ドラマ「9係シーズン1」の1話のネタバレ・感想についてご紹介します。

スポンサーリンク

9係シーズン1の1話のあらすじ

9係シーズン1の1話のあらすじは次のとおりです。


警視庁の新組織“9係”が難事件を解決する。初回は通り魔殺人事件を追う前編。男女の死体と重傷を負った男・田野倉(北原雅樹)が公園で見つかる。刑事・青柳(吹越満)は、殺された男が勤務先の社員・杉村(石井揮之)と女性関係でもめていた情報を得る。一方、新人刑事の浅輪(井ノ原快彦)は、係長・加納(渡瀬恒彦)と意識が戻った田野倉の元へ。
(https://thetv.jp/より引用)

スポンサーリンク

9係シーズン1の1話のネタバレ

石川倫子はデコレーションケーキを作っています。

完成後、倫子はケーキを持って店を出ました。

直樹は新しいスーツを着て歩いてきます。


この2人が出会い頭にぶつかってしまいます。

ケーキは落としてしまってめちゃくちゃです。

スーツには生クリームがべっとり付いてしまいました。

2人は、お互いにぶつかってきたのはそちらだと言い張ります。

これが直樹と倫子の初めての出会いです。


直樹が歩いていると、物音が聞こえてきました。

そちらの方へ行ってみると、男性と女性が倒れていました。

直樹が2人の様子を確認していると、後ろから鉄パイプのようなもので殴打されました。

直樹は気を失ってしまいました。


翌朝、直樹が目を覚ますと、男性と女性が倒れていました。

直樹はすぐに警察に連絡しました。


村瀬健吾と小宮山志保が現場に到着すると、矢沢英明は遺体のそばにいました。

遺体は、直樹が見た男性と女性です。

矢沢は、村瀬に男性は腹、女性は背中を刺されたと伝えました。

あと、男性が2人頭を殴られました。

そこへ青柳靖がやって来ます。

青柳は、凶器の鉄パイプを持っていました

通り魔による犯行なのか、計画的なものなのか、現時点では判断がつきませんでした。


男性は増田義則で、大洋テクノロジーの技術開発部で勤務しています。

女性は武藤恵理子で、テレビにも出る人気料理研究家で代議士夫人です。

救急車で運ばれた男性は話が聞ける状態ではありませんでした。

オタクっぽい感じだったと言います。

そして、もう1人の男性が直樹です。

実は、直樹は9係に異動してきたばかりでした。

そのため、9係の面々とは事件現場で初顔合わせとなってしまいました。


村瀬は、通り魔による犯行ではないと考えていました。

殺された2人は携帯を持っていなかったためです。

2人が揃って自宅に忘れたとは考えにくいです。


村瀬と志保は恵理子、青柳と矢沢は増田を調べます。

新人の直樹は何をすればよいのかわかりませんでした。

矢沢は救急車で運ばれたオタクを調べるように言いました。


直樹は、いきなりある男性から声をかけられました。

その男性が係長の加納倫太郎だとわかると、直樹は慌てて挨拶しました。

加納は、直樹にオタクを調べに行くと言いました。


病院に着くと、運ばれてきた男性に話を聞きます。

その男性の名前は田野倉勝です。

田野倉は、事件の日のことを次のように話しました。

公園の近くを歩いていると、女性の悲鳴が聞こえました。

悲鳴が聞こえた方へ行くと、2人は死んでいて、男性(直樹)が1人倒れていました。

そこには、ナイフや鉄パイプを持った男たちがいました。

慌てて逃げましたが、高台から突き落とされてしまいました。


田野倉は、増田と恵理子とは面識がないと言います。

男たちは3人いましたが、マスクをしていたので顔はわからないというのです。

3人とも大柄だったような気がすると言いますが、暗くてはっきりはわからないそうです。


加納は、田野倉に公園のどの場所から事件現場まで行ったのかを尋ねました。

田野倉は渡された地図で、どこから事件現場まで行ったのかを説明しました。


加納はバカの実が気になっているようです。

バカの実を2つ持っていました。

1つは事件現場の公園で見つけたものです。

そして、もう1つは田野倉のズボンに付いていました。


加納は、田野倉の先ほどの説明に疑問を抱きました。

実は、田野倉が説明した場所ではバカの実は引っ付かないのです。

そこには生えていないためです。


病室を出ると、直樹は加納に田野倉は怪しいと言います。

加納は、直樹に見張るように指示しました。


村瀬と志保は、夫の代議士・武藤に話を聞きました。

武藤に増田と田野倉の写真を見せます。

武藤は知らないと答えます。

恵理子がどうしてあのような場所に行ったのかも、携帯についてもわからないと言います。


青柳と矢沢は増田の自宅を調べます。

携帯は見つかりませんでした。

他には、特に異常はありませんでした。


青柳と矢沢は、増田の勤め先である大洋テクノロジーを訪れました。

増田は地味で真面目な男でした。

人から恨まれるような人間ではないことがわかりました。


1人の女性社員が、増田が近藤雪乃のことである人とトラブルを起こしていたというのです。

