ドラマ「BG 身辺警護人」の1話のネタバレと感想をご紹介します。

スポンサーリンク

BG 身辺警護人の1話のあらすじ

BG 身辺警護人の1話のあらすじは次のとおりです。


まずは、こちらのあらすじを読んでからネタバレに進んでください!

 極寒の路面補修工事現場――警備員の島崎章(木村拓哉)が勤務する現場に一台の黒塗りの車が通りかかる。助手席には黒っぽいスーツを着た男・落合義明(江口洋介)、そして後部座席にはサングラス姿の立原愛子(石田ゆり子)が座っていた。記者たちに追われ急を要する気配を察した章が抜け道を指示すると、急発進した車はコーンを飛ばして疾走。その様子を章はただ見送るのだった。残された記者の中には、週刊「時論」の記者・犬飼悟(勝地涼)の姿もあり…。
 その翌日、章は日ノ出警備保障の社長・今関重信(永島敏行)に呼ばれ、本社へ。そこで身辺警護課の新設とそこへの着任を打診される。数年前、とある出来事をきっかけにボディーガードの世界から身を引いていた章は、一度はその打診を固辞するが、今関の強い希望で受け入れることに…。
 高梨雅也(斎藤工)、菅沼まゆ(菜々緒)、沢口正太郎(間宮祥太朗)、そして村田五郎(上川隆也)といった、各部署から集められたメンバーとともに“新人ボディーガード”として身辺警護課に着任した章は、厳しい訓練を終え、ついに初の任務に就く。依頼人は隅田川で開催されるマラソン大会のスポンサーである会社会長の大久保佐助(伊武雅刀)。当日、大会に出席する際の警護が任務の内容だった。

 その頃、厚生労働大臣の愛子は“元ファン代表”を名乗る人物から脅迫状を受け取っていた。「退陣なくば、死の号砲が鳴る」という文面に警視庁SPの落合は、スターターとしての参加が予定されているマラソン大会への出席を取りやめるよう進言。しかし愛子は、脅迫に屈することはしない、と参加への決意を新たにする。

「立原大臣の脅迫事件に巻き込まれるのは御免」と、執拗に警備を強化するよう迫る大久保。しかし章と高梨の間で、警備に対する考え方に食い違いが生じる。そんな中、ついにマラソン大会の日を迎えることになるが…!?
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

