ドラマ「美食探偵 明智五郎」の6話のネタバレ・感想をご紹介します。

美食探偵 明智五郎の6話のあらすじ


実家の扇屋百貨店の将来を案じる母・寿々栄(財前直見)の強引な段取りで、弟と一緒にお見合いをすることになった明智(中村倫也)。

百貨店の役員・伊達(小市慢太郎)が選りすぐった見合い相手・社長令嬢の紗英(北原里英)に、明智か弟の六郎(草川拓弥)のどちらかを選んでもらうことになるが、当日姿を現さない六郎に代わり、急遽男装した苺(小芝風花)が代役を務めることに!

そんな中、見合い会場となった料亭にはマリア(小池栄子)の姿が……。

大混乱のうちに見合いが終了した直後、突然明智の前で苦しみだした紗英が急死する!

マリアの影を感じ、事件の裏で交錯する意外な思惑に迫る明智。その先にはマリアの歪んだ愛の大炎上が待ちうけていた!
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

美食探偵 明智五郎の6話のネタバレ

1ヵ月前、マリアはフランスのニースにいました。

そこで、扇屋百貨店の役員・伊達と知り合いました。

伊達は、マリアに社長子息の見合いの手配を行うことを話していました。

マリアは、もちろんその百貨店の社長の息子が明智であることを知っています。


伊達は、マリアに自分の部屋で一緒に飲み直さないかと申し出ました。

マリアは、伊達に睡眠薬を飲ませました。

眠らせている間に、伊達のパソコンを開き、“明智五郎の見合いの件”というメールを見つけました。

そして、「まあひどい。虫除けが必要ね」と言いました。


苺は、この間明智から言われた「君のことも僕が守る」という言葉を思い出していました。

明智の事務所の前に来ると、自然に胸が高鳴ります。

高橋も明智のところへやって来ました。

実は、高橋も胸が高鳴るようです。


事務所に入ると、明智の母親・寿々栄と弟・六郎が来ていました。

寿々栄は、明智に見合いを勧めていました。

明智はすでに見合いを断っていました。

しかし、寿々栄は明智は扇屋百貨店の跡取りだと言って、一歩も引きません。

見合い相手は、小早川物産の社長令嬢・紗英でした。


寿々栄は、明智か六郎のどちらかが扇屋百貨店を継ぐことになると言います。

その時、寿々栄はあることを閃きました。

2人とも見合いに出て、紗英に気に入った方を選んでもらうというのです。

明智は見合いをする気はないと改めて断ります。

執事の小松崎は、会場は料亭・宮鷹だと告げると、明智は「悪くない。楽しみにしておこう」と答えました。

結局、明智は食事に釣られて見合いに出ることになりました。


マリアは日本へ帰ってきていました。

伊藤と茜がマリアと一緒に食事をします。

帰国の理由は、明智の見合いでした。

今回もマリアファミリーが動くようです。


見合い当日、明智は苺に料亭まで車で送ってもらいました。

六郎はまだ来ていませんでした。

寿々栄は、苺を見て閃きました。

何と、苺を六郎に変装させて見合いに出すというのです。

結局、苺は六郎として、明智と共に見合いに出ました。


自己紹介が始まりました。

苺は低い声で話して男のフリをします。

六郎のことを何も知りませんでしたが、寿々栄のフォローで何とかうまく誤魔化します。


隣の部屋には、上遠野と高橋がいました。

高橋は、必死に見合いの部屋の会話を盗聴します。

2人の前に、仲居の姿に変装したマリアが現われました。


見合いは和やかな雰囲気の中で行われていました。

苺は焼き餅を焼いて、紗英に明智の悪いところを言いまくりました。

  • 食に対するこだわりが強すぎる
  • 御曹司なのにケチである
  • 服のセンスがよくないのでデートの時一緒に歩くのが恥ずかしい

散々悪口を言われた明智が、ここでまさかの反撃に出ます。

何と、六郎はボイスパーカッションを習得したというのです。

苺は、何を言い出すのだという表情に変わって、心の中で「明智~」と叫びました。

やらないわけにはいかない状況となり、苺はやけくそでやりました。

やったことがないのでできるはずがありません。

ボイスパーカッションとは、ほど遠いものとなってしまいました。


その頃、厨房には伊藤が料理人、茜が仲居として潜入していました。

マリアファミリーが勢揃いです。


大胆にも、伊藤が作った料理を茜が部屋に運びます。

そして、茜が明智の料理を出しました。

その時はバレませんでした。


しかし、明智は急に茜に声をかけました。

茜は振り返ることができません。

その時です。

遅れていた六郎がやって来ました。

苺と鉢合わせしてしまいます。

相手にバレるわけにはいかないので、苺は自分が六郎だと言いました。

