ドラマ「野ブタをプロデュース」の7話のネタバレ・感想をご紹介します。

スポンサーリンク

野ブタをプロデュースの7話のあらすじ

野ブタをプロデュースの7話のあらすじは次のとおりです。


 信子に恋心を抱いた彰は信子を独占したいという想いから人気者にプロデュースする作戦を止めたいと申し出る。修二は彰の申し出に苛立ちを感じながらも受け入れざるを得ない。
そんな中、信子は唯一、出来た友人の蒼井かすみによる誘いで放送部へ入部。信子と少しでも一緒にいたい彰も又、放送部へ入部することに。そして、彰は信子への抑えられぬ思いのために、ある、とんでもない行動を取ってしまう・・・。
修二はというと、クラスメイトと適当に遊びながら適当に距離を置くという元の生活に戻るが、日々の生活にぽっかり穴が空いたような空虚感がぬぐえなかった。さらに、まり子から、自分との関係をはっきりさせてくれ、本当の気持ちを教えてくれ、と問い詰められる・・・。そんな折、信子が『私の好きなもの』をテーマに映像作品を募集するコンクール作品を撮影することになり、3人が久しぶりに行動をともにすることになるが、そこにまた陰湿ないたずらが発生し・・・。
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

野ブタをプロデュースの7話のネタバレ

信子は、友達になった蒼井かすみの誘いで放送部に入部しました。

彰も、信子と一緒にいたいということで、同じく放送部に入部しました。


修二はと言うと、信子を人気者にするためのプロデュースを辞めてからは、心にぽっかり穴が空いたような虚しさを感じていました。

嫌われたくないという理由だけで、行きたくもないカラオケに参加するなどしていました。


信子は、放送部員としてランチタイムに流すVTRを撮りに行くことになりました。

しかも、レポーターをするというのです。

彰は、助監督をすることになりました。


信子は、不器用ながらも一生懸命体当たりでレポーターを務めました。

失敗する場面もありましたが、信子のレポーターは好評でした。

修二も楽しそうにレポーターを務める信子を見ていました。


彰は、信子に告白しようとしていました。

その時、修二が放送室にやって来ました。

修二は、この間の信子のレポーターぶりがクラスで好評だったことを伝えました。

信子は“私の好きなもの”というテーマで映像作品を撮ることになってので、修二に手伝って欲しいと頼みました。

修二が手伝ってくれることになりました。

彰も参加するというのです。


久しぶりに3人で集まります。

3人は校内のいろいろな場所に行って、撮影を行います。

それぞれがバラバラになって撮影することになりました。


修二は、まり子のところに撮影に行きました。

まり子は、修二に3年生の石坂が自分のことが好きであることを伝えました。

石坂に修二と付き合っているのかと聞かれましたが、返事に困ってしまったというのです。

まり子は、修二に自分たちは付き合っているのかを尋ねました。

誤魔化そうとする修二に、まり子は付き合っているかどうかを人に言えないのはおかしいと言います。

まり子は、今のままでは苦しいと本心を明かしました。


3人は、自分たちが撮ってきた映像を確認しました。

信子は、修二が撮ってきた映像が気に入りました。

その映像には、クラスメイトや園児など人物しか映っていませんでした。

信子にはそれが新鮮に思えたようです。

そこで、テーマを絞って、その映像を編集することにしました。


信子は、編集時に彰に修二の話をしました。

修二は、周りの人間をものすごく大事にしているので、嘘をついたり、我慢をしているというのです。

そのことが、この映像を見ていてわかると言います。

彰は、信子が修二の話ばかりするので面白くありませんでした。


信子が教室に行っている間に、彰は信子が編集したビデオテープをゴミ箱に捨てようとしました。

その時信子が戻ってきました。

信子は、彰にパンチを食らわせました。

すると、彰は鼻血を流しました。

信子は慌てて人を呼びに行きます。


信子は、帰ろうとしていた修二を連れてきます。

修二が放送室に来ると、彰は倒れていました。

信子が氷を買いに行った後、修二は彰にもう痛くないのでと尋ねます。

彰は心が痛いというのです。

修二に、信子が編集したビデオテープを捨てようとしたことを明かしました。


彰はかなりへこんでいました。

修二は、このようなことで信子が彰のことを嫌いになるわけがないと励まします。

彰は、自分は最悪だと言います。

帰りに、信子は彰に謝りました。


次の日、放送部で信子の作品が披露されました。

部内での評判はよく、引き続き頑張るように言われました。


その日の夜、放送室に誰かが侵入しました。

信子が編集したビデオテープをハサミで切るなどして見られなくしてしまいました。


ビデオテープのことを知った修二と彰は、屋上に走ってやって来ました。

信子は涙を浮かべて、修二に謝りました。

修二は、どうしてそのように感情をむき出しにできるのかと言いました。

彰は、切羽詰まったらできるというのです。


彰は、修二と2人きりになった時に「野ブタのこと諦める」と言い出しました。

自分には信子のことを好きになる資格がないというのです。

絶対に女性を泣かせてはダメだと言いました。

そして、3人でいる時の信子が好きであることを伝えました。


修二は、休みの日の学校に彰とやって来ました。

彰は放送室に行って、校内放送で「野ブタ~好きだ~」と叫びました。

そして、彰は信子への想いを話し始めます。

その後、なぜか歌まで歌い出しました。


教室で、彰の放送を聞いていると、まり子が偶然やって来ました。

修二は、まり子にこの間のことについて話します。

まり子のことを好きだと思ったことはないと伝えました。

人を好きになって、自分をコントロールできなくなることが嫌いだと言います。

しかし、周りには恋人がいると思われたいというのです。


まり子は、修二に今後自分のことを好きになってくれる可能性はあるのかを尋ねます。

修二は、好きになる可能性はないと答えました。

そして、まり子に謝りました。


修二は、公園で1人で座っていました。

信子は、修二に話しかけます。

修二は、まり子にひどいことを言ってしまったと言います。

まり子からは明日から憎まれるだろうと思っていました。

そして、人に嫌われるのは怖いと本心を明かしました。

信子は、修二をバックハグしました。

大丈夫。誰も嫌いになったりしないから」と言って修二を慰めます。

その後、ゴメンと謝って帰って行きました。


修二は、信子に抱きしめられて初めてわかりました。

自分が寂しい人間であることを。

野ブタをプロデュースの7話の感想

修二も彰もいろいろ悩んでいますね。

彰は、信子のことが好きで堪りませんが、その想いをなかなか伝えられません。

修二に焼き餅を焼いて、信子にひどいことをしてしまいました。


修二は、ついにまり子に本心を明かしましたね。

人から嫌われるのが嫌で、今まで本心を明かさなかったのに。

驚きましたね。

まり子があまりにも可哀想でした。

周りから恋人がいると思われたいという理由だけで、付き合っているフリをされていたということです。


何と言っても、今回は信子のバックハグですね。

これがもっとも驚きました。

信子は修二のことが好きなのでしょうね。


今後ドラマがどのような展開を迎えるのか楽しみです。

来週が待ち遠しいですね。


SNSでの声は次のとおりです。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!