『SUITS/スーツ2』『SUITS/スーツ』の全話を無料で観る方法!
FODプレミアム」の2週間無料お試し期間を利用すれば『SUITS/スーツ2』『SUITS/スーツ』の全話を無料で視聴できます!無料お試し期間中に解約すれば料金は一切かかりません!※ご利用前に動画の配信状況をご確認ください。

他の春ドラマもチェック♪


スポンサーリンク

SUITS2のキャストなど作品情報

「SUITS/スーツ2」のキャストなど作品情報は、次のとおりです。

前作に引き続き、主人公・甲斐正午(かい・しょうご)を演じるのは織田裕二さん。甲斐は、日本の四大法律事務所の一つ「幸村・上杉法律事務所」のシニアパートナーとして1、2位を争う活躍をする敏腕弁護士です。甲斐は東大入学後に、ハーバード大学に留学した経歴を持つエリート中のエリートで、企業の買収や合併、企業間の戦略的提携など、主に“金になる”仕事を担当する事務所の稼ぎ頭。自他共に認める優秀な男で頭も切れる反面、非常に傲慢な性格で、勝つためなら違法行為ギリギリの際どい手段を用いることも。織田さんが主演を務めた地上波連続ドラマのシリーズ化は、1987年のデビューから33年のキャリアの中でも今作が初。ドラマ、映画などでさまざまな役を演じ分け、唯一無二の存在感を放ち、第一線で活躍し続けている織田さんの初挑戦にぜひご注目ください。

甲斐との運命的な出会いをきっかけに、経歴を詐称してアソシエイト弁護士として甲斐と共に働くことになった、明晰な頭脳と驚異的な完全記憶能力を持つ天才青年・鈴木大輔を演じるのは、Hey! Say! JUMPの中島裕翔さん。中島さんが地上波の連続ドラマのシリーズ作品に続けて出演するのは織田さん同様、キャリア初のこと。シーズン1で高く評価されたナチュラルな演技力は今作も健在。誰にでも言いたいことを言う、青臭い正義感を持った鈴木大輔演じる中島さんにご期待ください。
(公式サイトより引用)

\今すぐ動画を無料視聴/

お試し期間なら、無料で視聴できますよ♫


キャスト
織田裕二 – 甲斐正午
中島裕翔 – 鈴木大貴/鈴木大輔
新木優子 – 聖澤真琴
中村アン – 玉井伽耶子
小手伸也 – 蟹江貢
吉田鋼太郎 – 上杉一志
鈴木保奈美 – 幸村チカ
田島令子 – 鈴木結衣



ドラマ「SUITS2/スーツ2」の1話のネタバレ・感想についてご紹介します。

スポンサーリンク

SUITS2の1話のあらすじ

SUITS2の1話のあらすじは次のとおりです。


敏腕として知られる『幸村・上杉法律事務所』のパートナー弁護士・甲斐正午(織田裕二)は、代表の幸村チカ(鈴木保奈美)にも相談せず、ボストンにいたアソシエイトの鈴木大輔(中島裕翔)を突然呼び戻す。パラリーガルの聖澤真琴(新木優子)とも再会を果たした大輔は、さっそく彼女を食事に誘った。だがそこに、甲斐のライバルでもある蟹江貢(小手伸也)が現れ……。

甲斐は、復帰のリハビリだと言って、大輔にある案件を任せる。それは、小説のアイデアを盗用されたと元契約社員の女性から訴えられた大手出版社の案件だった。

同じ日、甲斐は、クライアントのひとつで、ロケットや航空機の技術開発をしている『フューチャースカイ』の社長・三津谷聡(反町隆史)から呼び出される。そこで三津谷は、新開発した無人航空機制御システムの売却をしたい、と甲斐に告げる。全米最大の宇宙ロケット開発会社との業務提携を進めようとしている三津谷は、宇宙事業に一本化する方針を固め、新システムの売却益もそこにつぎ込む予定だという。三津谷は、今後も顧問料を払い続けるかどうかのテストだ、といって最低売却価格を100億円に設定する。

