ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」の1話のネタバレと感想をご紹介します。

スポンサーリンク

行列の女神の1話のあらすじ

行列の女神の1話のあらすじは次のとおりです。


まずは、こちらのあらすじを読んでからネタバレに進んでください!

今や世界に誇る大人気国民食ラーメン。華やかだが過酷なラーメン業界をけん引するひとりのカリスマ職人が、苦境にあえぐラーメン店を救う、ラーメン・コンサルティングの物語。

連日大行列ができる人気店『らあめん清流房』店主・芹沢達美(鈴木京香)は、研鑽を積み、数々の伝説を打ち立てた日本一のラーメン職人。いま彼女が挑んでいるのは、自ら始めたラーメン専門のフード・コンサルティング会社「清流企画」で、苦境にあえぐラーメン店を救い出し、この国のラーメン文化をさらに飛躍・発展させることだ。

そんな中、「清流企画」社員の夏川彩(高橋メアリージュン)は、店で月替わりのラーメン・特製肉だし清湯麺に手を付けない女性客(黒島結菜)を発見する。理由を尋ねると、「フムフムって感じ」というわかりづらい返答が。要は「味がイマイチ」らしく、芹沢の新作を否定する女性に、夏川は会社に戻って怒りを爆発させる。部長の河上堅吾(杉本哲太)や、同僚の白坂隼人(小関裕太)、須田正史(前野朋哉)がなだめていると、ラーメン評論家の有栖涼(石塚英彦)と共に、ひとりの女性が会社を訪ねてくる。就職の面接に来たというその女性は、なんとラーメンを否定した女性客・汐見ゆとりだった。話によれば、半年前に初めてラーメンを食べて感動しこの会社を希望したという、いわばラーメンのド素人。さらに清湯麺を考案した芹沢を前に、平然と「このラーメンをおいしくすることならできる」と言い放つ。芹沢は、試しに調理をさせてみることにする。だが、ゆとりは生麺を一本食べただけで加水率・茹で時間をズバリとあて、さらに用意されたスープが完全に処理し切れていないことまで気づく。そうして出来上がったラーメンは、芹沢も納得するほどの素晴らしい出来栄えだった。だが、会社には、芹沢の機嫌を損ねたのではという、ピリついた空気だけが残り、社員誰もがゆとりの不採用を確信する。

ところがしばらくして、ゆとりから「困っているラーメン屋さんを見つけた」との連絡が。採用確実と思い込み、すっかり社員気取りで、勝手に仕事を請け負ったという。河上らは仕方なくその潰れそうな『京来軒』へ出向き、店主夫妻の郷田正一(泉谷しげる)と秋江(川俣しのぶ)から話を聞くが、着手金が3万円しか払えない状況で、河上は話にならないと断ろうとする。しかし芹沢が電話口で告げたのは、「引き受けてもいい」という意外な答え。ただしコンサルティングの担当はゆとりで、1週間で結果を出せば採用という過酷な条件を提示する。
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

