ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」の5話のネタバレと感想をご紹介します。

今回は、ラーメン店の立て直しではなく、後継者探しに関するお話でした。

音尾琢真さん、鳥居みゆきさん、元ブリリアンのコージ・トクダさんらがゲスト出演しました。

スポンサーリンク

行列の女神の5話のあらすじ

行列の女神の5話のあらすじは次のとおりです。


「清流企画」に、板橋区の中華食堂『おおひら食堂』店主・大平茂幸(螢雪次朗)・芳江(茅島成美)夫妻から依頼が舞い込む。事の発端は数日前。ラーメン評論家の有栖涼(石塚英彦)が、20年間、月イチで通う『おおひら食堂』でタンメンを堪能していると、夫妻からまもなく店を畳むことを告げられる。繁盛はしているが後継者がおらず、年齢を考えて引退したいと言うのだ。お気に入りの店を失いたくない有栖は、夫妻に後継者探しを「清流企画」に依頼するよう説得したのだ。
芹沢達美(鈴木京香)が考えたのは社員全員によるコンペの実施。夏川彩(高橋メアリージュン)、白坂隼人(小関裕太)、須田正史(前野朋哉)、そして新人の汐見ゆとり(黒島結菜)が、己の人脈で後継者にふさわしい人を探し出し、能力を見て1人を選ぶという。とはいえさすがにゆとりには不利ということで、芹沢は人材探しも兼ねて、『らあめん清流房』のアルバイト面接を任せることに。意気揚々と面接に臨むゆとりだったが、面接の時間にやって来たのは覇気のない若者ばかり。遅刻しておきながら逆ギレする青年、派手なデコネイル女子、面接中も電話を止めない男子、母親同伴のニート…“有望”からはかけ離れた希望者しか現れず、絶望感にさいなまれる。そんなゆとりに、芹沢は人材探しの難しさを説くのだった。
結局ゆとりだけ候補者を見つけられないままコンペ初日を迎える。後継者選びの方法は『おおひら食堂』の看板メニュー・タンメン等のレシピを1日で習得し、各人3日間ずつ店で店主として働くという模擬営業。大がかりな内容だが、理想の候補者を見つけた夏川、白坂、須田は自信に満ち溢れている。「この店は私たち夫婦の生きた証。出来るだけ今まで通りの味を残していきたい」――そんな茂幸の熱き言葉と共に、運命のコンペが始まった。
不戦敗にはさせまいと、ゆとりはやむを得ず橋爪ようこ(高畑淳子)のクッキングスクール近くでスカウトを試みるが、ようこの部下に捕まってしまう。ところがコンペもまもなく終わろうとしていたある日、『おおひら食堂』で鷹野研次郎(音尾琢真)と名乗る酔っ払い客に突然「候補になってやる」と話しかけられる。ゆとりは無視しようとするが、鷹野が勝手に話を進めてしまい…。
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

