ドラマ「M愛すべき人がいて」の2話のネタバレと感想です。

スポンサーリンク

【M愛すべき人がいて】2話のあらすじ

M愛すべき人がいての2話のあらすじは次のとおりです。


 レコード会社A VICTORYの社長・大浜(高嶋政伸)は、プロデューサー・マサ(三浦翔平)が、中谷プロに所属しているアユ(安斉かれん)と会い続けていることを、ここぞとばかりに問題視していた。大浜は、六本木のディスコ・ベルファインのVIPルームで中谷(高橋克典)と会い、アユを引き抜こうとするかのようなマサの振る舞いを謝罪する。するとそこへマサが現れ、中谷に「アユを譲ってください」と許しを請う。アユというダイヤの原石を自分の手で磨くため、土下座までするマサに心を動かされた中谷はついに移籍を認める。
 マサは、晴れてA VICTORYから歌手デビューを目指すことになったアユに、3カ月間ニューヨークでレッスンを受けてくるよう指示を出す。急な展開に驚きつつもニューヨークに渡ったアユを待ち受けていたのは、鬼のように厳しい講師・天馬まゆみ(水野美紀)だった。次から次へとハードなレッスンを進める天馬…。まったくついていけないアユは、自分の実力を目の当たりにして落ち込む。
 その頃日本では、マサが部下の流川翔(白濱亜嵐)に、ガールズグループのプロデュースを任せることに。張り切ってメンバー探しを始めた流川は、以前から気に入っていたアユの友人・玉木理沙(久保田紗友)に声を掛ける。一方、マサの秘書・姫野礼香(田中みな実)は、マサがアユに肩入れし過ぎることに不満を感じていて…。

 そして3カ月後――。ついに帰国したアユは、流川プロデュースのガールズグループのメンバー候補たちとの合宿に参加することになる。しかし、マサに特別扱いされているアユへの風当たりは強く…。
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

【M愛すべき人がいて】2話のネタバレ

1996年の六本木にあるディスコ・ベルファイン。

大浜と中谷がVIPルームで話をしていました。

そこへマサがやって来ました。

アユのことで話があると言います。

そして、マサは「アユをうちにください」と土下座をして頼みます。

大浜はルール違反だとマサを責めます。

マサは、アユを歌手として育てたいというのです。

そして、アユはダイヤの原石だという中谷に、マサはアユは自分が磨かないと石のままだと言いました。

アユは俺が磨いた時にだけ輝ける!

