ドラマ「M愛すべき人がいて」の4話のネタバレと感想です。

スポンサーリンク

【M愛すべき人がいて】4話のあらすじ

M愛すべき人がいての4話のあらすじは次のとおりです。


 レコード会社A VICTORYの社長・大浜(高嶋政伸)は、アユ(安斉かれん)のデビュー日に、流川翔(白濱亜嵐)がプロデュースするガールズグループAxelsのデビューをぶつけることに。マサ(三浦翔平)はアユのプロモーションに命を懸け、マネージャーの野島美香(河北麻友子)をはじめ「チーム・アユ」全員に鬼のように立ち向かっていく。なんとかしてマサを叩き潰したい大浜は、全国のクラブ回りという地道なプロモーションでAxelsを売ろうと考えていた流川を呼び出し、アユに勝つためならAxelsに大量のプロモーション費を投入してやると告げるが…。
 マサの期待に応えたいと焦るアユだが、その思いは空回りするばかり…。レコーディングでも上手く歌えず、スタッフたちからあきれられてしまう。
 なかなか音楽番組への出演が決まらずイラ立つマサと、理沙(久保田紗友)らAxelsのメンバーからアユに勝ちたいと詰め寄られている流川を呼び出した大浜は、大物プロデューサー・黒川誠に認められたら、音楽番組にプッシュしてもらえるチャンスがあるとほのめかす。さらにその後、流川にある悪魔の提案を…。
 一方、秘書の姫野礼香(田中みな実)は、「会ってほしい人がいるの」と、離婚したマサを強引に呼び出し…。
 ついに礼香の愛が常軌を逸した暴走を始める――。
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