行列の女神の5話のネタバレ

芹沢は全員を集め、新しい依頼が入ったことを告げました。

依頼人は、「おおひら食堂」の店主の大平茂幸・芳江夫妻でした。

この店はタンメンが人気で、有栖は月1で20年も通っています。

大平夫妻はもう70歳で、店を続けていくことが難しいので、店を閉めることを考えていました。

後継者がいないのがこの店の大きな問題でした。

この話を聞いた有栖は、店を何とか続けて欲しいという思いから清流企画を紹介しました。


今回は、それぞれがふさわしいと思う後継者候補を連れてきて、その中から1人選ぶことになります。

後継者選びはボーナス査定の参考にすると言います。


ゆとりは、まだ入ったばかりで人脈がありません。

そこで、芹沢は次のような救済措置を用意しました。

らあめん清流房の池袋店では人手が不足しているので、バイトの募集をかけました。

集まった中でよさそうな人がいれば、その人を候補者にしてもよいというのです。


ゆとりは、バイトの面接をすることになりました。

時間になっても来ない上、やっと来たと思ったら、遅れてきたことへの謝罪もありません。

そのことを指摘すると、逆ギレして帰ってしまいました。

派手なネイルの女性、面接中に電話をする男性、母親同伴でやって来る男性など、どう見ても候補者になれるとは思えないような人材ばかりでした。

会社に戻って、このことを伝えると、ラーメン店の面接ではよくあることだと言われました。


次の日、最後に来た青年はなかなかの好青年でした。

遅刻はしておらず、礼儀正しく、ラーメンへの熱意も感じられました。

おまけにバイト代はなしでもよいので雇って欲しいと言ってきました。

ゆとりは、芹沢にこの青年で決まりだと伝えました。

しかし、芹沢は不採用だと告げました。

おそらくバイト経験がないので、働くことの大変さを理解していないと言います。

採用しても、そのうち不満を言い出して来なくなるというのです。

ゆとりは、人間はお金をもらうことで、責任を持って働くという意識が芽生えるのだと教えられます。


ついに、コンペの初日を迎えました。

ゆとりは後継者の候補を見つけられませんでした。

後継者選びの方法は、それぞれの候補者に3日間ずつ店主として働いてもらって、その仕事ぶりで決めるというものです。

審査するのは大平夫妻と芹沢です。


コンペの1人目です。

白坂が連れてきた松井は大手ラーメンチェーン店の店長を3年務め、今も中華料理チェーン店の店長をしています。

調理も接客もできるマルチプレイヤーです。

茂幸は、松井は活気があって、この店の味をしっかりと守っていると高評価でした。


コンペの2人目です。

夏川が連れてきた板垣は、中華料理一筋20年の生粋の職人でした。

都内の一流ホテルや有名中華料理店で修行をしてきました。

板垣は野菜を油通してから使いました。

そうすることで、味がしみこみやすくなり、歯ごたえや色味もよくなります。

茂幸は、この店の味を守りながらうまく工夫してくれたと高評価でした。


ゆとりは、まだ候補者を見つけることができていません。

そこで、やむを得ず、母親のようこが経営するクッキングスクールの近くで候補者を探すことにしました。

しかし、ようこの部下に捕まってしまいます。

ゆとりは、ようこのところへ連れて行かれます。


ゆとりの父親・亮二は、芹沢に電話して、一緒にようこのクッキングスクールに付いてきてもらいました。

亮二が到着すると、ゆとりはようこの料理を無理矢理食べさせられそうになっていました。

慌てて止めに入ります。


ようこは、芹沢に若い社員に店の後継者を探させて大丈夫なのかと尋ねました。

芹沢は、まったく問題はないと答えます。

すると、ようこは以前芹沢の品川の店が急に閉店になった話をし始めました。

そして、雇っていた人間が何かトラブルを起こしたのではないかというのです。

芹沢は忙しいと言って、ゆとりを連れて帰りました。


コンペの3人目です。

須田が連れてきたのは、人気ラーメン店で5年修行を行ってきた小森でした。

小森は最悪でした。

テーブル数を減らして、客を外で待たせることで行列を作ります。

店内に貼ってあるメニューの貼り紙には嘘が書かれていました。

さらに、勝手に量を減らして儲けを増やしていました。


実は、須田は最近知り合ったばかりで小森のことをよく知りませんでした。

話を聞くと、人気ラーメン店で務めているというのはデタラメでした。

怒った芹沢は、「とっととうせろ!詐欺ニート」と怒鳴って追い払いました。

この時点で小森は脱落です。