中谷は、マサの熱意に負けてアユを譲ってくれるというのです。

アユが本物のスターになる日が来たらうれしいとまで言ってくれました。


マサは、アユに自分はダイヤの原石だと思えばそうなると話します。

アユもその気になります。

マサはアユは普通のやり方では輝けないと言って、ニューヨークでレッスンを受けてくるように言いました。

向こうにはよいトレーナーがいるというのです。

アユは自分がついて行けるか不安でした。

マサは、アユの手を取って「俺を信じろ!」と言ってくれました。


マサは、大浜にアユのニューヨークでのレッスンのことを話します。

アユには最低限しかお金をかけないと嫌みを言われます。

マサはこれが最低限だと説明します。

大浜は、マサにアユに惚れているのではと尋ねます。

マサは、アユに可能性を感じている、奇跡を起こせる可能性を感じていると答えます。

大浜は今回は許してくれましたが、今後はそうはいかないと釘を刺しました。


アユは、理沙にニューヨークでのレッスンの話をしました。

理沙は、真理が既婚者のマサはニューヨークでならアユと自由に会えるのでと話していたというのです。

あくまで真理が言っていただけだと言います。

理沙はアユを応援していると伝えました。


アユはニューヨークへやって来ました。

さっそくレッスンが始まりました。

講師は、カリスマトレーナーの天馬まゆみでした。


最初から天馬ワールドが全開です。

奇妙なファッションに奇妙な話し方と個性的過ぎます。

おまけに、アユはぼろかすに言われてしまいます。


アユは歌えと言われたので歌い始めると、天馬はドラムを叩いて歌うのを止めさせます。

そして、「マサはどうしてこんなポンコツを寄越したの?」と大きな声で嘆きます。

アユは謝ります。


天馬は、アユにいついかなる時も誰かに向けて歌うように指導しました。

アユの歌には、感情がまったく込められていないことを指摘したのです。

天馬は「あ」だけで5時間歌い続けるように言いました。


その頃、日本ではマサと流川がバーで飲んでいました。

マサプロデュースのOTFはデビューアルバム100万枚超えを達成しました。

マサは、輝楽はこれぐらいではまだまだ動じないと言います。

そして、マサは流川も自分のやりたいアーティストをプロデュースしたらどうかと提案しました。

流川は大喜びして頑張ると言いました。

マサは、歌って踊れるガールズグループがよいと勧めました。


アユは、天馬のレッスンについていけていませんでした。

目の前に置かれたろうそくの火を揺らさないように歌うように言われます。

「えっ」とアユが言うと、天馬は「今度『えっ』と言ったら燃やす」と言い返しました。


アユはチャレンジしますが、火は大きく揺れてしまいます。

他の生徒が行うと、火はまったく揺れませんでした。

天馬は、これができるようになるまで練習するように言いました。


流川がプロデュースするガールズグループの候補には理沙と真理も選ばれました。

2人はアユには絶対に負けたくないと、ライバル心を燃やします。

そして、流川にもマサには負けないで欲しいというのです。


アユは、ろうそくの火を揺らさないで歌うことができませんでした。

腹が立ったアユは火を吹き消しました。

すると、天馬がアユにバケツで水をぶっかけました。

天馬は、やる気がないのなら日本へのしをつけて送り返すと言いました。


落ち込んで街へ出ていたアユの元に、マサがやって来ました。

マサはすべてお見通しでした。

アユがつらい思いをしていたことを知っていたのです。

マサはアユにコートをプレゼントしてくれました。

アユは似合わないというのです。

マサは、いつか似合う女性になるように言いました。

そして、アユの頭をポンポンして「東京で待っているぞ」と言って帰って行きました。


その後も、アユは来る日も来る日もレッスンを頑張りました。

アユは、ろうそくの火を揺らさないで歌うことにチャレンジしました。

マサのことを想って、アユは歌います。

すると、火はまったく揺れませんでした。

ついにアユはできるようになったのです。

天馬から合格をもらいました。


礼香は、マサにアユに惚れているのではないかと尋ねました。

マサは惚れていないと答えます。

礼香は、マサがニューヨークにいるアユに会いに行ったことを知っています。

マサは、アユは大事な商品だと説明します。

礼香はマサの膝の上に座って、「商品に手を出すなんて最低だもんね。だってさぁ、マサは私の目になってくれるって約束したもんね」と大きな声で言いました。


ニューヨークでのレッスンを終えて、アユが日本へ帰ってきました。

マサは、アユに来週から流川がプロデュースするガールズグループの候補生と合宿することを伝えます。

理沙や真理、アユを潰したいと思っている者もいると言います。

アユは、負けないのでやりたいと返しました。


いよいよ合宿が始まりました。

講師が呼ばれます。

講師は、ニューヨークからやって来た天馬でした。


全員を外に出し、10Km走るように指示します。

アユは全力で走り、理沙や真理は付いていくことができませんでした。

10Km走って戻ってきた理沙と真理に、礼香が話しかけます。

そして、2人にこのままでいいのか、アユはゴキブリのようにしぶといと言います。


この日から、アユに対する壮絶ないじめが始まります。

足をかけて転倒させられたり、靴の中に画鋲が仕込まれたりと、だんだんエスカレートしていきます。


流川は、アユがいじられていることに気づいていました。

マサにそのことを話して、いじめている者を注意した方がよいのかを相談しました。

マサは、何もしなくてもよいと言いました。

それはまさの想定範囲内でした。

それを乗り越えさせるために、アユをわざと合宿に入れたのだというのです。


アユは夜1人で泣いていました。

マサのことを思い出して、アユは「私負けない」と自分に言い聞かせていました。


礼香はまた理沙に会いに来ました。

理沙に特別に選抜方法を教えてくれるというのです。

礼香は教える代わりに、理沙にあるお願いをしました。


理沙は、事前に風呂場の床を滑りやすくしておきました。

そして、アユをお風呂に誘いました。

アユは風呂場で滑って転倒し、肩を脱臼してしまいました。


選抜方法は、マラソンを走って上位5人が残るというものでした。

ペットボトルが入ったリュックを背負って走ります。

ただし、リュックの中に入っているペットボトルの本数は同じではありません。

どのリュックを背負うのかはくじで決めます。

天馬は体力・根性・運で決まると言います。


マサは大浜と話し合った結果、アユは5位以内に入らないとデビューできないことになりました。

くじの結果、理沙は1本、真理は3本、アユは10本でした。


マラソンが始まりました。

アユは、リュックの重さと肩の脱臼が響いて、出だしから遅れてしまいます。


流川はアユは参加させるべきではないと言いました。

マサは、アユはただの歌手ではなく、これまでの誰とも異なるスーパースターに育てるというのです。

このようなところでつまずくようでは、アユは神様に選ばれた人間ではないと言います。


雨まで降ってきました。

アユは、肩が痛くて思うように走れません。

肩を押さえてかがんでいるアユに、マサが大声ではっぱをかけます。

俺を信じろー、アユ!走れー!

その言葉に後押しされてアユは走り始めます。

先ほどとは勢いが違います。


マサは天馬にお礼を言いました。

天馬は、最初アユはポンコツだと思ったことを明かしました。

しかし、マサの目は間違っていなかったというのです。

アユを磨けばとんでもない光を放つかもしれないとも言いました。


アユは、理沙を抜いてトップでゴールしました。

マサはアユに「よく頑張った」と言って、すぐに病院へ連れて行きました。

そこには虹が架かってしました。

【M愛すべき人がいて】2話の感想

今回はものすごく早い展開で話が進んでいきました。

ニューヨークでのレッスンですが、何と言っても天馬です。

すごいファンションですね。

話し方も独特で、鬼軍曹のようなスパルタぶりです。

その後の合宿にも天馬は登場しました。


理沙と真理のいじめはすごいですね。

芸能界ではよくいじめが多いと聞きますが、これほど露骨に行うものなのでしょうか?

本当なら怖い世界です。


アユとマサの関係は、このような感じだったのでしょうか?

マサに後押しされたら、どのような苦難でも乗り越えてしまいそうですね。

本当に素晴らしい関係です。


SNSでは、次のようなコメントが上がっています。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!