【M愛すべき人がいて】4話のネタバレ

アユのデビュー曲の歌詞をどうするのかの話し合いが行われていました。

マサは、青い紙に書かれているのがアユが書いた歌詞で、黄色の紙に書かれているのがプロが書いた歌詞であると説明しました。

大浜らは、当然アユが書いたものを褒めるはずがなく、黄色の紙の方を絶賛します。

マサは、自分の説明が誤っていたことを伝えました。

実は、黄色の紙の方がアユの書いたものだったのです。

マサは、大浜ならこう言ってくるだろうと予測して、はじめからアユとプロの歌詞を入れ替えておいたのです。

そして「1998年4月8日俺はアユをデビューさせる」と宣言しました。


流川がプロデュースするガールズグループは、“Axels”というグループ名に決まりました。

流川は大浜に夏頃にデビュー予定だと言うと、大浜はアユと同じ4月8日でよいのではないかと言いました。

大浜は、その方が目立ってよいというのです。

マサは反対はしませんでした。


マサは、アユのプロモーションに10億円をかけると言い出しました。

大浜は、新人のプロモーションに10億円とは正気ではないと反論します。

マサは、正気じゃないことをしなければスターは生まれないというのです。

10億円も払えるのかという大浜に、マサは自分の持ち株をすべて渡すと言います。

大浜は、デビューシングルオリコン何位に入るのかと尋ねます。

マサは1位だと宣言します。


礼香は、10億円の話を知って、アユが売れなくて10億失ったらどうするのかと尋ねます。

マサは、失敗のことを考えて商売はしないと答えます。

すると、礼香はお金がなくなってもマサがいてくれればいいというのです。

私には見える私とマサの家庭が

そして、礼香は自分のために離婚してくれてありがとうと言いました。

マサは、礼香のために離婚したわけではないと返します。

礼香は、今日会って欲しい人がいると言い出しました。

マサは、今日は会えないと答えました。

すると、礼香はアユのことばかりで自分のことはどうでもよいのかというのです。

礼香はハサミをマサに向けて「私は大事じゃないんだ。私のこと、怒らせないでよね」と言います。

最終的には、根負けしたマサは礼香が言う人物と会うことになりました。


礼香の会って欲しい人とは、礼香の両親でした。

両親は、マサが離婚したのは礼香と結婚するためだと思っていました。

マサは、自分と礼香の未来のために乾杯までさせられました。

母親は、マサに礼香の目がこのようなことになった時ひどいことを言ってしまったことを謝りました。

父親は、礼香の目の代わりになってくれると言ってくれてうれしかったと言いました。

礼香は、あの時のことはもういいというのです。


ここから、昔の回想シーンになります。

この日はマサの結婚式でした。

礼香は、マサに好きだったことを告白しました。

戸惑うマサに、礼香はどうしても自分の気持ちを伝えたかったというのです。

そして、マサに「結婚おめでとう」と言いました。


その後、マサは結婚がうれしくて飲み過ぎてしまいました。

礼香は、そのようなマサを心配して近くに行こうとしました。

その時、酔ってふらついたマサは礼香とぶつかってしまいました。

その勢いで、礼香は後方の階段を転げ落ちていきました。


マサは、急いで礼香の元に駆け寄ります。

礼香の目からは血が流れ落ちていました。

持っていたグラスが割れて目をケガしたようです。

礼香は大丈夫だと言いました。


その後、マサは礼香の自宅へ行って土下座をして謝罪しました。

父親からは、謝っても礼香の目は戻ってこないと怒鳴られました。

礼香は大丈夫だと言いますが、父親は大丈夫ではないというのです。

マサは「僕が礼香さんの目の代わりになります」と伝えました。


2人きりになって、礼香は改めて先ほどの言葉が本当なのかを尋ねました。

礼香は、マサが自分の目の代わりになってくれることを喜びました。

マサは、礼香の目を見て謝りました。

礼香は、「謝らなくていいんだよ。だって、私のここ(目)にマサが入ってくれるだもんね。約束だよ」と言いました。


マサは、両親に離婚したのは妻が仕事ばかりの自分に嫌気が差したためだと説明します。

すると、父親はその反省を活かして礼香を大切にして欲しいと言い出します。

礼香は、自分たちの結婚式が楽しみだと言います。


流川は、理沙と男女の関係になっていました。

理沙は、アユが10億のプロモーションなのに、どうして自分たちはクラブまわりなのかと言って納得がいっていない様子でした。

このようなことではアユには勝てないというのです。


マサは、アユにアユのために集められた“チームアユ”を紹介しました。

アユのチーフマネージャーは野島美香です。

マサは、アユは必ずスターになると言いました。

そのためには、みんなの力が必要なので、死ぬ気でやるようにハッパをかけました。


ここから、マサは悪魔ように人が変わってしまいました。

マサはアユが売れるためには、一切の妥協を許しませんでした。

ダメだと思えば、容赦なくスタッフを切っていきました。


アユは、レコーディングに臨みましたが、マイクの前に立つと思ったような声が出ませんでした。

思わず、ため息をついてしまいました。

野島は、マサはアユのためにみんなに嫌われるようなことをしているのに、アユにため息をつかれると頑張れなくなると言いました。

そして、アユに応援したくなるような人間になるように伝えました。


マサは、ゴールデンの音楽番組にアユを出してもらおうと試みます。

しかし、プロデューサーに断られ、なかなか思うようにはいきませんでした。


マサは、アユのレコーディングにやって来ました。

スタッフは、マサに全然うまくなっていないと伝えました。

マサは、アユにうまく歌おうと思っていないかと尋ねました。

アユはうなずきました。

マサは、うまく歌おうとするのではなく、自分が気持ちを届けたいと思う人のために歌うようにアドバイスしました。


アユが気持ちを届けたいと思う人はマサでした。

アユは、この歌は自分からマサへのラブレターだと思っていました。

アユの歌が一変しました。

