先日、2020年の東京五輪開催が決定しましたが、早くもキャスターの座を狙って激戦が繰り広げられるかもしれません。

TOKIO・国分太一が、五輪決定の歴史的瞬間を生中継し、東京五輪のキャスターを目指すことを宣言しました。

決定後、一番早く名乗りを挙げたのではないでしょうか?

ロンドン五輪でキャスターの経験がありますので、かなり有力ですね。


また、SMAP・中居正広も東京五輪のキャスターを狙うことを宣言しました。

中居は、ジャニーズの中もっとも司会が上手いのではないかと言われています。

中居も、かなり有力だと考えられますね。


今後、キャスターの座をめぐって、ジャニーズの派閥争いがより一層激化するのではと見られています。

 「ジャニーズ内部では現在、女性役員の派閥とSMAPの担当チーフマネージャーの派閥に真っ二つに別れているが、双方、民放各局の抱え込みに奔走。五輪キャスター候補の双方の顔ぶれをみると、役員派は嵐を筆頭に、TOKIO、V6、KAT-TUN。チーフマネージャー派はSMAP、山下智久といったところで、7年後に20代半ばを迎える世代のアイドルグループメンバーはいずれも役不足」(テレビ関係者)

 現状では、各局への出演番組などから、次のような顔ぶれになりそうなのが有力なんだとか。

 「NHKでは『あさイチ』の司会が好評なV6の井ノ原快彦、日本テレビは今年の『24時間テレビ』の総合司会をつとめたとスポーツ番組でキャスターをつとめるKAT-TUNの亀梨和也SMAPはフジ、TBS、テレ朝が争奪戦を繰り広げそうなので、メンバーがバラけそう。今まで五輪キャスターとは縁のなかったキムタクも投入されるだろう。国分はフジに決まりそうだ。今後は、双方の派閥が自派閥のタレントをねじ込むため、各局の担当者への接待攻勢などが始まりそう」(芸能プロ関係者)

(リアルライブより引用)


引用部分の中に出てくる“役員派”は副社長である藤島ジュリー景子氏を中心とするジュリー派のことで、“チーフマネージャー派”はSMAPのチーフマネジャーである飯島三智氏を中心とする飯島派のことですね。

主にこの2つの派閥争いが熾烈です。

それぞれの派閥には、次のようなジャニタレが所属していると考えられています。


【ジュリー派】

嵐、TOKIO、KAT-TUN、NEWS、関ジャニ∞、V6、Hey!Say!JUMP


【飯島派】

SMAP、Kis-My-Ft2、山下智久、Sexy Zone、A.B.C-Z


所属タレントの顔ぶれを見ると、両派閥ともに互角に見えますね。

何をもって互角かと言われれば難しいですが、深い意味はなく感覚的なもので判断しました。

突っ込まないでくださいね。

互角ゆえに、派閥争いも激化するのかもしれませんね。

引用部分に出てくるジャニタレの名前を見ると、ジュリー派の方が有利に思えますね。

飯島派には、司会ができそうなメンバーがSMAPぐらいしかいないように思われます。

これでは少し厳しいでしょうか?


ただ、この引用の記事を読む限りでは、ジャニタレがキャスターを独占するがごとく書かれていますが、実際はどうなのでしょうか?

他にも、AKB48グループや吉本興業(ナインティナインなど)などの名前も出てきています。

オリンピックのような大きなイベントになると、今までにキャスターをやったことがない大物タレントでも、いきなり候補になることも考えられます。

ジャニーズだけではなく、芸能界全体を巻き込んで大争奪戦になるような気がしますね。

とは言え、ジャニタレを起用するテレビ局は多いと思いますが。


それと一番大切なのは、オリンピックが7年後に開催されることです。

今人気があるタレントでも、7年後はどうなっているのかわかりません。

ジャニーズでは、嵐の人気がすごいですが、たとえ嵐と言えども、7年後に今のトップの位置にいられるのかは誰にもわかりません。

数年後に、以前の嵐のように突然、大ブレークするジャニタレグループが出てくるかもしれません。

7年後、誰がキャスターを務めているのか、たいへん興味がありますね。

キャスターになるためにも、ジャニタレとしてより一層の活躍が期待されますね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!