ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」の最終回(8話)のネタバレと感想をご紹介します。

スポンサーリンク

行列の女神の最終回(8話)のあらすじ

行列の女神の最終回(8話)のあらすじは次のとおりです。


『らあめん清流房』全店舗の近くに、名前も味も明らかに『清流房』の“濃口醤油”にそっくりな新規ラーメン店『濃口醤油らあめん たかじ』がオープン。本家より150円も安いこともあって、あっという間に客を奪われ売り上げが激減してしまう。『たかじ』は、千葉・茨城を中心に展開する「麺獄」グループが運営している。一体なぜ「麺獄」グループは『清流房』を狙い撃ちするようなやり方で進出してきたのか?

さらに不幸は続く。「ジャパンフードサミット2020」から、芹沢達美(鈴木京香)が統括するラーメン部門の参加を中止するというメールが届いたのだ。橋爪ようこ(高畑淳子)からの横やりであることは明白。芹沢は汐見ゆとり(黒島結菜)を連れ直接異議を唱えるが、ようこは“フェイク・フード”などとラーメンを酷評し聞く耳を持たない。ところが卑劣なやり方を批判するゆとりに、ようこは「私をワクワクさせるラーメンを用意できるならラーメン部門の中止は撤回する」と言い始める。ただし期日は10日後。もしワクワクさせられなかったら、「清流企画」を辞めて自分の元で働くという条件付きで…。

そんな中、『清流房』に「麺獄」グループ代表・安本高治(岡本健一)が来店。芹沢とは10年ぶりの再会だという。実は「清流企画」の元社員だった安本は、一連の動きがすべて芹沢を潰すための策略だと語り、「あの時の恨みは晴らさせてもらう」と宣戦布告する。安本が芹沢に向ける恨みとは一体?しかも安本はさらなる“芹沢潰し”を画策していた――。
安本に勝つため、ようこをワクワクさせるため、社員と共に新たなラーメン開発に挑む芹沢は、ある大胆な戦略に打って出ることを決意。唯一無二のラーメンで大きな壁に真っ向から立ち向かう!

ラーメン業界を牽引する1人の女性と、その傍らで目覚ましい成長を遂げた新入社員……ラーメンの持つワクワクに魅了された師弟2人がたどり着いた未来とは?
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

