ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」の7話のネタバレと感想をご紹介します。

スポンサーリンク

行列の女神の7話のあらすじ

行列の女神の7話のあらすじは次のとおりです。


まもなく開催される世界的な日本食文化発信イベント「ジャパンフードサミット2020」のラーメン部門責任者に、芹沢達美(鈴木京香)が抜擢される。日々準備に追われる芹沢に代わり、しわ寄せを食らう河上堅吾(杉本哲太)は疲労困憊状態。一方、夏川彩(高橋メアリージュン)は、芹沢から月替わりラーメンを開発するチャンスを与えられるが、思うようなものが出来ず思い悩んでいた。

そんな中、名店『麺房なかはら』の店主・中原昌英(石黒賢)が「清流企画」にやって来る。90年代にラーメンの価値を一気に上げたラーメン界の大スターだ。ところが「ラーメン博物館」に出店した新店舗の客入りが悪く、原因がわからないため相談に来たという。本店と寸分違わぬ味でやっているのになぜ客が来ないのか?話を聞いた芹沢は、この依頼を汐見ゆとり(黒島結菜)に担当させる。プライドが高い中原をゆとりに任せることに、周囲は不安を抱くが、芹沢にはある思惑があって…。

早速、ゆとりと夏川は問題の店舗を訪れるが、芹沢が担当すると思っていた中原は激怒。「芹沢の嫌がらせだ」「依頼は取り消し」と、ゆとりらを追い返そうとする。実は芹沢、河上とは同じ店で修業をした間柄。厳しい先輩だった自分を2人は今も恨んでいると、中原は思い込んでいたのだ。追い出されながらも、せっかくだからと中原のラーメンを食べたゆとりは、その味を絶賛。だが店に入ろうとしない客の反応を見て、ゆとりはあることに気づく。
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

