ドラマ「BG 身辺警護人 傑作選」の5話のネタバレと感想をご紹介します。

身辺警護課に新たな依頼が入りました。

依頼主は河野純也でした。

6年前に章がボディーガードをしていた相手です。

スポンサーリンク

BG 身辺警護人の5話のあらすじ

BG 身辺警護人の5話のあらすじは次のとおりです。


まずは、こちらのあらすじを読んでからネタバレに進んでください!

 日ノ出警備保障の身辺警護課に新しい依頼が舞い込む。「子どもたちにスポーツの喜びを」をテーマに活動するスポーツ系の慈善団体からの依頼に、高梨(斎藤工)はある思惑を持って章(木村拓哉)を“BG=警護責任者”に推薦。だが、その慈善団体の代表は、章と6年前から因縁のある元サッカー選手の河野純也(満島真之介)だった。章は、BGに沢口(間宮祥太朗)を推す。
 ところが打ち合わせ当日、依頼主である純也が、章をBGに指名。困惑する章に村田(上川隆也)は「断っても構わない」と諭すが、章は「この任務が終わったら、みんなにすべてを話す」と約束し、純也からの依頼を引き受ける。

 一方、警視庁SPの落合(江口洋介)は、厚生労働大臣の愛子(石田ゆり子)が警護の目を盗んで病院を抜け出し、しかもそれに民間の警備会社が手を貸したという一件が上司の知るところとなり、激しく叱責されていた。愛子の警護を強化し、章たちを完全に排除しようとする動きに、愛子は…?

 純也の出発当日。空港へ向かう中、純也が犯罪がらみで逃亡しようとしているという疑惑が浮上する…!

 6年前、章と純也の間に一体何があったのか…? そして、章はなぜ一度ボディーガードを辞めたのか。衝撃の事実がついに明らかになる!
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

