ドラマ「BG 身辺警護人 傑作選」の7話のネタバレと感想をご紹介します。

今回、章は元妻の仁美の警護を行います。

ドラマの後半では思わぬ展開が待っていました。

スポンサーリンク

BG 身辺警護人の7話のあらすじ

BG 身辺警護人の7話のあらすじは次のとおりです。


 6年前に別れた妻・小田切仁美(山口智子)から「わたしを護って」と依頼された章(木村拓哉)。元妻を警護するということに躊躇いと気まずさを感じ、一旦は村田(上川隆也)とまゆ(菜々緒)にBGを任せるものの、高梨(斎藤工)から「怖がっている女を護れないで、なにがプロですか」と焚き付けられ、みずからが引き受けることを決意する。
「誰かに狙われている」と話す仁美に対し、あくまで“ボディーガード”として接する章だったが、時折り“元夫婦”を感じさせる瞬間も…。そんな中、仁美を付け狙っていた人物の正体が判明する。

 警護の延長で、レストランで食事をすることになったふたりの前に、厚生労働大臣の愛子(石田ゆり子)が民事党の幹事長・五十嵐(堀内正美)との会食のため現れる。さらに客の中に望まれない客が紛れており…突然の銃声に店内は騒然とする!! 危機を乗り越えようとする元夫婦が辿りつく衝撃の別れとは…!?
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

