ドラマ「M愛すべき人がいて」の3話のネタバレと感想です。

スポンサーリンク

【M愛すべき人がいて】3話のあらすじ

M愛すべき人がいての3話のあらすじは次のとおりです。


 レコード会社A VICTORYの社長・大浜(高嶋政伸)は、流川翔(白濱亜嵐)がプロデュースする4人組ガールズグループにアユ(安斉かれん)を追加して5人組でデビューさせるとマサ(三浦翔平)に告げる。反論するマサだが、決定事項だと一蹴されてしまう。会社の決定になすすべもないマサは、アユにガールズグループのセンターとして4月8日にデビューすることが決まったと報告する。ソロでのデビューを夢見ていたアユは、複雑な気持ちを押し殺して無理に喜んだふりをするが…。

 翌日、マサは会議にアユを連れて行き、役員たちの前でソロデビューさせると告げる。しかし、大浜やほかの役員たちは、アユを見て口々にこき下ろし始める。何を言われても笑顔で耐えるアユの姿を見たマサは、アユが売れなかったら会社を辞めると宣言する。
 一方、マサの秘書・礼香(田中みな実)は、「あなたは泥棒の手をしている。私の大切なものを奪わないでね?」とアユに宣戦布告し…。

 ある時、ふとアユが語る言葉の数々を思い出したマサは、アユに歌詞を書いてみるよう指示。彼女の紡ぐ言葉が人々の心に響くと考えたマサは、アユを“アーティスト”として売り出そうと考えたのだ。作詞なんて無理…と弱気になるアユだが、祖母・幸子(市毛良枝)の励ましを胸に、自分の思いを歌詞に込める作業に没頭する。
 アユが初めての作詞に四苦八苦する中、心の支えでもある幸子が倒れてしまう…。
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