BG 身辺警護人の5話のネタバレ

日ノ出警備保障の身辺警護課に新たな依頼が入りました。

依頼主は「子どもたちにスポーツの喜びを」をテーマに掲げるスポーツ系の慈善団体「PURENESS」でした。

そのことを知った章の顔色が変わりました。

高梨は章をBGに推しましたが、章は沢口に勧めました。

結局、BGは沢口に決まりました。


落合は、愛子が病院から抜け出していたことが上司にバレてしまいました。

上司から激しく叱責されました。

そのため、落合が愛子の専任として付くことになりました。


高梨・村田・沢口の3人が「PURENESS」を訪れました。

代表は、元サッカー選手の河野純也でした。

河野はミラノのチャリティーオークションに参加するので、空港までの警護を頼みたいというのです。

現役時代に集めた各国のアスリートのサインボールやグッズを運ぶので、念のために万全を期したいと言います。

河野は、1つお願いしたいことがあると言い出しました。

それは、BGを章にすることです。


会社に戻って、章にそのことを話すと、とても驚いていました。

章はあまり乗り気ではありませんでした。

村田は、気が乗らないのなら断ってもよいと言ってくれました。

理由も聞かないと言います。


章は、6年前まで自分は河野のボディーガードであったことを話しました。

みんなには新人ボディーガードと言ってきたのですが、これが嘘であったことが明らかになりました。

全員に謝罪した後、章は河野の指名を受けると言いました。

そして、任務が終了すれば、すべて話すことを約束しました。


章と高梨は、河野のところへ荷物を取りに行きました。

河野は、章を歓迎してくれました。

ただ、荷物を渡した後、「ちゃんと出発まで守って見送ってよ、今度こそ」と言われてしまいました。

章は、必ず守ると言って部屋を出ました。


河野は、ミラノに向けて出発する時間となりました。

章と高梨は、河野の警護を行います。

ホテルのロビーに降りてきました。


たまたま居合わせた愛子は、河野に挨拶をしました。

河野は素っ気ない挨拶をしてすぐにロビーを出て行きました。

愛子は、落合に河野は逃げるかもしれないと言いました。

政治家はいろいろな情報が入ってくるというのです。


河野は、明後日のサッカーイベントに出席することになっていました。

そのことを伝えると、後でキャンセルすると言います。


ここから、河野は本当のことを話し出しました。

実は、チャリティーでミラノへ行くというのは嘘でした。

チャリティーで集めたお金は、ほとんど子供たちのためには使われていないというのです。

自分を広告塔にしてバックが資金源にしているだけと言います

バックとは、引退後いろいろと面倒を見てくれた後援者のことです。

河野がイタリアへ行くのは、バレる前に姿を消すためでした。

不正の証拠がスーツケースに入っているので、万が一に備えて警護を頼んだと言います。


高梨は逃亡の助けはできないと言います。

河野は、章には断れないというのです。

章が断れないことを知っていて依頼してきたのです。

河野は車を出すように命じます。

高梨は章に車を出さないように目配せしますが、章は無視して車を出しました。


会社には、村田・まゆ・沢口がいました。

章らが乗った車は空港に向かっていました。

このままでは国外逃亡の手助けをしたことになってしまいます。

まゆは章を止めるように言います。

しかし、村田は章は河野を止めるために一緒にいるのではないかというのです。


車は空港の駐車場に到着しました。

河野は、スーツケースを持って空港の中に入っていこうとします。

章は河野を追いかけて話しかけます。

人に夢を与えてきた人間は、どのようなことがあっても逃げてはいけないというのです。

すると、河野は2度も自分が海外に行くのを邪魔するのかと食ってかかります。


村田・まゆ・沢口の3人も合流しました。

村田は、河野に少し時間が欲しいと言いますが、河野は無視して空港に入っていきます。

すると、窓口カウンターに警察の捜査員が張り付いていました。

ミラノ行きのカウンターを調べていることがわかりました。


章は、6年前のことを思い出しました。

河野は、海外のサッカーチームへ移籍するために日本を発とうとしていました。

その時、河野をボディーガードしていたのが章でした。

空港で落下事故が起こった際、章は河野よりも近くにいた2人の子供の救助を優先させました。

その結果、河野は足を負傷して、引退を余儀なくされました。


河野は、自分はあの事故ですべてを失ったのに、章がボディーガードを続けていたことを責めました。

村田は、章が6年間ボディーガードの仕事から遠ざかり、今はクライントの命令に服従していることを話しました。

そして、河野に検挙される前に出頭するように言いました。


章は、6年前河野から離れてしまったことを謝りました。

高梨は、子供を救った章の行為は間違っていないというのです。

河野は、ボディーガードはお金をもらって人を護っているので、クライアントから離れてはいけないと言います。


河野はもう疲れたと言って、警察に行くことを告げました。

そして、最後に行きたいところがあるというのです。

章だけに付き合って欲しいと言いました。


河野は、白石に会いに行くと言います。

白石は、詐欺や贈賄で逮捕歴のある危険な男でした。

自分が出頭すれば、これまでに世話になった白石に迷惑がかかるというのです。


河野は白石に会うと、章は自分に警察に行くように説教をすると言い出しました。

そして、警察には出頭しないというのです。

章は、白石の手下にボコボコにされてしまいます。


外で待っていた村田に、落合から連絡がありました。

落合は、河野の身柄確保のための協力を求めてきました。

河野の罪を立証する証拠が出てきて、本格的に警察が逮捕に向けて動き出したのです。

村田は、任務中であるとことを理由にひとまず電話切りました。

一緒にいた高梨は警察に協力しないで大丈夫かと尋ねます。

村田は章に賭けると言います。


章は、河野にボディーガードをクビにして欲しいと頼みます。

河野は、もうとっくにクビになっているというのです。

すると、章は突然反撃を開始します。

手下を倒していきます。

河野の胸倉を掴み、小声で「だまされている」と言います。

そして、河野を殴り飛ばしました。

その後、章は河野を連れて車で逃げました。


河野が泊まっていたホテルの部屋から、罪を立証する証拠が出てきたことを伝えます。

河野が出ていった後、証拠が運び込まれていたのです。

このことから、河野にすべての罪を着せようとしていたことは明らかでした。


河野は急に走って逃げ出しました。

章は必死にそれを追いました。

河野は、近くのサッカーグランドにいました。


河野は、先ほど殴られたのは痛かったと言いました。

昔、章の息子にサイン入りのサッカーボールをプレゼントしたことなどを話しました。

しばらくすると、村田らに続き、警察がやって来ました。


河野は、連行される前に章に次のように言いました。

「あの事故でケガをしたから俺はダメになったんじゃない。

本当は海外で活躍できないのが怖くて、ケガを言い訳に引退した。

俺は自分の恐怖心に勝てなかっただけだ。

だから、俺の元を離れて子供たちを助けたのは間違いじゃない。

最後まで送ってくれてありがとうな」

河野は、連行されていきました。

これで今回の任務は終了です。

BG 身辺警護人の5話の感想

ついに章の過去が明らかになりました。

章は何も悪くはありません。

空港で1回目の落下事故が発生した時、子供の方にだけ鉄骨が落ちてきていました。

つまり、河野の方には落ちてきていませんでした。

あの状況では、普通目の前の子供を助けると思います。

最後に、河野も章の判断は間違っていなかったと言ってくれました。

これで章は気分的には少し楽になったのではないでしょうか?


以前に同ドラマを1度観ていますが、意外と覚えていませんね。

見終わると、こういうシーンはあったなと思い出しますが。

このまま最終回まで放送して欲しいですね。


SNSでのコメンは次のとおりです。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!