ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」の3話のネタバレと感想をご紹介します。

スポンサーリンク

行列の女神の3話のあらすじ

行列の女神の3話のあらすじは次のとおりです。


 汐見ゆとり(黒島結菜)は「清流企画」にきた新たな依頼を勝手に引き受けてしまう。不安げな河上堅吾(杉本哲太)をよそに、芹沢達美(鈴木京香)は「そんなに行きたいなら行けば」と許可を出す。担当者として早速、依頼人『つけ麺あんざい』店主・安西徳之(窪塚俊介)のもとへ。
安西の出すつけ麺はゆとりも納得のおいしさだが、客が全く入らず頭を抱えていた。ところが時を同じくして、安西の妻・絵里(林田岬優)も「味惑コーポレーション」という別のコンサル会社に立て直しを依頼。店にフードコンサルタントの難波倫子(松井玲奈)を連れてくる。互いに相談なく話を進めたことで喧嘩を始める2人。一方倫子は表情を一変させ、「消え失せろ」とゆとりを威迫。あまりの凄みに圧倒されてしまう。

一方、開店時間を迎えた『らあめん清流房』でも波乱が起きようとしていた。ゆとりの母・橋爪ようこ(高畑淳子)が突如来店。辛辣な言葉を並べるラーメン否定主義者のようこVSようこの言動すべてにイラ立つ芹沢――睨み合う2人の間にかつてある事件があって……?
帰社したゆとりは、ようこと父・亮二(利重剛)の登場に慌てふためく。就職先の様子を見に来たというようこだが、真の目的は跡継ぎ問題だと踏んだゆとりは、「跡継ぎにならない!」と語気を荒げ頑なに拒否するが…。

そんな中、ゆとりは依頼がまだ保留中になっていることを報告する。ライバルの倫子は、この地域がつけ麺専門店の超激戦区なのが繁盛しない理由だと睨み、すでにプランニング済み。実際、安西は激戦区と知りながら腕試しで出店していた。一度は芹沢の会社に頼もうとしたものの、倫子の明確なプランを聞き、どちらに頼むか迷い始めた安西夫妻は、「よく話し合って決めたい」と言い出したという。状況を把握した芹沢は、「売られた喧嘩を買いに行く」と「味惑コーポレーション」へ。そこで2社によるコンペを提案する。
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

