ドラマ「BG 身辺警護人」の3話のネタバレと感想をご紹介します。

スポンサーリンク

BG 身辺警護人の3話のあらすじ

BG 身辺警護人の3話のあらすじは次のとおりです。


まずは、こちらのあらすじを読んでからネタバレに進んでください!

 深夜に緊急の警護依頼が舞い込み、招集をかけられた島崎章(木村拓哉)ら日ノ出警備保障・身辺警護課のメンバーたち。一度は身辺警護課を辞めた高梨雅也(斎藤工)も復職する中、彼らに命じられた任務は『人気タレント・かのん(三吉彩花)に支給する現金一億円の警護』というものだった。
 急に「引退したい」と言い出し、姿を消したかのんを連れ戻すための金だ、と説明する芸能事務所社長の坂東光英(西村まさ彦)。現金輸送の経験もある高梨を責任者とし、かのんに会うため車で出発するが、行き先もはっきりしない任務に高梨は不信感を募らせ…?

 ようやく現金一億円の運び先を明かし始めた坂東。なんと、かのんは「引退する」と言い出し姿を消したのではなく、誘拐されていたのだ! 警察には知らせないで欲しい、と懇願する坂東の意思を尊重し、誘拐犯の要求した場所に金を運ぶことに。しかし、犯人との通話に成功した章は、ある違和感を覚え…?

 その頃、警視庁SPの落合義明(江口洋介)は、厚生労働大臣の立原愛子(石田ゆり子)から“民間の警備会社の章に警護を依頼するつもりだ”と言われ、驚がく。落合は、章を探して日ノ出警備保障に現れ…!?
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

