梨紗の顔を見ると、涙を流して泣いていました。

泣くほどのことだったとは思わず、拓海は慌ててもう1度謝りました。

実は、この涙はタマネギを切ったことによるものでした。

安心する拓海。


涙をウェットティッシュで拭こうとすると、フタが開けっぱなしで乾燥していました。

そのことを指摘されると、拓海はまたまた謝って「もうしない」と言います。

梨紗は、いつも口ばかりだと言います。


テーブルの上に置かれていた梨紗の携帯に何かメールが入ってきました。

拓海はそれが気になって仕方がありません。

梨紗がいなかったので、携帯を覗き見ます。

すると、ユウキ先輩から“この前は、ごめん!今度焼き肉おごる!”というメールが届いていました。

拓海はどんどん不安になっていきます。

ユウキ先輩って?

この前って何?

めちゃくちゃ気になります。


そのようなことを考えている内に、タマネギは焦げてしまいました。

またしても、梨紗に怒られてしまいます。


拓海は、梨紗に話しかけますが、途中で止めてしまいます。

先ほどのことについて聞きたいのですが、なかなか勇気が出ません。

モゾモゾしていると、梨紗は「拓海のそういうところ、子供っぽいよね」と突き放すように言います。

「そうやってふくれて、私がどうしたのって言ってくれるの待ってるんでしょ?」

「自分の気持ちを言わないで待ってるだけ。私に気遣ってもらいたいんでしょ?」

「そんなことはない」と拓海は反論します。

梨紗は「疲れるの」と言います。


梨紗は仕事でも気を遣い、拓海にも気を遣うというのです。

すると、拓海も梨紗に気を遣っていると反撃します。

梨紗も自分には何も話してくれないというのです。

拓海は、自分は子供だから何も話してくれないとへこみます。

ユウキ先輩なら話すんだ!焼き肉行って

このように言われた梨紗は、メールを読んでいないので何を言っているのかさっぱりわかりません。


拓海は、最終的には「そいつと付き合えばいいじゃん、ユウキと」と言ってしまいます。

梨紗は急に笑い出します

涙目になりながら、拓海は「何それ。もういいよ」と言います。

その後、梨紗からは「拓海ってやっぱり可愛いね」と返されます。


拓海は「可愛いって言うなよ。年下扱いするなよ。もういい」と怒りをぶつけます。

待つように言う梨紗を振り切って帰ってしまいました。


このようなことがあったのです。

これが拓海が梨紗の前で初めて怒った理由です。

拓海は、梨紗の部屋に携帯を忘れてきました。

しかし、今更取りに行くことはできません。

帰りかけますが、携帯よりも梨紗のことが気になって仕方ありません。

結局、梨紗の部屋の前まで戻ってきてしまいました。


拓海は、忘れ物を取って帰えればよいと、部屋に入っていきます。

足音を立てないようにそっと歩きます。

まるで泥棒のようにです。


忘れ物を取って帰ろうとしたところ、梨紗は炒め物をしながら泣いていました。

拓海に気がついた梨紗は謝ります。

「もう帰って来ないかと思った」

拓海はそのように言う梨紗を抱きしめます。

もっと頼ってよ。俺、男だよ

微笑んで見つめ合う2人。

拓海は、梨紗を後ろ向きにしてバックハグをします。

また可愛いって言おうとした

梨紗は「かっこういい」と言ってくれました。


拓海は、焼き肉に行くのかと尋ねます。

梨紗は、ユウキカナコ先輩と行くと答えます。

ユウキ先輩は女性だったのです。

驚く拓海に、梨紗は「やっぱ拓海って可愛いね」と言います。

拓海は「可愛くない」と怒ります。

その後、「梨紗、カレー作るよ」と呼び捨てで言いました。


これが、彼女の前で初めて怒った日の出来事です。

拓海は少しだけ大人になりました。


【締めの言葉】

ず~っと一緒にいよ。だって好きだもん


SNSでのコメントです!


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!