ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」の6話のネタバレと感想をご紹介します。

スポンサーリンク

行列の女神の6話のあらすじ

行列の女神の6話のあらすじは次のとおりです。


汐見ゆとり(黒島結菜)は初めて『らあめん清流房』の手伝いに入れることになり、かなり浮かれている。一方、白坂隼人(小関裕太)は、担当する店の新メニュー開発でトラブルが発生。流行に乗ろうとする白坂の提案にクライアントが納得いっておらず、対応に追われていた。

そんな中、ラーメン業界最大手のチェーン店を経営する「楽麺フーズ」社長の蒲生博昭(マギー)が来店する。実はまもなくオープンする新店舗で、看板にする店舗限定メニューの開発を芹沢達美(鈴木京香)に依頼するため、『らあめん清流房』にやって来たのだ。ただし2社で争うコンペ形式。しかも相手は、以前期せずして戦うことになった、あの「味惑コーポレーション」の難波倫子(松井玲奈)だという。そこで芹沢はゆとりを担当に、白坂をサポートにつけ、蒲生の依頼を受けることに。

だが「無難な味で見た目がインスタ映えするぐらいがちょうどいい」という白坂に対し、ゆとりは「メニュー開発を依頼された意味がない」と反論。ふたりの意見は真っ向から食い違ってしまう。そこで白坂は開発の参考にするべく、初めて担当した『油そば専門店・まきはら』へゆとりを連れて行こうとするが、久々に訪れた店は『油そば専門店・きよた』に…。なんと数年前に店を「味惑コーポレーション」が買い取ったという。

報告を受けた芹沢は「問題ない」、河上堅吾(杉本哲太)も「終わった案件だ」と一蹴するが、何の連絡もなく売り払われてしまったことに、白坂はショックを隠しきれない。するとなぜかゆとりは「牧原は殺されている」と思い込み、「このまま放置はできない」と憤激。「味惑コーポレーション」に乗り込んで倫子に話をつけようとするが――。
一体白坂と牧原の間に何があったのか?ふたりは倫子に勝てる新メニューを完成させることができるのか?
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

行列の女神の6話のネタバレ

白坂は、担当を任されたクライアントとの間で新メニューの開発に関してトラブルが発生していました。

クライアントは流行に乗るようなことはしたくないというのです。

白坂はクライアントのところへ話をするために行ってしまいました。


ゆとりは、この日初めて「らあめん清流房」の厨房に入れるということで非常にテンションが高かったです。

ラーメン業界最大手のチェーン店「楽麺房」を経営する「楽麺フーズ」社長の蒲生博昭が、客としてラーメンを食べに来ていました。

蒲生は、近々池袋駅の最寄りに新店舗をオープンさせるのですが、店舗限定メニューをその店の看板に考えているというのです。

そこで「清流企画」に新メニューの依頼をしてきました。

芹沢は引き受けることにしました。


しかし、蒲生は自分の会社では外部に仕事を任せる場合、2社以上に声を掛けることになっているというのです。

そのため、もう1社とコンペ形式で争って欲しいと言います。

芹沢は、相手はどこかを尋ねます。

すると、「味惑コーポレーション」の福花社長と倫子がやって来ました。

「清流企画」がコンペを断るはずがないと読んで挨拶にやって来たのです。


芹沢は、前回は引き分けだったので、今回ですっきり決着がつくというのです。

前回についてはこちら!


