ドラマ「野ブタをプロデュース」の6話のネタバレ・感想をご紹介します。

スポンサーリンク

野ブタをプロデュースの6話のあらすじ

野ブタをプロデュースの6話のあらすじは次のとおりです。


 何者かによる度重なる誹謗中傷で信子を人気者にする作戦を邪魔されてきた修二と彰は、噂を逆手に取り信子を人気者にする手段を探していた。
そんな折、信子をモチーフにした信子お手製の「ノブタパワー人形」を目にした修二は、人形を流行らせることができれば、信子が人気者になる道も早いと考えた。
そこで、修二と彰は、「ノブタパワー人形」を所持すれば、願い事が叶うという噂を作り上げ、マジナイや占い好きの女子高生の性質を利用すると、人形は一瞬のうちに大流行。
面白いほど売り上げを伸ばした。
浮かれる修二たちだったが、ある落とし穴が待っていた――。
そんな中、彰の実父が、会社を継がせる準備をさせるため、彰を実家に呼び戻すのだった。
それを良しとしない彰は家出をし、修二の家に転がりこむのだった――。
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

野ブタをプロデュースの6話のネタバレ

彰が家出をして、修二の家に転がり込んできました。

家出の理由は、彰の父親が下宿先に来て、いきなり会社を継ぐように言ったことでした。

これにより、彰と父親は大げんかをしました。


修二・彰・信子の3人はいつものように屋上にいました。

修二と彰は、どのようにして信子を人気者にするかを考えていました。

これまでいろいろやってきましたが、誰かにことごく邪魔をされてきました。

そこで、今度はこちらから噂を流すことにしました。


修二が学校から帰ろうとすると、クラスメイトが修二のカバンに付いていたブタの人形が可愛いと言い出しました。

実は、これは信子が作ったものなのですが、彰がいたずらで修二のカバンに付けたのです。

この時、修二はピンときました。

修二は、すかさず信子が作ったものだと言いました。

そのことを知ったクラスメイトは、信子に自分の分も作って欲しいと頼んできました。

信子は人形を作ることを約束しました。


修二は、信子の名前を広く知らしめるために野ブタグッズを販売するというのです。

先ほどクラスメイトが可愛いと言っていたブタの人形です。

これを野ブタキーホルダーとして売るのです。

これにより、信子の人気が上がることは間違いないというのです。

信子はそれならタダで配ればよいと言います。

しかし、修二はお金を払ってはじめてありがたみがわかると説明します。


3人は、野ブタキーホルダーの量産を始めました。

その時、信子は完成したキーホルダーに野ブタパワーを注入しました。

彰は、野ブタパワーはハンパないと絶賛します。

その話を聞いた修二はよい作戦を思いつきました。

その作戦とは、このキーホルダーを持っていると願い事が叶うという噂を流すというものでした。


修二がすごいのは、ただ噂を流すだけではないところです。

噂だけだと人はあまり信用しません。

修二は、このキーホルダーを持っていると願い事が叶うという事実を作ってしまいます。

あの女子がこの男子のことが気になっていると知れば、その2人がうまく話せる機会を作ります。

そして、そのキーホルダーのおかげでうまくいったと思わせるのです。

噂が噂を呼んで、あっという間にキーホルダーは大流行しました。


かすみも、信子のところにキーホルダーが欲しいと言ってやって来ました。

信子は、かすみのために特別なものを作っていました。

お金を払おうとするかすみに、信子はお金はいらないと言いました。

信子はかすみのことを友達だと思っていましたが、口に出しては言えませんでした。

それを察したのか、かすみは信子のことを友達と言ってくれました。

信子は大喜びで彰に報告しました。


下宿先に、また彰の父親がやって来ました。

帰ってきた彰と大げんかをします。

父親は、会社を継ぐ覚悟をするように言います。

彰は、まだ17歳なのに、今将来を決めろというのはひどすぎるというのです。


キーホルダーは好調に売れていました。

その売上額に修二と彰もびっくりです。


翌日、野ブタキーホルダーにそっくりのものが売られていることが発覚しました。

しかも、そちらは150円と本家の200円よりも安いです。

そのため、野ブタキーホルダーは売れなくなってしまいました。


信子は、みんなに喜んでもらえたのでもうよいと言います。

しかし、修二と彰は納得がいきませんでした。

頭に血が上った修二は冷静な判断ができなくなっていました。

今までの儲けをすべてつぎ込んで、野ブタキーホルダーをバージョンアップさせるというのです。


実は、彰の父親も会社を継ぐのが嫌で家出をしていました。

彰が小さい頃、親子3人でこの下宿先にやって来て豆腐ばかり食べていたというのです。

彰は、そのことをまったく覚えてませんでした。

最終的には、父親はよい仕事が見つからず、家族を養うために頭を下げて実家に戻ったのです。


バージョンアップさせた野ブタキーホルダーはまったく売れませんでした。

すでにブームは去ってしまっていました。

修二は、程々にしておけばよかったと後悔します。

信子は、キーホルダーが誰かの力になれたかもしれないと言います。

しかし、修二は結果がすべてだというのです。


売れ残ったキーホルダーにペンキがかけられていました。

また誰かが嫌がらせでやったようです。

信子は、次にいけるのでかけてもらってよったのかもしれないと言います。


彰の父親がまたやって来ました。

今度は会社を継がなくてもよいというのです。

彰は好きにすればよいと言われました。


信子は、学校へ行く途中の公園で、あるものを見つけました。

修二と彰にそれを見せるために、2人を公園に連れて行きます。

穴を掘ると、鉄製の箱が出てきました。

中には、おもちゃがたくさん入っていました。

よく見ると、初代の野ブタキーホルダーが入っていました。

信子は、このキーホルダーが誰かの心の中に残っただけで十分だと言いました。


3人は、売れ残ったキーホルダーをすべて焼いて処分しました。

修二は、信子の言うとおり次に進まないといけないと思っていました。


次の日学校へ行くと、彰は信子のプロデュースをやめたいと言って来ました。

信子がみんなのものになるのが苦しいというのです。

修二は、彰が何を言っているのかがまったく理解できませんでした。

彰は、「野ブタを俺だけのものにしたい。本当は誰かに見られんのも嫌なんだよ」と言いました。


翌日、修二が彰の下宿先にやって来ました。

明らかに怒っています。

彰に、本当に信子のプロデュースをやめるのかをもう1度確認します。

修二は、信子に告白して動物園にでもデートに行きたいのかと尋ねます。

彰は、「それもしたいけど、でも1番したいのは結婚」と答えました。

そう言った後、彰は恥ずかしがります。

修二は理解不能の状態に陥っていました。


信子は、放送部に入りたいと言い出しました。

かすみが誘ってくれたのだというのです。

修二は、人間関係が広がるのでよいことだと言いました。

その後、修二がちょうどプロデュースを休もうと思っていたと話します。

すると、信子は急に不安そうな顔をします。

信子は寂しくなるというのです。

修二は、同じクラスなので毎日会えると返します。


実質的に、これで信子のプロデュース作戦は終了となりました。

野ブタをプロデュースの6話の感想

キーホルダーについては、調子に乗らなければ儲けのあるところで終われました。

やはり、欲をかいてはいけないということです。

信子の言うとおりにしておけばよかったですね。


彰が、ついに自分の本当の気持ちを修二に伝えました。

それにより、信子のプロデュースが終わってしまいました。

信子も言っていましたが、何か寂しくなりますね。


今後、ドラマはどのような展開を迎えるのでしょうか?

気になりますね。


SNSでの声は次のとおりです。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!