行列の女神の最終回(8話)のネタバレ

「らあめん清流房」の全店舗の近くに「濃口醤油らあめん たかじ」がオープンしました。

その店では、「清流房」の濃口醤油らあめんとそっくりなラーメンを提供していました。

しかも、150円安いこともあって、客を根こそぎ取られてしまいました。


「たかじ」は、千葉・茨城を中心に展開する「麺獄」グループが運営していました。

夏川は、どうして「清流房」を狙い撃ちしてきたのかと言います。

河上は何か知っていそうな感じでした。

芹沢は、しばらくは様子を見て、相手の手札を見てから対策を考えると言います。


「ジャパンフードサミット2020」から、芹沢にラーメン部門の参加を中止するというメールが届きました。

ゆとりは、自分の母親がこの件に関わっていることを知りました。


ゆとりは、「ジャパンフードサミット2020」の会議に潜り込み、ようこの悪口を言いまくります。

ようこは、芹沢にラーメンはフェイク・フードだと言って酷評します。


会議の後、ゆとりはようこに芹沢が作るラーメンは外国人をワクワクさせることができるので、サミットには芹沢のラーメンが絶対に必要だと言いました。

すると、ようこは自分をワクワクさせるラーメンを用意することができれば、ラーメン部門の中止を撤回することを約束してくれました。

期限は10日だと言います。

そして、ようこはもしそれができなければ、ゆとりには「清流企画」を辞めて戻ってきてもらうというのです。

それを聞いたゆとりは、この話はなかったことにしようとしましたが、芹沢が勝手に受けてしまいました。


芹沢とゆとりが会社に戻ると、「麺獄」グループ代表・安本高治が来ていました。

芹沢と安本は10年ぶりに再会しました。

安本は、以前清流企画の社員でした。


安本は、「清流房」を全店潰すと宣言しました。

芹沢が手がけている店も仕事もすべてターゲットだというのです。

そして、「あの時の恨みは晴らさせてもらう」と言って帰って行きました。


ゆとりは、芹沢に安本との間に何があったのかを尋ねました。

芹沢は河上に話すように頼んで出掛けました。

河上は安本について話しました。


安本は、10年前「清流房」品川店の店長でした。

この前ようこが閉店したと言っていた店です。

閉店の理由は、安本が引き起こしたトラブルでした。

安本は、ラーメン業界未経験でしたが、味覚と調理センスは芹沢も認めるほどでした。


安本は、芹沢に原価率を考えると鮎の煮干しを使うのを止めるか、量を減らした方がよいのではと提案しました。

芹沢は、その提案については以前却下していました。

量を減らすと、単価や質に問題が生じて、最終的には薄口醤油ラーメンの値段に影響が出るのです。

安本は、それなら薄口醤油ラーメンをメニューから外してはどうかというのです。

利益を考えるとその方がよいと言います。

しかし、芹沢は薄口醤油ラーメンに強いこだわりがありました。

そのため、薄口醤油ラーメンをメニューから外すことはしませんでした。


その後、安本は品川店で鮎の煮干しを使うのを勝手に止めてしまいました。

その代わりに、安価なカタクチイワシを使い出したのです。

しかも、残っていた鮎の煮干しは横流ししてしまいました。


有栖が品川店のラーメンの味が変わったと言ってきたことで、事が発覚しました。

芹沢は、安本に話を聞きに行きました。

安本は開き直って、文句を言ってくるのはラオタなど一部のものだけで、店にはたくさんの客が来ているというのです。

そして、自分のこだわりなんてほとんどの客には伝わっていないと言います。

芹沢は、その場で品川店の閉店を決めました。

そして、安本は「清流企画」を去っていったのです。


安本は、「味惑コーポレーション」を訪れていました。

月替わりラーメンの開発を依頼するためです。

安本の「清流企画」潰しは、さらに加速しそうです。


芹沢は、河上と全店舗を巡回しました。

このままでは、全店舗閉店の危機でした。

河上は味では勝っているので、一時的に値段を下げればと言います。

しかし、芹沢が考えていたのはまったく逆のことでした。

それは賭けの要素の強い策だと言います。


芹沢らが会社に戻ると、ゆとりらは厨房で濃口醤油ラーメンの改良を行っていました。

より鮎の煮干しの味が効いたものを作ると言います。


ゆとりは、芹沢に退職願を差し出し、ようこにサミットでのラーメン部門の中止を撤回させるというのです。

料理教室の社長になってもラーメンとお別れするわけではないと言います。

それよりも、世界中の人に芹沢のラーメンを食べて欲しいと思っていました。


芹沢は、ゆとりに自分がようこをワクワクさせるラーメンを作れないと思っているのでと尋ねます。

そして、自分を犠牲にして助けようだなんて100万年早いというのです。

さらに、自分が今までに鮎の煮干しの味を最大限に引き出すラーメンを考えてこなかったわけがないと言いました。


芹沢は、勝負は1週間後でその日から反撃に転じると宣言しました。

「清流房」で新メニューが登場すると発表されました。

そのメニューの名前は「濃口醤油らあめん・解」です。

驚くべきはその値段です。

