ドラマ「BG2 身辺警護人」の1話のネタバレと感想をご紹介します。

スポンサーリンク

BG2 身辺警護人の1話のあらすじ

BG2 身辺警護人の1話のあらすじは次のとおりです。


 やり手の経営者・劉光明(仲村トオル)が率いるIT系総合企業「KICKS CORP.(キックスコーポレーション)」に買収され、「日ノ出警備保障」改め「KICKSガード」身辺警護課の所属となった島崎章(木村拓哉)、高梨雅也(斎藤工)、菅沼まゆ(菜々緒)、沢口正太郎(間宮祥太朗)ら民間ボディーガードたち。彼らは日ノ出時代から一転、劉の方針に従い、クライアントを政財界のVIPに限定した警護活動に従事していた。そんな折、章たちは与党議員・桑田宗司(小木茂光)が開催する後援会パーティーを警護。章が負傷するアクシデントに見舞われつつも、見事なチームプレーで会場に紛れ込んだ不審者を撃退し、メディアからも賞賛される。
 その矢先、章に宛てた一通の手紙が「KICKSガード」に届く。差出人は、刑務所で服役している「関東工科大学」の元講師・松野信介(青木崇高)。今から3年前、厳重ロックのかかった実験室で研究員・伊丹綾子(竹島由夏)を窒息死させた容疑がかかり、世間から散々叩かれるも、最終的には業務上過失致死罪と判断されて禁錮刑に処せられた男だった!
 翌月には刑期満了となるため、出所後のボディーガードを章に頼みたい、という松野。だが、劉に絶対服従を貫く身辺警護課の新課長・小俣健三(勝村政信)から、犯罪者の警護などありえないと猛反対された章は、松野に直接断りを入れるため、わざわざ刑務所へ。亡くなった綾子、そして迷惑をかけてしまった教授・坂上司(神保悟志)にどうしても謝罪したいため、研究室まで同行してほしい――そう思いつめたように訴える松野と対面し、章の気持ちは揺れ動くが…。
 ほどなく、章は“信じられない光景”を目撃。しかもそれが引き金となり、会社を突然退社し、個人で松野の警護を引き受けることに! ところが警護するうち、松野の言動に“ある違和感”を覚え…!?
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