行列の女神の1話のネタバレ

正一によると、京来軒は近くの工場が潰れるまではそこそこ客が入っていたと言います。

しかし、工場が潰れてからはさっぱり客が来なくなったというのです。


ゆとりは、入社試験の間会社の調理室を使わせてもらうことにしました。

社員の白坂隼人がゆとりの様子を見に来ました。

ゆとりは、白坂に芹沢のすごさを聞きました。


しばらくすると、夏川彩が来ました。

彩は、社長のラーメンがおいしくないと言ったゆとりにまだ腹を立てていました。

そのうち、ラーメンオタクの須田正史まで様子を見に来ました。


ゆとりは、ネットでラーメン店のHPを見たのですが、どうして店主は腕を組んで怖い顔をしているのかが疑問だと言います。

ワンパターンで面白くないと言って、ゆとりはこのようなポーズでもよいのではないかといろいろやって見せます。

3人は呆れて行ってしまいました。


芹沢は、ゆとりが作ったラーメンを食べるために京来軒へ行きました。

まずは、今まで出していた京来軒のラーメンを食べます。

芹沢はマズいと言います。


そして、次にゆとりが考案したラーメンを出します。

鶏ガラをしっかり煮込んだ鶏白湯スープのラーメンでした。

芹沢は、コクがあってキレのある輪郭のしっかりとした味わいと絶賛します。

しかし、正一にはこのラーメンは作れないというのです。

正一は顔を真っ赤にして怒ります。

芹沢は「長年作り慣れたはずの醤油ラーメンですら、あの程度の味なのに」と容赦しません。

正一では、仮に最初はうまく作れたとしても、スープが薄くなるなど数ヶ月後には別のラーメンに変わっていると指摘します。

芹沢は、ゆとりがこのラーメン店を救うために立てた戦略は的外れであったと言いました。


正一夫婦は、もう店をたたむしかないと諦めるような言葉を発します。

芹沢はゆとりの戦略ではこの店を救えないが、この店自体が救えないわけではないと言います。

そして、芹沢はゆとりにフードコンサルティングとはどのようなものかを教えるというのです。


芹沢は、正一にこの店のメニューをすべて作るように言いました。

芹沢とゆとりはすべてのメニューを味見しました。

ゆとりに1番マシな料理はどれかと聞きました。

“もやしめん”がまだマシだと答えました。


芹沢は方向性は決まったので、正一に明日会社に来るように伝えました。

ゆとりには、この店の掃除をするように指示しました。


芹沢は正一にラーメンの作り方を指導しました。

正一が作ったラーメンに、芹沢のOKが出ました。


ゆとりは、徹夜で掃除をしていました。

芹沢は、ひとまずシャワーを浴びて寝るように言いました。

そして、3日後に店に来るように指示しました。


ゆとりは、3日後に京来軒へ行きました。

途中で、ラーメン評論家の有栖涼と会い、一緒に行くことにしました。

店には長い行列ができていました。

ゆとりは大喜びします。

初日は客はポツポツでしたが、2日目からは大繁盛だというのです。

正一は、芹沢はすごいと絶賛します。


ゆとりと有栖はもやしめんをごちそうになりました。

非常においしく、インパクトのあるラーメンに仕上がっていました。


そこへ芹沢がやって来ました。

芹沢から成功の秘訣を聞きます。

1つ目はきれいに清掃してことで、新しい店では味わえないレトロ感を出しました。

2つ目は、メニューは絞ってもやしめんをメインにしました。

看板には大きくもやしめんの文字が表記されています。

味は、驚いたことに前と何も変えていません。

もやし炒めの量を増やしただけです。

ラードや調味料の味付けが増えたことで、結果的にあっさり醤油スープにコクと深みが出たのです。

もやしのシャキシャキ感も増しました。


芹沢は、ゆとりを新入社員として採用してくれるというのです。

ゆとりは大喜びします。


芹沢とゆとりは、一緒に会社に戻ります。

実は、芹沢は料金を一切受け取りませんでした。

芹沢は、ゆとりにお金をもらわなかったのは、今度の取材に利用できるためだと言いました。

ゆとりは、その言葉に怒っていました。


正一は、芹沢は人情深いと絶賛していました。

メニューを絞ったのは、客が増えた時に正一らの負担が減るからだと言っていました。

さらに、体に気をつけて商売を続けるようにも言っていたというのです。

ゆとりにはあのような言い方をしましたが、芹沢はいろいろなことを考えて最善の方法で店を立て直していたのです。


部長の河上堅吾は、芹沢にどうしてゆとりを採用したのかを尋ねました。

芹沢は自分にもわからないというのです。

河上は、どうして芹沢がゆとりを雇ったのかすぐにわかりました。

それはゆとりが芹沢の若い時に似ているためでした。


芹沢はラーメンの開発を行っていました。

すると、河上が来て、ゆとりが京来軒のHP用に変なポーズの写真を送ってきたことを伝えました。

河上はこのような写真を使ってもよいかと聞きました。

芹沢は、好きにすればよいと答えました。

河上が向こうへ行くと、芹沢はゆとりが取っていた変なポーズのマネをしました。

そこへ、河上が戻ってきて、芹沢が変なポーズを取っているのを見てしまいました。

河上は見なかったことにしてすぐに去って行きました。

芹沢は「汐見!」と叫びました。

行列の女神の1話の感想

ラーメン好きと言うこともあって、ついドラマを観てしまいました。

ドラマは、それほど専門的な内容ではなく、非常に観やすかったです。

今回は、老人夫婦の潰れそうなラーメン店を立て直す話でした。

黒島さんの入社試験でもありました。


芹沢はすごいです。

正一でも作れるラーメンで、しかも繁盛させるわけですからね。

口ではいろいろ言ってても、客のことをもっとも考えているのは芹沢でした。

来週が楽しみですね。


SNSでのコメントは次のとおりです。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!