大輔は、出版社を訴えた吉野麻帆がアルバイトをしている書店を訪れる。そこで事情を聞いた大輔は、麻帆に同情してしまい、和解交渉を進めようとする。

そんな折、思わぬ出来事が起きる。事務所の共同代表でもある上杉一志(吉田鋼太郎)の妻が病死したのだ。かつて甲斐とチカは、上杉の弱みを握り、事実上、彼を事務所から追い出していた。復帰への意欲をのぞかせる上杉。それは、幸村・上杉法律事務所を揺るがす、新たな闘いの始まりだった――。
(公式HPより引用)

SUITS2の1話のネタバレ

鈴木大輔は、急に甲斐正午に呼び戻されました。

幸村・上杉法律事務所は引っ越していました。

そこで、大輔は代表のチカらと顔を合わせました。


甲斐は、戻ってきた大輔に小説のアイデアを盗用されたと元契約社員の女性から訴えられた大手出版社・柊出版の案件を任せました。

柊出版は、来月に合併を控えているので負けは許されません。


大輔は、聖澤真琴と久しぶりに会いました。

2人は、大輔がボストンへ行く前は非常にいい感じでした。

大輔が真琴をディナーに誘おうとしていると、蟹江貢がやって来ました。

蟹江に連れて行かれる前に、大輔は真琴に話がしたいと伝えました。


チカは、大輔が戻ってくることを聞いていませんでした。

甲斐に少し怒っています。

そして、上杉の妻の容態が悪化していることを伝え、もしものことがあれば上杉がここへ戻ってくるというのです。

甲斐はそうなる前に手を打って欲しいと言います。


甲斐と大輔は、ロケットや航空機の技術開発を行っているフューチャースカイの社長である三津谷聡に会いに行きました。

三津谷は無人航空機制御システムを売却したいと甲斐に告げます。

フューチャースカイは、全米最大の宇宙ロケット開発会社・ザッカードとの業務提携に向けて交渉に入っていました。

そして、今後は宇宙事業に一本化する予定です。

新システムの売却益をそこにつぎ込むことになっています。

三津谷は最低売却価格は100億円だと言います。

重視するのは価格とスピードで、それによっては今後の顧問契約を決めるというのです。


大輔は、柊出版を訴えた吉野麻帆がアルバイトをしている書店を訪れました。

麻帆に、頭の中で考えただけでは著作権法の保護対象にはならないと説明します。

今ならなかったことにできると言います。


麻帆は、大輔にパソコンに入ったアイデアのメモを見せました。

実は、麻帆はこれを編集者のミヤハラケイコに見せていたのです。

ケイコはこの本の著者である桜小路都の担当編集者です。

麻帆が小説家を目指しているのを知っていて、何かアイデアはないかと言ってきたのだそうです。

そして、麻帆はこのメモを見せたというのです。

大輔はすっかり同情してしまいました。


大輔はこのことを甲斐に話します。

しかし、甲斐はまずはフューチャースカイの方が先だと言います。


甲斐と大輔は、システムの買い手を探します。

新日本空輸(新日空)からは70億でしか買わないと言われてしまいます。

単独の交渉では100億は難しそうなので、競合入札で100億超えを狙う作戦に変更します。


上杉の妻が亡くなったという連絡が甲斐に入りました。

甲斐はチカに上杉が戻ってくると言います。

上杉は何ナンバー2では納得しないというのです。

チカは、今は妻のご冥福をお祈りする時だと返します。


大輔は、ケイコに麻帆のアイデアのメモを桜小路に見せたのではと尋ねます。

事態を収めたいのであれば、対価の支払いをすべきであると言います。


大輔は、麻帆に柊出版との和解交渉の場を設けることを説明しました。

柊出版は今は事を荒立てたくないので、大輔はこれで解決だというのです。


大輔は、その日の夜真琴と食事をしました。

帰りに、大輔は真琴に付き合って欲しいと自分の気持ちを伝えました。

実は、真琴は職場恋愛を避けていました。

大輔は、真琴がどのような道を選んでも、自分が1番近くで支えたいというのです。

真琴は少し考える時間が欲しいと言って帰って行きました。


麻帆とケイコは和解交渉の席に着いていました。

麻帆は、100万円の和解金では納得がいかないと言い出しました。

著者名の横に、自分の名前を原案者として表記して欲しいと言います。