行列の女神の7話のネタバレ

芹沢が「ジャパンフードサミット2020」のラーメン部門責任者に抜擢されました。

そのため、芹沢は会議への出席などで忙しくしていました。

芹沢がいないので、各社員が協力して何とか仕事を回していました。


芹沢が行っていた月替わりラーメンの開発は夏川が担当することになりました。

しかし、思うようなラーメンが作れずに頭を悩ませていました。


芹沢が出勤してきました。

「ジャパンフードサミット2020」の準備は、思いのほか進んでいないというのです。

芹沢は厄介な仕事を引き受けてしまったと後悔します。


その時です。

「麺房なかはら」の店主の中原昌英がやって来ました。

中原は、夏川が感激して大喜びするほどのラーメン界の大スターです。

芹沢と河上とは顔見知りでした。


中原は、「新横浜ラーメン博物館」に出店したのですが、なぜか客が入らないで困っていました。

大人気の本店とまったく同じラーメンを出していると言います。

そこで、芹沢に依頼してきたのです。

中原は、明日店で待っていると言って帰って行きました。


芹沢は担当にゆとりを指名しました。

夏川らは志願しましたが、自分の仕事があるこということで断念しました。


河上は、ゆとりが担当では心配でした。

中原は非常にプライドが高い人間です。

芹沢は、だからこそゆとりにしたのだというのです。


ゆとりと夏川は「新横浜ラーメン博物館」にやって来ました。

夏川は、ゆとりだけでは心配ということで一緒についてきました。


「麺房なかはら」の店の前に来ると、誰も客がいませんでした。

2人は店の中に入ります。

中原が奥から出てきて、担当がゆとりであることを知ります。


中原は芹沢に電話をします。

芹沢が担当してくれるのではなかったのかというのです。

芹沢は、そのようなことは一言も言っていないと返しました。

中原は怒って電話を切ってしまいました。


中原は、ゆとりと夏川に依頼をキャンセルしたことを伝えました。

これは、芹沢の嫌がらせだというのです。

中原と芹沢、河上の3人には同じ店で修行した過去がありました。

その時、先輩だった中原は芹沢と河上に厳しくしたというのです。

芹沢と河上は、そのことを今も恨んでいると思い込んでいました。


中原は、女性がラーメンを作ることに反対でした。

そのことを知った夏川は怒って帰ってしまいました。

ゆとりは、客としてラーメンを食べることにしました。


ゆとりが店から出ると、若い男女が店の前にいました。

その2人は、「丸鶏拉麺」は何味なのか、金額の違いは何なのかなどについて話していました。

その後、博物館内を歩き回って、ゆとりは「麺房なかはら」に客が入らない理由がわかりました。

ゆとりは、すぐに中原にその理由を伝えました。


3日後、「麺房なかはら」は満員でした。

立て看板やお品書きなどでラーメンの味や特徴をわかりやすくしたのです。

実は、「麺房なかはら」は有名店だったので、ネットで事前に調べてやって来る客がほとんどでした。

しかし、博物館にはそのような客はあまりいません。

ほとんどの客は、この店ではどのようなラーメンを食べることができるのかを知ってから店に入ります。

しかし、「麺房なかはら」は外からは何もわかりませんでした。

そのため、客は店に入ろうとしなかったのです。


中原は大喜びでした。

そして、ゆとりにお礼を言いました。


ゆとりは帰ってから、芹沢に今回のことを報告しました。

中原が味には自信があるので巻き返せると言っていたことも伝えました。

芹沢は中原はわかっていないと言いました。

ゆとりに「丸鶏拉麺」を食べてワクワクしたのかを尋ねました。

ゆとりは確かにおいしいとは思いましたが、ワクワクはしませんでした。

芹沢は、「麺房なかはら」にもう1度様子を見に行くように指示しました。

そうすれば、ワクワクが何なのかがわかるかもしれないというのです。


河上は、ラーメンを作って食べさせてくれました。

アンチョビを使ったおいしいラーメンでした。

しかし、過去に芹沢にダメ出しされたというのです。

そして、河上は芹沢が河上の考案したラーメンを改良したスープを作りました。

みんなは、こちらの方がおいしいと言います。

アンチョビの臭みが残っているのが病みつきになると絶賛します。

河上は、人によっては抵抗を感じるかもしれないスリリングな側面が多くの人を病みつきにするのだと言いました。


夏川は、河上の話を聞いて思いっ切り大胆なラーメンを作りました。

芹沢はそのラーメンを酷評します。

夏川は、悔しくて泣いてしまいます。

自分には才能がないので無理なのではないかと言い出します。

芹沢は、夏川は凡人だと認めた上で、凡人には凡人なりの戦い方があるというのです。

そして、「職人にとって1番の敗北はセンスがないことなんかじゃない。歩みを止めてしまうことよ」と言いました。


ゆとりは、博物館内の「麺房なかはら」にやって来ていました。

そこそこ客は入っていますが、他のラーメン店を上回るところまではいっていませんでした。

中原はその理由がわからないでいました。


ゆとりは、有栖と話をしたことであることに気づきました。

その時、会社から電話が入りました。

夏川が芹沢にダメ出しされた後、半べそをかいていなくなったというのです。

ゆとりは、夏川は潰れた実家のラーメン店にいるのではと考えてやって来ました。

予想どおり、夏川はそこにいました。


夏川は、芹沢に言われた凡人の戦い方とはどのようなものかを考えていました。

その店のメニューを見て、ゆとりはラーメンに三ツ葉が乗っていることに気がつきました。

三ツ葉はネギに比べて微妙なクセの強さがあるので、よいアクセントになっているというのです。

夏川は、クセの強さという言葉から閃きました。


中原は、清流企画へやって来ました。

ゆとりがラーメンの量が少ないと言っていたことを話します。

芹沢は、「麺房なかはら」の1番の問題点は食事満足度の低さであることをわかっていました。

中原は、芹沢のライバルと名乗る自分がその問題点に気づけなかったことを情けなく思いました。

ゆとりは、問題点がわかったので改善すればよいと言いました。

しかし、中原は今更何も変える気はないのでもうラーメン博物館から撤退するというのです。


河上は、自分と芹沢が中原をどういう気持ちで見てきたかをわかっていないというのです。

芹沢は、中原に夏川が作った新作のラーメンを試食するように言いました。


夏川が作ったのは、こってりとしたコクの強いスープでした。

そこに三ツ葉を乗せたことでくどさを感じなくなっていました。

ゆとりがワクワクする味に仕上がっていました。

芹沢は合格と言ってくれました。

夏川は、自分は天才ではないので閃きは降ってこないと言います。

そこで、自分が今までに経験したことや記憶を参考にして悩んで考え出したというのです。

職人にとって1番の敗北は歩みを止めてしまうことなので、自分はこれからも歩みを止めないと言いました。

中原は“歩みを止めない”という言葉に反応しました。


芹沢は、中原は何も歩んでいないというのです。

当時は脚光を浴びて100点満点だったラーメンが、今も100点満点だとは限らないと言いました。

そして、中原は夏川やゆとりよりも劣っていると言い放ちました。


中原は、3日後に自分のラーメンを食べに来るように言いました。

ついに中原が本気でやる気になったようです。


3日後に、中原の店にみんなで食べに行きました。

ラーメンとスープはそのままで、具だけを変えました。

鶏の軟骨焼きと砂肝焼きがトッピングされていました。

食べ終わると、麺の量は変わらないのに満腹感がありました。

芹沢は、その理由は咀嚼(そしゃく)回数の違いだと言います。

鶏の軟骨や砂肝は噛みごたえがあります。

咀嚼回数が増えると満腹感が得られやすくなるのです。


中原は、この3日間死に物狂いでラーメンの改良を行ってきたと言います。

そして、店を出した時や修行していた時の気持ちを思い出したというのです。


帰り道、ゆとりはワクワクの正体はアンバランスであることではないかと考えました。

中原の件と先日河上が言っていた言葉から、そのように感じたのです。

芹沢は、間違ってはいないと言います。

しかし、それは答えの1つでしかないというのです。

そのようなところで止まっているようではまだ未熟だと言いました。


「ジャパンフードサミット2020」の前運営委員長が体調不良で辞退しました。

そこで、白羽の矢が立ったのはようこでした。

ようこは、「ジャパンフードサミット2020」からラーメンを排除するのなら、委員長に就任してもよいと言い出しました。

行列の女神の7話の感想

今回は、よいセリフがいくつかありました。

“職人にとって1番の敗北はセンスがないことなんかじゃない。歩みを止めてしまうことよ”

“凡人には凡人なりの戦い方がある”

この2つは好きですね。

ほとんどの人間は天才ではないのです。

やはり、それを補うためには努力しかありませんね。


芹沢は、社員に直接答えを言うのではなく、自分で気づかせるようにもっていくのが非常に上手です。

人から言われるよりも、自分で気づいたことの方が心に残ります。

それを狙ってやっているのかもしれません。


来週は最終回です。

もっと放送して欲しかったですね。  

どのような話になるのでしょうか?

楽しみですね。


SNSでの声は次のとおりです。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!