【M愛すべき人がいて】3話のネタバレ

大浜は、流川がプロデュースするグループを来年の4月にデビューさせると言います。

ただし、4人では弱いので、アユを入れて5人にするというのです。

マサは反論します。

大浜は、アユはグループでデビューさせた方がリスクが少ないと言います。

センターはアユにやらせればよいというのです。

マサは大浜に食ってかかりますが、大浜からは決定と言われてしまいます。


マサは腹が立って仕方がありませんでした。

歩道で大声を出します。

たまたま車で通りかかった中谷は、マサに声をかけてきました。

中谷は、誰かを育てる時に大切なことは自分も一緒に育とうとすることであるとアドバイスしました。

自分はひよっこだと思えば気分が楽だと言います。


マサは、アユに来年の4月のデビューを伝えました。

アユは大喜びし、祖母・幸子に報告すると言います。

マサは、ソロではなく、グループでのデビューのことを話しました。

アユは拳を握りしめ、デビューできるだけでありがたいと言いました。

ソロデビューを夢見るアユにとっては、非常に悔しいことでしたが、無理をして喜ぶふりをしました。


アユは落胆してベルファインを出ます。

振り返ると、マサが立っていました。

アユはマサのところへ駆け寄って、アユはグループでデビューするのは嫌だと本心を伝えました。

そして、「グループでデビューするなら歌手になるのをやめます」と言いました。

マサは笑って、「バ~カ!やめさせるわけねぇだろ」と返します。

マサはアユをお姫様抱っこして、「俺を信じろ~」と言いながらぐるぐる回ります。


翌日の会議に、マサはアユを呼びました。

マサは、大浜にアユはやはりソロでデビューさせると言いました。

アユはグループに入れたら売れないというのです。


アユは、自分がソロでやりたいと言ったことを話しました。

そして、他の誰かの夢と自分の夢のサイズを合わせることはできないというのです。

マサはソロで決定だと言います。


大浜は、自分が社長だと言います。

そして、仮に自分が認めても役員がどう思うかというのです。

マサは、アユについてどう思うかを聞いてみました。

すると、役員からは「貧乏くさい」「売れないと思う」「オーラがない」といった声が上がります。

アユは拳を強く握りしめて耐えています。

それを見たマサは「よ~くわかった。ここいる全員が反対しても俺はアユをソロでデビューさせる!アユが時代を作る匂いがする」と告げました。

大浜は、マサ以外の者にはその匂いは感じないというのです。

マサは、アユはデビューして1年以内にアルバムを100万枚売ると言い切りました。

売れなかったらと言われたマサは「俺がこの会社を辞めてやる。そんでもって、アユを売るためにかかった金全部負担してやる」と宣言しました。

大浜は、それほど自分の目に自信があるのかと尋ねます。

マサは「アユを選んだのは俺じゃない!神の目が選んだんだ!」と答えました。


礼香が下まで送ってくれました。

アユに「困ったな~!あなたが売れなかったらマサの人生がくるっちゃうな~」と言います。

そして、アユに迫り、教えておくことがあるというのです。

礼香は眼帯を外して、「私のこの目はね。あの人に奪われたのよ。だからマサさん約束してくれたんです。一生私の目になるって」と言います。

さらに「あなたは泥棒の手をしている。私の大切なものを奪わないでね?そんなことしたら許さなーーーい!」と続けました。


マサはこれまでのアユの言動を思い出し、アユにアイドルでも歌手でもないアーティストになるように言います。

その後、マサはいろいろな曲を聴いて、アユが歌う曲を探しました。

アユを呼んで、その曲に歌詞を書くように指示しました。

マサは、アユの言葉に不思議な魅力を感じるというのです。 


アユは、幸子や叔母・里美に歌詞を書くことになったことを伝えました。

弱気になるアユに、幸子は背伸びをせずにそのままでよいと励ましてくれます。

今のアユの素直な気持ちが込められた歌を聴きたいというのです。


アユが喫茶店で歌詞を考えていると、理沙と真理がやって来ました。

2人はアユがソロデビューすることが気に入りません。

アユがノートに書き留めた歌詞を見てバカにし出します。

そして、ノートを破り取って捨てます。

アユがそれを拾おうとしゃがんだ時に、2人はアユの頭にオレンジジュースをかけました。

その破り取ったノートをトイレに流しておくので、礼を言うように命令されます。

アユは「ありがとうございました」と言いました。


マサから電話がかかってきました。

歌詞の進み具合を聞かれます。

アユは自分には無理と言います。

マサは、今の自分の気持ちも、今自分が立っている場所も、全部詩にできるとアドバイスします。

そして、自分が思うことをありのままに書けばよいというのです。


自宅に戻ると、幸子が倒れていました。

幸子は救急車で病院へ搬送されました。

幸子は持病が悪化したため、福岡の病院で治療を受けることになりました。

一緒に帰らなくてもよいかというアユに、里美はアユの書く曲を1番楽しみにしているのは幸子だと伝えました。


アユは再び歌詞を考える作業を行います。

幸子に言われた言葉を思い出します。

アユは今の素直な気持ちを書いていきます。


アユは出来上がった歌詞をマサに見せます。

マサは才能があると絶賛します。

そして、アユの言葉が世の中の若者の背中を押す時代が来るというのです。


マサは、アユのデビュー曲にと思って作った曲があると言います。

アユに明日までにこの曲の歌詞を考えるように指示します。


理沙は、流川に自分に本気になって欲しいと言います。

そして、流川を誘い、体の関係を持ちます。


アユは、福岡の病院に入院している幸子と電話で話しました。

途中で幸子は咳き込んでしまいます。

アユは、マサのところへ行きました。

幸子の意識がなくなり、今日が山であることを伝えました。

マサは、アユに幸子のところへ行くように言いました。


アユは一旦は幸子のところへ行こうします。

しかし、アユはマサのところへ戻ってきて詩を完成させると言います。

以前マサに言われた「今の自分の気持ちも、今自分が立っている場所も、全部詩にできる」という言葉を実践するというのです。

アユは、今の気持ちをどんどん歌詞にしていきます。

その歌詞をマサに見せると最高だと言ってくれました。


アユは急いで福岡に帰りました。

しかし、幸子はすでに亡くなっていました。

霊安室に安置されている幸子のところへ行き、アユは歌詞が書けたことを報告しました。

そして、歌詞が書けたのは幸子のおかげだと言って、泣きながら感謝の気持ちを述べました。


砂浜にいるアユのところへマサがやって来ました。

マサは、幸子に線香をあげて「アユは俺が絶対にスターにする。天国のおばあちゃんにアユの歌声届けます」と言って来たことを告げます。

アユはマサの胸に飛び込みました。

実は、アユが書いた歌詞の最後の一行「あなたの愛が欲しい」で思い浮かべたのは、幸子ではなく、マサだったのです。

【M愛すべき人がいて】3話の感想

ついにアユのデビューが決まりました。

ソロデビューに決まるまでの経緯はすごいですね。

マサが社長や役員の前であそこまで言うとは思いませんでした。

アユに人生を賭けているというだけのことはあります。

役員はアユのことをボロクソに言っていました。

アユが大スターになることはわかっているだけに、アユが売れた後のマサが役員を見返すシーンを見てみたいですね。


アユは歌詞を書くように言われました。

苦労しながらも歌詞を完成させました。

あれだけの歌詞をかけるのなら、本当に才能がありますね。

マサが絶賛するのもわかります。


田中みな実さんは、今回もすごかったですね。

やはり、こういう役はぴったりです。

来週はさらに暴走するようです。

楽しみです。


SNSでは、次のようなコメントが上がっています。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!