ドラマ「BG 身辺警護人 傑作選」の最終回(9話)のネタバレと感想をご紹介します。

スポンサーリンク

BG 身辺警護人の最終回のあらすじ

BG 身辺警護人の最終回のあらすじは次のとおりです。


 発砲事件に巻き込まれ命を落とした村田(上川隆也)。唯一現場の状況を知ることができるはずだった村田の遺品であるICレコーダーも、警察の手によってデータを消され、いよいよ真相は闇の中に葬られようとしていた。
「民間のボディーガードが無謀な行動をし、銃で撃たれた」と週刊誌などにも下世話に書き立てられ、悔しい思いを抱く章(木村拓哉)ら。しかし決して諦めることなく、村田の汚名をそそごうと誓った矢先、厚生労働大臣の職を辞した愛子(石田ゆり子)が「私が真実を話します」と名乗り出てくる。
 証拠も隠滅された今、残された方法は現場にいた人間が証言をしてくれることだけ――愛子の申し出を受けた章たちは、真相を語ろうとする彼女の警護をすることに…。しかし、そのことによって章たちの身にも危険が迫り…?

 その頃、SPの落合(江口洋介)は上司の氷川(宇梶剛士)に「みずから事件の処理をする」と宣言。驚きの行動に出る!

 高梨(斎藤工)、まゆ(菜々緒)、沢口(間宮祥太朗)、そして章。亡くなった村田と身辺警護課の名誉を懸けた最後の戦いの行方は…!?
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

BG 身辺警護人の最終回のネタバレ

愛子は、村田が撃たれた日に何があったのか、真相を語ってくれることになりました。

SNSで述べるようなことではないので、テレビで顔を出した上で話すというのです。

章は、警察だけでなく、五十嵐や民事党も敵に回すのではと尋ねました。

すると、愛子は先ほど大臣の辞任を勧告されたと言います。

愛子には、以前に失言をうやむやにするために、自作自演で自分に脅迫状を送った疑惑があり、それを理由に辞任となったと発表されるというです。

こちらを参照!


愛子は、事実を公表することは五十嵐の不正を告発することにつながると言います。

これまで、日の出警備保障には命を守ってもらったり、娘のことでは秘密を守ってもらいました。

今度は、自分が村田の名誉を守りたいというのです。

事実を公にするために、章らに身辺を警護をして欲しいと頼みました。


氷川は、五十嵐に落合が自ら事件の処理をしたいと申し出てきたことを伝えます。

氷川の今があるのは、五十嵐の警護についたためでした。

五十嵐のためなら、何でもやる覚悟を持っているようです。


愛子がテレビで真相を語る日が来ました。

章と高梨は、愛子が来るのをホテルの地下駐車場で待っていました。

しかし、時間になっても愛子の姿がありませんでした。

電話をかけても連絡が取れませんでした。

調べてみると、ホテルには愛子はいませんでした。

一体、愛子に何があったのでしょうか?