BG2 身辺警護人の1話のネタバレ

日ノ出警備保障は、劉光明が率いるIT系総合企業「KICKS CORP.(キックスコーポレーション)」に買収されました。

そのため、島崎章・高梨雅也・菅沼まゆ・沢口正太郎は「KICKSガード」の身辺警護課でボディーガードの仕事を行っていました。

「KICKSガード」に変わってからは、劉の方針で、クライアントは政財界のVIPに限定されていました。


章らは、衆議院議員の桑田宗司の20周年記念祝賀会で、桑田の警護を行っていました。

不審なボーイを発見した章は、まゆにチェックさせました。

すると、ボーイはナプキンの下にワインオープナーを隠し持っていました。


ボーイが桑田に近づいていきます。

章と高梨で、ボーイを会場の外に連れ出します。

会場から連れ出すと、ボーイが2人に襲いかかってきました。

かろうじてボーイを倒しましたが、逃げられてしまいました。

章は、腕にワインオープナーが突き刺さるケガをしました。


「KICKSガード」は大会社のため、身辺警護課も大きなビルの中に入っていました。

身辺警護課の課長・小俣健三は桑田の警護に関する報告を受けました。

桑田も劉も喜んでいるというのです。


ケガをした章が戻ってくると、章宛に手紙が来ていました。

千葉中央刑務所に服役している松野信介という者からでした。

章に出所後のボディーガードを依頼してきました。


松野は、関東工科大学の元講師で、3年前に研究員・伊丹綾子を窒息死させたのではないかと大きく報じられました。

世間では計画的な殺人なのではと騒がれましたが、最終的には業務上過失致死罪で禁錮刑となりました。

章は返事を書こうかというと、小俣はその必要はないというのです。

「KICKSガード」のクライアントはVIPに限るので、犯罪者の警護はあり得ないと言います。


章は、松野が服役する刑務所にやって来ました。

松野は、章のことを同じく服役している河野純也から聞きました。

出所したら、その足で研究室に行きたいと言います。

亡くなった綾子に手を合わせて、迷惑をかけてしまった教授・坂上司に謝罪したいのだというのです。

松野は、世間が殺人だと思っているのでマスコミが放っておかないこともよくわかっていました。

それでも、研究室に行きたいのだと言います。


章は、松野に警護の依頼を受けることはできないと伝えました。

松野は、断られたにもかかわらず、わざわざ来てくれた章にお礼を言いました。

その言葉を聞いた章の心は大きく揺れ動きました。


章は、劉に松野のボディーガードを引き受けたいと言いました。

しかし、劉は松野をボディーガードすることについては認めてくれませんでした。


章は、帰りに祝賀会で桑田を襲おうとしたボーイの男を見かけました。

後をつけると、桑田の秘書と会ってお金を受け取っていました。

章は、その男に話を聞きました。

すると、その男は劉が立てた計画どおりに行っただけだというのです。

章が邪魔をしなければ、ここまで大事にならずに済んでいたと言います。


劉は、桑田と会っていました。

桑田は、劉に支持者が激増していることを伝えました。

暴力に屈しないと言ったのがよかったというのです。

劉も、当社にボディーガードの依頼が殺到していると言います。


章は、劉に先ほどの男から聞いたことを話しました。

桑田の同情票集めに、自分の会社を宣伝するためにあのような襲撃を仕組んだのかと尋ねました。

劉は、章に自分の方針に従えないのなら辞めても構わないと言います。

その代わり、警備業界ではやっていけないと脅します。

章は、もうここでは働けないと言って、「KICKSガード」を退職することを伝えました。

金輪際、警護の現場を弄ぶような行為はしないで欲しいと言いました。

それができないなら、桑田と劉がしたことを明らかにするというのです。


章は、息子の瞬と暮らしていました。

瞬に会社を辞めたことを伝えました。

瞬は、リストラされたのかと尋ねます。

章はそうではないと答えると、瞬はセクハラしたのかというのです。

章は、そんなわけないと言いました。

そして、章は瞬に名刺を渡しました。

そこには、“ボディーガード 島崎章”と書かれていました。


高梨・まゆ・沢口の3人は、章が辞めてしまったことについて話していました。

まゆは、ケガをしたので、急に怖くなったのかもしれないと言います。

高梨は、章はボディーガード以外できるはずがないと返します。


章が抜けた後の班長は、まゆが務めることになりました。

劉は、女性の力を活用したいというのです。

高梨は納得がいっていないようです。


章は、千葉中央刑務所に来ていました。

松野のボディーガードを行うためです。

松野は弁護士と一緒に出てきました。

弁護士は、松野にはわからないように、章に嫌がらせの電話が事務所にかかってきたことを伝えました。

十分に気をつける必要があるというのです。


その頃、高梨らは競馬場で警護の仕事を行っていました。

高梨は不審な人物がいたので止めると、それはクライアントの身内でした。

クライアントにどうして止めたのかと尋ねられた高梨は、関係者にはパスを渡していると聞いていたためだと言います。

それを見た小俣は、クライアントには絶対服従だというのです。

高梨は、ペコペコしているだけでは脅威は排除できないと返します。

小俣は、高梨には章のように追い出されて欲しくないと言いました。

高梨は、章は自分から辞めたと思っていたので驚きました。


章と松野は、バスで鎌倉に入ります。

今日は、大学の近くのビジネスホテルで宿泊する予定です。


バス停で待っていると、記者が写真を撮ってきました。

章は、松野を隠し、記者に先ほど撮った写真を出すように言いました。

許可なく、このような場所で写真を撮れば条例違反だというのです。

記者は、写真のデータを渡して帰って行きました。


章は、情報が漏れていると思い、自分の借りたばかりの事務所に松野を連れて行きました。

今夜は、ホテルではなく、ここで一泊します。