ケイコは、これはあくまで麻帆が出したアイデアへの対価であると主張します。

結局、和解交渉はうまくいかず、麻帆は徹底的に闘うと言って帰って行きました。


甲斐は、複数の企業から入札額の提示を受けていました。

本命は、日本国際航空株式会社(国際航空)です。

80億の提示をしてきました。

甲斐は、この金額では三津谷を納得させることは難しいと言って席を外そうとします。

すると、大輔は甲斐に忘れ物があることを伝えます。

甲斐は、慌てて忘れた封筒を隠します。

それは、世界最大のモンスター企業のものでした。

国際航空の担当者は、すっかり諦めモードに入ってしまいます。

甲斐は、ここだけの話ですがと前置きして、三津谷は金額だけではなく、企業イメージも含めて検討したいと言っていることを伝えます。

すると、国際航空の担当者は持ち帰って検討させて欲しいと出しました。

これは甲斐の作戦です。


甲斐は上杉の自宅を訪れました。

甲斐は、以前上杉が事務所を去ってくれてほっとしたという話をしました。

上杉がもしそうしてくれていなければ、甲斐は上杉の妻に例の件を伝えなければならなかったというのです。

甲斐は上杉が戻ってくると言うのなら、今度は娘に話さなければならなくなると言います。

上杉が戻らなければ誰も傷つかないと説得します。


大輔は、桜小路の元を訪れていました。

桜小路のファンだと言って安心させ、構想メモを見せて欲しいと頼みます。

桜小路はパソコンを開きますが、先にティータイムにしようと言って2階に準備に行ってしまいました。

大輔は、桜小路がパスワードを解除する際の指の動きを見逃しませんでした。

難なくパソコンのロックを解除して、パソコンの中を調べます。

ゴミ箱の中から、今回の小説の構想メモのファイルを見つけました。

大輔は、ファイルの中身を読みました。

すべて頭の中にインプットします。


ついに上杉が事務所にやって来ました。

上杉は、甲斐が会いに来てくれたことで、また法廷で闘いたくなったというのです。

この日は、それだけを言って帰って行きました。


チカは、甲斐に上杉が戻ってきたら自分たちの弱みを握ろうとすると言います。

その弱みとは大輔だというのです。

チカは上杉は必ず気づくと言い切ります。

そして、もう無資格の弁護士は置いておけないと言います。

甲斐は打つ手はあると言いますが、それ以上は何も言えませんでした。


甲斐は大輔を部屋に呼び出しました。

そして、これ以上大輔のセコンドにつくつもりはないと言いました。

この後、大輔は渋い表情で部屋から出てきました。


甲斐は、大輔を蟹江に任せました。

チカには、今大輔を辞めさせると怪しまれると伝えました。

甲斐は、チカからどうしてそれほど大輔にこだわるのかと聞かれますが、新日空の担当者と会うと行って出て行きました。


新日空の担当者からは、この間と同じ70億の金額提示がありました。

その担当者は、この金額で売ることになると強気な発言をして帰って行きました。

それには訳がありました。

フューチャースカイに関して複数の悪評が出回っていたためです。

国際航空も入札を降りると言ってきました。

甲斐は一気に大ピンチに陥ってしまいました。


大輔には、ケイコから麻帆が2日以内に和解への承諾の意思を示さなければ、マスコミに公表の上訴訟手続きに入るという連絡がありました。

大輔も大ピンチに陥っていました。


大輔は、すぐに甲斐に相談しました。

アイデア盗用の事実を掴んだという大輔に、甲斐は大輔のクライアントはどちらかを尋ねました。

そして、甲斐はこれは大輔の案件だと突っぱねました。


甲斐は、三津谷に会いに行きました。

三津谷に関するフェイクニュースが出回っているようです。

その時、新日空の担当者が三津谷に連絡してきました。

評価額を50億に下げるというものでした。

三津谷は甲斐にはがっかりしたと言います。

甲斐は、今は相手のターンだと返します。


大輔は、祖母が入居する施設に行きました。

祖母と話して、あるヒントを得ました。
  • 自分のキャパを超えたら誰かに手伝ってもらうこと
  • オリジナルだと思っていたものも何かのマネであるかもしれないこと