章らは会社に戻っていました。

今関が自分宛に届いた封書を持ってきました。

もしかしたら、愛子が送ってきたものかもしれないと思い、中を確認しました。

やはり、愛子からの手紙でした。


そこには次のように書かれていました。

出演予定のテレビ局から、出演できなくなった旨の連絡がありました。

民事党から横やりが入ったそうです。

情報が漏れることを恐れて連絡は控えました。

真実を語ることを諦めた訳ではないので、もう1度チャンスが欲しいです。


18日の民事党大会で事実を正すと言います。

この日は首相も来るため、直に詰め寄れば、いかに五十嵐と言えども逃げられないというのです。

ただし、離党した愛子は会場には入れません。


当日のスケジュールや会場の図面なども入っていました。

愛子は、厳重なセキュリティを突破して会場に入るまでの警護を章らに依頼してきました。

高梨は、またドタキャンするのではと言い出しました。

章は、愛子は絶対に来るというのです。

愛子を信じてみないかとみんなに言いました。


村田の息子の庸一が、SNSで警察が証拠のICレコーダーの音声を消したと投稿しました。

これにより、村田家の前には大勢のマスコミが押し寄せていました。


章らは、急いで村田家に行きました。

高梨は、どうしてもう少し待てなかったのかと言いました。

庸一は、愛子がテレビで真相を話してくれるのを待っていました。

しかし、それが行われなったので、我慢できなくなったのです。


とりあえず、ここでは生活できないので、妻・靖子と庸一は靖子の妹のところに行くことになりました。

沢口が庸一に扮して靖子と共に家を出て行きました。

それをまゆらが警護します。


村田家からマスコミがいなくなりました。

村田家には、章と庸一が残っていました。

章は、庸一に村田の話をしました。


その時です。

2階でガラスが割れる音がしました。

男が1階へ降りてきました。

そして、章に襲いかかってきます。

章はその男を投げ飛ばしました。

すると、もう1人大柄な男がやって来ました。

章は、その男に右腕を痛めつけられました。

しかし、逆に絞め技でその男の腕を折りました。

章は、2人の男の顔写真を撮りました。

2人は逃げていきました。


章は、ケガをしてしまったので、BGを高梨に引き継いで欲しいと頼みました。

高梨は、まだ愛子のことを信用していませんでした。

章は、クライアントを信じることの重要性について語り、高梨を説得します。


その時です。

落合がやって来ました。

辞任発表した日に、愛子がここへ来たことはわかっていると言います。

その時、どのような話をしたのかを尋ねてきました。

落合は、章らが準備していた民事党大会の資料を目にしました。


章は、帰ろうとする落合を追いかけました。

警察は自分が邪魔なのかと尋ねました。

この間襲ってきた男が警察絡みの者かを確認したいようです。

落合は、自分なら無駄な警告はしないというのです。

そして、あの事件に関して自分が責任を持って処理すると言います。

章は、処理という言葉が気になって、その意味を尋ねましたが、落合は何も言わずに去って行きました。


章らは、今回の任務を成功させるために入念な準備を行いました。

そして、民事党大会の当日を迎えました。


章と高梨は、愛子と待ち合わせをしている場所で待機していました。

章は、高梨に「俺はお前のこと信じてる。だから、今回BGをお前に任せた」と言いました。

高梨が「自分も」と言いかけた時に、愛子がやって来ました。

愛子は章らの車に乗り込みました。

どのような邪魔が入ろうとも、発砲事件の真相は明らかにすると言いました。


民事党大会の会場には、落合らSPの姿がありました。

氷川も来ていました。

落合は、部下に愛子を見たら、上には報告せず、自分に伝えるように指示しました。


高梨・沢口・愛子の3人はホテルの厨房を通って会場に向かいました。

しかし、警察にバレてしまいます。

沢口がお腹が痛いと言って騒ぎ、その間に高梨と愛子はうまく警察をまきました。


落合に、愛子が来たという連絡が入りました。

途中で、愛子の警護を章が引き継ぎます。

高梨はオトリとなって警察を引きつけました。


章ら日ノ出警備保障のメンバー全員と愛子が非常階段を上がっていきます。

すると、落合がやって来ました。

章はそこを通して欲しいとお願いします。

落合は自分を殺してから行くように言います。


落合は、事実を公にすれば政府も影響を受けると言います。

そのようなことをしても、村田は生き返ってこないというのです。

落合は、章に自分は間違っているかと尋ねました。

章は、何が正しいかはわからないというのです。

そして、「守りたいんです。村田課長も立原先生の思いも。我々も守りたい人がいるだけです」と言いました。


落合は、ポケットからICレコーダーを取り出しました。

実は、落合も事件の当日録音していたというのです。

昔村田に教えられたと言います。

落合が再生すると、当日の会話がきちんと録音されていました。

そして、落合は現場にいた自分が事実を明かすと言い出しました。

愛子には他にもやれることがあると言い、愛子の安全を守らせて欲しいというのです。

落合は、章に「言ったでしょ。事件は私が責任を持って処理すると」と言いました。


落合が裏切ったことを知ったもう1人のSPが、上司に報告しようとしました。

落合がそれを防ぎましたが、落合は階段から落ちて足をケガしました。


愛子を安全なところへ逃がします。

落合は会場に向かいます。

章と高梨が一緒に行きます。


前から、氷川がSPを連れてやって来ました。

氷川は、落合にだましたのかと尋ねます。

落合は「外から不正を暴かれれば警察は地に落ちる。私は警察官です」と答えました。

氷川の命令で、SPが落合らに詰め寄ります。

すると、SPは落合の味方を始めました。


高梨が落合に掴まるように言うと、落合は笑みを浮かべながら「丸腰の民間には頼れません」と減らず口をたたきます。

章ら・落合側のSPと氷川側のSPのバトルが始まりました。

そして、民事党大会が終わる寸前に、章らが会場に入ってきました。


落合は五十嵐の前まで行くと、「そこまでです」と言ってICレコーダーを再生しました。

氷川側のSPが落合に襲いかかりますが、章らと落合側のSPが必死で守りを固めます。


これにより、五十嵐は幹事長を辞任しました。

五十嵐の4年前の収賄疑惑について、植野に7,000万円の受け取りを指図していたことが明らかになりました。

もちろん、村田の汚名を返上することもできました。


高梨は、庸一に警察から帰ってきた村田の最後の音声データが入ったメモリースティックを渡しました。

庸一は、ここでみんなと聞きたいと言いました。

音声を聞くと、それは救急車の中での章との会話でした。


後日、章は愛子と会いました。

愛子は総理大臣を目指すというのです。

章は、これまでと同じように誰かを守る仕事を続けていくと言いました。

愛子は「またいつかデートしましょう」と言って手を差し出しました。

握手してから、2人は別れました。


落合から電話がかかってきました。

大使館の警備対策課への栄転が決まった挨拶をしてきたのです。

落合は今回の栄転は口止めだというのです。

外務省には民間を一定期間警備専門に採用する制度があるので、章も来ないかと誘いました。

章は、「それって決まった要人しか護れないですよね。僕は警護対象者には上も下もないと思っていますから」と返しました。

落合は、章ならそのように言うだろうと思っていました。

章が続きを話そうとすると電話を切られてしまいました。

落合は人の話を聞かないとぼやきます。


新人が1人入って、今は5人で警護を行っています。

ドラマの最後は、矢沢永吉さんの武道館までの警護でした。

BG 身辺警護人の最終回の感想

無事に村田課長の汚名を返上できてよかったですね。

今まで嫌みばかり言っていた落合が協力してくれました。

味方になると心強いです。

SP同士のバトルなど、最後は見応え十分でした。


もう観られないかと思うと寂しいですね。

ただ、続編が始まります。

一部キャストは変わりますが、主要メンバーの多くが続投となっています。

新たなBGに期待したいですね。


SNSでの声は次のとおりです。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!