ドラマ「野ブタをプロデュース」の4話のネタバレ・感想をご紹介します。

スポンサーリンク

野ブタをプロデュースの4話のあらすじ

野ブタをプロデュースの4話のあらすじは次のとおりです。


年に1度行われる隅田川高校の恒例行事!
公衆の前で『愛の告白』を行うという『1・1・4 (イイヨ)』の日、11月4日がやってきた。
信子は、バンドーの嫌がらせから、修二に愛の告白をすることになってしまう。
一方、修二は信子をプロデュースする立場からか、
信子の告白への応えに当惑するのだった――!
はたして、信子は修二に愛の告白をすることが出来るのか――!?
そして、修二はどう決断をくだすのか――!?
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

野ブタをプロデュースの4話のネタバレ

修二は、まり子と付き合っていました。

しかし、きちんと付き合う気はないと言います。


隅田川高校では、11月4日に「1・1・4」というイベントが行われています。

これは、好きな人に愛の告白を行うというものです。

「イイヨ」という語呂合わせで縁起がよいためです。

ただし、告白できるのは年に1人だと言います。

成功すれば花、失敗すれば水がかけられます。


彰は、修二と信子に野ブタプロデュース大作戦手帳を渡しました。

11月4日には「114愛の大作戦」と書かれていました。

この日に、修二が信子にみんなの前で告白すれば、信子は一気に人気者になるというのです。

修二は、自分の力で人気者にならないと意味がないと言います。

彰は、自分の人気が下がることを恐れているのではないかというのです。

修二は口では否定しましたが、彰の言う通りでした。

自分の人気を下げてまで、信子の人気を上げようとは思っていませんでした。


修二は、他人に誕生日を祝われるのが嫌で、まり子にも理由をつけて教えていませんでした。

彰が前世占いをすると言って、しつこく修二に迫ってきます。

そのため、修二は彰に11月1日が誕生日であることを話しました。

それを信子も聞いていました

信子は、修二の誕生日を先ほどもらった手帳に書き込みました。


その後、信子は廊下にその手帳を落としました。

拾ってくれたのはまり子でした。

その時、まり子は11月1日に修二の誕生日と書かれているのを見てしまいました。


まり子は、修二に誕生日は誰にも言わないと言っていたのではないかと尋ねました。

修二は手帳を見せて、信子が持っていたのは自分の手帳だと答えました。

まり子は納得して、修二を責めたことを謝ります。


信子は、修二に誕生日プレゼントをあげたいと言い出しました。

彰は嫌がるのでやめるように言います。

しかし、信子は残らないものならよいのではというのです。

そして、信子と彰はグランドに石灰で何かを書きました。


まり子は、修二のために誕生日ケーキを作ってくれました。

一緒に食べようと言うまり子に、修二はもったないからこのまま持って帰ってもよいかと尋ねました。

まり子は持って帰ってもよいと答えました。


修二は、屋上にケーキを持っていきました。

実は、修二は甘いものが苦手で、ホイップはあり得ないと言います。

そのため、修二は一口も食べずに、ケーキは彰と信子にあげました。

信子は、まり子の心がこもっているので、このケーキは食べないといけないというのです。

修二は、心と聞いただけで気持ち悪いと言い出します。

信子は怒って帰って行きました。


彰は、修二に信子と一緒に誕生日プレゼントを用意したことを伝えました。

グランドの方を指さします。

修二は、そのようなことをしないように頼んだはずだと不機嫌になります。

その後、彰も帰って行きました。

修二がグランドを見ると、大きな誕生日ケーキに「HAPPYバースデー」と書かれていました。


その日の夜、何者かが学校に侵入して、グランドに何かを書きました。

次の日、修二が学校へ行くと大騒ぎになっていました。

信子と彰が書いた誕生日ケーキはめちゃくちゃにされていました。

さらに、相合い傘が書かれていて、その中には修二と信子の名前が入っていました。


坂東らは面白がって、「1・1・4」のイベントで信子が愛の告白を行うように仕向けました。

しかも、信子が告白するのは修二です。

このことは学校中で大きな話題となりました。


修二は、クラスメイトにまり子から信子に乗り換えるのかと冷やかされます。

修二はそれを否定します。


イベントの前日、修二は彰と信子を屋上に呼びました。

修二は、信子に水をかけてしまうと先に謝ります。

信子は気にしないと言います。

逆に、信子は迷惑をかけたことを謝りました。


彰は、帰ろうとする修二の腕を掴みました。

信子を人気者にするプロデューサーが、そのようなことを言ってもよいのかというのです。

修二は何も言わずに帰って行きました。

信子は、彰に力はどうすれば出るのかを尋ねます。

彰は、「野ブタパワー注入」と教えます。


彰は、修二を必死に説得します。

坂東にされたのと違って、修二に水をかけられると信子のショックを大きいと言います。

後で謝ればよいというわけにはいかないというのです。


信子は、彰に教えてもらった「野ブタパワー注入」で力を出します。

そして、坂東のところへ行きます。

信子は、坂東に告白の話を取り消して欲しいと頼みました

修二に迷惑がかかるというのです。

坂東は心配しなくても、修二なら平気な顔で水をかけると言います。


信子は、坂東は自分よりももっとクラスで浮いていると言いました。

坂東は、自分が浮いていることを幼稚園の頃から自覚しているというのです。

信子は変わろうと思わないのかと尋ねます。

坂東は今更よい子にはなれないと答えます。

信子は人は変われると言いました。


修二が自宅で夕食を食べていると、彰がやって来ました。

彰は、瓦を持ってきました。

瓦を積みながら、信子が水をかけられるのを黙って見ているわけにはいかないというのです。

修二が、明日信子に水をかけるようなことがあれば許さないと言います。

そう言った後、彰は拳で10枚の瓦を一気に割りました。

修二は明日こうなるというのです。

彰が帰った後、修二は明日のことで迷っていました。


いよいよイベントの当日を迎えました。

まず、会場に信子が入ってきました。

その後、修二も余裕の顔を見せて入ってきました。


信子は、修二に「人って変われるよね」と言いました。

ついに修二が決断しなければならない時が来ました。

どちらかのロープを引っ張るという直前で、信子が相手を替えたいと言い出しました。

信子が指名したのは坂東でした。

今度は、坂東が花か水を選びます。

坂東がロープを引っ張りました。

信子に降ってきたのは水ではなく花でした。

修二も彰も驚きます。


3人で屋上に集まった時、手違いでそれぞれの手帳を間違えて持って帰ってしまいました。

信子は、修二の手帳の中を見ます。

水と花が書かれたあみだくじがありました。

あみだくじはいくつか書かれていました。

最後のあみだくじは花のところへ向かっていました。

修二は、花のところへいくまで、何度もあみだくじをやり直していたのです。

つまり、あの時あのまま続けていれば、修二は花を選んでいたのです。

修二は、自分の人気を下げてでも花を選んでいたというのです。

それは彰と信子が好きだからです。

野ブタをプロデュースの4話の感想

今回は、何と言っても「1・1・4」のイベントです。

修二は悩んだでしょう。

信子を選ぶと大きく人気を下げるますからね。

修二なら、花を選んで、信子に水をかけるのは可哀想だったとみんなに説明するのではないかと思いました。

しかし、純粋に花を選ぼうとしたようです。

彰と信子が好きなためと言っていました。

修二にやっと本当の友達ができたのかもしれませんね。


次はどのような話なのか気になります。

面白すぎますね。

来週が楽しみです。


SNSでのコメントは次のとおりです。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!