ドラマ「M愛すべき人がいて」の1話のネタバレと感想です。

スポンサーリンク

【M愛すべき人がいて】1話のあらすじ

M愛すべき人がいての1話のあらすじは次のとおりです。


 1993年、福岡から祖母・幸子(市毛良枝)とともに上京してきたアユ(安斉かれん)。東京で芸能活動をして売れれば家族の生活が楽になると意気込むアユだが、そう上手くはいかず、高校に通いながら細々とエキストラのような仕事をこなす日々を送っていた。
 そんなある日、歌手を目指す友人・玉木理沙(久保田紗友)から六本木のディスコ・ベルファインで、レコード会社「A VICTORY」のカリスマプロデューサー、マックス・マサ(三浦翔平)が次のスターを探していると聞いたアユは、理沙と一緒にベルファインに行くことになる。
 一方、会社の売上をカリスマプロデューサー・輝楽天明(新納慎也)一人が担っていることに危機感を感じているマサは、社長の大浜(高嶋政伸)に、ほかにもヒットを出さなければ未来はないと進言するが、輝楽ブームに浮かれている大浜は聞く耳をもたない。一蹴されたマサに眼帯姿の秘書・姫野礼香(田中みな実)は、「私は昔からマサのすごさを知っている」と優しい言葉を掛けるが…。
 その夜、いつものようにベルファインのVIPルームに赴いたマサは、直属の部下・流川翔(白濱亜嵐)に「お前が売れると思うやつを連れてこい!」と指示を出す。フロアに降りた流川は、次々と女の子に声を掛け、VIPルームに連れて行く。その中には、流川イチオシの理沙と無理についてきたアユの姿もあった。緊張しながらマサの前に並んだアユだが、女の子の顔を見て次々と切り捨てていくやり方に、つい反抗的な態度を取ってしまう。
 翌日、堂々と自分に意見した姿に初めて心を動かされたマサからアユに電話が…。
 平成の歌姫誕生に隠された物語がいま、幕を開ける――。
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

【M愛すべき人がいて】1話のネタバレ

物語は1993年の福岡から始まります。

アユは海を見ていました。

祖母に東京に行って夢を叶えると宣言しました。


そして、アユは祖母と共に上京しました。

2人は、叔母の椎名里美のところで住むことになりました。


小さなレンタル店から始まった店が、「A VICTORY」という社名に変わって、東京の一等地の青山に引っ越してきました。

カリスマプロデューサー、マックス・マサは非常に気合いが入っていました。

専務でマサ直属の部下・流川翔がマサを出迎えます。

マサを見るなり、駆け寄って抱きついて喜びを爆発させます。

そこへ社長の大浜がやって来ました。


1994年となりました。

アユは東京に出て来てからは、小さな女優の仕事などをしていました。

中谷プロダクションという芸能事務所に所属していました。

アユは福岡事務所から東京事務所へ転籍したのです。


アユは同級生の玉木理沙から話しかけられました。

理沙は歌手を目指しています。

2人はすぐに意気投合して仲良くなりました。


理沙は、アユに六本木にベルファインというディスコができたことを話しました。

そこには、マックス・マサが来ているというのです。

アユは、マサが誰なのか知りませんでした

理沙は、マサは「A VICTORY」を作ったすごいプロデューサーだと教えてくれました。

マサは、そこで次のスターを探しているという噂が出ていました。


アユと理沙はベルファインに行きました。

ダンサーの西谷真理と会いました。

理沙と真理は友達です。

マサがやって来ました。

アユのすぐそばを通って中へ入っていきます。

これがアユとマサの初めての出会いでした。


マサは、ベルファインでダイヤの原石を見つけられると信じていました。

そのため、流川は売れそうな女性を見つけては声をかけていました。

今回、流川は理沙に声をかけて名刺を渡しました。

理沙はマサに会えると大喜びです。


アユは、学校を辞めることにしました。

学校に行っている時間も仕事をやりたいというのです。

祖母もアユを後押ししてくれます。


マサは、OTFという新生女性ボーカルユニットを結成しようとしていました。

「A VICTORY」の売上の8割は、カリスマプロデューサー・輝楽天明によるものでした。

マサは、この状況は会社にとって非常にまずいと危機感を募らせていました。


輝楽は大浜でさえ出迎えに行くほど、会社にとってはなくてはならない存在でした。

マサと輝楽はあまりよい関係とは言えませんでした。


大浜は、会議の中でオーディション番組と組んで新しい女性アーティストを探すことになったと報告しました。

もちろん、輝楽プロデュースでです。

マサは、大浜に輝楽以外でヒットを出さないと会社に未来はないと進言します。

しかし、大浜は聞く耳を持ちません。

マサは、輝楽プロデュースを超える女性シンガーを作ると宣言しました。

大浜は、輝楽の時代は終わらない、輝楽の時代を変えるものは出てこないというのです。

マサは自分が変えると言います。

そして、自分が輝楽の最大のライバルになると断言しました。


部屋に戻ると、眼帯姿であるマサの秘書・姫野礼香がいました。

マサは、礼香に2人の時は“専務”ではなく、“マサ”と呼ぶことを許可していました。

礼香は、自分は昔からマサのすごさを知っていると優しい言葉を掛けます。

マサにまだ離婚する気はないのかと尋ねます。

そして、礼香は「私の目になってくれると言ってくれたよね、あの時」と意味深な発言をします。

マサはそれを認めます。

礼香は眼帯をズラして「見えるよ。マサの未来が見えるよ」と言います。


アユはまた理沙とベルファインに来ていました。

マサは、流川に自分が売れると思う者を連れてくるように指示しました。

流川はまた理沙に声をかけました。

横にいたアユも連れて行って欲しいと頼みました。


アユらはVIPルームにいるマサのところへ行きました。

マサは、集められた女性を次々と切り捨てていきます。

理沙もマサから「違う」と言われてしまいます。

いよいよアユの番です。

マサは「なぜにらむ?」と問います。

マックス・マサさんがすごい人だというのはわかっています。

でも、みんな必死なんです。人生変わるかもって思ってここに立っています。

なのに、『違う』って、たった一言で。神様ですか?


