ドラマ「きょうの猫村さん」の10話のネタバレと感想についてご紹介します。

スポンサーリンク

きょうの猫村さんの10話のネタバレ

猫村は、たかしのYシャツの汚れを落としていました。

そこへたかしがやって来ました。

たかしは、猫村にお礼を言いました。

猫村は、この汚れはたかしが就職活動を頑張っている証拠だと言います。

たかしは、就職後上を目指すのなら資格があった方がよいと資格の勉強も始めていました。


猫村は、ぼっちゃんの小学校の受験の時のことを思い出しました。

ぼっちゃんは、動物の中に人間が入っている絵を見て、“仲間はずれはどれですか?”という問題を解いていました。

この問題は変だと言い出しました。

ぼっちゃんは、みんな仲間だというのです。

自分も猫村もフレンドだと言います。

猫村は、ぼっちゃんがこのように思っていてくれて本当にうれしかったです。

そこで、猫村はぼっちゃんの役に立ちたくて、ぼっちゃん家のお手伝いさんをじっくり見ました。

その結果、いろいろなことができるようになったというのです。


たかしもぼっちゃんも頑張っていると思うと、猫村も元気が出てきました。

張り切って掃除を行いました。

しかし、猫村は疲れてしまいました。

そして、猫村は「頑張りすぎは体に毒よね」と言って、掃除の途中で階段を枕にして眠ってしまいました。


そこへ尾仁子が帰ってきました。

猫村を見るなり、「何寝てんだよ」と言いました。

偉そうに言っている割には、猫村が起きないように扉をそっと閉めたり、猫村をよけて階段を上がっていきました。

スポンサーリンク

きょうの猫村さんの10話の感想

ぼっちゃんは、本当に心優しい少年ですね。

そのため、猫村はぼっちゃんが好きなのでしょう。


猫村が家事などいろいろできるようになったのは、ぼっちゃんの役に立ちたいという思いからでした。

感動的な話です。

ぼっちゃんは今どうしているのでしょうか?


尾仁子は口では偉そうに言っています。

しかし、意外と優しいです。

猫村とうまくいく日が来ればよいですね。


SNSでの声です。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!