小森が脱落したので、明日からゆとりの候補者が担当することになりました。

しかし、この時点でも候補者は見つかっていませんでした。

芹沢は、ゆとりの不戦敗を言い渡しました。


突然、客の1人である鷹野研次郎が自分が後継者になってあげると言い出しました。

ゆとりは、困惑して、今酔っ払いのおじさんに構っている暇はないと告げました。

鷹野のやる気に負けて、茂幸はタンメンのレシピを教えました。


鷹野は、コンペの最初の2日間は大平夫婦に店をお願いしました。

ゆとりは、どういうことかと鷹野に尋ねると、自分は他にやることがあるというのです。


鷹野は本当に最初の2日間は店に来ませんでした。

最終日、ゆとりは芹沢と店に行ってみました。

すると、店には行列ができていました。

鷹野は近所の八百屋や喫茶店の人と仲良くしたり、効果的なチラシを配っていました。

非常に客とのコミュニケーションの取り方も上手でした。


ついに、大平夫妻が後継者を選びます。

茂幸は、鷹野に店を譲ると言いました。

鷹野は店主の器だというのです。


芹沢は1人ずつ評価していきます。

松井は、大手ラーメンチェーン店でやってきただけのことはあって、そつなくこなしていました。

しかし、客席の誘導へ難があったというのです。

席は自由でよいと言われたは言え、混んできた際にはきちんと誘導しないと店はうまく回りません。


板垣には、松井以上に問題があると言います。

作った料理はそのまま何もせずに放置していました。

自分で出すか、声を掛けて出してもらうかすべきです。

調理に使っていたおたまに直接口をつけたり、包丁でビニールを切ったりと衛生面に問題があります。


鷹野は、この店と店に関わっていた人をみていました。

最初の2日間は、この店を外からみていたのです。

店周辺の立地条件や客層を調べて回りました。

初日は、近くのマンションにチラシを配りました。


芹沢は、チラシでヘルシーさをアピールしたのもよかったと絶賛します。

そして、ゆとりは別として、夏川ら3人は勉強不足だと言いました。

実は、鷹野研次郎は外食業界のカリスマだったのです。

そう言われると、夏川らもすぐに鷹野のことを思い出しました。


鷹野が経営していた洋食チェーン店はバイトテロで閉店に追いやられてしまっていました。

鷹野は、バイトをきちんと指導できなかったことを悔やんでいました。

当時は経営のことしかみていなかったと言います。

そのため、今回は店と人の両方ときちんと向き合う商売がしたかったというのです。

それでコンペに参加することを決めたのです。

実は、鷹野がコンペに参加したのはようこの勧めがあったためでした。


ゆとりは、ようこが関係していたことを知って悔しがりました。

芹沢は、そうでなければ鷹野のような人材が偶然現われるわけがないと言いました。


松井と板垣が帰ろうとすると、鷹野は一緒に働かないかと声を掛けました。

2人は一緒に働くことにしました。

鷹野は、独立のノウハウも教えてあげるというのです。


店は、その後も大繁盛していました。

有栖もおいしいタンメンが食べられると大満足です。


芹沢は、ゆとりにようこが力を貸したことで、これから発生するはずだったコンサル料が見込めなくなったと言いました。

普通の料理人なら、今後もコンサル料をもらえるが、カリスマの鷹野ではそれが難しいというのです。

そのため、ゆとりはボーナスなし、クビの一歩手前と言われました。

ちなみに、他の社員のボーナスの査定は次のとおりです。

夏川と白坂は普通、須田はマイナスです。

行列の女神の5話の感想

今回は、新しいラーメンを開発するなどして、店を立て直す話ではありませんでした。

後継者探しがテーマとなっていました。


候補者を探すと言っても、確かに人脈がないとなかなか難しいです。

ゆとりにはかなりフリでしたね。

鷹野ような人材が偶然見つかることはまずないでしょう。

まさかようこが裏で手を貸していたとは驚きです。


ドラマを観ていて気になったことがありました。

芹沢は、河上に人はいつ裏切るかわからないというような話をしていました。

ようこは、雇っていた人間がトラブルを起こしたせいで、芹沢の品川の店が急に閉店になったと言っていました。

もしかしたら、この2つのことに関しては同一人物が関係しているのではないかと考えてしまいました。

今後、このことが明らかにされるかもしれません。

それまで楽しみに待ちたいですね。


SNSでのコメントは次のとおりです。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!