ドラマ「BG 身辺警護人 傑作選」の8話のネタバレと感想をご紹介します。

スポンサーリンク

BG 身辺警護人の8話のあらすじ

BG 身辺警護人の8話のあらすじは次のとおりです。


 厚生労働大臣の愛子(石田ゆり子)と民事党幹事長・五十嵐(堀内正美)の会食の場で起きた発砲事件により、撃たれた村田(上川隆也)。五十嵐が犯人を挑発したことにより起きた事件ではあるが…世論は、「出しゃばった民間のボディーガードが無謀な行動をして撃たれた」と否定的な目を向け、現場にいた愛子や五十嵐、そして警視庁のSPたちも、みずからの保身のために真実を語ろうとはしなかった。
 なんとか村田の汚名をそそぎ、民間ボディーガードとしての名誉も回復したい章(木村拓哉)たち身辺警護課のメンバー。しかし、警察ですら真実を明かしてくれない現状に為す術もない。
 これまで通りの業務を続けようとする章に対し、高梨(斎藤工)は「泣き寝入りするのか」と、反発する。さらに、沢口(間宮祥太朗)までもが「ボディーガードを辞めさせて欲しい」と言い出してしまい…?

 そんな中、SPの落合(江口洋介)をともない、愛子が章を訪ねて日ノ出警備保障にやってきて…!?
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

