ドラマ「BG 身辺警護人 傑作選」の4話のネタバレと感想をご紹介します。

スポンサーリンク

BG 身辺警護人の4話のあらすじ

BG 身辺警護人の4話のあらすじは次のとおりです。


まずは、こちらのあらすじを読んでからネタバレに進んでください!

 日ノ出警備保障の社長・今関(永島敏行)から「非常に重要かつ極秘の依頼が入った」と、村田(上川隆也)とともにある場所に呼ばれた章(木村拓哉)。ふたりはそこで、厚生労働大臣の愛子(石田ゆり子)から個人的な身辺警護の依頼を受ける。秘密裡に対立する派閥の長と会談を持つため、警視庁SPには知られることなく外出したい、と話す愛子。人間ドックに入る病院から抜け出し3時間以内に目的を果たして戻る…という非常に難しいミッションを受けることになり…!

 任務当日、病院に到着した章たち。しかし会社で待機していた高梨(斎藤工)は、「対立派閥の長との会談」という愛子の外出理由は嘘なのではないかと感じ、そのことを現場に知らせるようまゆ(菜々緒)に命じる。愛子の様子に不審な点を感じていた章は、本当の理由を教えてほしいと問うが…?

 その頃、病院では愛子がいなくなったことが知られ、大騒ぎになっていた。SPの落合(江口洋介)は何かを隠していそうな愛子の秘書・坂上(桜井聖)から、愛子が結婚披露宴の招待状を持っていたこと、そして数日前に章ら日ノ出警備保障の人間たちと会っていたことを聞く。
 愛子の本当の目的はいったい何なのか!?やがて落合率いる警視庁SPと章たちの直接対決に発展し…!?
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

BG 身辺警護人の4話のネタバレ

愛子は、担当のSPにお茶でも飲んでおくようにと言って、検査室に入っていきました。

検査室に入った愛子は裏口から病院を抜け出して章らと合流します。

そして、村田が運転する車に愛子と章は乗り込みます。

病院からの脱出はうまくいきました。


高梨は、愛子がケイリントンホテルで密談をすることに疑問を感じていました。

愛子が向かっているケイリントンホテルは、フロアが吹き抜けでつながっているため、人目に付きやすいです。

顔がバレている政治家が密談に使うようなホテルではありませんでした。

まゆは、このことを章に伝えました。


その頃、病院では愛子がいなくなったと大騒ぎになっていました。

落合は、愛子の秘書・坂上に会いました。

坂上に知っていることをすべて話すように言いました。

坂上は、愛子が結婚披露宴の招待状を持っていたことと、日ノ出警備保障の者と会っていたことを話しました。


村田は、愛子にどうしてケイリントンホテルに行くのかを尋ねました。

自分たちには守秘義務があるので教えて欲しいとお願いしました。

愛子は、密談ではなく、密会だと答えました。

好きな既婚者がいるというのです。

章は違和感を抱いていました。

そのような理由なら、休日のお昼には会いに行かないのではというのです。

完璧な警護を目指すなら本当の理由を聞いておく必要があると伝えました。

愛子はそれっぽい理由を話しますが、まだ何かを隠しているようです。


落合は、日ノ出警備保障にやって来ました。

今愛子はどこにいるのかを尋ねてきました。

しかし、高梨とまゆは答えませんでした。

警視庁のSPは独自に愛子の情報を得たようですぐに帰って行きました。


高梨は、章に落合が来たことを伝えました。

そして、ホテルへの道で検問が行われていることを伝えます。

その時、章らが乗った車は、ホテルへ通じる道のトンネルの中で渋滞に捕まっていました。

それでも、愛子はどうしてもホテルへ連れて行って欲しいと頼みました。


検問で車の中の確認が行われました。

章と愛子の姿はありませんでした。

その頃、2人はトンネルの中の避難経路を歩いていました。


愛子は、章にはすべてがバレていそうな気がしていました。

そこで、愛子はホテルへ行く本当の理由を明かしました。

愛子は娘に会いに行くのです。

ただし、娘を1度も抱いたことがありませんでした。

大学2年の時に妊娠し、相手も学生で一緒になれないまま別れました。

もう時期的に産むしかありませんでした。

自分の将来のために、子供のいない開業医夫妻に養子に出しました。

娘は医学部を卒業し、今回先輩の医師と結婚することになりました。

今日は娘の結婚式でした。


愛子は、今まで娘に会いたいと思ったことはありませんでした。

娘が結婚すると聞いた途端、一目だけでもよいので顔を見たくなったのです。

章が驚いていないことに、愛子の方が驚きました。

章は愛子の服装から密会ではないと想像がついていました。

そして、誰にも言えない秘密は誰にでもあると言います。


ホテルの教会で行われている結婚式を後ろの方から見ることにしました。

しかし、教会に入ると誰もいませんでした。

そこへ落合がやって来て、結婚式は30分ほど遅らせてもらったというのです。

愛子は、生きるか死ぬか自分の人生がかかっているので5分だけでよいから時間が欲しいと頼みます。


愛子は、新郎側の主賓である全医連会長の崎山敬一郎に会いに行きました。

出産育児一時金の増額の件で話しに来たのです。

崎山はこれに反対でした。

それは今も同じでした。

そこで、愛子は花嫁は自分の娘であることを伝えました。


愛子は、今回は娘が崎山と引き合わせてくれたのだと言いました。

そして、娘と離ればなれにならざるを得なかったからこそ、少しでも子供たちにとって役に立つ法案を通したいと説明しました。

崎山は愛子の法案について考えてくれることになりました。


愛子を待っている間、章は落合と話をしました。

落合は、2度と大臣に関わらないで欲しいと言います。

章は、どうして落合が民間のボディーガードを敵視するのかがわかりませんでした。

落合は、以前に民間のボディーガードが負傷する現場に立ち会ったことがありました。

丸腰の民間のボディーガードは、警護においては警察に従うしかありません。

落合はこれが最後の通告だと言いました。


愛子が部屋から出てきました。

章にお礼を言って、落合と共に帰って行きました。


車に乗り込んだ愛子の元に、章がやって来ました。

章は、教会から式を終えて出てきた娘が見る場所へ車を誘導しました。

愛子は、ウエディングドレスを着た娘がうれしそうにしているのを見ました。

愛子の目からは涙が流れ落ちます。

そして、愛子は章にこれで本当に任務が終了したことを伝えました。

BG 身辺警護人の4話の感想

今回は普通ではあり得ないことが起こりましたね。

警護対象者がSPから逃げ出し、民間のボディーガードに警護されるという前代未聞の事態です。

SPが自分たちの失態を世間に晒すことはできないので、今回は章ら日ノ出警備保障は責任を問われませんでした。

ある意味、ラッキーですね。

SPにも守秘義務はあるでしょうから、愛子はSPに嘘でもよいので訳を言って連れて行ってもらえばよいのではと思いました。

それを言ったら、ドラマが成立しなくなりますが。

今回も面白かったですね。

来週が楽しみです。


SNSでのコメンは次のとおりです。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!