その隙に茜は部屋から出ていきました。


すると、外で話を聞いていた上遠野と高橋までが部屋の中に入ってきます。

高橋が暴走しだして、見合いはめちゃくちゃになりました。

仲人が慌てて高橋を外に連れ出そうとした時、弾みで苺の髪を掴んでしまいました。

すると、苺のカツラが取れてしまいました。


紗英は怒って部屋から飛び出していきました。

寿々栄は、明智にすぐに紗英を追いかけるように言いました。

結局、見合いは大失敗でした。


苺は寿々栄に謝りました。

寿々栄は、見合い相手は財産目当てで近寄ってきたのだと話しました。

そのため、今回の見合いは破談でも問題はありませんでした。

ただ、寿々栄は明智には早く結婚して欲しいと思っていました。

苺がその理由を尋ねると、寿々栄は会社のことだけでなく、明智のことが心配だというのです。

明智は変人なので、自分と波長の合う相手と出会ってしまったら、とんでもない世界に行ってしまうような気がすると言います。

苺は自分はそうではないと言うと、寿々栄は苺は恋愛対象ではないと言い切ります。

そう言われた苺はへこんでしまいます。

その後、苺は寿々栄に明智には好きな人はいるのかと尋ねられます。

苺は、さすがにマリアのことは話せませんでした。


明智が紗英に今日の見合いのことを謝ろうとした時、マリアとよく似た仲居を見つけました。

追いかけようとすると、紗英が苦しみ出しました。

そこへ上遠野と高橋がやって来ました。

明智は、料亭から誰も出さないように伝えます。


紗英はそのまま死んでしまいました。

上遠野と高橋は捜査を始めます。

上遠野は、明智に紗英が苦しみだした時のことを尋ねます。

あの症状はふぐの毒・テトロドトキシンだと答えました。

上遠野は、それなら事故死だと言いました。

しかし、明智はこれは殺人事件だというのです。

それは、この店ではあらかじめ毒のある部分を取り除いたシロサバフグを取り寄せているためです。

もしテトロドトキシンの反応が出れば、それは意図的に料理に混入されたことを意味します。


明智は厨房へ行きました。

フグ料理を作った料理人と仲居が1人いなくなっていることがわかりました。

マリアもいたのではないかと思って、そのような女性がいたかを尋ねますが、従業員は知らないと答えました。


明智は、苺に本当は自分が狙われたかもしれないと言いました。

実は、明智はエビアレルギーなのでエビが食べられません。

料理の1つだけがエビの代わりにイカが使われていました。

本来は、そのイカが使われた料理は明智が食べるはずでした。

しかし、紗英がその料理を食べました。

そして、毒によって紗英が死んでしまいました。


明智が1人になったタイミングで、マリアが話しかけてきました。

明智は、どうして自分を殺そうとしたのかを尋ねます。

マリアは、そのようなことをすれば最後の晩餐が1人になってしまうと言って、明智を殺そうとしたことを否定しました。

他に明智を殺そうとした者がいると言います。

実は、マリアは明智を殺そうとしたのではなく助けてくれたのです。

そして、マリアはここからは名探偵の仕事だと言って去って行きました。


苺は、明智とマリアが話すところを見ました。

この時初めて、マリアが以前に夫の浮気の相談に来ていた主婦であることがわかりました。

苺は、マリアを追いかけて声をかけます。

マリアは、明智と自分の前から消えなければ殺すと忠告したはずだと言いました。

苺は、自分は明智の助手だというのです。

マリアは、「なら、彼のためなら命も惜しくはないか。じゃあ、せいぜい探偵さんのことを守るのね」と言った後どこかへ行ってしまいました。


苺は、明智に伊達が秘書と話していた内容を伝えました。

明智は、苺を褒めてくれました。

そこへやって来た六郎が、今回のことがニュースになっていると言って、派手な格好をした紗英の写真を見せました。

六郎は、紗英は伊達の知り合いだと言いました。


明智は、苺と桃子にあることを頼みました。

苺と桃子は、料亭の廊下で明智が犯人の決定的な証拠を掴んだと言って歩き回りました。

わざと大きな声で犯人に聞こえるように話しました。


伊達は、明智に声をかけてきました。

明智にコーヒーを入れると言います。

明智は紗英との関係を尋ねました。

伊達は、紗英とは顔見知り程度の知り合いだと答えました。

明智は、消えた2人の従業員のことを知っていたのではないかと問いました。

伊達は否定します。

明智は、苺が伊達が秘書と従業員が裏切ったと話していたのを聞いたことを伝えました。

それでも、伊達は何も知らないとぼけます。

六郎は、紗英は伊達の彼女であることを話しました。