大輔は、このヒントを参考にピンチを乗り切ることにします。

まず、自分1人ではどうすることもできないので真琴に手伝ってもらうことにします。

図書館に行って、今回問題となっている小説のアイデアとよく似た本を探します。


三津谷は、甲斐に50億で新日空に売ると言い出しました。

甲斐は、あれがフェイクニュースなら信頼回復は難しくはないと言います。

早まるのは相手の思うつぼだというのです。

三津谷は、顧問弁護士としてこれで契約を成立させるように指示します。


大輔と真琴はたくさんの本を調べて、今回の小説のアイデアとそっくりなものを3冊見つけました。

それは、すべて柊出版から出されているものでした。

大輔は麻帆にそのことを告げ、麻帆のアイデアはオリジナルとは言えないと伝えました。

麻帆が訴えるというのなら、柊出版も麻帆をアイデア盗用で訴えるというのです。

大輔は麻帆の本当の目的は小説家としてのデビューなのではと尋ねます。


大輔は、麻帆に解決金と麻帆の小説を出版することを約束する同意書へのサインを求めます。

もちろん、出版は商業レベルに達していることが最低条件です。

麻帆は、苦しくなって小説家としての夢を諦めていました。

大輔は小説家になりたいのなら書くしかないと言います。

麻帆は同意書にサインをしました。

これですべて解決しました。


次は甲斐の番です。

しかし、甲斐はリングを降りるというのです。

甲斐は大輔を連れて、三津谷のもとを訪れました。


甲斐は、三津谷がどうして売却を急ぐのか、その理由を告げました。

実は、フューチャースカイが開発した無人航空機制御システムは、業務提携を進めているザッカード社の特許を侵害している可能性があったためでした。

もちろん、三津谷はバレることはないと確信していましたが、今回ザッカード社との業務提携の話が浮上してこれは大きなリスクとなったのです。

三津谷は、この事実を甲斐には内緒にして高値での売却を依頼してきました。

甲斐は、これは許されないことだと言います。

そして、甲斐と大輔は帰ろうとします


すると、三津谷は甲斐ならどうしていたのかを聞いてきました。

甲斐は、それは顧問弁護士として最後の相談かどうかを尋ねます。

そして、甲斐は三津谷に最後のアドバイスとしてクロスライセンス契約を勧めました。

これは、お互いの企業が持つ特許を2社間で共有させるというものです。

ザッカード社は、フューチャースカイが持っている2つの特許に興味を示しているので、これを材料に交渉すればうまくいく可能性が高そうです。


三津谷は、甲斐にこれからも顧問弁護士をして欲しいと頼んできました。

すると、甲斐は三津谷に3つ条件を挙げました。

  • 隠し事はしないこと
  • 自分のやり方に口は出さない
  • 顧問料を見直すこと

その後、2人は微笑んで握手しました。


実は、フューチャースカイに関するフェイクニュースは新日空の社員が拡散させていました。

その社員は逮捕されました。

この事実を暴いたのは甲斐でした。


2人は大勝利を祝いながら事務所に帰ってきました。

すると、事務所には上杉が復帰してきていました。

甲斐とチカは険しい表情をしていました。

SUITS2の1話の感想

久しぶりに甲斐と大輔のコンビを見ました。

やはり、息がぴったり合っていて最高ですね。


甲斐は相変わらずの自信家で、最後には必ず大逆転します。

今回は、法廷で相手をギャフンと言わせる話ではありませんでした。

しかし、きっちりとよりよい条件で顧問契約を継続させ、フェイクニュースを流した社員に制裁を加えるところはさすがですね。


大輔は大輔で、ボストンに留学していても、相変わらずの同情癖は改善されていません。

そこが良いところですが、今回はそれが原因で窮地に追い込まれました。

真琴に告白して、まだ返事はもらっていませんがうまくいくと良いですね。


上杉が共同代表として復帰するようです。

今後の上杉の動向に注目ですね。

来週が楽しみです。


SNSでのコメントは次のとおりです。



吉野麻帆さん役の玉城ティナさんです。


動画無料視聴情報
FODプレミアム」ではこの記事でご紹介する動画が配信されています。2週間の無料お試し期間があるのでそれを利用してみてはいかがでしょうか?お試し期間中に解約すれば料金は一切かかりません。※ご利用前に動画の配信状況をご確認ください。

『SUITS/スーツ2』のネタバレ一覧!
基本情報 1話 2話 3話

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!