芹沢は、ゆとりを担当にすることにしました。

今回も、ゆとりと倫子がバトルを繰り広げます。


倫子はゆとりと握手をします。

ゆとりが顔をゆがめるほどの力を入れて「今度こそ、ぎったんぎったんにしたるさかい。覚悟しとけよ。おう」と言い放ちました。


白坂がゆとりをサポートすることになりました。

2人は新メニューの開発を進めます。

今回は、客層が若者ということでボリューム系ラーメンの新メニューを考えます。


白坂は、客はそこまで新しい味を求めていないと言います。

無難な味で見た目はインスタ映えするぐらいがちょうどよいというのです。

しかし、ゆとりはそれではメニュー開発を依頼された意味がないと返します。

白坂は、商売は変なこだわりを持つよりも客受けが1番だと持論を展開します。


白坂は、ゆとりを自身が初めて担当したラーメン店に連れて行きました。

そこのラーメンを食べるとよい参考になるというのです。

店の前まで行くと、白坂は店名が変わっていることに気がつきました。

前は「油そば専門店・まきはら」でしたが、今は「油そば専門店・きよた」になっていました。

店に入って確認すると、数年前に「味惑コーポレーション」がその店を買い取っていたことがわかりました。


白坂は、芹沢にそのことを伝えました。

芹沢は、自分の店をどうしようと本人の勝手だと言いました。

河上はもう終わった案件だというのです。

白坂は、何の連絡もなく売り払われてしまったことに納得がいっていませんでした。


突然、ゆとりは店主の牧原は殺されて、店の権利を奪われてしまったのではと言い出しました。

このまま放置はできないと言って、「味惑コーポレーション」に話をしに行ってしまいました。

白坂も一緒に行くように指示されました。


ゆとりは倫子に先ほどのことを伝えました。

倫子は、取り合ってくれませんでした。

実は、河上が倫子に適当にあしらって帰らせるように言って来ていたのです。


倫子は、牧原が白坂の大学の先輩だと知ると、当時のことを詳しく話してくれたら、牧原の連絡先を調べてもよいと言い出しました。

牧原は、非常にこだわりの強い店主でした。

目の前にライバル店ができたことで、店に客はまったく入らなくなってしまいました。

そこで、白坂にコンサルを依頼しました。

新メニューの開発をしましたがうまくいきませんでした。

そんな時、気に入っていたアルバイトの女性店員が急に辞めたいと言ってきました。

そして、その女性はこともあろうにライバル店でアルバイトを始めてしまいました。

このことを知った牧原は、こだわりを捨てるので、ライバル店に勝ちたいと言い出しました。

そこで、芹沢は油そば専門店にすることを提案しました。

これが大成功したのです。


ゆとりは、牧原にどうして店を手放したのかを聞くことにしました。

倫子に調べてくれるように頼みましたが、倫子は約束まではしていないと言って調べてくれませんでした。


ゆとりと白坂の2人は、新メニューの開発がまったくうまくいっていませんでした。

白坂は現在担当するクライアントのことや牧原のことが気になって、それどころではないという感じでした。

夏川は、白坂に牧原のところへ言って話を聞いてくることを勧めました。

須田は、牧原が現在経営するラーメン店の場所を調べてくれていました。


白坂とゆとりは、牧原が経営するラーメン店「麺屋まっきぃ」にやって来ました。

牧原は、白坂に連絡をせずに前の店を売ってしまったことを謝りました。

白坂は、どうして店を売ったのかを尋ねました。


牧原は、前の店の話をしました。

油そば専門店に変えてからは連日満員でした。

しかし、今まで強いこだわりを持って店を開いてきた牧原にとっては、素直には喜べませんでした。

ある日、店で泣いてしまいました。

それを河上が見ていました。

牧原は、繁盛したことがうれしいのか、こだわりを捨てたことが悔しいのか、泣いた理由がわからないと言います。

河上は、そのどちらもなのではというのです。

そして、芹沢もかつて同じ涙を流したことを話しました。

河上は、また店を持ちたくなれば相談すればよいと言って、「味惑コーポレーション」の知り合いの名刺をくれました。


牧原は悩んだ末に、「味惑コーポレーション」に連絡をしたのだと言います。

「清流企画」へは連絡がしにくかったというのです。


「麺屋まっきぃ」では、ラーメン・ライスを出していました。

ラーメンをおかずにライスを食べるというものです。

ゆとりは、このような食べ方を知りませんでしたので、とても新鮮に思えました。

実際に、ゆとりも食べてみると、少しワクワクしました。


翌日、白坂は芹沢に牧原のことを謝りました。

芹沢は、白坂は大きくは間違っていないと言います。

ビジネスである以上、儲けを出さないといけないためです。

最新のトレンドを取り入れたコンサルを行える、白坂は貴重な戦力だと言ってくれました。

ただ、その武器を活かすためにも次のステップに進んで欲しいというのです。


