ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」の4話のネタバレと感想をご紹介します。

今回は、堀井新太さん演じる開業資金もない、ラーメン作りの知識もない青年がラーメン屋をやる話です。

前野朋哉さん演じる須田正史と黒島結菜さん演じる汐見ゆとりの奮闘ぶりに注目です。

鈴木京香さん演じる芹沢達美からは厳しい発言がありました。

スポンサーリンク

行列の女神の4話のあらすじ

行列の女神の4話のあらすじは次のとおりです。


汐見ゆとり(黒島結菜)は、前回の依頼でコンペに負けて落ち込んでいた。そんなある日、上から目線の言動が災いし、クライアントから担当替えを要求された須田正史(前野朋哉)は、芹沢達美(鈴木京香)から長い説教をくらう。ラーメンが大好きなラーメンオタクとして、知識や能力は長けているのに、こだわりが強すぎるのが須田の難点だ。

そんな中、須田はゆとりを誘い『とび屋』というアゴダシで有名なラーメン店へ。こだわりの味を堪能していた2人だったが、突然店主の飛田(芹澤興人)と青年(堀井新太)の口論が店で始まり、騒動に巻き込まれてしまう。青年は連日店に現れ、「作り方のコツを教えてくれ」と訴えているらしく、あまりのしつこさに飛田が「警察を呼ぶ」とまで言い出す騒ぎに。
どうやら青年は、ラーメン屋を開きたいという。そんな中、ゆとりは須田の言うことも聞かず、青年の依頼を勝手に引き受けてしまう。青年の名は相川鉄也。25歳の若者で、一軒のラーメン屋から年商50億まで上り詰めた男性の特集をテレビで見て以来、“ラーメンドリーム”を目指しているという。だが開業資金はなんと50万円弱…さすがにこの資金で依頼を受けるのは無理かと思われたが、話を聞いた芹沢は苦笑しつつも依頼を許可。ただしメインは須田が担当し、ゆとりはサポートするよう命じる。

腑に落ちないながらも、須田はゆとり、相川と不動産屋で物件を探し始めるが、どう見積もっても予算オーバー。年齢や経歴から考えると融資も見込めずもはや八方ふさがりに…。着手金を返金し依頼を断ろうとする須田だったが、芹沢のある意外な提案でラーメン店開業に希望が見え始める。しかし、相川には大きな問題があった…。実はラーメンの作り方を全く知らない完全な素人だったのだ。芹沢は、須田とゆとりにラーメンの作り方をレクチャーするよう指示。早速新たなメニュー作りに取り掛かるが、そこでも須田の悪い癖が出てしまう……。
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