値段を下げるどころか、1杯1,000円と以前よりも150円も高く設定されていました。

このラーメンが、今ラオタなどの間で大きな話題となっていました。


「濃口醤油らあめん・解」のことは、安本の耳にも入っていました。

安本の部下が調べたところによると、7年前「清流房」がデパートの創作ラーメンフェアに参加した時に大好評だったラーメンであることがわかりました。

3日間限定だったため、伝説のラーメンと言われていました。


1週間後、「清流房」には長蛇の行列ができていました。

この日、ようこが「清流房」にやって来ました

有栖と安本も店の前に来ていたため、一緒にラーメンを食べることになりました。


「濃口醤油らあめん・解」を食べたようこと安本の顔つきが変わりました。

ようこも安本も麺だけでなく、スープまで全部飲み干してしまいました。

有栖は、このラーメンは従来のものよりも濃縮された鮎の風味とうま味が強烈に打ち出されていると高く評価します。

醤油にも鮎が漬け込まれていました。

香味油は蓼(たで)油でした。

これらによって、緻密な味が構成され、一本調子にならないように工夫されています。

さすがのようこも絶賛するしかありませんでした。

有栖は、味だけでなく、1杯1,000円で話題を集めるというイメージ戦略も見事だったというのです。


芹沢は、ようこが言っていた“ラーメンはフェイクから生まれたB級グルメ”という言葉は間違いではないと言います。

それでも、これだけの味を生み出すことができるというのです。


芹沢は、ゆとりが以前ワクワクの正体はアンバランスだと言っていたが、アンバランスを目的にしたラーメンなどあるはずがないと言いました。

アンバランスはあくまで結果だというのです。

その結果を生み出す原動力は、もっとおいしいラーメンを作りたいという職人の思いだと説明しました。


ゆとりが、「ラーメンのワクワクの正体は」と言いかけると、ようこは「フェイクから真実を生み出そうとする探究心と情熱、そういうことかしらね」と言いました。

ようこは、このラーメンがワクワクするラーメンであることを認めました。

芹沢にサミットのラーメン部門を任せると言って帰って行きました。


安本も「濃口醤油らあめん・解」がおいしかったことを認めました。

しかし、商売における勝負はまだついていないと言います。

客の多くは、おいしさよりも安さを求めているというのです。


その時です。

「味惑コーポレーション」の倫子がやって来ました。

安本は自分の救世主だと喜びます。

倫子は、安本に今回の依頼を断りに来たのです。

安本はその理由を尋ねます。

倫子は「そりゃあ、金をとりっぱくれると困りますから」と答えました。

実は、「麺獄」グループの実情はかなり厳しいものでした。

今はブームに飛びついて一時的に繁盛しているだけでした。

しばらくして苦しくなれば、また新しいブームに飛びつきます。

これを繰り返していました。


安本は、もう少しで「清流房」を潰せるので、倫子に力を貸して欲しいと頼みます。

芹沢は、自分の力で新しい味を創造できない安本には「清流房」を潰せないと断言しました。

安本には優れた味覚と調理センスはありましたが、新しい味を生み出す才能はありませんでした。


ゆとりは、安本に「あなたは嫉妬してたんじゃないですか?自分は持っていない、芹沢社長のオリジナリティと情熱に」と言いました。

安本はそのことを認めました。

そのために、芹沢のこだわりを否定して勝とうとしたのです。


安本は、自分の店のラーメンは700円なので、十分に「濃口醤油らあめん・解」と棲み分けができると強がります。

すると、芹沢はもう勝負はついていることを告げます。

この後、カタクチイワシを使った濃口煮干し麺700円を投入して、残りの客も根こそぎ取り返す予定だと言います。

芹沢は敵にかける情けは持ち合わせていないというのです。

さすがの倫子も「怖っ」と言って帰って行きました。


しばらくして、「たかじ」は全店舗が撤退しました。

逆に、「清流房」の全店舗の売り上げは回復していきました。


ゆとりは、芹沢にあまりうれしそうではないと言いました。

芹沢は、「今日行列ができていても、明日は閑古鳥が鳴いているかもしれない。それはどの店も同じ。潰れて消えていく店は明日の自分たちの姿かもしれない」と言いました。

行列の女神の最終回(8話)の感想

芹沢は、一時ようこと安本に追い詰められました。

しかし、さすが芹沢ですね。

おいしいラーメンを作るのは当然としても、まさか1杯1,000円のラーメンで勝負してくるとはね。

それで、賭けの要素の強い策だと言っていたのです。

その賭けに見事に勝利しました。

ラーメン嫌いのあのようこに認めさせたのですからすごいですね。

1度どのようなラーメンか食べてみたいです。


同ドラマは、ラーメン店の経営を題材にしたものでした。

はじめはどうかなと思ったのですが、回を重ねるごとにだんだん面白くなっていきました。

続編を作って欲しいですね。


SNSでの声は次のとおりです。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!