ドラマ「BG 身辺警護人」の2話のネタバレと感想をご紹介します。

スポンサーリンク

BG 身辺警護人の2話のあらすじ

BG 身辺警護人の2話のあらすじは次のとおりです。


まずは、こちらのあらすじを読んでからネタバレに進んでください!

 人権派で知られる裁判官・行永辰夫(田中哲司)の自宅で自転車に放火される事件が発生。一審で死刑判決が言い渡された「老人ホーム殺人事件」の判決を控える行永への脅迫行為と見た警察は捜査を開始する。
 裁判官の行永には警視庁のSPが付くが、妻・亜佐美(大塚寧々)にはSPがつかないため、彼女の警護は章(木村拓哉)ら、日ノ出警備保障の身辺警護課が担うことに。しかし相変わらずSPの落合(江口洋介)は章たちを邪魔者扱いし、亜佐美は「武器も持たない一般人に護ってもらうなんて…」とボディーガードが付くことに難色を示すのだった。
 夫の行永がSPたちに護られながら外出すると一転、亜佐美は章とまゆ(菜々緒)を小間使いのように扱い、食器洗いや玄関の掃除を命じ始める。さらに、外出したいという亜佐美のワガママに振り回されながら買い物を続ける中、章は亜佐美を監視する何者かの視線に気付き…?

 やがて、亜佐美が夫に隠していた秘密の生活が見えてくる…。判決まで残り24時間!狙われているのは、夫か、それとも…!?
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