行列の女神の4話のネタバレ

ゆとりは、この間のコンペで負けたことで落ち込んでいました。

須田は、ゆとりをアゴダシで有名なラーメン店「とび屋」に連れて行きました。

ラーメンを食べていると、ある青年が店主の飛田にラーメンの作り方を欲しいとしつこく頼んでいました。

飛田が教えるはずがありません。

あまりにもしつこいので「警察を呼ぶ」と言い出します。


その青年の名前は相川鉄也と言います。

ゆとりと須田は、とりあえず話を聞くことにしました。

相川は、ラーメン屋で大成功を収めるラーメンドリームを目指していました。

それで、飛田にラーメンの作り方を教えて欲しいとしつこく頼んでいたのです。


その場に居合わせた有栖が、清流企画に頼めばよいとアドバイスしました。

それを聞いたゆとりはやる気満々です。

依頼書に必要事項を記入してもらいました。


次の日、ゆとりは芹沢に相川のことを話しました。

芹沢は依頼を受けることを許可しました。

ただ、開業資金が50万円弱ということでかなり厳しいことが予想されました。


芹沢は担当を須田にしました。

ゆとりは須田のサポートを務めます。


はじめに物件探しから始めました。

物件を借りると言っても、保証金、礼金、仲介手数料、前家賃、火災保険などが必要となってきます。

相川の予算で借りられそうな物件はありませんでした。

融資を受けるのも難しそうです。

どう考えても、物件を借りるのは不可能でした。


事務所に戻って、須田は相川に依頼を断ろうとしていました。

その時、芹沢は相川に「ラーメン屋をやりたいの?それともラーメン屋を持ちたいの?」と尋ねました。

ラーメン屋をやりたいのなら、50万円弱の予算でも可能だというのです。


芹沢は、さかな居酒屋「ほんだ」に連れて行きました。

この店は夜のみの営業なので、日中はラーメン屋として使うことができると言います。

最近、このような間借りでやっている店が増えています。


店主の本多信和は、家賃は光熱費込みで7万円でよいと言います。

相川は即決で借りることにしました。

しかも、今日から借りるというのです。


これですべてが解決したわけではありませんでした。

実は、相川はラーメンの作り方を知らないのです。

相川は、須田とゆとりにラーメンの作り方を教えて欲しいと頼みました。

須田はそれを聞いて怒り出します。

芹沢は、須田とゆとりにラーメンの作り方を教えるように指示しました。


早速、新たなラーメン作りが始まりました。

相川は、素人なりにいろいろなアイデを持っていました。

須田は何でも常識で考えてしまって、すぐに無理だと決めつけてしまいます。

その点、ゆとりはひとまず何でもやってみます。


須田は、相川に軽々しくラーメン屋をやりたいという者は嫌いだと言いました。

さらに、ラーメン業界の華やかな面だけを見て、職人の苦労を知りもしない、ラーメンをナメている者が嫌いだと続けました。

これにはさすがの相川も怒って帰ってしまいました。

またしても須田の悪い癖が出てしまったのです。


その後、須田は芹沢に叱られました。

芹沢は、ラーメンをナメていようが、お金を払っている以上はクライアントだというのです。

自分のこだわりでクライアントを逃がしてしまった須田に、芹沢は社員失格だと怒鳴りつけました。


相川から、ゆとりにラーメンを食べに来て欲しいという連絡が入りました。

ゆとりは須田と共に、相川が借りた店に行きました。

驚いたことに、店はもうオープンしていました。

しかも、客が入っていておいしいと言っています。


ゆとりと須田もラーメンを食べました。

本当においしかったです。


相川は、あの後河上がやって来て、必要な本や食材を買いそろえてくれたと言います。

河上は本多に許可をもらっているので、明日の午後4時まで好きに使ってよいと言って帰って行きました。

そこから、相川は徹夜で何度もスープを作ったというのです。

そして、このスープが出来上がったと言いました。


須田は、芹沢に相川があれだけのことができるとわかっていたのかと尋ねました。

芹沢は、相川にはやる気があったのでできると思っていたと答えました。

須田は、やる気があれば何でもできるわけがないと不満のようです。

芹沢は、自分たちは神ではないので、誰が成功して誰が失敗するかを予測することは不可能だと言います。

そのため、フードコンサルタント業に携わる者はやると言っているクライアントにやるなという助言だけは絶対にしてはいけないというのです。

ただ、やることのリスクはクライアントに背負ってもらうしかありません。


河上は、スープがうまくできたのは今日だけという可能性があるので、今後のフォローをしっかり行うように指示しました。

その時です。

本多からすぐに店に来るように言われました。

店に行くと、厨房が水浸しになっていました。

グリストラップ(油水分離阻集器)が詰まったのが原因です。

芹沢は、本多に自分たちがしっかりクライアントをアシストできなかったことを謝罪しました。


相川は責任を感じていました。

しかし、芹沢はこれは自分たちのせいだと伝えました。


清掃が終わると、相川は悔しくて泣いていました。

須田の言うとおりだというのです。

自分はラーメン業界の華やかな面だけを見ていて、ラーメンの作り方や職人の苦労などは知らず、挙げ句の果てにはみんなに迷惑をかけてしまったと言います。

相川は、ラーメン屋をやるのは10年早いと言い出しました。

ラーメン屋を止めようとしている相川に、本多はそのように簡単に諦めるなと言いました。

今後は、このようなことがないように清流企画がサポートしてやって欲しいというのです。


厨房設備にあったラーメンを作る必要がありました。

これまでの油を大量に使うラーメンでは、また詰まってしまうおそれがあるためです。


芹沢は新メニューの開発に当たって4つの条件を出しました。

  • 厨房設備に負担をかけないこと
  • 調理にあまり手間がかからないこと
  • 原価率を低く抑えること
  • インパクトがあって満足感があること

ゆとりらは、この条件を満たすラーメンを作るように言われました。

しかも、3日で作るように指示されました。


3人は、3日間夜通しでラーメンを作り続けました。

3日目になっても、まだラーメンは完成していませんでした。

仕方がないので、河上と芹沢はヒントを与えることにしました。

ヒントとなるラーメン店をそれぞれ教えました。


須田とゆとりは、そこからあることを思いつきました。

ついに新たなラーメンが出来上がりました。

芹沢・有栖・本多の3人が試食します。


今回作ったラーメンは、竹岡式ラーメンです。

乾麺を使い、醤油だれに茹で汁を入れます。

こうすることですっきりしつつ、力強い味になるというのです。

鰹・煮干し・昆布で出汁を取っているので、この前のような大量の油は出ないと言います。

隠し味にドライトマトが使われています。

見た目も味もインパクトのあるラーメンに仕上がっていました。

料金は500円にすると言います。

これで、さらにインパクトをプラスすることができます。


芹沢は、すべての条件をクリアしているので合格だと言いました。

3人は大喜びしました。


須田は、相川によい勉強になったと伝えました。

そして、相川のことを誇りに思うとまで言いました。

須田と相川は抱き合いました。

行列の女神の4話の感想

今回は、開業資金がほとんどなく、ラーメンの作り方を知らない青年がラーメン店をやるお話でした。

何もかもがこれほどうまくいくとは思えませんが、こういう方法もあるのだと感心しました。

さすがに50万円では無理でしょうが。

そもそも清流企画はいくらのコンサル料をもらったのでしょうか?

ラーメンの作り方まで教えたのでは、50万円でも全然足りないように思います。

そこは芹沢の好意で安くしたのかもしれません。


須田は確かにラーメンの知識がものすごくあります。

しかし、知識がありすぎると、何でも常識で物事を考えてしまう傾向にありますね。

そのため、やる前から無理だと諦めてしまいます。

今回、芹沢が須田を担当にしたのはこういうところ直して欲しかったのでしょうね。


ドラマは、毎回面白いです。

来週はどういう話になるでしょうか?


SNSでのコメントは次のとおりです。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!