BG 身辺警護人の7話のネタバレ

章は、別れた妻の小田切仁美から話を聞いていました。

仁美が狙われ始めたのは3ヵ月前からです。

瞬が章の家にやって来た頃です。


章は、村田に仁美の警護依頼の話をしました。

BGはまゆが務めます。

章が他の者にやって欲しいと願い出たのです。


村田とまゆが仁美に会いに行きました。

仁美は、時々不審電話があり、仕事に行く時に誰かにつけられている感じがすると伝えました。

花壇の花も荒らされたと言います。


仁美の夫は、仕事で海外に行っています。

心配をかけたくないということで、仁美は夫に何も話していません。


高梨は、章にBGになるべきだと話しました。

怖がっている女性を護れないようではプロではないと言いました。

高梨があまりにも熱心に説得してくるので、章はBGになることを考えることにしました。


自宅に帰ると、村田が待っていました。

章に、仁美から聞いた話を伝えます。

村田も、仁美は章を頼ってきたので、章が護ってあげるべきだと言いました。


仁美の警護は章が行うことにしました。

会社を出る前に、章はいつものように腕時計の誤差を確認します。

すると、電池がないのか大きな誤差がありました。

村田が腕時計を貸してくれました。

実は、章の腕時計は仁美がくれたものでした。


章は、仁美の自宅に行きました。

仁美は、章がつけている腕時計が自分があげたものではないことに気づきました。


仁美は、フラワーアレンジメントの仕事であるレストランに向かいます。

章は警護のために一緒に行きます。

仁美が仕事をしている間、章は少し離れたところで周りの様子を伺います。


次は、恵比寿の生花店に向かいます。

途中で、章は誰かにつけられていると感じました。

そこで、前の角を曲がれば、仁美に走るように指示しました。

2人は走り出します。

誰かが追いかけてきます。


仁美を物陰に隠れさせて、章はその者に話をします。

仁美に嫌がらせをしていたのは、夫が前に付き合っていた女性・ショウコでした。

ショウコは、仁美が夫を奪ったと思っています。

仁美は、夫と出会ったのはショウコと別れた後だと言います。

ショウコは納得しませんでしたが帰って行きました。

仁美は、警察には被害届を出さないことにしました。

自分ならもう2度と行かないと思ったためです。


これで任務完了です。

章は、仁美を自宅まで送っていくことにしました。

しかし、仁美は章と食事がしたいと言い出しました。

実は、仁美は瞬も呼んで3人で食事をしようとしていたのです。


章と仁美はレストランで話をします。

6年前には、このように話はできませんでした。


章は、SPがいることに気がつきました。

しばらくすると、愛子がやって来ました。

章にあいさつした後、向こうに行きました。


愛子は、民事党の幹事長・五十嵐と会いました。

そして、離党を申し出ました。

自分は政治家になりたいというのです。


章に、村田から電話がかかってきました。

村田は、わざわざレストランまで修理した腕時計を持ってきてくれました。

どうしても今日必要な腕時計なのではないかと思ったというのです。

章が使っている腕時計は仁美にもらったものだとわかっていたのです。


村田が帰ろうとすると、五十嵐の元秘書・植野がいました。

植野は、先日五十嵐の古稀を祝う会で騒ぎを起こした男です。

章と村田は、植野がまた何かするのではと警戒します。

村田に、2階で愛子と五十嵐が会っていることを話しました。


章は、落合に植野のことを話しました。

章は、仁美にここは安全ではないので出ようと言います。

そうこうしている間に、植野が2階に上がってきて、SPに対して五十嵐に会わせて欲しいと伝えました。

SPは、それはできないと返しました。


植野の声が聞こえた五十嵐は帰るように言いました。

すると、突然植野はここで死んでもよいかと言い出しました。

自分が五十嵐に謝って、五十嵐も自分に謝ってくれれば、生きようと思っていたというのです。


植野は自分のこめかみに銃口を当てます。

銃を撃ちましたが、撃った際に勢い余って銃口が天井に向いてしまいます。

そのため、植野には銃弾は当たりませんでした。


植野は、銃を持ったまま章らがいた方に逃げてきます。

SPは銃を持って追いかけます。


植野は興奮して、章らの方へ銃口を向けます。

章は、植野に自分にできることなら何でもすると伝えます。

植野は、五十嵐と話がしたいと言いました。


章は、今日6年ぶりに別れた妻と息子の3人で食事をすることになったことを話しました。

どうしても言いたいことがあるというのです。

章は、仁美の方を向いて「俺が悪かった。ごめん。申し訳ない」と言いました。

再び植野の方を向いて、自分は仕事で失敗して別れた妻に当たりまくりましたが、1度も謝ったことがないことを伝えました。


すると、仁美は突然立ち上がって章に文句を言い始めます。

植野が銃口を向けた状態で、元夫婦が口論を始めます。

2人の口論によって、植野の周囲への注意が散漫になります。


その隙に、落合が植野のすぐ後ろにやって来きました。

そして、落合は銃を置くように指示しました。

村田は、今の間に客を外に逃がします。

章は、仁美も逃げるように言いました。


植野は、章に銃口を向けた状態で、4年前の収賄事件について話し出しました。

実は、植野がこの事件の罪をカブっていたのです。

しかし、五十嵐は植野との約束を守りませんでした。

だから、五十嵐に謝ってもらって当然だというのです。


その時、五十嵐が植野に話しかけます。

植野は五十嵐に謝るように言います。

しかし、五十嵐は死ぬために来たのなら、ここで死ねというのです。


植野が発狂して銃を五十嵐の方へ向けます。

章が植野を取り押さえようとしますが、突き飛ばされてしまいます。

植野が章に向かって銃を発射しました。

その時、村田が章をかばいに入ります。

村田が太ももを銃で撃たれました。

その後、落合が植野を逮捕しました。


外に出ると、仁美と遅れてやって来た瞬がいました。

章は、仁美が大丈夫であることを確認すると、村田を搬送する救急車に乗り込みました。

その時です。

落合がやって来て、民間人にケガをさせてしまって申し訳ないと謝ってきました。

村田は誰も死ななくてよかったと言いました。


搬送中、章は村田と話しました。

村田は苦しそうでしたが、章の腕時計のことを心配します。

村田は、自分の腕時計を見て、現在の時間を言います。

章と誤差がないことを確認しました。


急に村田の容態が悪化しました。

章は必死に「課長」と呼びかけます。

救急隊員による蘇生処置が取られます。

BG 身辺警護人の7話の感想

仁美をつけ狙っていたのは、まさかの夫の元カノでした。

しかも、誤解して仁美に嫌がらせをしていたのです。

本当にいい迷惑ですね。


まさかこの後とんでもないことになるとは思いませんでしたね。

偶然がいくつも重なりました。

仁美が章を食事に誘うこと、章の腕時計が故障して村田がそれを持って来ること、愛子がこのレストランで五十嵐と会うことなど。

村田がどうなるのか心配ですね。

医学の知識はまったくありませんが、太ももを撃たれてこのようなことになるのでしょうか?

章は、足を撃たれただけなので、大丈夫だと思っていたはずです。

まさか心肺停止の状態に陥ってしまうとは思ってもみなかったでしょう。


来週はどうなるでしょうか?

気になりますね。


SNSでのコメントは次のとおりです。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!