高梨は、章のことが気になって自宅を訪れました。

瞬と会い、章のことを聞きます。

章は、仕事で今日は帰ってこないと言います。


章の事務所のインターホンが鳴りました。

カフェ「ジャンクション」の店員である中島小次郎が、章が頼んでおいた弁当などの配達に来たのでした。


章は、松野に3年前の綾子の件は本当に事故だったのかを尋ねます。

誰にも言わないので、本当のことを言って欲しいと頼みます。

警護に必要だというのです。

松野は、あれは事故だったと答えました。


その時です。

再びインターホンが鳴りました。

章は、松野に知り合いかどうかを確認して欲しいと言いました。

松野は確認すると、勝手にドアの鍵を開けてその男性を中に入れてしまいました。

その男性は、亡くなった綾子の弟でした。


弟に、事件の当日綾子から電話がありました。

綾子は、研究室でトラブルがあったので遅くなると母親に言っておいて欲しいというのです。

その後、「あんなヤツ、訴えてやる」と言っていました。

弟は、それが松野のことなのではというのです。


章は、暴れる弟を羽交い締めにしました。

その時、またしてもインターホンが鳴りました。

高梨が章を訪れてきたのです。

高梨は、弟を連れて行ってくれました。

章は、どうして松野が弟を中に入れたのかが疑問でした。


章が、松野を乗せて車を発進させようとすると、高梨がいきなり助手席に乗ってきました。

高梨に会社から怒られるのではと言いますが、高梨はクライアントのためだというのです。

2人は、腕時計の誤差がないことを確認しました。


関東工科大学に行くと、記者がやって来ていました。

仕方がないので、裏に回ることにしました。


章と高梨は、松野を研究室に連れて行きます。

非常階段から、屋上に上がりました。

研究室のすぐそばまで来ることができました。


章は、松野がマスコミに情報を流しているのではないかというのです。

松野に何がしたいのかと問い出します。

松野は、会ったばかりのボディーガードにすべてを話す訳がないと言いました。

章は、自分も松野に話していないことがあるというのです。

社長と言い合ってクビになったことなどを話しました。

松野は、勝手に扉を開けて中に入っていきいました。


松野は、研究室にいた坂上に会いました。

章も後を追ってきました。

松野は、綾子を死なせたのは坂上だというのです。

実は、昨日松野は章に事故の原因は自分が指示した液体窒素だと言っていました。

しかし、その指示をしたのは坂上でした。

そして、松野はあれは事故ではなく、坂上が訴えると言われて綾子を殺したのだというのです。

松野は、坂上に事実を公表して綾子の未来を奪ったことを謝るように言いました。

事実を言わないのなら死んでもらうと言って、ハサミで坂上を襲います。

章は、松野にこれが本当の狙いだったのかと言います。


松野は坂上を追いかけて行きます。

章は、松野を止めようと必死です。

坂上を追いかけてある部屋に入りました。

坂上は、松野と章が入ると施錠しました。

そこは、研究で使う低温室です。


坂上は、1度施錠すると中からは開けられないように設定してしていました。

汚名を受けるくらいなら死を選ぶというのです。

低温室は、急速冷却されていました。

そのため、30分経てば全員死んでしまいます。

坂上は、章と松野を道連れにしようとしているのです。

章は絶体絶命の大ピンチでした。


章は、高梨に連絡を取ろうとしますが、低温室からは連絡できませんでした。

高梨が章を探しにやって来ました。

研究室の中に入りましたが、高梨は章がどこにいるのかわかりませんでした。


松野は、まだ坂上に襲いかかろうとしていました。

そこで、章は松野を締めて失神させました。

章は、低温室の壁を蹴ります。


高梨は、その音に気がつきます。

扉を開けようとしますが、開けられませんでした。

高梨は、近くのデスクにあったパソコンを操作し始めます。

扉の施錠の解除に成功しました。

しかし、扉を開けようとしますが、凍っていて開けられません。

章と高梨は、それぞれ中と外から必死に扉を開けようとします。

何とか扉は開きました。


章は、坂上に警察に出頭するように頼みました。

松野は復讐がしたかったわけではなく、尊敬する坂上をもう1度信じたかったのだというのです。

その後、坂上は警察に出頭しました。


松野は、章に自分が何をしようとしているのかがわかっていたのに最後まで付き合うとはバカだと言いました。

章は、「松野さんのボディーガードですから」と返しました。

松野は涙ながらに、章は自分の未来を守ってくれたと言いました。

自分を止めてくれてありがとうとお礼の気持ちを伝えました。

松野は、事情聴取のために警察に行きました。


高梨は、章に劉と何があったのかを尋ねます。

しかし、章は何も話さずに車に乗り込みました。

高梨は、動き出した車を止めて、助手席に乗り込みました。

章は、「何?」と言いますが、高梨は無視して何も話しませんでした。

BG2 身辺警護人の1話の感想

ようやく続編がスタートしました。

やっと続編を観ることができました。

予想どおり、素晴しい内容でしたね。


章は、会社を辞めて個人でボディーガードをすることにしました。

1人で松野をボディーガードするのかと思えば、高梨が協力してくれました。

やはり、このコンビは最高ですね。

たびたび意見の相違でぶつかりますが、お互いに何か感じるものがあるのだと思います。

そうでなければ、これほどお互いのことを意識しないですよね。

特に、高梨にはその傾向が強いように感じます。


高梨も会社を辞めて、章と共にボディーガードをしそうですね。

高梨も会社には強い不満を持っているようなので。

そのうち、まゆと沢口も来るのではと思ってしまいます。

そういう展開になってくれればいいですね。


SNSでの声は次のとおりです。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!