すると、急にマサは立ってアユの顔を上げて、次のように言います。

「可愛い顔してんな。今何やってる。タレントか?」

アユは、「芸能事務所に所属していて、女優とかタレントとかやってて」と答えます。


そして、2人は次のようなやり取りを行います。

マサ
「女優でもタレントでもそんなに簡単に売れるもんじゃない」

アユ
「わかってます」

マサ
「なぜそう思う?」

アユ
今、自分のやっていることに自分がワクワクしてないから

マサは笑い出します。

マサ
さっきの答えだが、俺は神様なんかじゃない。けどな、神様からのメッセージは届く

そして、マサは電話番号を教えてくれました。

近いうちに連絡すると言います。


帰り道で、理沙はアユにあの場であのようなことを言うとみんなのチャンスがなくなるというのです。

謝るアユに、理沙はマサは面白がって連絡先を教えただけなので期待しない方がよいと言います。


翌日、アユの携帯にマサから連絡が入りました。

マサはアユに「元気か?」と言いました。

アユが「はい」と答えると、「そうか」と言って切りました。

この間、アユの手はずっと震えていました。


実は、この後も電話がかかってきてはこのようなやり取りだけが行われました。

そして、7回目の電話でついにアユはマサと会うことになりました。


マサは、流川にアユは多少とは言え自分の心を揺さぶったことを認めました。

「5万人の心を揺さぶろうと思うなら、まず目の前の人の心を揺さぶれ」

流川は、アユに可能性を感じるのかどうかを尋ねました。

マサは何かの可能性なら誰にでもあり、それを磨く人間がいるかどうかだというのです。


マサは、アユを行きつけのバーに呼びました。

そして、アユに歌うように言いました。

アユは歌には自信がありませんでしたが、とにかく歌うことにしました。

「DEPATURES」を歌いました。

マサは声質は悪くないので、アユは女優やタレントよりも歌手に向いているというのです。

今後は人前でどんどん歌うことが重要だと言いました。

そして、これから歌う時は目の前の人に伝えようと思って歌うようにアドバイスしました。


それ以降、アユはマサの前で歌っては指導を受けました。

アユは自分が歌がうまいとは思っていませんでしたが、歌うことが好きになっていきました。

マサもアユはまだ歌がうまくないと言います。

しかし、アユが歌う姿はずっと見ていられるというのです。


礼香はアユのことを大浜に報告していました。

大浜は、アユが中谷プロダクションに所属することを聞いて困惑します。

それは中谷プロダクションが大手芸能事務所だったためです。


中谷がアユのところへやって来ました。

アユがマサと頻繁に会っていることを知ったためです。

マサがアユを引き抜こうとしていることを心配しているようです。

中谷は引き抜きはダメだと言いました。

それまではアユのことを気にもかけなかったのに、マサに気に入られていると知れば、中谷は急に態度を変えました。


マサは本気でアユをプロデュースすることを考えていました。

今回は自分の人生を賭けて勝負したいというのです。

マサはアユと会って今後のことを話し合おうとしていました。

約束の時間になっても、アユは来ませんでした。


礼香がマサのところへ来ました。

中谷がアユを引き抜こうとするマサに怒っているということを伝えます。

アユは中谷に食事に誘われて、マサのところへ行けなかったのです。


アユは中谷と車で移動していました。

急にアユは車を止めるように頼みました。

そして、アユは車を降りて、中谷に事務所を辞めると行って去って行きました。


その時、マサはアユは絶対に来ると言って待っていました。

しかし、礼香はマサのところへ誰も入れないように手を回していました。


アユはマサとの約束のレストランに到着しました。

中に入ろうとしますが、中に入れてもらえません。

アユは、店の外で「DEPATURES」を熱唱しました。

マサの耳にアユの歌声が聞こえてきました。

マサが外に出ると、アユが歌っていました。


アユは、マサに「ごめんさい。事務所辞めるって言ってきた。

もう歌手になれないかもしれない。ダメかもしれない。歌いたいのに


と泣きながら言いました。


ダメじゃねぇよ。もう順番なんてどうだっていい。うちに来い。俺んところで歌手になれ。

俺がお前を選んだんじゃない。神様がお前を選んだんだ


このようにマサは言って、自分が作った虹を渡るように伝えました。

【M愛すべき人がいて】1話の感想

どこまでが事実なのかはわかりませんが、内容は非常に面白かったですね。

アユは、将来大人気のトップスターになるという結末はわかっています。

それでも、アユを見ていると感情移入できます。

続きが気になりますね。


来週、水野美紀さんがスパルタ講師として登場します。

すごい格好ですね。

めちゃめちゃ厳しいそうです。

これはこれで楽しめそうです。


あと、田中みな実さんの礼香が怖すぎます。

初回でこれです。

マサがアユにどんどん肩入れしていけば、さらにすごいことになりそうです。

気持ち悪すぎますね。

ただ、こういう役はぴったりです。


SNSでは、次のようなコメントが上がっています。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!