ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」の2話のネタバレと感想をご紹介します。

スポンサーリンク

行列の女神の2話のあらすじ

行列の女神の2話のあらすじは次のとおりです。


まずは、こちらのあらすじを読んでからネタバレに進んでください!

汐見ゆとり(黒島結菜)が入社して1週間。雑用ばかりで退屈そうなゆとりに、芹沢達美(鈴木京香)は、夏川彩(高橋メアリージュン)のクライアント先に同行し、実地見学をするように指示。ゆとりを快く思わない夏川は嫌悪感を露わにするが、芹沢は社長命令と一蹴する。だがそこにはあるもくろみがあって…。

夏川のクライアントは、おしゃれな雰囲気漂う街にある『とんこつラーメンさかぐち』。坂口琢磨(浅利陽介)と妻・恵(金澤美穂)が3カ月前にオープン。味はハイレベルだがまったく客が入らず、「清流企画」に立て直しを依頼したのだ。原因は土地柄と店が合っていないことにあると睨んだ夏川は、思い切って店舗をカフェ風に改装。店名も『noodle Cafe TMY』と改めた。すでに新メニュー開発も終え、あとは最終確認を残すのみだった。ところが夏川考案のイタリアン風ラーメンを口にしたゆとりは、なぜか表情を曇らせる。

その頃、芹沢は、有栖涼(石塚英彦)が担当したグルメ雑誌の記事について、オフィスで本人にダメ出しをしていた。雑誌のとあるページで、カメラマンをしているゆとりの父・汐見亮二(利重剛)の名を見つける。と同時にあることに気づいた芹沢は、やがてゆとりの家族のある秘密にたどりつく。
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

行列の女神の2話のネタバレ

ゆとりは、夏川考案のイタリアン風ラーメンを食べました。

しかし、ゆとりはこのラーメンでは店は繁盛するどころかガラガラになるというのです。

夏川は何を言い出すのかと言って怒り出しました。

ゆとりを店から連れ出し、会社に戻るように言いました。

芹沢には余計なことを言わないように釘を刺されました。


琢磨と恵は、ゆとりにあのように言われて不安になっていました。

それは、なけなしの貯金をはたいて清流企画に依頼したためでした。

失敗は許されないのです。


芹沢は、雑誌で汐見亮二という名前を見つけました。

それはゆとりの父親でした。

フリーカメラマンです。

芹沢の店も以前に取材を受けていました。

河上は、もしかしたらとんでもない女性を採用したかもしれないと言い出しました。


会社に戻ったゆとりは、芹沢のところへ行きました。

芹沢はゆとりが1人で帰ってきたのを知って、夏川を怒らせて帰るように言われたのではないかと言いました。

こうなることは予想していたというのです。


芹沢は、試作品の味見をさせてくれました。

ゆとりは使われている調味料などを完璧に言い当てました。

芹沢は、味覚の基礎がよくできていると褒めてくれました。

どこで覚えたのかを尋ねました。

ゆとりは、昔から料理はそれなりに得意だというのです。


ついにゆとりの正体が明らかになりました。

父親はフリーカメラマンですが、母親は料理研究家の橋爪ようこでした。

ただ、両親はすでに離婚しています。

ゆとりの味覚が優れているのは、ようこの英才教育を受けてきたためでした。

実は、ようこはラーメンをジャンクフード扱いするラーメン業界にとっては天敵と言ってもよい人物でした。


河上は、ようこの娘だとわかっていたらゆとりを雇わなかったというのです。

芹沢はゆとりがラーメンのことを好きなら構わないと言います。

河上は、今後トラブルの元になりかねないと考えています。


琢磨と恵の店がリニューアルオープンしました。

好調に客が入っていました。

評論家の有栖もラーメンを食べに来ていました。

夏川は厨房を手伝いに行きました。

ゆとりは、有栖にこの間夏川のラーメンを食べ、ガラガラの予感がすると失礼なことを言ってしまったことを話しました。

実は、有栖もゆとりと同じ考えでした。


初日と2日目はよかったのですが、日を追うごとに客が減っていきました。

オープン5日目には、店はガラガラになってしまいました。

琢磨は、夏川に不満をぶちまけました。

夏川は謝罪して、早急に対策を立てると言いました。


芹沢は、夏川の新作ラーメンに疑問を感じていたというのです。

河上は、そのためにゆとりを一緒に行かせたのだと言います。


夏川の実家はラーメン屋でした。

今はやっていません。

夏川はいずれ店を復活させたいと考えていました。

そのため、厨房スタッフとして働いて、もっとラーメン作りの腕を上げたかったのです。

しかし、芹沢は夏川を清流企画の社員として採用しました。

店を成功させるノウハウや多様な味の世界を学ばせたいと考えたのです。


夏川はそれでも職人にこだわりました。

そこで、芹沢はある条件を出しました。

ある条件とは、夏川1人の力でコンサル案件を連続5件成功させれば、専属の厨房スタッフにするというものです。

今回がその5件目でした。


夏川が会社に戻ってきました。

ゆとりを厨房に連れて行き、ゆとりには腹が立っているが、どうしてガラガラになると思ったのかを尋ねました。

ゆとりは何となく思っただけで、はっきりとした理由はまだわからないと答えました。


その時です。

芹沢が戻ってきました。

ゆとりと夏川と一緒にラーメンの食べ歩きをするというのです。

2人は芹沢に連れて行かれました。

その時、2人は芹沢からヒントをもらいました。

それにより、イタリアン風ラーメンでは味付けも量も上品過ぎて、食事としての満足度が低かったということがわかりました。

2人は、このことを考慮して新しいラーメン作りに取りかかりました。

そして、濃厚豚骨魚介味のつけ麺を開発しました。


琢磨と恵に試作品を食べてもらいました。

おいしいと言ってくれました。

ただ、まだこれは完成品ではありませんでした。

この立地ならではの工夫をしなければならないというのです。


夏川は、その答えを見つけることができませんでした。

自分の実力のなさを痛感しました。

夏川はクライアントのことを第一に考え、芹沢に頭を下げてアドバイスを求めました。

これにより、当然1人で5件連続成功という条件は達成できなくなりました。

しかし、夏川はこの決断に後悔はしていませんでした。


芹沢のアドバイスはバーニャカウダでした。

店で、バーニャカウダ風つけ麺を出すことにしました。

麺はたっぷりで、野菜がたくさん入っているのでヘルシーです。

これが女性に大当たりしました。

店は連日の満席でした。


これで今回の案件は無事に終了しました。

今後、夏川はコンサルティング業に向き合うことを約束しました。


行列の女神の2話の感想

ゆとりの正体が明らかになりました。

問題は父親ではなく、母親の方だったのですね。

母親は料理研究家で、ラーメンを認めないラーメン業界の天敵だと言います。

しかも、芹沢とは何やら因縁があるようです。

今後、芹沢と母親が衝突して、ゆとりが板挟みになるかもしれませんね。

ラーメンが好きなゆとりは、母親と真っ向から対立するかもしれません。

どのような展開となるか楽しみですね。


SNSでの声は次のとおりです。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!