BG 身辺警護人の2話のネタバレ

章に、沢口から行永が襲われたという連絡が入りました。

現在襲った女性の身元が調べられていると言います。


亜佐美を車に乗せようとした際、章は何者かの視線を感じました。

章は確認しましたが、誰もいませんでした。


先ほどの女性は、殺された被害者の娘であることがわかりました。

その女性は仕事の都合で台湾に住んでいるため、自転車の放火事件とは無関係でした。


亜佐美は、裁判官である夫のことをあまり快く思っていないようです。

章に夫への不満をぶちまけました。

亜佐美は人に会いたいので、1時間ほど1人にして欲しいと頼みました。


村田は、高梨に話をしに行きました。

高梨に戻ってきてくれないかと言います。

高梨は戻るつもりはないようです。

村田は、せめて理由を教えて欲しいというのです。

高梨は、理由さえも話しませんでした。


亜佐美は、不動産会社の営業マンの三上に会うと言いました。

三上には妻と子供がいると言って、亜佐美は変な想像はしないで欲しいというのです。

そして、亜佐美は三上と話をしました。

章とまゆは、近くで亜佐美を警護していました。


まゆは、亜佐美が先ほど購入した靴の袋を持っていないことに気がつきました。

ここに来る前に美容院に寄ったので、そこで忘れたのではないかと考えました。

章は忘れるはずがないと思いました。


その後、三上は帰って行きました。

亜佐美の様子がおかしいです。

章は、亜佐美に三上と何かあったのかを尋ねました。

亜佐美は自分が狙われているわけではないので、放っておいて欲しいと言います。

章は、放火されたのは亜佐美の自転車なので、亜佐美が狙われている可能性があるというのです。

亜佐美は章の顔を見たくないと言って、クビを宣告しました。


章は行永のもとを訪れました。

行永に亜佐美が三上と会ってからおかしくなったことを報告しました。

章は、狙われているのは亜佐美ということはないかを尋ねました。

行永はそれはないと言います。

章は、自分の代わり者が亜佐美を警護することを伝えました。


帰ろうとする章に、行永は亜佐美が会っていた男性のことを尋ねました。

今回、行永がボディーガードを雇ったのは、亜佐美の行動を監視するためだったのです。

裁判官は、何事にもおいても倫理に則った正しい生活が求められます。

当然、家族も同様です。

そのため、行永は嫉妬からではなく、裁判官として妻の行動を監視する必要がありました。

行永は、妻の不倫に心を乱されるようでは人を裁くことなどできないというのです。

章は三上のことを話しました。


行永は、三上という名前に聞き覚えがありました。

もし三上が裁判の関係者なら、裁判の延期を考えないといけないというのです。

章に亜佐美を午後7時までに連れ帰るように指示しました。

このことは警察には内緒にして欲しいと頼みました。


章は村田にこのことを報告しました。

村田は一刻も早く警察に話さないといけないというのです。

しかし、章は自分たちのクライアントは行永だと言います。

村田は、ひとまず詳しいことを調べることにしました。


スーパーで買い物をしていると、亜佐美が急に腹痛を訴えました。

スーパーの警備員などがやって来ました。

まゆと沢口はその対応に追われました。

少し目を離した隙に亜佐美がいなくなっていました。


そこへ章がやって来ました。

亜佐美がいなくなったことを聞きました。

とにかく亜佐美を見つけて、7時までに連れて帰らなければなりません。


章は、トランクルームで亜佐美を発見しました。

亜佐美は、3ヵ月前から行永に内緒でトランクルームを借りていました。

買ったものをここへ持ってきていました。

唯一窮屈ではない空間でした。

ここは三上が紹介してくれたというのです。

章は亜佐美に自宅に帰るように言いますが嫌がります。


村田は、行永の自宅を訪れました。

行永と落合に三上のことを話しました。

放火をしたのは三上だというのです。

1年前行永が判決を下した府中で起きたストーカー事件の被害者家族です。

加害者に執行猶予判決が下されたことで、被害者はまた加害者が襲ってくるかもしれないと心を病んで自殺してしまいました。

その被害者には婚約者がいました。

その婚約者が三上だったのです。


亜佐美は、三上に自分の古い自転車のことでグチっていました。

その後で自転車が放火されたので、亜佐美は三上の仕業ではないかと思いました。

亜佐美は、本当にお茶を飲んで話をしただけだというのです。

章は、それなら帰れるのではと言いました。

そして、三上は行永が判決を下した被害者家族であることを話しました。

三上はすべてを知った上で亜佐美に近づいてきたのです。


章と亜佐美は自宅に急ぎます。

亜佐美が慣れない靴に戸惑っていると、章は亜佐美をお姫様抱っこします。


2人はエレベータに乗ります。

すると、エレベータが急停止しました。

三上の声がエレベータ内に聞こえてきました。

やはり、行永を恨んでいるようです。


この時、すでに午後7時30分でした。

亜佐美は、バチが当たったと嘆きます。

その後、エレベータが下降し、地下1階で止まって扉が開きました。


三上がハンマーを持って迫ってきました。

章は亜佐美に逃げるように言います。

2人は、エレベータの中で格闘します。

章が三上を取り押さえます。

その時、警察官がやって来ました。

三上は警察官に連れて行かれます。


亜佐美は自宅へ帰りました。

ただ、行永に合わせる顔がありませんでした。

章は亜佐美を説得して、ようやく行永と向き合うことができました。


章は、また落合にさすが丸腰でも自信があると言っただけのことはあると皮肉を言われます。

章の話を聞かずに、自分が言いたいことだけ言ったら、さっさと帰ってしまいました。

武器なんかない方が強くなれるってそう言っただけです」と章は言いました。


行永は、裁判官として亜佐美を見晴らせたと言いましたが、実は嘘でした。

本当は亜佐美が浮気をしているのではないかと心配していたのです。


村田は、高梨が帰って来ることになったと伝えました。

高梨は、自分が身辺警護課を背負うことにしたと言っていたというのです。


仕事が終わって帰ろうとする章を追いかけてくる車がありました。

章が詰め寄ると、いきなり人が降りてきました。

それは立原大臣でした。

立原大臣は、章にプライベートな警護をお願いしてきたのです。

SPに知られずに会わなければならない相手がいるというのです。

章は、警護の依頼は会社として欲しいと言って帰って行きました。

BG 身辺警護人の2話の感想

ボディーガードは本当に大変ですね。

亜佐美のように護って欲しいと思っていない人を警護するのがもっとも難しいです。

狙われているかもしれないのに出掛ける、隙があれば逃げ出す、やりたい放題です。

これでは護りようがないですね。


立原大臣が章を訪れてきたのは驚きです。

しかも、プライベートとは言え、章にボディーガードをして欲しいというのです。

SPに知られずに会わなければならない相手とは誰なのでしょうか?


SNSでの声は次のとおりです。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!