BG 身辺警護人の8話のネタバレ

章を助けようとした村田は亡くなってしまいました。

現場にいた警視庁のSPや愛子、五十嵐も事件の真相を語ろうとはしませんでした。

実際、犯人を挑発したのは五十嵐なのに、なぜか村田が犯人を挑発したことになっていました。


章らは、村田の葬儀に訪れていました。

村田の息子・庸一は、村田がバカだったのだというのです。

章は、村田は犯人を挑発しておらず、最後までボディーガードとしてみんなを護ってくれたと言いました。

庸一は、それならどうして村田を非難するような記事が出回っているのかと尋ねます。

日ノ出警備保障の社長・今関はこのままにしておくつもりはないと言います。

庸一は、警察も政治家も一警備員のせいにしておけばよいと考えているのでというのです。


出棺の時に、村田の妻・靖子は「お疲れ様でした」と言いました。

そして、生前に村田がつけていた腕時計を棺の上に置きました。

章ら日ノ出警備保障のメンバーは、全員で涙の誤差確認を行いました。


新たな警護の依頼が入りました。

沢口は仕事ができるか心配だというのです。

まゆは、警護の仕事を行った方が村田も喜ぶのではないかと言います。


高梨は、まず村田の汚名を返上する方が先だというのです。

警察に偽りを言ったことを認めさせると言います。

まゆは、その場にいた全員が五十嵐をかばっているのにどうするのかと返します。

高梨は「泣き寝入りするのか」と反発します。


章は、完璧な準備を行って任務を行うのが自分たちの流儀なので、やけくそになって動くのはよくないと諭します。

それまでは、村田が残してくれたこの身辺警護課を残さないといけないと言います。


その時です。

依頼人がやって来ました。

依頼人とは以前に警護を引き受けたサスケフーズ会長・大久保佐助でした。

大久保は村田のことを知っていましたが、このような時だからこそ供養になると思って依頼したと言います。

今度行われる新商品発表会の警護を頼みたいというのです。


大久保は、畳んだ工場の者が不買運動を仕掛けると文句を言ってきたことを伝えます。

自分はともかく、この商品に傷を付けたくないと言います。


落合は、村田の汚名を返上したいと思っていました。

警視庁警備部警護課係長の氷川に、このままでは村田が汚名を着せられたままになると話しました。

しかし、氷川は自分たちが村田を殺したわけではないと言って、何もする気はなさそうです。

五十嵐を敵に回すわけにはいかないという事情もあるようです。


沢口は章に「ボディーガードを辞めさせて欲しい」と言い出しました。

母親に、このような危険な仕事はすぐに辞めるように言われたというのです。

章は、自分の気持ちはどうなのかと尋ねました。

沢口はわからないと答えました。

章は、例え1人になってもこの仕事続けると言いました。


高梨は、落合のところに来ていました。

村田の汚名を返上するのに協力して欲しいと頭を下げました。

しかし、落合は協力してくれません。


章が、会社から帰ろうとすると、落合をともなった愛子がやって来ました。

村田のことで謝りに来たのではないと言います。

章は、それなら何をしに来たのかと語気を強めます。

愛子は、章に身辺には注意するように言いました。

あの事件のことを知っているのは、警察以外では村田と章しかいません。

村田が亡くなった今、すべてを知っているのは章だけです。

命を狙われてもおかしくはないというのです。


新商品発表会の日を迎えました。

大久保がにらんだとおり、畳んだ工場の者たちがやって来ましたが、章とまゆが排除しました。

それ以外は、何も起こらず、無事に発表会は終了しました。

大久保は、村田の汚名が晴れればよいのにと言ってくれました。


高梨は、村田のパソコンの中を見ました。

すると、村田はいつも警護中の会話を音声で残していることがわかりました。


大久保と話していると、章に高梨からメールが届きました。

知らせたいことがあるので、任務終了後に村田の自宅に来て欲しいというのです。


高梨は、章に音声の録音のことを話しました。

警察から返された村田の所持品には、携帯とICレコーダーが入っていませんでした。

おそらくICレコーダーには、事件の日の音声が入っていたのではと思われます。


高梨は、靖子に警察への所持品の返還請求を勧めました。

すると、庸一が自分が行くと言い出します。

章は、村田なら未成年の庸一を一人でも行かせないと言います。

靖子は、章らに庸一のことを頼みました。


章と高梨は会社に戻りました。

高梨は、自分が自衛隊を辞めた理由を話し始めました。

当時可愛がっていた後輩は非常に臆病でした。

高梨は、度胸をつけるためにその後輩を山岳訓練に連れて行きました。

しかし、その後輩は滑落事故に遭って大けがをし、そのまま除隊しました。

自分だけ残るのも悪い気がして、高梨も辞めてしまいました。


章は、その後輩と庸一が似ているのかと尋ねます。

高梨は、少しだけ似ていると答えました。

そのため、高梨は庸一を放っておけなかったのです。


高梨は、村田にこの課に呼び戻してもらって本当によかったと思っていました。

それだけに、村田のことはうやむやにはできないというのです。


しばらくすると、まゆと沢口が戻ってきました。

沢口は「僕、やっぱりやめます」と言い出しました。

驚いたまゆは、沢口にボディーガードを辞めるのかと尋ねます。

すると、沢口は辞めるのを止めるというのです。

まゆは、辞めるつもりだったのかと言います。

沢口が何となくと言うと、高梨は何となく辞めるなと突っ込みます。


章は、その日の帰りに、誰かにつけられているのに気がつきました。

そこで、章は瞬のことが心配になり、別れた妻・仁美のところへ帰るように言いました。


後日、庸一は村田の所持品の返還請求のため、警察にやって来ました。

章と高梨が庸一に付き添います。

所持品の返還請求のために来たと伝えると、すぐに村田の携帯とICレコーダーを返してもらえました。


会社で、ICレコーダーの中を確認します。

すると、事件の日の音声は何も残っていませんでした。

庸一は、やはり村田の汚名を返上できないと諦めます。


章は、愛子のところへ行きました。

愛子に事件の日のことを話して欲しいというのです。

愛子は何も言わずに、車に乗って行ってしまいました。


愛子は、五十嵐の元を訪れました。

五十嵐に本当のことを言うべきだと進言しました。

五十嵐は、自分が何を言っているのかわかっているのかと尋ねました。

愛子はわかっていると答えました。


愛子は、落合に自分で帰ると伝えました。

自分は大臣を辞職するので、もう警護対象者ではないというのです。


落合は、氷川にICレコーダーのデータのように章にも消えてもらうのかと言いました。

氷川は、落合の冗談だと思いました。

しかし、落合は覚悟を決めるというのは一線を越えるこえることだというのです。


愛子が章のところへやって来ました。

そして、愛子は事件の真相をすべて話すことを伝えました。

BG 身辺警護人の8話の感想

村田が亡くなって寂しいですね。

村田に汚名が着せられているのには腹が立ちます。

あれだけ一所懸命頑張ってくれたのに、これはあんまりです。

政治家の立場を守るために、警察が力を貸すなんてことはあってはなりませんね。


愛子が証言してくれることで希望が見えてきました。

いよいよ来週最終回です。

前に1度観ましたが、まったく結末を覚えていないので、新鮮な気持ちで楽しめます。

来週が待ち遠しいですね。


SNSでの声は次のとおりです。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!