スタッフも驚きました。


レコーディングの後、マサはアユを東京ドームに連れていきました。

マサは、アユはいつか必ずこのステージに立つというのです。

夢の先をイメージできないやつは夢にはたどり着けない」と言いました。

そして、この先何万人の前で歌ったとしても、誰か1人のために歌を届けようとする気持ちを忘れてはいけないとアドバイスしました。

そうすれば、その思いは何百万人にも届くというのです。



大浜は、マサと流川に大物プロデューサー・黒川誠がアユとAxelsを見てくれることになったと伝えました。

黒川に気に入ってもらえれば、音楽番組にプッシュしてもらえるチャンスがあるというのです。

アユとAxelsのパフォーマンスを見て、どちらかだけプッシュしてくれると言います。


礼香は、アユにマサのことで話がしたいと会社の屋上に呼び出しました。

アユは待っていましたが、一向に礼香はやって来ませんでした。

帰ろうとした時に、礼香が屋上へのドアの鍵を閉めてしまいました。

アユは、屋上から出ることができなくなってしまいました。


その頃、外は雪が降っていました。

アユは、雪の降る寒い中屋上にいました。


しばらくして、礼香がアユのところへ来ました。

礼香は奥のジョイスタジオで待っていたというのです。

そして、アユは“奥ジョイ”を“屋上”と聞き間違えたのだと言います。

アユは、マサの大切なこととは何かを尋ねました。

礼香は、「(マサの)好きな食べ物、唐揚げだから」と答えました。


黒川がアユとAxelsのパフォーマンスを見る日となりました。

最初の黒川の印象では、まだギャル時代ということもあってAxelsの方がよさそうでした。

黒川は、Axelsのパフォーマンスを見て歌もダンスもよいと高評価でした。

次は、アユの番でした。

アユは歌い始めますが、まったく声が出ていませんでした。

そして、アユは突然倒れてしまいます。

アユは熱が出ていたのでした。

昨日寒い屋上で長くいたのが原因のようです。


流川は、アユの体調のよい日に仕切り直そうと言いました。

マサは、アユに「お前はプロ失格だ~!」と叱責しました。

礼香はほくそ笑みます。


結局、Axelsが歌番組に出演することになりました。

黒川は、マサにアユの体調がよくてもAxelsだったと思うと言って帰って行きました。


その後、マサはアユに何か理由があったのだろうと言ってくれました。

しかし、マサはどのような理由があろうと負けは負けだというのです。

悔しいというアユに、マサはこの悔しさをエネルギーに変えるように言いました。


大浜は、流川に黒川のプッシュがあれば、Axelsは一気に知名度は上がると伝えました。

そして、黒川が理沙のことを気に入ったと言っているので、理沙を連れて銀座に行くように指示しました。

流川は、そのようなことまでして売れるつもりはないと断ります。

大浜は、そうまでしてでも売れたい者はたくさんいるというのです。

それに、理沙はそれを望んでいるかもしれないと言います。


流川は理沙に会いました。

大浜が、理沙1人で黒川が待つ銀座へ行くように言っていたことを伝えました。

理沙は、それをしないとプッシュしてもらえないのかと尋ねます。

流川はやっぱりダメだと答えます。


理沙は、黒川のところへ行きました。

ゴルフのレッスンを受けました。

それは建前で、黒川は理沙の体を触ってきました。

そして、理沙に今度は熱海の温泉に行こうと誘いました。


マサは、アユを連れて、この間断られた音楽番組のプロデューサーのところへ行きました。

再度アユを番組に出してもらえるように頼みました。

しかし、プロデューサーはよい返事をしてくれませんでした。

マサは、土下座をしてお願いしました。

そのプロデューサーは、マサにアユと付き合っているのではないかというのです。

そして、アユは売れないと言いました。

その言葉でマサは激高しました。

アユは、マサがこのようにイライラしているのは自分のせいだと責任を感じていました。


アユは、マサへの気持ちにフタをしておくことが辛くなってきました。

そして、アユはマサへの想いを手紙にしたためることにしました。

手紙には次ようなことを書きました。

ベルファインで出会った時からマサのことが好きです。

マサのことが好きだから歌手になって、どのようなことからも逃げずに頑張ってこられました。

今歌手としてデビューしようとしていることへの感謝を一生忘れません。

自分は、マサにとってはプライベートでは必要ない人間であることはわかっています。

だから、今日限りマサを諦めます。

マサが自慢できる歌手になるので、自分を見捨てないで欲しいです。

自分を信じてください。

この想いが詰まった手紙をFAXでマサに送りました。


マサは、翌日アユからのFAXを見ました。

その時、ドアが開きました。

ウェディングドレスを着た礼香が入ってきました。

【M愛すべき人がいて】4話の感想

ドラマが再開して、久しぶりに同ドラマを観ました。

やっぱり、いろいろな意味でこのドラマはすごいですね。

今回も、内容が詰まりに詰まっていました。


マサは必死にアユを売り出そうとしますが、なかなかうまくいかずにイライラしていました。

マサを持ってしても、簡単にはアユを売り出すことはできないようです。

新人歌手を売り出すことの難しさがよく伝わってきますね。


礼香が眼帯をすることになった理由が明らかになりました。

まさかの理由ですね。

マサは礼香に負い目を感じているので、あまり強く言えなかったのです。

礼香からすれば、目は見えなくなってしまいましたが、マサを手に入れる最大のチャンスを得たわけです。

もしかしたら、事故自体を喜んでいるかもしれませんね。


アユは、マサへの想いをFAXで送りました。

礼香がそのFAXを捨ててしまうだろうと思っていましたが、驚いたことにきちんとマサのところまで届きましたね。

最後の礼香のウェディングドレス姿は怖すぎます。


SNSでは、次のようなコメントが上がっています。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!