BG 身辺警護人の3話のネタバレ

高梨は、坂東に警察に通報すべきだと言います。

しかし、坂東はかのんの命が助かるだけではいけないというのです。

誘拐されたことが公になれば、タレントとしての生命が終わってしまうためです。

そのため、坂東は頑なに警察への通報を拒否しました。


章は、高梨に坂東には警察に協力する意思がないので、それでは混乱を招いて時間が経つだけだと言います。

犯人から指示のあったショッピングモールへ行くことにしました。

高梨は不満そうです。


村田は、章から誘拐についての連絡をもらっていました。

坂東が通報を拒否するので、章に30分の時間を与えました。

もし通報しなかったことがバレると、警備業の免許が剥奪されるおそれがありました。


ショッピングモールに到着すると、犯人から坂東に連絡がありました。

犯人が場所を指示してきました。

坂東は、章と高梨はマネージャーということにしました。

章は、犯人にお金を取られてはいけないので、自分たちも同行してもよいかを尋ねました。

犯人は同行を認めました。


3人でショッピングモールに入りました。

犯人から再び指示がありました。

その通りに行動します。

坂東がコワモテの男とぶつかりました。

その男が襲ってきます。

高梨がその男を取り押さえようとします。


犯人が連絡してきて、章と高梨は警察だと言って、取り引きを終えようとしました。

章は、自分たちは警察ではなく、ボディーガードであることを明かしました。

警察でないのなら、イベント広場に戻って証明するように言われました。

章はイベント広場に戻ります。

ジャケットを脱ぐなどの指示に従うことで、何とか警察ではないと信じてもらえました。

その後、取り引き場所に行くように指示されました。

かのんの声が聞きたいと言うと、かのん本人から電話がありました。

彼の言うことを聞いてお金さえもらえれば帰れる」と言って電話を切りました。

章は何か違和感を抱きました。


その時、村田から30分経ったという連絡がありました。

村田が警察に通報すると言うと、章はこれは偽装誘拐の可能性があると伝えました。

かのんは「彼の言うことを聞いてお金さえもらえれば帰れる」と言いましたが、章は普通なら「社長がお金を出してくれたら」と言うのではないかと言います。

それに犯人のことをとは言わないのではないかというのです。


かのんのSNSの裏アカウントを見つけました。

そこで、かのんは事件が起こる少し前に映画の仕事はしないと書き込んでいました。

それを坂東が見ます。

坂東はアイツだと言いました。

かのんは、以前地元の不良と付き合っていました。

昨年結婚したいというので、手切金を払ってまで別れさせていたのです。

その男の名前は野々村翔一です。


沢口は調査部に野々村について調べに行きました。

その時です。

落合が日ノ出警備保障にやって来ました。

立原大臣の警護は民間ではできないと言ってきました。

村田は何も聞いていないと答えます。

落合が帰ろうとしたところ、沢口が騒がしく戻ってきました。


経営していた古着屋が倒産したことで、野々村には多額の借金がありました。

野々村はSNSで借金を返済できるメドがたったと書き込んでいます。


かのんと野々村も取り引き場所にやって来ました。

かのんは、野々村に借金を返して2人で新しい生活ができると言いました。


犯人は、橋の真ん中までお金を持ってくるように指示しました。

坂東は、ボディーガードに行かせてもよいかと尋ねると、犯人は1人で来るならよいと答えました。

坂東はどちらでもよいので、偽のお金でかのんを取り戻して欲しいと言いました。

偽装誘拐だと知った坂東は1億円を出す気はありません。


章が犯人の元へ行くことになりました。

2人はショッピングモールで坂東にぶつかってきた男も仲間だと考えていました。

実は、かのんは野々村とその男にだまされていたのです。

お金のためにかのんを利用したのです。

そのことを知ったかのんは逃げようとしますが、野々村はかのんとのベッド写真をバラまくと脅します。


かのんがやって来て、章にお金を置いて下がるように言いました。

かのんは泣きながら、野々村にもらった指輪を投げつけます。


章は、橋の欄干にカバンを置いて下がりました。

しかし、カバンが落ちそうになります。

章は身を乗り出してカバンを取ろうとして、橋から落ちそうになります。

右手一本で全体重を支えています。

かのんは必死に章を助けようとします。

章は、橋の欄干とベルトを手錠でつないでいるので、橋から落下するおそれはありませんでした。

野々村らは知らないので、1億円のために慌ててやって来ました。

章を助けようとしますが、カバンを落としてしまいます。

野々村らはカバンのことが気になっています。


その隙に、章は急いで橋に上がり、かのんを連れて逃げようとします。

野々村はベッド写真をバラまくと脅します。

かのんは章に「助けて」と言いました。

章は、かのんを高梨のいる方へ向かわせ、襲ってきた2人を相手にします。

野々村からはスマホを取り上げ、見事に2人をやっつけました。

その時、警察がやって来ました。

実は、日ノ出警備保障にやって来た落合は気になり、会社の車のNシステムで章らがどこに行ったのかを調べていたのです。


章とかのんは坂東と高梨のところへ来ました。

かのんは申し訳なくて、坂東の顔をまともに見ることができませんでした。


その後、章と高梨は警察に呼ばれて事情を聞かれます。

しかし、2人は黙秘して今回のことは一切話しませんでした。


坂東とかのんも事情を聞かれました。

偽装誘拐に利用されたというのです。

坂東は、かのんのイメージを守るために、章と高梨に何も話さないように頼んだと言います。

警察は、逮捕した2人はかのんもグルだと話していると言います。

坂東は、かのんは純情なのであの2人にだまされたのだと説明します。

かのんは犯罪に利用されるとは知らなかったというのです。


章と高梨は、何とか警察の事情聴取を終えました。

章は、何か言いたげな高梨に言いたいことがあるのなら話すように言います。

高梨は何も話しませんでした。

それは、話せば章が身辺警護課を辞めると思ったためです。

高梨は、章が辞めることは望んではいません。


今関から村田に電話がかかってきました。

村田と章に来て欲しいというのです。

この時、今関の前には立原大臣がいました。

BG 身辺警護人の3話の感想

今回は、見事に偽装誘拐を見破りました。

ちょっとした会話の内容から気づくのですからたいしたものです。

章と高梨とのコンビは、まだまだ信頼関係があるとは言えません。

しかし、いいコンビだと思います。

これからコンビを組むことで、徐々にでもお互いが信頼できるようになっていけばよいですね。


江口洋介さんは好きな俳優なのですが、このドラマでは章に嫌みばかり言う役です。

会うたびにいろいろ言って来ますね。


立原大臣は、またラストで登場しましたね。

今回は、日ノ出警備保障に警護を依頼しに来たようです。

警察とモメそうな気がしますね。


SNSでの声は次のとおりです。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!