今回、六郎が来られなかったのは伊達があえて来られないように酔い潰したためでした。

六郎は、伊達と紗英が一緒にいるところを何度か見ているので、六郎が来るとバレるおそれがありました。


その時ふすまが開いて、寿々栄・苺・上遠野らが登場しました。

全員がここまでの明智と伊達の話を聞いていました。


明智は、伊達が自分を殺そうとしたことを話しました。

六郎に後を継がせて、裏で実権を握ろうとしたというのです。


事件の日、伊達は明智に毒入りの料理を食べさせて殺そうとしました。

しかし、姿を消した仲居が裏切ったために、本来明智が食べるはずだった料理を紗英が食べてしまったのです。

それで紗英は死んでしまいました。


伊達は、まだしらを切り続けます。

証拠がなければ憶測に過ぎないというのです。

明智は、それなら今入れてくれたコーヒーを伊達に飲むように言います。

もし今入れてくれたこのコーヒーに毒が入っていれば、立派な証拠となることを告げます。

伊達は、明智の手を振り払って逃げていきました。

上遠野と高橋が伊達を追います。


明智は苺に先に帰るように言いました。

そして、1人でどこかへ向かいます。

その時、伊達の秘書がやって来て、明智を気絶させて連れて行きます。


明智は、小さな小屋に監禁されていました。

そこには伊達の姿がありました。

伊達は、明智に対する積年の恨みをぶちまけました。

そして、小屋中にまいた灯油に火を付けました。

火はあっという間に広がりました。

明智は絶体絶命の大ピンチに陥ります。


苺は、伊達と秘書が走ってくるのが見えました。

気になった苺は伊達らがやって来た方へ行ってみます。

すると、小屋が燃えていました。

近くには明智の携帯が落ちていました。

小屋の中を覗くと、柱に縛られた明智の姿が見えました。

扉をを開くと、炎に包まれた明智がいました。

明智は、苺に来るなと命じます。


苺は、燃えさかる炎の前では足がすくんでしまって何もできませんでした。

明智は、意識がもうろうとしていました。

その時、苺の隣にマリアがやって来ました。

そして、苺に「私は愛する人のためになら、迷わず命を捧げるわ」と言います。

その後、マリアは燃えさかる小屋の中へ入っていきました。


明智は、マリアに今回の事件をマリアの仕業だと考えたことを謝りました。

マリアは、誰にでも間違いはあると返しました。

その後、2人は熱いキスを交わしました。


苺は、2人がキスするのを見ていました。

ショックのあまり涙が流れてきます。

マリアが明智を小屋から連れ出します。

そして、マリアは苺に「あなたは気に病むことはないわ。愛する人の命よりも自分の命の方が大切。そんなのよくある話だから」と言います。

マリアは、勝ち誇ったかのように微笑んで去って行きました。


伊達は、マリアと会っていました。

マリアは、毒入りのサラダを伊達に食べさせました。

そして、これからだという伊達に、マリアは自分が愛する人を殺そうとする人にはこれからはないと言い放ちました。

秘書も、伊藤と茜が始末しました。


苺は、明智にマリアにはかなわないと本心をぶつけました。

そして、どうしてあの時の依頼人である主婦がマリアだと隠していたのかと責めます。

明智は隠していたわけではないと答えます。


苺は死ぬのが怖くて、明智を助けに行くことができなかったことを話しました。

自分は助手失格だというのです。

明智は、苺には苺にしかない存在理由があると言います。

そして、おいしい料理を作れる人間には常にそばにいて欲しいと続けます。

苺は、明智はどうしてこのような時にそのようなことを言うのかと泣き出します。

スポンサーリンク

美食探偵 明智五郎の6話の感想

苺が六郎に変装したのには驚きました。

男装するとイケメンでしたね。

よく似合っていました。


今回は、マリアが嫉妬して紗英を殺すというストーリーを想像していました。

しかし、まったく違いました。

マリアが明智が殺されそうになったのを助けていたとはね。

しかも、火事の小屋からも命がけで明智を助け出しました。

さすが明智を愛していると言うだけのことはありますね。


今回は、マリアが苺に明智のことをどれくらい愛しているのかを見せつけるための回になりました。

苺はいろいろな意味でショックは大きかったと思います。


最後の2人芝居もよかったですね。

当初は朗読にしようという案があったようですが、やはり芝居にして成功だったと思います。


SNSでは、次のようなコメントが上がっています。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!