行列の女神の3話のネタバレ

ゆとりは、勝手にコンサルティングの依頼を受けてしまいました。

河上は、ゆとりに勝手なことをしないように注意します。

芹沢が事務所に戻ってきました。

すると、芹沢はゆとりが担当することを認めてくれました。


ゆとりは、早速依頼人である「つけ麺あんざい」を訪れました。

店主の安西徳之に話を聞きます。

つけ麺の味には自信を持っていますが、開店以来まったく客が入っていませんでした。

そこで、清流企画にコンサルティングを依頼することにしたのです。


しばらくすると、妻の絵里が帰ってきました。

絵里は、味惑コーポレーションというコンサルティング会社に店の立て直しを依頼していました。

店にフードコンサルタントの難波倫子を連れてきていました。

ここから、夫婦のケンカが始まりました。

お互いに何の相談もなく、別のコンサルティング会社に依頼したことが気に食わなかったのです。


倫子は、ゆとりに話があると言います。

そして、倫子は「消えろ。さっさと消え失せろ言うとんねん。このボケ。痛い目みなわからんのか」と言ってきました。

その凄みと驚きでゆとりは固まってしまいます。


その頃、らあめん清流房は開店時間を迎えていました。

この日は月替わりラーメンの日で、厨房には芹沢が立っていました。

「鶏だし白湯らあめん」が客に出されました。

しかし、客は一向に箸を付けません。

その時です。

1人の女性客が入ってきました。

それは橋爪ようこでした。

ようこはゆとりの母親で、橋爪クッキングスクールの総帥です。

ようこは、今日は勉強のために講師陣を連れてきたというのです。

全員でスープを飲み、麺を食べます。

そして、講師陣は次々と麺とスープの素材などを言ってきます。

芹沢は完璧に言い当てられてしまいます。


ようこはさすがの味だと褒めますが、かつての勢いはないというのです。

昔はもっと荒々しかくて尖っていたのに、こぎれいにまとまりすぎていると酷評します。

芹沢は必死に怒りを抑えて、食べないのなら出て行って欲しいと丁寧に言いました。


ゆとりが事務所に戻ると、ようこと亮二がいました。

ようこはゆとりに話があるというのです。

河上が亮二を訪れたことで、ようこにゆとりの就職先がバレてしまったのです。

この日はゆとりの就職先を見に来たと言います。

2人は嫌みの言い合いを始めます。

どちらも負けていませんでした。


ようこはゆとりを連れ戻しに来たのです。

ゆとりはラーメンへのワクワクが抑えられないと言って、ようこの跡継ぎになる気はないと言いました。

ようこのような毒親とは縁を切るつもりだというのです。

ゆとりは、おいしいラーメンを食べさせてくれなかったのは虐待だと言って、本当の母親はきっとラーメンなのだと主張します。

ようこは、ゆとりに自分の好きなようにすればよいと言ってくれました。


ここからは、また芹沢とようこの壮絶なバトルが始まりました。

お互いに言いたい放題です。


芹沢は、ゆとりの帰りが早いことに気がつきました。

失敗して逃げ帰ってきたゆとりはいらないと、ようこに返品します。


ゆとりは依頼先であったことを説明しました。

徳之は、絵里と相談した結果、清流企画にコンサルティングをお願いすると言ってくれました。


しかし、倫子はすでにこの店が繁盛しない理由を分析していて、店を立て直すための明確なビジョンを持っていました。

この話を聞いた安西夫婦は、どちらに頼むべきかを迷い始めました。

そのため、よく相談してから決めるという結論に至りました。

したがって、現時点ではまだどちらに任されるのかは決まっていません。


芹沢は、ゆとりはクビだと言いました。

自分の名前を出しても仕事を取ってこられなかったのは、ゆとりがよほど頼りなかったからだというのです。

すると、ゆとりは思ったほど芹沢の名前に威力がなかったと言いました。

この話を聞いたようこは大笑いして、ゆとりを頼むと言って帰って行きました。


芹沢は、「売られた喧嘩を買いに行く」と言って、味惑コーポレーションへ向かいました。

2社によるコンペを提案しました。

担当は、お荷物社員のゆとりにさせると言いました。

すると、味惑コーポレーションの社長である福花康男は、倫子は期待の若手だというのです。

芹沢は、自分のところのお荷物社員とそちらの期待の若手ならよい勝負になると言います。

福花は、この勝負を受けて立つことにしました。


帰りに、芹沢はゆとりにガチンコ勝負はいいと言いました。

もしゆとりが負けたら、橋爪クッキングスクールのもっとも遠い支部に送るというのです。

ゆとりは、芹沢にようことの関係を尋ねました。


ようこにとって芹沢は因縁の相手でした。

芹沢が20代の頃、テレビ関東で「テレビチャレンジャー」という人気番組がありました。

その中の「なでしこ料理人選手権」という企画で2人は雌雄を決したのです。

当時芹沢はラーメン界の風雲児、一方のようこはヘルシー料理の第一人者として注目を集めていました。

勝負は審査員5人が芹沢を選びました。

芹沢の圧勝でした。

そこから、ようこはさらにラーメンを否定するようになったというのです。


ゆとりは、このエリアの人気つけ麺店である「金獅子亭」と「グルテンハウス」に試食に行きました。

会社の厨房で早速試作品を作ります。

芹沢がそこへやって来て、コンサルの方針を説明するように言いました。

