ドラマ「警視庁捜査一課長2020」の4話のネタバレと感想をご紹介します。

スポンサーリンク

警視庁捜査一課長2020の4話のあらすじ

警視庁捜査一課長2020の4話のあらすじは次のとおりです。


まずは、こちらのあらすじを読んでからネタバレに進んでください!

 中華料理店の裏の空き地で、店の主人・堤太蔵(野添義弘)が刺殺されているのが見つかり、警視庁捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)は現場に駆けつけた。遺体の右手にはギョーザの皮が握りしめられていたが、その皮は普段、太蔵が店で使用していた業務用のものではなく、手作りされた皮だった。また、店の片隅に、太蔵の筆跡で“くるめ ふじ”と記された意味不明なメモも発見された。
 実は、太蔵の店は月末に暖簾を下ろすことが決まっており、その土地は息子・泰春(小早川俊輔)が勤める不動産会社に売却されることになっていた。地域一帯には商業ビルの建設が予定されているという。
 現場資料班刑事・平井真琴(斉藤由貴)は、遺体が握りしめていた手作りの皮を探るため、付近の中華料理店めぐりを開始。すると、ギョーザだけを注文して食べ歩いている女・韮崎久仁子(三倉佳奈)に遭遇する。
 やがて、久仁子はかつて太蔵の店とライバル関係にあった中華料理店のひとり娘であることが判明。太蔵に居抜きで店を譲ってほしいと持ちかけていたこともわかり、太蔵に恨みを抱く久仁子が店舗の売却を断られ、殺意を抱いたのではないかという見方が浮上する。常連客だった近所の住人・猪俣喜久斗(上島竜兵)らによると、久仁子の父の店には、腕のいいギョーザ職人・水田秀次(内田朝陽)がいたというが…!? そんな中、久仁子のアパートのゴミ集積所から、太蔵の血痕が付着した包丁が発見されて…!?
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