その時、メニューを開発していたゆとりが声を掛けてきました。

新メニューができたというのです。

芹沢は試食し、コンペはこれでいくと言ってくれました。


いよいよコンペの日が来ました。

審査をするのは、蒲生、有栖、「楽麺房」の社員8人です。

はじめは「清流企画」の番でした。

ゆとりはラーメンを準備します。

ご飯を油で揚げてオコゲを作りました。

そして、オコゲラーメンを出してきました。

プルプルの太麺にカリカリのオコゲで2つの食感を楽しめます。

このラーメンにはある仕掛けがありました。

それはスープの味が変わるというものでした。

豚骨味のスープが豚骨魚介醤油味に変化します。

オコゲの味付けの鰹出汁と醤油だれがスープに溶け出したのです。

おいしさだけでなく、楽しさも満載でした。


次は「味惑コーポレーション」の番です。

倫子は、「清流企画」はボリューム系ラーメンをわかっていないというのです。

そう言った後準備を行います。

そして、唐揚げラーメンを作りました。

唐揚げの衣には細かく刻んだ麺が使われていました。

衣が剥がれてスープが濁らないための工夫でした。

こちらもかなり評判がよかったです。


投票が行われました。

結果を発表する前に、蒲生は倫子にどうしてボリューム系ラーメンをわかっていないと言ったのかを尋ねました。

若者はボリュームが第一で、味はシンプルなものを好む傾向にあります。

そのため、「清流企画」が作ったラーメンのように高度で複雑な味は理解されない可能性が高いと倫子は答えました。


反論を求められた芹沢は、どちらがわかっていないかは結果をみてからだというのです。

いよいよ開票されます。

結果は、5票を取った「清流企画」の勝利でした。


投票用紙には、選んだ理由も書かれてました。

ボリューム系ラーメンは、途中で味に飽きてしまいますが、オコゲラーメンはその欠点を見事に克服していた

シンプルな味だと飽きてしまいます。

芹沢は、ある程度味に奥行きがないと今の時代に適応できないと言いました。

「楽麺房」で、オコゲラーメンが出されることになりました。


帰りに、芹沢は倫子にあるアドバイスをしました。

それは、フードコンサルタントとして、客のことを分析してこの程度のものを出しておけばよいと客をバカにしてはいけないということでした。

客のニーズに応えることと客のレベルを見切った気持ちになることはまったくの別物だと言います。

倫子は、そのアドバイスを真摯に受け止めました。


白坂は、芹沢が自分のために言ってくれているのではと感じていました。

自分も倫子と同じようなコンサルを行っていたためです。


白坂は、今までは流行りものさえ出しておけば、客がついてくるので間違いないと考えていました。

しかし、今回の件でそれだけではダメだと考えを改めました。

店主にこだわりがあるのなら、そのことも考慮しないと長く経営していくのは難しいという結論に至ったのです。


ゆとりは、仕事帰りに「らあめん清流房」に寄りました。

この日は雨が降っていたので、客はほとんど入っていませんでした。

ゆとりは、いつもは客がいっぱいで看板メニューを食べたことがありませんでした。

そこで、今回は食べてみることにしました。


芹沢は、ゆとりのために濃口醤油らあめんを作りました。

ゆとりはおいしいと言って食べます。

芹沢は、ゆとりにこのラーメンを食べてワクワクするかを尋ねました。

ゆとりは言葉を詰まらせました。

それなら、こちらも食べるように言って、薄口醤油らあめんを出しました。

ゆとりは、スープを飲んだだけでそのラーメンのすごさがわかりました。

芹沢は、この薄口醤油らあめんこそが自分の職人魂をかけて生み出した作品だと言いました。

行列の女神の6話の感想

今回は、白坂のように客を分析してデータに基づいたコンサルを行っていくタイプが陥りやすい落とし穴についての話でした。

確かに、ビジネスなので売れないといけません。

しかし、それだけでは店主のモチベーションが上がらず、商売を長く続けていくことが難しいとよくわかりました。

やはり、コンサル業は奥が深いですね。


倫子が再登場しました。

今回もコテコテの関西弁が炸裂しました。

倫子も、タイプ的には白坂によく似ています。

リサーチ重視で、それに基づいてプランを立てます。

倫子は、さらにこうしておけば大丈夫と客をなめるところがあります。

それが、今回のコンペで勝敗を分けた大きな要因となりました。


河上が芹沢もかつて同じ涙を流したと言うシーンがありました。

これと最後の薄口醤油らあめんのくだりから、芹沢はビジネスのために本当に作りたいラーメンを諦めたのではないかと考えられますね。

自分が作りたいラーメンと、客が食べたいと思うラーメンは必ずしも一致しないということでしょう。

辛い現実ですね。


SNSでのコメントは次のとおりです。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!