ゆとりは、「金獅子亭」と「グルテンハウス」を超えるつけ麺を作ることだというのです。

店の立地やメニュー戦略などいろいろ勉強させてもらいましたが、一番大切なのはワクワクだと力説します。

芹沢は、ゆとりはやはりそういうタイプなのだと思ったと言って出て行きました。


芹沢は、現地調査を行っていた倫子に声をかけます。

自分にもその調査メモをくれないかというのです。

そして、倫子に提案があると言います。


いよいよコンペの日がやって来ました。

最終的なジャッジは安西夫婦にやってもらいます。

オブザーバーとして有栖も同席することになりました。


まずは、倫子からです。

豚骨ラーメンを出してきました。

倫子は、つけ麺店をやめて豚骨ラーメン店に商売替えするという提案をしました。

次のように説明します。

店を繁盛させるためには、この立地を活かすべきです。

この周辺のつけ麺以外の外食店を調べると、ラーメンのニーズはまだまだあり、この近くには豚骨ラーメン店は1軒もありません。

安西の腕なら、豚骨ラーメン店でも十分やっていけます。


福花は、つけ麺店にあまりにも大胆な提案ではないかと言います。

一方、有栖は実に的確な分析と提案であると絶賛します。

芹沢も、フードコンサルタントとしては新人らしからぬ発想だと褒めます。


ゆとりは、このような提案は全然ワクワクしないと言います。

自分の新メニューなら楽勝だというのです。

すると、倫子は「次は我の番じゃ。大口を叩いとらんでさっさと見せてみい!」とドスの利いた声で言います。


次はゆとりの番です。

ゆとりはつけ麺を出しました。

みんなはおいしいと絶賛します。

濃厚豚骨に激辛スープをベースにして、そこに砂肝やせんまい、血豆腐などいろいろなものが入っています。

血豆腐を入れることでインパクトが大きくなりました。

麺にも一工夫されています。

つけつゆとのバランスを取るために、麺に春雨が混ぜられています。

有栖は「金獅子亭」と「グルテンハウス」にも引けを取らないと言います。

ゆとりは、このつけ麺でこの地域で1番のつけ麺店を目指すという提案をしました。


芹沢は、安西夫婦にどちらの提案を採用するかを尋ねます。

徳之は、倫子の提案を採用すると言います。

絶対に勝つと思っていたゆとりは驚きます。


徳之は、その理由を次のように話します。

ゆとりのつけ麺は確かにおいしく、「金獅子亭」と「グルテンハウス」とも戦えます。

しかし、このようなつけ麺は自分の腕では作れません。

それに、普通に街を歩いている人がこのような奇抜なつけ麺を食べたいと思うかどうかを考えました。

あと、血に抵抗のある人もいます。

その点、倫子の提案は現実的で自分の店でも十分やっていけます。


その時、河上が豚骨ラーメン店を経営している久保を連れてきました。

先ほど食べた豚骨ラーメンは久保が作ったものでした。

味はよいのですが、久保の店は豚骨ラーメン店の激戦区にあるので思うように集客できていませんでした。


今回、この店と久保の店でレシピ交換をしてはどうかというのです。

つまり、お互いの店でレシピ交換した相手の店のメニューを出すのです。

これを提案したのは芹沢でした。

芹沢は、倫子が商売替えを進めるための調査をしていたので声をかけたのです。

一からレシピを考えるよりもこの方が早いと言います。

これで久保の店の問題も一度に解決できます。


倫子は一からレシピを考えても負ける気がしなかったと言います。

芹沢は、そうとは言えないというのです。

ゆとりは料理人としては一流だからです。

しかし、フードコンサルタントとしては三流以下だとダメ出しします。

コンサルとしては、倫子の方が一枚も二枚も上手だったと言います。

芹沢は今回は引き分けだというのです。


帰りに、ゆとりは芹沢に不満をぶつけます。

芹沢から、そろそろ料理がおいしいだけでは成功しないということを理解するように言われます。

ほとんどの客は、おいしい店を探して食べ比べているわけではなく、知名度や人からの推薦をもとに店を選んでいます。

ある意味、客は情報を食べているのだというのです。

そして「美味しいつけ麺でチャレンジしたいなら、他人のお店で試すのではなく、自分でお店を出してからにしなさい!」と言います。

ゆとりのへこんだ顔をみて、芹沢は心の底からスカッとしたとドSな面を見せます。


芹沢は、河上にゆとりを見ているとなぜイラッとくるのかがわかったと言います。

それは、ただおいしいものを作ればよいと信じていた昔の自分を思い出して、うらやましくなるからだというのです。

行列の女神の3話の感想

今回は、2組の女性の熱い戦いが見られましたね。

芹沢とようこの因縁が何か明らかになりました。

昔の料理対決とはね。

ただ、ラーメンとヘルシー料理で対決するというのはあまりにもジャンルが違いすぎます。

それで勝敗をつけるのはどうかと思いました。


倫子のキャラが濃すぎて驚きました。

あのような話し方の人、今時いませんよね。

松井さんは、確かレギュラーキャストとして発表されていたので、この後再度登場すると思います。

またゆとりと対決するかもしれません。

楽しみですね。


SNSでの声は次のとおりです。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!