警視庁捜査一課長2020の4話のネタバレ


補足説明
・太蔵の店の名前は津々龍です。

・第一発見者は妻です。

・死因は鋭利な刃物で刺されたことによる出血性ショック死です。

凶器は見つかっていません。

・死亡推定時刻は午後2時から午後3時までの間です。

・小山田は、ギョーザの皮を握りしめていることから仕込み中に連れ出されたのではと考えました。

しかし、真琴はそれならもっと手に小麦粉などが付いているのではと言いました。

ギョーザの皮は、この店のものではないかもしれないというのです。

あくまで真琴の勘ですが。

妻に確認を取ると、自分の店のものではないと証言しました。

津々龍では業務用の皮を仕入れているということです。

太蔵が握っていた皮は少し小さめで手作りのようです。

・真琴は中華料理店めぐりをしている際、事件の日津々龍の前で見かけた女性・久仁子に声をかけました。

久仁子は、太蔵が殺されたことを知らないと言います。

真琴がいろいろと質問すると怒って店を出て行きました。

・久仁子は、津々龍のライバル店であった包葉軒のひとり娘です。

包葉軒はかなり前に潰れています。

津々龍とのライバル対決で負けてしまったのです。

おまけに主人も亡くなってしまいました。

・昔久仁子は不良で、暴走族とよくつるんでいました。

今は、池袋の餃子丸というギョーザ専門店で働いています。


久仁子のアパートのゴミ集積所から、太蔵の血痕が付着した包丁が見つかりました。

久仁子は警察で取り調べを受けることになりました。

ゴミの中には、包丁と久仁子の郵便物が一緒に入っていました。

被害者の死亡推定時刻は自宅に1人でいたと答えました。


真琴は不良の口調で、久仁子に質問をします。

事件当日は、ギョーザの匂いがしたことから食べ歩いていたのではないかと尋ねます。

そして、人を探していたのではないかというのです。

久仁子は、父親の店にいたギョーザ職人の水田秀次を探していたのです。

父親のギョーザの味を引き継いでいるのは水田だけだと言います。

適当に言ったら当たったという感じです。

真琴の勘が冴え渡りました。


真琴は水田が働いている店を見つけました。

永代餃子という店です。

早速、真琴はその店に行ってみます。


小山田が店の中から出てきました。

水田は買い出しに行っていると言います。

ギョーザの皮をもらってきていました。


水田が戻ってきたので話を聞きます。

太蔵が殺されたことは新聞で知っていました。

最近、太蔵に会ってはいないと言います。

事件当日のアリバイを聞きます。

その日は店が休みだったので自宅で寝ていたというのです。

自分は事件には関係ないと言って行ってしまいました。


水田の店の皮と太蔵が握っていた皮の成分が一致しました。

同じ皮とみて間違いありません。

水田には前科がありました。

20年前に傷害事件を起こしていました。

不良同士のケンカに巻き込まれ、相手に大けがを負わせたのです。

水田の出身地は福岡県久留米市でした。

メモ書きのくるめとは水田のことを指していたのかもしれません。

水田が久仁子の犯行に見せるために、久仁子のゴミ集積所に凶器を捨てた可能性が浮上しました。


水田の事情聴取が始まりました。

久仁子の名前が出た途端、水田は自分が殺したと自供しました。

水田は何かを隠しているようです。


真琴は、久仁子に水田が起こした20年前の傷害事件のことで話を聞きました。

この事件の資料に久仁子の名前がありました。

真琴は、この事件を起こしたのは久仁子ではないかと尋ねました。


当時久仁子は相当の悪でした。

事件の日、手を血だらけにして自宅に帰ってきました。

心配そうな顔をしている久仁子を見て、水田は自分に任せて欲しいと言って出て行きました。

水田は、久仁子の身代わりになって警察に出頭しました。

執行猶予はついたのですが、店にはいられなくなって出て行きました。


そんな時、久仁子は水田と偶然会いました。

久仁子は20年前のことを謝りました。

水田は、久仁子の父親の味をもう1度お客さんに味わってもらいたいと言いました。

久仁子は、水田が父親の店をもう1度復活させて欲しいと言ったように感じました。

それから、久仁子はギョーザ店で働くようになりました。

そして、久仁子はお金がある程度貯まったので水田を探していました。

メモについては何も知らないというのです。


大岩は、久仁子と水田を釈放することにしました。

状況証拠だけでは、これ以上引き留めておくことはできないというのです。

大岩は、今回の犯人は久仁子のように、ギョーザの味や店が変わってしまうことを許せなかった人物ではないかと考えました。


真琴は、今回の事件は九州の地名が多いと言い出しました。

事件現場:豊島区長崎

永代餃子:江東区佐賀

メモのくるめ:東久留米


ふじは富士山でないかと考えられました。

東久留米からはきれいに富士山が見えるためです。

津々龍のギョーザは浜松餃子に近いものでした。

犯人は、富士山と浜松餃子がこよなく恋しい人物かもしれませんでした。


水田の周辺の防犯カメラを調べてみると、気になる人物が映っていました。

野球帽にウインドブレーカー姿の男性が店の近くに立っています。


捜査会議が開かれました。

メモから犯人は東久留米を生活拠点としている可能性があります。

そこで、東久留米から富士山が見える場所を徹底的に調べて犯人を見つけることになりました。

犯人は、えんじ色の野球帽にウインドブレーカーを着ている人物ということしかわかりませんでした。

そのため、今回はその情報だけで犯人を捜すしかありません。


大岩からは次のような言葉がありました。

犯人はこの東京の街で慣れ親しんだギョーザの味と富士山の見える風景にふるさとを求めていたに違いない。

犯人はあの中(ホワイトボードに貼ってある富士山の見える場所の写真)に必ずいる。

被害者と遺族の無念を晴らすためにもそれを探し出し、必ず星を挙げる!



全捜査員で徹底的に捜査していきます。

「見つけのヤマさん」の異名を持つだけあって、小山田がその場所を見つけました。

その場所とは猪俣喜久斗の自宅マンションでした。

猪俣は、真琴に水田が働いている店を教えてくれた人物でした。


小山田らは話を聞きます。

猪俣は津々龍に20年以上通っていました。

そのため、猪俣はそこの息子が令鵬不動産に務めていることを知っているはずです。

その令鵬不動産が、今度猪俣の近くに高層ビルを建てる予定をしていました。

その話を聞いた猪俣は自宅から逃げ出しました。


猪俣はマンションから出ると、大岩らが待っていました。

太蔵を殺したのは猪俣でした。

猪俣が水田の店からギョーザの皮を盗み出すところが防犯カメラに映っていました。


当初、猪俣は水田の店の皮を盗んで、水田の犯行に見せかけようとしました。

しかし、警察が久仁子を疑っていると知ると、今度は凶器を久仁子のゴミ集積所に捨てました。

猪俣は太蔵を殺すつもりはなかったと言いました。


事件の日、猪俣は盗んれきた皮を太蔵に渡しました。

これを使うとおいしいギョーザができると考えたためです。

しかし、太蔵は店を息子が務める令鵬不動産に売ることにしたと言いました。

猪俣はまた令鵬不動産かと思いました。

令鵬不動産が自宅の近くに高層ビルを建てるので、富士山が見えなくなるという話をしました。

そして、太蔵に息子に言ってビルを建てないように頼んで欲しいとお願いしました。

太蔵は、息子に直接頼むとよいと話しました。


猪俣は店の包丁を手にしました。

少し脅かすだけだというのです。

太蔵は猪俣を追いかけます。

息子に危害が及んではいけないと必死に猪俣を止めます。

その時、勢い余って包丁が太蔵に刺さってしまったのです。


猪俣は、街もギョーザの味も店もどうして変わってしまうのかと嘆きます。

真琴は、変わらないものなどないと言いました。

警視庁捜査一課長2020の4話の感想

殺すつもりはなかったとは言っても、今回の動機は特殊です。

部屋から富士山が見えなくなることがそもそもの原因なのですからね。


上島さんが出ることは知っていました。

真琴の聞き込みの相手で登場しました。

もうこれで出番は終わりかと思いました。

まさか最後の1番おいしいところを持っていくとは思いませんでした。

来週はどのような事件を解決してくれるのか楽しみです。


SNSでは次のような声が上がっています。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!