BG 身辺警護人の1話のネタバレ

章と高梨は、大久保のもとを訪れました。

大久保は、愛子の巻き添えを食って死ぬのは御免だというのです。

そして、大久保は愛子の秘書から脅迫の内容を聞いて、これはいたずらではないと感じたと言います。

章は、隅田川マラソンに行かないという選択はできないのかと尋ねます。

すると、大久保は隅田川マラソンは大事なイベントなので行かないという選択肢はないというのです。


帰りに、章と高梨は警備に対する考え方について意見を言い合います。

高梨は、この程度の警護で怖がっていたのではボディーガードには向いていないと言い出しました。

死ぬ気でやらなければクライントの盾にはならないというのです。

章は、盾が死んだらまずいと返しました。

ボディーガードが倒れてしまえば、任務を途中で投げ出してしまうのと同じだと言います。

しかし、高梨は聞く耳を持ちません。

当日は自分が仕切り、自分1人でも護れると言います。

それを聞いた章は、怖いからいろいろ戦略を練るわけで、怖くない人と組むのは怖いというのです。


愛子の警護は警視庁SPが行うことになっていました。

警護課の落合義明を中心に準備が整えられていました。


章は役所に警備に関する届け出に来ていました。

その時、落合がやって来て、章の提出した警備計画などを見ました。

落合は「あなた方に丸腰だという自覚はありますか?民間警護は街の用心棒レベルです」と言いました。


章は、マラソン大会が行われるすみだ運動公園競技場に下見に来ました。

大臣が銃撃されたケースや爆破されたケースなどのシミュレーションをしました。


身辺警護課の課長の村田と章は飲みに行きました。

高梨が身辺警護課を辞めたいと言ってきたというのです。

高梨は元自衛官で、村田は元警察官でした。

村田はダメ警官で居づらくなったので、警察を辞めて警備会社に就職したのだと言います。


犬飼は愛子との付き合いが長いこともあって、独占インタビューを行わせてもらいました。

犬飼は、愛子が襲われないかと心配していました。

しかし、愛子はあれはいたずらだというのです。

その理由ととして、シェークスピアの言葉を使っている時点で本気とは思えないと言いました。

脅迫文には「慢心は人間の最大の敵」と書かれていたのです。

愛子はくだらないと言い放ちました。


そして、大会開催当日を迎えました。

章がBGを務めます。

高梨の姿はありませんでした。

4人でクライアントを警護します。


大久保と愛子がすみだ運動公園競技場に入りました。

章らは大久保の警護を行います。

愛子には落合らが付いています。

マスコミも入ってきます。


大久保と愛子が席に着きました。

その時、高梨から章に電話がありました。

高梨は、気になる書き込みを見つけたと言います。

立原愛子は嘘つきだ。慢心は人間の最大の敵だと証明してやる。元ファン代表

高梨は、脅迫文の内容は警察が発表していないので、自分たちを含め限られたものしか知らないというのです。


いよいよマラソンが開始します。

スターターを務めるため、立原大臣がグランドに降りました。

開会のあいさつが済み、マラソンがスタートしました。

愛子は客席に戻りました。


警視庁警備部警護課係長の氷川修から落合に電話がかかてきました。

落合は電話に出るために、愛子から離れました。


しばらくすると、客席で煙が発生しました。

大久保は我先に逃げだそうとします。

客席は大パニックに陥ってしまいます。


愛子は、SPを振り切ってどこかに行ってしまいました。

先ほどスマホを見て顔色が変わっていたのと関係があるかもしれません。

章は、村田と沢口に大久保を任せて、他に爆弾がないかを調べに行きました。


章は、会場の部屋1つずつを回って異常がないかを確認していました。

半分扉が開いた部屋がありました。

章が中に入ると、愛子が立っていました。


章は、派手な服装を着ていたから、脅迫状は愛子の嘘ではないかと考えました。

その時、犬飼が部屋に入ってきました。

章は犬飼を見るなり、先ほどまで持っていたリュックはどうしたのかと尋ねました。

犬飼のことが気になっていたのです。

章が犬飼に近づこうとすると、犬飼は愛子のインタビューに来ただけだと言いました。


実は、犬飼は愛子に脅迫状を書いた人物を知っているというメールを送っていました。

それで、愛子は1人でこの部屋にやって来たのです。

犬飼は、愛子に迫ってインタビューを行おうとします。

章がそれを止めさせようとすると、犬飼は章に手を出してきました。

そこから、章と犬飼のバトルが始まります。

愛子は章に逃げるように言われますが、腰が抜けて動けません。

章は、犬飼にボッコボコにやられてしまいます。


その時、落合が他のSPを連れて部屋に入ってきました。

SPが銃を向けると、犬飼は愛子にナイフを突きつけます。

犬飼は「捕まえるなら先生が先でしょう。脅迫状はこの女の自作自演です」と言います。

愛子が話した「慢心は人間の最大の敵」は、犬飼が大臣就任時に送ったメールに書いたものでした。

犬飼は脅迫に負けない愛子を演じたかったのだというのです。

自分がそれを実現してあげたのだと言います。

そして、犬飼は“自分が大臣にしてやった”や“裏切られた”などと愛子を責め立てます。


章が犬飼に話しかけます。

落合に見えるように手で合図を送ります。

そして、章が犬飼に飛びかかるのと同時に、落合が愛子を救出します。

見事な連係プレイで、犬飼は取り押さえられ、愛子は助け出されました。


落合にどうしてここにいたのかと尋ねられた章は、迷い込んでしまったと答えました。

立ち去ろうとする章に、落合は改めて民間が身辺警護をするのは反対だと言いました。

章は、SPが銃を抜かなければ、犬飼はナイフを取り出さなかったのではないかというのです。

そして、「丸腰だから人を護れることもあるんじゃないですか?」と落合に問いました。

それを聞いた落合は、民間は好き勝手が言えていいと答えました。


警護が終わった後、章は高梨に連絡しました。

嘘つきの書き込みのことを教えてくれたお礼を言いました。

高梨は、自分が辞めたのは章と組みたくなかったためと言って電話を切りました。

実は、高梨は章の過去の秘密を知っていたのです。

章は嘘つきだというのです。

BG 身辺警護人の1話の感想

久しぶりに観ると、やはり面白いですね。

1度見ているので、何となく覚えているシーンもありましたが、それでも十分楽しめました。

章と高梨がまだ信頼関係にありません。

ここから徐々に信頼関係が築かれていきます。

まだしばらくはかかりそうですが。


面白いので最終回まで観たいですね。

前作の記憶がしっかりある状態で続編を観ることができれば理想的です。

早く続編を観たいという気持ちもあるので少し複雑です。

どちらにしても、前作が放送される限りはこちらに集中したいと思います。


SNSでの声は次のとおりです。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!