ある人とは、営業の杉村次郎です。

杉村と雪乃は付き合っていると言います。

杉村と増田がモメているのを雪乃が見ていたというのです。


田野倉は退院しました。

直樹は、田野倉を尾行します。

しかし、途中で無理矢理踏切に入ろうとするおばあちゃんを止めに行ったため、直樹は田野倉から目を離してしまいました。

その間に、田野倉は何者かに歩道橋の階段から突き落とされてしまいました。

直樹は、犯人の顔を見ました。


加納は、9係の部屋でそばを茹でていました。

その時電話が入りました。

加納・村瀬・志保は田野倉が運ばれた病院に向かいます。


直樹の協力により似顔絵が作成されました。

それを見た志保は、武藤の秘書・淡野渚だと言いました。


田野倉に似顔絵を見せて、この女性を知っているかを尋ねます。

田野倉は、半年前に見かけてから渚のことが好きだというのです。

事件当日、田野倉は渚をつけていました。

田野倉は、渚が事件現場で2人を殺すのを見ました。

その時、渚と目が合ったと言います。

渚はそのまま逃げて行きました。

そこへ直樹がやって来ました。

田野倉は渚を守るために、直樹を鉄パイプで殴りました。

その後、田野倉は逃げる際に、慌ててしまって転倒してしまったのです。

血の気の多い直樹は、田野倉に掴みかかります。


田野倉は、渚と2人で逃げるつもりだったというのです。

そこで、田野倉は渚を呼び出しました。

村瀬は、そこで冷たくあしらわれて突き落とされたのではと尋ねました。

しかし、田野倉は突き落とされたことは否定しました。


村瀬は、加納に渚の連行についての許可を得ました。

警察署で渚の取り調べが行われました。

渚はストーカーの話を信じるのかと言います。


とぼけても無駄なことがわかり、渚は公園に行ったことを認めました。

しかし、誰も殺してはいないと言います。

渚は、恵理子の浮気現場を押さるために公園に行ったというのです。

恵理子は、出会い系サイトを使って頻繁に浮気をしていました。

最近のお気に入りは増田でした。

渚は、武藤の指示で恵理子を調べていたのです。

事件当日、渚は2人の携帯を持ち去りました。

それは、2人の関係がバレないようにするためでした。


2人の携帯を調べたところ、2人は男女の関係にあったことがわかりました。

捜査は振出しに戻りました。


村瀬と志保は、渚が嘘を言っているのではないかと考えました。

浮気を隠すためだけに、殺人現場から携帯を持ち去ったことが引っ掛かっていました。

青柳と矢沢は、増田がモメていた杉村のことが気になっていました。


直樹は、事件現場にもう1度やって来ました。

その時です。

動くな。ここで何してる?」という女性の声が聞こえてきました。

声をかけたのは倫子でした。

直樹が公園に入っていくのが見えて付いてきたというのです。

倫子は、直樹を野次馬だと思っています。

直樹は、倫子に刑事という顔ではないと言われてしまいます。


倫子は、直樹に謝りました。

自分の方からぶつかったことを認めました。

倫子は、バースデーケーキを届けるために急いでいたのです。


倫子は、お詫びにケーキをごちそうすると言います。

直樹は甘いものが苦手でしたが、断りづらくてミルフィーユと思わず言ってしまいました。

2人は改めて自己紹介しました。

直樹は今更刑事だとは言いにくかったので、保険の外交員ということにしました。


渚は、向上心の強い女性です

外務省に勤めていた時に、当時の上司だった武藤に引き抜かれたのです。

いずれは代議士になるつもりのようです。

外交に関する手腕は相当なものです。

厄介な国である北アムール共和国とも、渚独自のパイプを持っています。


杉村が無断欠勤していることがわかりました。

青柳と矢沢は、杉村の自宅を訪れました。

すると、杉村は引っ越していました。

引っ越しは、代理の者が行っていたことが明らかになりました。

その時です。

何者かが部屋に入ってきました。

そして、青柳と矢沢はスタンガンで襲われて拉致されてしまいました。


その頃、加納は刑事部の上層部に呼ばれました。

9係が捜査している事件は公安部が引き継ぐことになりました。

9係シーズン1の1話の感想

9係を久しぶりに観ました。

とても新鮮な感じがしました。

9係は、やはり渡瀬さんが演じる加納倫太郎がいないといけませんね。

そう言えば、いつも9係の部屋で何かを作っていました。

懐かしいですね。


直樹は、刑事はまったくど新人ですね。

この頃は血の気が多かったようです。

今でも、犯人の胸倉を掴むことはありますが。


志保には恋人がいて、村瀬には婚約者がいました。

それに驚きました。


来週は、今回の続きが放送されます。

楽しみですね。


SNSでのコメントです。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!